2015年01月12日

昨日の記事に、その日(4/2)帰宅後の3枚を追加しました。

4/3は一日雨で、
照明下での撮影をなるべく避けたいLisaとしては、
この2枚しか撮っていませんでした。

「薄暗くても映えるアイシャドウ」 「半月みたいなわたし」
RIMG3691

「異物混入(青)の草餅」 「うぐいす餅かずんだ餅」
RIMG3692
ポワはうぐいす餅だと言い続けてきたのですが、
最近ちょっと疑問を持ちました。
うぐいす餅はもう少し青みがかって、ミントグリーンっぽい。

さて、今日はまた、染井吉野記念公園のまん前にある、
ウッドデッキの居酒屋ランチ。
「このツギハギ写真、重大なミスがあります」 「当ててね」
RIMG3693-1
重大なミス、わかりますか?
答えは記事の最後に……。 (^^;)

今日の日替わりは、鶏胸肉の和風グリル定食。
RIMG3695
鶏を食べてること、プチポワにはバレてないだろうか。
(家で卵を食べる時は、見られないようにしています)

こんなふうに見えるんですよ~
特等席でしょ。
RIMG3696-1
でもこのウッドデッキ、あまり使う人がいないんです。穴場。
この日、次に来た人は、「あなたが食べているのを見て、
いいなあと思って来た」と言った。
良かった、少しはお店に貢献できたかしら。

これもツギハギです。
同ポジ(花ピン鳥抜き)がかなり画角ズレたので、バレバレ。
「ぼくたちにピン合わせる意味あった?」 「プラ越しだし」
RIMG3698-1
そうね、逆光で暗いし、ポワは目つぶっちゃってるし。

同じ建物をちょっと回りこんだ2階の図書館に寄ったら、
窓からの眺めが!!
RIMG3700
しかもこの瞬間、ハト?が飛び横切った。残念ながら写らず。

新聞閲覧コーナーなので、視線が合わなそうだけど、
来年はぜひ、空いている時間に新聞読むふりしよう。
(この時はプチポワをバッグの中に隠してたので、すぐ退散)

で、図書館でパンフを見つけたんだけど、
豊島区の「桜フォトコンテスト」というのがあって、
去年の大賞が、4日前に書いたプイの桜だった!

去年といえば、現時点までで唯一プイと過ごした桜シーズン。
この桜の下を、何度プイと通ったことでしょう。
(真似して撮ってみた)
RIMG3701-1
角度が違うので、ブログ上ではわからないかもしれないけど、
プイの桜です。

帰宅後。
「今日はお天気がいいな」 「ベランダOKだって」
RIMG3702

「わーい、立て簾カミカミ」
RIMG3703

「ぼくは温室で羽づくろい せっせ せっせ」
RIMG3705

ポワは不思議なところにぶら下がり。
「えへ、にぃにの近くに来たの」
RIMG3706

にぃに(の温室)との位置関係はこう。
RIMG3707
「どうやってここにとまったのか、知りたいでしょ~」
謎なのです。プイもだったけど、いつのまにかとまってて。

このうららかな日の3時間半後にこんなことになるとは、
誰が想像したでしょう!
RIMG3708

RIMG3710

RIMG3711
雹(ひょう)です。突然、ばらばらばらっと降ってきました。
プイのポスターも貼ってくれていた八百屋さんの店脇で撮影。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


「重大ミス」の答えは、ドーム型キャリーの上部空気穴です。
はりきって、穴から覗くはずの桜をツギハギしたけど、
穴の向こうはまだ一枚プラ越しなので、
桜はあんなハッキリ見えっこないのですよね。 (^^;)


(15:00)

2014年10月31日

朝から弱い雪の中、
またまたまたまた、ドカ盛りフレンチランチへ。
バレンタインというのに、色気のないこと。
さすがに自転車はやめて電車で行きました。

蝦夷鹿レバーのポワレ 山椒のソース にらバター添え
RIMG2991

にらバターを盛り忘れたらしい。後で盛ってくれました(笑)
RIMG2992
               ↑
            にらバター
メニュー
RIMG2993

この豚さん黒板の上にあるのが、

葉ぼたん。
(ブログ村葉ぼたんトーナメントを視野に入れてたので撮る)
RIMG2994

先日の雪もまだこんなに残ってます。
RIMG2995

東大前の駅では、雪をかぶった葉ぼたん。
RIMG2996

うちの近所でも葉ぼたん。
RIMG2997

昨日のケーキのフランボワーズ(木苺、ラズベリー)を
ふるまったところ、まだちゃんとセットできてないのに、
体を突っ込んできたプチ。
「しゅたっ!」
RIMG2998

さっそく、持ち上げました。
「おおー♪」
RIMG2999

彼はキャラに似合わず、ブルーベリーとかイチゴとか、
甘い果物が大好きなんです。甘党男子です。
「これ好きー」
RIMG3001

すぐに、こうなります(他の野菜も入れてます)
「夢中♪」
RIMG3002
(床の緑はトータリーオーガニクスのペレットのかけらです。
 汚く見えますね……)

バレンタインのチョコ代わりってことでいいかな?
(チョコレートは鳥さんには毒です)

ポワはお腹をこわしているので、与えていません。
ポワ、今日の体重は26gでした。減ってるやん (ToT)
水飲みは15cc。

3時間ぶりに外に出ると、雪がパワーアップしてた!
坂の途中の、春は桜がきれいな公園を、図書館から臨む。
RIMG3003

図書館側の手すり。
RIMG3004

本郷通りの、メトロ入り口(左端)。斜めに吹き付ける雪。
このお蕎麦屋さんは老舗ですが、今月末には移転します。
RIMG3005
右端のコンクリート柱のクッキーモンスター(?)の下にも、
プイ(マメル)の迷子ポスターを貼ってもらっていました。
3~4ヵ月は貼ってくれていたと思う。

1時間くらいして帰宅すると、部屋で「バサバサバサッ」
???
……プチが脱走していました。
暖かいビニールカバー内から寒い部屋に出て、
ご褒美入りのピルケースを開けて粟玉を食べつくしてた!
(粟玉のとこだけ、頻繁に開けるのでフタがゆるくなってます
 オーツ麦のとこは開けられなかったもよう)
悪い子ね~!(「マメルリハの空です」さんの動画の口調で)
チョコ代わりのフランボワーズあげたでしょ?
「ぼく、知りませーん」
RIMG3006
写真用に鼻先に突きつけてやったけど、
いつも Lisa が来ると即座にその場を離れてごまかします。
それが「バサバサバサッ」だったというわけ。

夜、鳥たちが寝てから、
野菜くずがたまったので、噂の「ベジブロス」を作りました。
野菜くずから取る、コンソメのようなだしです。
スープにして、寒い日にぴったり。
(野菜くずが浮かないようにざるで押さえています。下に鍋)
RIMG3008
いや、写真用にスープだけ見せようとしてこうなったのかも。
……忘れました。
そもそもベジブロスってことも忘れてて、
8ヵ月後にこの画像見て、なんだコレ?って思った。 (^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ブログ的にポワの穴を埋めようとしてくれてるのか、
それとも意外と目立ちたがりだったのか、
昨日に続きプチが、やらかすなあ。

(18:00)

2014年10月26日

全然感情を見せないプチなのに、
ポワ療養でやっぱり寂しい(退屈?)って気持ちがあるのか、
いつもと様子が違います。
あまりに寒いのでビニールカバーの中だけで遊ぼうとしたら、
自分から出てきたり、
昨日書いた“芸”だって、プイとポワは得意でも、
彼には無理だろうと思って、教えもしてなかったのに。

さて、雪の一夜が明け、今朝の眺め。
RIMG2810

ベランダもこの通り。
RIMG2812

プチ連れで、雪見散歩。
初詣をした神社も、こんな。
RIMG2813
(リード付けています)
撮影以外は即座に Lisa のネックウォーマーに入れます。
モデルさんにベンチコートをかけるようなものかな。

六義園(りくぎえん)の入り口。
RIMG2814
この直後、カメラマンさんに声をかけていただき、
プチは撮ってもらいました。

築山と雪吊りと石橋とプチ。(去年プイとも撮った
前に来た時と全然違う」 ←誤リンクを直しました
RIMG2823-9

なんとー、
通りがかりのおねえさんが、頭を下げて見せてくれた
ニットキャップの頭頂部に緑の鳥さんが!
緑鳥ツーショットです。
「君も雪を見に来たの? 君は妹にちょっと似てるなあ」
RIMG2828

池と雪吊りとプチ。
RIMG2830-9

菰巻きと雪吊りとプチ。このへんでもうバレバレでしょうが、
鳥ピントと景色ピントで同ポジション2枚撮ってツギハギです
(合成といえるほどの技術ではないけど)。
「秋に撮ったこの場所だよ」
RIMG2839-9

雪吊りと石灯籠とプチ。
RIMG2844-9

野鳥もいます。
RIMG2850

池とプチ。
RIMG2857-9

水鳥は寒くないのかね?
RIMG2864

こぶしとプチ。
RIMG2869-1

プイ(マメル)とも撮ったところ。
張り出してた紅葉は全部散ったんだね」
RIMG2878-1

ここまでで一周。(プイとも撮った
RIMG2882-1

雪だるま群とプチ。
RIMG2898

「2度来たし、ここはもうぼくの庭だね」
RIMG2902


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


編集が間に合わなくて、一部フライング投稿でした。
帰り道以降は翌日の記事にします。
すみませんー。

ポワ、この日の体重は26g。



(23:00)

2014年10月25日

昨日、サーモスタットのセンサーの吸盤部分のつまみが
取れて(=ちぎれて)しまいました。
プラケースに貼り付けていたので一瞬勘違いしたけど、
プラケースの付属品じゃなく高価なサーモの一部なんだった。
高いものが壊れると口惜しいぞー。(^^;)
「わたし齧ってないよ?」
RIMG2790

「カミカミはカミだけだもん」
RIMG2791

今日はまた雪で、朝、雪景色をトリに行きかけた
(病鳥はもちろん留守番させます)けど、思い直した。
今日まださんざん積もるはず。
&今日は降りすぎ外出もままならなそう。明日撮ろう。
「今でしょ!」じゃなく「明日でしょ!」です。

今朝はまずプチん家とポワのプラケースが並んで入る箱探し。
ダンボールと布で上下左右後の5面を覆うと、
昨日までは昼間24℃程度にしか上げられなかったのに
31℃いけるようになった
(オヤスミ布を閉める分、夜のほうが暖めやすい)。
保温よすぎてサーモスタットでOFFになってる時間もでき、
節電効果にもなっています。

緑○で示した奥にプチ。5面ダンボールとおやすみ布、
全体をさらにビニールカバーで覆っています。
カメラをビニールカバー内に入れて撮っています。
電球ヒーターとパネルヒーターで、プチ25℃ポワ30℃くらい。
RIMG2792-2
プラケースには漏れないウォーターボトルを無理やりつけた。
アイスの棒を2本咬ませてフタの隙間から出し、
ピンチと輪ゴムで固定。
(後の健診で、ウォーターボトルは誤嚥の恐れアリと知る。
 お気をつけください)

引きこもりのプチがやっと出てきたと思ったら、
今度はポワのほうがお尻ショットになっちゃいました。(^^;)
「ごそごそ」 「あむあむ」
RIMG2793

どれもこれもオチリ。 (^^;)
RIMG2796-1

今日も狭いプラケースで悪さをしてストレス発散する、
療養中のポワ。
敷き紙を蹴散らし後はウォーターボトルのフック部を狙う。
「かじってやるぅ」
RIMG2797

プチのお見舞いに狂喜のポワ。
RIMG2803-8
プラケース越しに甘えてました。
今回は隔離しなきゃいけないわけではないし、
プチはポワをいじめたりはしないので、
明日は少し一緒にしてやろうかな。

今日、プチに奇跡が。
粟玉にさして関心がない上、首を伸ばして届く範囲しか
トリに来なかった彼。10cm離れてると歩いて来ない冷めた彼。
それが、「ヒトの左右の手を、
つままれた粟玉を受けトリながら飛んで往復」をし始めた!
「ぼくだってやる時はやるのさ」
RIMG2806

17時にはこうなりました。
RIMG2809

鳥用に水栽培している大根葉がこんなになる雪っぷり。
RIMG2807

この日、占いが最下位で、ラッキーフードがブイヤベース。
気温的にもぴったりだしお店のアテもあったのだけど、
この晩、さすがに出かけることはできませんでした。無念。

ポワ、この日の体重は26g。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ずっと懸案(買おうかどうか迷う)の、
外国製のマメルリハポスターがあるんですが、
それへの「マメ飼いにはたまらない」という発言を見て、
まさにこの日、こんな発言をしていました。
__________
ですね!
ただ日本で一般的なアメリカンホワイトやアルビノがいないのと、
3段目の真ん中と左はアオメルリハっぽくて、
緑の分類も多すぎる気がするから、
ルリハ族ってことなのかしら。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そしたら、うってつけの記事が、
昨夜(2014/10/24)ブログ村マメカテに♪
(のちほど、リンクのお願いに伺う予定)



(11:00)

2014年10月21日

ネコちゃんの話でしたが、
「本当に捜してほしいなら迷子にはしないだろうに」との
知らない人の書き込みを見て、それは違う、と思った。
「本気で治りたい人は病気にはならない」が違うのと同じで。

あと、「(ポスターに)名前とか年齢とか、
探すのに役に立たない情報が目立つ」ともあった。
「家族皆心配しています」とか「悲しくて取り乱しています」
とかだったら同意ですが(参考)、少なくとも名や年は、
呼んだり見たりで固体判別に有益と思う
(他の情報を目立たせるために省くというのはアリだけど)。
Lisa も初期の拡散ツイートではプイの名を書かずにいたら、
「名前はなんて言うんですか?」と聞かれたりした。
そう聞く人は、見かけたら保護するシミュレーションを、
無意識のうちにしてくれているんだと思う。

プチのクリッピングの羽、昨日の写真では2枚ありましたが、
今日さらに1枚抜け、あと1枚になりました。

朝、カーテンを開けたとき日が差していないと、
鳥モードの意識で、日向ぼっこなしかーとちょっとガッカリ。
半信半疑だったのに天気予報通り、15時頃から雪になった。
寒くて悪いけど、
年1回くらいしか降らないんだから写真撮っとこうね鳥たち。
(今日の写真で、これが一番雪がわかるかもしれません)

「寒いと思ったら……」 「雪の中でも笑顔★」
RIMG2720

早くも、後ろに見える家々の屋根が白くなりかけています。
「雪、初めて見るでしょ?」 「うん、実はそうなの」
RIMG2723

以上、ベランダ滞在時間2分。
部屋に入って即座に、高カロリーのヒマワリ種をサービス。
でもポワはヒマワリ種をまだ認識できてないせいもあって、
フライトスーツのほうが気になる様子。
「寒さとかよりコイツが邪魔!」 「珍しい、ヒマワリだ~♪」
RIMG2726
プチは「ヒマ種の嬉しさ>フライトスーツの嫌さ」みたいで、
気をそらすことができました。
プチもさすがにこの時はポワを手伝ってあげなかった。

栄養補給後、外(屋根下)に出てみましたが、
なかなか雪がわかるように撮れない。
「ぼくの筆毛が雪っぽい」 「1枚目の写真ひどかったねえ」
RIMG2727

トラックのコンテナ部分で、かろうじて雪わかる?
ちなみに雨や雪が当たると鳥は飛んでしまいます。
実際2羽とも飛んじゃいましたから、
こういう撮影の際はリード必須です。
「ぼくが道路側で遮るよ」 「ちょ、冷たいのが当たるしー」
RIMG2730

ここ、手前は屋根の下でしかも照明が当たり、
背景には屋外が抜けるという良い場所なのですが、
雪、わかるかなあ。
「やっぱりぼくの顔のほうが雪っぽ…」 「にぃにニキビ面」
RIMG2735

寒いせいか目をつぶってしまったり、薄暗くてブレたりで、
なかなかOKテイクが出ません。
(ボツは4倍くらいあります)
「雪山ごっこ。“眠ったら死ぬぞ!”」 「美味の走馬灯…」
RIMG2743

これは顔とピントは許容範囲だし、
ポワなんて口半開きのアイ鳥(アイドル)キメ顔だけど、
やはりせっかくの雪がよくわかんないですねえ。
「くっつけばあったかいよ」 「うん、にぃにで暖をとろう」
RIMG2747
たくさんトリましたが、戸外(でも屋根下)滞在時間3分。

プチ、ちょっとだけ開けていた扉を珍しく抜け出て、
ケージとケージの間に入り込みました。
ヒーター(後ろのオレンジ円筒)やポワ(右のカゴ)に接近。
Lisa が見るとさっと身を低くして隠れるってことは、
これで、彼的にはバレてないつもりなんです。笑っちゃう。
RIMG2751-2

昨夜から、素材感が全然違う新しいペレット。
ポワは朝体重29→28と1g減ってましたが、
夕方には慣れて食べるようになった。
が、プチは手をつけず、落ちている旧ペレットのかけらを
1日中ついばんでました。
彼は慎重で頑固なのだ。体調見ながら様子を見る。
うちにきた初日も、ペレット自体ハンストモードだったっけ。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


「作らサせてもらう」ってサ入れ言葉は関西方言なのかな。
それも橋下氏は「させて」が言えないのか「さすて」という。
2/3午後の会見の生中継で、放送に乗っただけでも
15分間に「作らさすて」&「やらさすて」が7回。
気になって気になって、話の内容が全然頭に入ってこない。
政治家は、失言云々以外でも言葉は大事。

(11:00)

2013年02月27日

小鳥飼いの多くが夢中に違いない、小鳥のオチリ。
なんであんなにモフモフしてるんでしょう!
体中で一番(かな?)柔らかい毛があって、
毛が多すぎて可愛いなんて、小鳥ならでは?

あらかじめお断りします、今日の内容はヘンタイです。
下ネタ満載です。清純派の皆さんは気をつけて。
しかもオチリ写真ありません(過去日記にならある)。
サギみたいだ(インコなのに)。ごめんなさい。

Lisa は気づいてしまったんですよね、
ウンチをした直後1分間くらい、オチリの穴が、穴が、
……ぱくぱくしています!
そうしてだんだん収縮して、元通り穴が閉じる模様。
あら、ウンチするのってそんな大ごとだったんだ。
プリプリプリプリ、30分に1度は落とすというのに。

これを応用すると、
「あれ、いつの間にここにウンチ? 今したの?」って時、
鳥さんをひっくり返してオチリを見るとわかりますよ。
そういえば、とまり木では腰を落として踏んばったり、
平らなところではちょっと後ずさりしたりして、
「今、する」って予兆があるのも笑える。
指にとまっている時も、
握る足に微妙に力が入るので、気づきます。

以前、週末のたびに遊んでいたボタンインコは、
腰を落として踏んばった後、尻尾をくっと上げて、排泄した。
それって、尻尾にウンチがつかないように?
マメルリハは尻尾が短いからそうはしないのかな。
ワンちゃんが足を上げておしっこするのと同じですね。
なんか、みんな工夫してるんだなあ。

あと、上のほうにとまってさえずってる時、
こっそり眺メルとわかる。さえずりに合わせてオチリの穴が
ぎゅぎゅっとしてます。腹筋がここにあるのかしら。

画像は、昨シーズン唯一の積雪の日('12.2/29)、
六義園で、雪の中の水鳥たち。

DSC03513-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


よその小鳥さんのオチリも見たいと思ってしまうから
……やっぱりヘンタイ!?

(23:59)

2013年02月26日

亡くなって何年も経つけど、昔、柴犬♀を飼っていた時
(犬種や性別にもよるかもしれないから一応書いた)、
この犬は、泣いている人がいるとやってきて、
寄り添ってくれる犬でした。
「待て」しかできなくて、お手もできなくて、
よくダメダメのように笑われましたけど、優しい犬でした。
今でも、彼女の誕生日や折にふれ、話題になります
(最近、誕生日でした)。

さて、その点マメルはどうなんでしょ?
大人になった Lisa には、そうそう泣くようなこともなくて、
女優さんじゃあるまいし自在に泣けるわけでもないので、
感動モノの番組を見てた時に、首元に乗せておきました。

今だ!(ポタリ) ←この時点で、意識は感動から逸れてる
「ビクッ!」

マメルは不意に落ちてきた雫に超~~~びっくりして、
それから、ポタポタ落ちるのをひたすら舐めました。

でも、指についた水を舐めるのと大して変わらないような。
または、塩分を取らなきゃという本能みたいなものかしら。
(塩土与えてません。うちの先生は塩土否定派です)

画像は(またストック画像ですが)、
昨シーズンの唯一の積雪、2/29の雪です。
サクランボではなくて、姫リンゴくらいの大きさ。
これ本物? どうなってるんだろ?って、
花屋さんの店頭でしたが、まじまじ眺めたおぼえがあります。

DSC03519-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


我が家の結論:
・マメルは、なぐさめないみたいだ
・でも、小鳥との暮らしが癒やしになるのは間違いない
・感動番組より、今はマメルへの関心が断然上

(23:59)

2013年02月19日

冬になってからマメルん家にかぶせている、
保温用ビニールカバーですが、
夜間はさらにその上からおやすみ布をかけています。
けどそれは失敗だったかもしれない。
ビニールカバーの下にかけるべきだったかもしれない。

というのも、
マメルが寝床にしている左奥上のとまり木のちょうど側面に、
大穴が開いているのを発見したからです。
マメルめ~、かじりやがったな!
かじるのは楽しいかもしれないけど、
穴が開いたら自分が寒くなるだけなのに……おバカな子。

そこで、よく商品パッケージに使われているような、
下敷きよりはずっと薄いプラ板を適度な大きさにして、
その穴開き部分のケージのアミにジグザグ通しておいた。
しばし良かったけど、これもマメルが齧りたがる素材なので、
齧ってボロボロ→トリ替える→齧ってボロボロ→トリ替える、
のイタチごっこ。

もうー、君が寒くないようにやってるのに。気づけよー。

画像は2012年1月、有楽町駅前のイベントスペースに
秋田のかまくらが来ていたもの。
DSC03114


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


かまくら作ったことないけど、踏みしメル感じなのかな?

(23:59)