鳥カフェ

2016年02月10日

ふくろうカフェに気をよくしたきよさんと Lisa、
今度は浅草のふくろうカフェに行くことにしました。
このお店はきよさんが知っていました。
巣鴨といい浅草といい、渋い街にいるのねフクロウ。

やってきました浅草!
R0021321
ビルに写ってる雲は本物です。ビルの模様じゃありません。

浅草に来るにあたり、マメカテのある人に問い合わせましたら
詳細なランチレポートが送られてきて大感激。
これはもう保存版です。今回はひとまず、
神谷バーのランチ♪(ランチやってるんですねー!)

文化財に指定されている建物で、開店前に行列、
開店と同時に入店、のはずが、
1階になだれる人の波に巻き込まれ、
エレベーターに乗り損ねる……。
日替わりランチは2Fと3Fでやってるんですが、
1Fで昼間から飲む人のほうが多かったみたい。
さすが浅草。

670円の日替わりランチなのに食前酒が付く!
日替わりランチはチキンカツと、
ハート型の目玉焼が乗ったトマト煮込み。お味噌汁付き。
R0021326-1
ビール付きランチはメンチカツとトマト煮込み。
右はクリームコロッケとエビフライ。

きよさんの次女ちゃんも一緒です。
それぞれ、パンかライスが選べます。
付け合わせが、赤いパスタ、白いパスタ、マカロニと、
みんな違っていて、バリエーションに富んでいる。

■ 鳥のいるカフェ 浅草店

木場にあるお店の支店です。
平日は13時から、土日は11時から。

1時間¥1,500、30分¥1,000、延長15分ごと¥300
先にコースを決めなくてもいいシステム。
お茶も飲めると後で知ったけど、
落ち着いて座れるコーナーがあるわけではなく、
基本全て触れ合いタイム。

生体お買い上げの場合は、何時間いても無料だそうだけど、
お手頃な小型インコはいないので、
生体は10万円くらいからなんじゃないかな(調べてない)。

入口     雛でまだケース内のシロハラインコわきわき中
R0021335-1
アカアシモリフクロウ?とアフリカヒナフクロウ?
    メンフクロウ、モリフクロウ?(威嚇中)

フクロウコーナーは全てつながれています。

やっぱ威嚇してるモリフクロウ?  さわっちゃったもんね♪
R0021344-1
アフリカオオコノハズク  インドコキンメフクロウ

ホワイトベンガルワシミミズク ニュージーランドアオバズク
R0021346-1
メンフクロウ一本足     アメリカチョウゲンポウ

オオスズメフクロウ? スピックスコノハズク
R0021365-1
そして、全てが放し飼いのインコ部屋へ!

チャノドメキシコインコ    シモフリインコ
R0021378-1
セグロコサイチョウ?    シロハラインコ

シロハラインコは天井近くのケージ内で、
ダウンライトにくっつくようにして居た。
暖かいのかな?

インコ部屋には各種合わせてたぶん50羽くらいいて、
たぶん6割はコガネメキシコインコで、どんどん乗られる。

次女ちゃんときよさん        Lisa
R0021353-2
ホオミドリアカオウロコインコ

モモイロインコは一羽だけいた。
貸し出しポンチョの胸ポケットの中に
おやつを入れる人が多いので、そこを探ってくる。
R0021375-2

新年会の時、モモイロ飼いのびぃちゃんに、
280gくらいと聞いたけど、ずっしり重かった。

キャー、おちり!(∇〃)      オヤスミ中
R0021374-2
手前イワウロコインコと奥ホオミドリアカオウロコインコ
  おやつを買った人は、こんなにコガネメキシコまみれに!

おやつ待ちコガネメキシコインコ  次女ちゃんとLisa
R0021369-2
マイペースなコガネメキシコ    マイペースな……誰だ?

6羽 on きよさん
R0021367-2
5羽 on Lisa(壁が鏡張りなのでセルフで撮れます)

けっこう床を歩いてる子がいる。夢中になってると危ない。
R0021379

平日でしたがインコゾーンはみるみる混んできたので、
開店時間を目指して行ったのは正解でした。
あー、楽しかった。
(買わなかったけど、グッズショップもあります)

こんなに写真があるということは、もちろん楽しかった、
の、
ですが……

正直言うと、このインコゾーンのシステムは無理があるな、
とも思ってしまいました。
というのは、なぜか大多数を占めるコガネメキシコインコ
(繁殖力が強いのかな?)より小さい子たち、
つまりシモフリインコやウロコインコは、
ほぼ例外なく、指が欠損していたのです。
本当に。
両足が「四指満足」な子を探すほうが難しいくらい。
指が欠けている鳥さんをあんなに一度に見るのは、
Lisa は初めてでした。

犯人がコガネメキシコだと決め付けるわけじゃないけど、
大きいのも小さいのも一緒に、ある程度以上の密度で、
大きい子が圧倒的に多いというのは、
小さい子たちには苛酷な環境なのだと想像できました。
……。


出たら、目の前になんと、明らかに魅力的な看板が。
R0021381
当たり前のように吸い込まれる。

■ カスタード ラボ トウキョウ

シュークリームのファストフード(?)でした。
シューザック と おまけについてくるミニコーヒー
R0021380
ザクザク系のほうのシュークリーム。
ふわふわ系のもあります。
注文するとその場でクリームを詰めてくれました。
立ち食い用?でちょっと高さが中途半端なテーブルだけど、
椅子に座って食べることも可能。

つくばEXPRESSに初めて乗って、
秋葉原できよさんたちとバイバイ。
曇りの予報だったのに予想外に晴れてしまったので、帰宅。
日向ぼっこに間に合った。

「ぼくたちこの1枚だけ?」「そとでなんまいとったのよ!?」
R0021382
ろ、ろくじゅうまいくらいかなあ…… (^^;)

気温はそんなになかったけど、
日向でおやつの後楽しく遊んでいました。
R0021383

ちなみに、今日の鳥さんたちは誰もニギコロできませんでした。
半放し飼いなので、もう、
ひっくり返す前の「ニギ」の段階からイヤみたい。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2016年02月04日


マメカテ以前からお友達の、マメカテのきよさん
ランチに行きました。
新しいイタリアン。
いや、気づいてなかっただけで、
実はできて1年半も経ってたのだけど。

■ イルキャンティ ノンナノンナ

R0021171-1

Lisa はホウレン草のドリアのランチ。
ドレッシングが独特らしい。
ガーリックが効いて美味しいドレッシングでした。

するときよさんが、
「巣鴨にできたフクロウカフェに行かない?」と。
おおー!
Pet博で知ったあのフクロウカフェ!
いつもひとり行動の Lisa は、行こうって発想がなかった。
行きましょう行きましょう!

■ ふくろうのおうち

以前、あのボジョレーケーキを買ったスワロウテイル
閉店した後、去年8月にオープンだそう。経営も同じらしい。
スワロウテイルといえば、この店舗は閉めてしまったけど、
いまやトリトブ部屋のインコケーキでおなじみです。

R0021173

¥1,500で60分1ドリンク付。
途中で、1グループ10分間、フクロウ部屋に入れる、
もふもふタイムがあります。

カフェスペースにいる、いつでも触れる中型の3羽。
R0021206

近づくと、いっせいに「頭かいて」姿勢です(笑)
R0021174


R0021207-1

メガネフクロウのワトソン  ナンベイヒナフクロウのマリオ
R0021201-1
その右のグレーのセーターみたいな子は、
1ショットないけど、クロオビヒナフクロウのキューちゃん

ワトソンは総選挙第4位、キューちゃんは第2位で、
ともに、「神5」に入っている
とか。

それと、触れないけどやはり客席に、
アカスズメフクロウのソラくん。スズメサイズのミニミニ。
R0021202

そんな中、ドリンクと、別注文のケーキが来たのだけど、
ほら!
R0021178
池袋トリトブ部屋の時、
買わなかったユーラシアワシミミズクと、
売り切れてたシロフクロウです。
なんと強運。これが第一の、「思わぬ再会」。

ドリンクは、何選んでも同じセット料金だから、
普通のコーヒーでなく、カフェモカを。 (^^)
R0021179

この、羽の模様なんてほんっとよく再現されてる。
R0021181

客席の各テーブルにクッキーが乗ってるんだけど、
売り物! しっかりしてる。
間違って食べてしまったらどうするんだろう。
R0021180

店員さんが呼びに来て、もふもふタイム、Lisaたちの番です。
R0021184
Lisa はまず、この手前の一番大きな子、
ミルキーワシミミズクのペコちゃん(総選挙5位)を
乗せさせてもらう。

20160204_3756-1
              (右下はシロフクロウ)

1.5キロといったかな?
ずっしりくるけど、見た目ほどではない。
羽がもふもふしてるけど、中身はだいぶ小さいと見た。

この子は、「バウムクーヘン」と言われていた、
カラフトフクロウのランマル(総選挙1位!)
ほら、指がこんな埋まる。ランマルの後ろには小さい子たち。
R0021199-1

次にきよさんが、シロフクロウの、その名もヘドウィグを!
ハリーポッター全然詳しくない Lisa でも、
「ヘドウィグ」の忠鳥ぶりは知っているぞ。
R0021190-1
シロフクロウは指毛が生えているのだけど、
これは寒い地域にいる=寒さに強い特徴なんだとか。
また、ペコちゃんのように真っ黒な目の子は夜行性、
シロフクロウみたいに明るい色の目は、
明るいところでも見える=白夜のある地域の
特徴だそう。(シロフクロウは北極圏に生息)

わあっ、飛んだ!
R0021196-1
(左下でバウムクーヘンが見ていることに注目・笑)

Lisa もヘドウィグも乗せさせてもらいました。
ヘドウィグ大人気。

後から知ったのだけど、
なんと、Lisa はPet博でヘドウィグに会っていた
(写真がありました)
これが、偶然の再会その2。
ヘドウィグはとても暑がりなのだけど、
ペット博の写真でも暑そうにしてる。 (^^;)

今日も暑がるヘドウィグ(左)
R0021204
この写真でちょっとわかるけど、
フクロウって、見えてるくちばしは
真ん中のほんのちょっとだけなんですよね。
おちょぼ口に見えるけど、開けると大きい。

サザエさんがお化粧すると、
口紅がほんの真ん中だけなのと同じ。
(って、伝わる? 書籍版を見たことないとわからないかも)

2/15~3/14は、池袋のハンズに出張するそうです。
R0021208
              ↑
Lisa のカメラには写ってなかったけどメンフクロウ。

この「ふくろうのおうち」ではどの子も販売もしていて、
リーズナブルなのはメンフクロウの15万円~
効果なのは一番大きなペコちゃんで、110万円だそう。

たっぷり楽しんで帰ってきました。
しかし、縁日が立つ「4の日」で巣鴨は大混雑でした。

ただいまー。
「怪しいな」  「なんか、肉食のにおいがしない?」
R0021209
久々にこのポーズ撮ってみました。
お天気(=逆光)なので、下向き。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



(23:00)

2013年09月12日

日曜(一人遊びの後)は東京駅近辺でランチ。
マメルは留守番です。
遅め可能なランチを調べたので、メモ代わりに書いとこ。

(1)ピッツァ世界チャンピオンがいる。行列。昼予約不可。
電話で聞くと、ランチは日曜16時まで(平日15時まで)で、
日曜14時なら比較的空いているかもとのこと。
ダ・ボッチャーノ(kitte丸の内5F)

(2)洋食と中華の定食やデザートがある。ランチ17時まで。
店名がお茶目。 (^^;) 
ソータイアード(新丸ビル7F)

(3)ランチ17時までのイタリアン。カウンターのみ。

(4)ランチ17時までのインドカレー。
ナンお代わり自由でとても良さそうなんだけど、有楽町。

相談の上(1)に決まって、行ってきました。
「前菜+選べるパスタやピッツァ」のランチなので、
それぞれ別の主菜にしてシェア。

前菜盛り合わせ
DSC_6525-1

主菜: カルボナーラ
DSC_6526-1

主菜: キノコとほうれんそうのホワイトソース?
DSC_6528-1

主菜: バジルとソーセージのトマトソース?
(ソーセージがもうちょっとしゃれた名前だった気が)
DSC_6529-1

ドルチェ: 桃とパッションフルーツ?のジュレ?
DSC_6530-1

さて、お店を調べてる時に、
「鳥がいるカフェ」という記事(当時の内容)で、丸の内に、
マメルリハブルーのペアがいるアンティークショップを発見。
カフェじゃないけどPASS THE BATONというお店です。
集合前に行こうと思ってたら時間がなくなってしまい、
解散後に行きました。ものっすごい夕立の中!!

が、小さな店内を何周ぐるぐる回ってもマメさん見当たらず。
聞いてみたら、5月頃に、お店ではもう飼わないことになり、
母体会社の知り合いのかたにペアで引き取られたそう。
大家さんNGとかお客さんNGとか、何かあったのかなあ。

記事筆者に知らせると、即座にお返事があり訂正されてた。
ネット社会、早い。記事保存しとけば良かった。 (^^;)

丸の内南口。赤レンガ駅舎完全修復後に初めて来たかも。
DSC_6531-1
 
いったん帰宅したのは、マメルの就寝時間5分前。
いつものように「お帰りお帰り」と興奮していたので
少しだけ放鳥に出すも、 
けっこうマメル好みの大雨でも水浴び気分までには至らず。
薄暗くなるとテンション低いのかな?

マメルを寝かせたあと、いそいそとネイルへ。
この日が待ち遠しかった!
130903_DSC_0938
ぴより(低高高の平板アクセント)ちゃん  &  ぴよたくん


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


ヒナちゃんペア可愛かった~♪
2羽固まって、挿餌食べるとすぐ寝ちゃうの。


(23:59)

2013年06月06日

覚えている限り、少なくとも2011の晩秋にはすでに、
「インコカフェに行きたい!」と思っていました。
保谷のFUKUROKOJI cafeがオープンしたばかりで、
当時は他には見当たらなかったと思う。

遠いけどその手前まで行く用はたびたびあったから、
当時よく遊んでいたボタンインコくんと行きたかった。
けど、彼の飼い主さんが健康診断に消極的で
(「血液検査がある」と思い込んでいたみたい)、
行けないまま、そのエリアとも疎遠になりました。

マメルを迎えた時も、インコカフェのための健診だった
といっても過言じゃないくらい。
でも先生は、カフェも鳥連れオフ会も否定的でした。
(1)検診でわからない、死後解剖してもわからないような
  感染症が存在すること
  →家族以外の鳥とは極力接するべきでないそう。
(2)飼い主が他の鳥を可愛がることの、マメルのストレス
マメル自身が他の飼い主さんにちやほやされたとしても、
絶対に飼い主のことを見ているとのこと。
で、飼い主が他の鳥さんをイイコイイコなんかしてたらもう、
大ショックでそのまま毛引きにもなりかねない……と。

納得したので、そっか残念、とマメル連れはあっさり諦め、
いつかマメル留守番させて行こうと思いつつ、
マメルが来たことで自宅インコカフェ状態なこともあり、
行けないまま今に至ります。
最近は、鳥カフェも増えたようですね。

画像は、一昨年のバードウィークに石神井公園で。
いいの撮れた!と思って人に送ったりしましたが、
これもメジャーなカルガモさんだったのね。
DSC01736-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


1羽飼いだからよけい、マメルにはストレスかもね。
いつかマメルに見られず「鳥まみれ」になってみたい(笑)

(23:59)