発情

2016年03月10日

昨夜からずっと雨。
朝の最低気温が12.6℃!
しかも最低気温が午前9時直前って……。
R0022002

青森で買った「せんべい汁」のせんべいを
お味噌汁に入れて消費してたら、
スープもセットになってたことに途中で気づく。
せんべい少なめになってしまった。
R0021998

■ 巣鴨ときわ食堂

R0021999
遅い午後、この日の開運メニューのカツ丼を食べて、
玉子はもう少しとろりのほうがいいなあなんて思ってた時、
その知らせは届いた。

空くんのママさんのブログの検索ワードに、
「マメルリハ リサ 発情」というのがあったと。
20160307_1457-1

は?
わたしの知る限り、リサちゃんというマメルリハは、
空くんの去年亡くなったおばあちゃんだけなんだけど、
これは飼い主の Lisa のことなんでしょうか。
Lisa は発情してないぞー! (^^;)

「ぼくたちのことなんじゃ?」
     「わたしがたまごうんだことないから?」
R0022000
ならせめて、「発情抑制」にしてほしかった。 (^^;)

「たしかに、ぼくも『ダンス』しないし」 (♂の発情行動)
   「わたしもヒコーキポーズもないの」 (♀の 〃 )
R0022001
そうなのよね。
でもさ、Lisa の知名度なんて、
プチポワのさらに20分の1以下だと思うんだけど、
なんで「リサ」?(笑)
#2羽がバーベキュー網に転がっている理由はコメント欄参照

じゃあ、そのどなたかのご期待に沿えるかわからないけど、
うちの対策を書いておきますね。

3つある主治医のうちのひとつが、
去年8月からなぜか休院中(事情不明。心配しています)の
中野バードクリニックなんですが、
そこの先生に言われたのは、
・起きている時間が長くならないようにする
鳥本来の「緊張感」を与える(詳しくはリンク先の記事へ)

おもちゃは、発情対策の奥の手としてとってあったのですが、
ムダ発情で困ったことが実際ないこともあり、
現在はケージ内おもちゃを解禁しています。
それと、冬でしたからキャリー散歩はしていません。

その他、太らないように体重管理はしています。
2羽とも、30~32g。
主食はペレットで、痩せない程度の量を測って与えます。

「まず、うちは2羽別居だもんね」
   「うん、となりどうしだから見えるけど、べつべつ」
R0022004

「起きてる時間、うちは8~10時間」
   「あさなかなかあけてくれないよねえ」
R0022005
冬はたやすいのですが、日の長い夏季は大変です。
夏場に1日中出かける日は、暑さ対策も兼ねて、
窓から光が差さない北側のキッチンに置き、
タイマー付き照明で、起こして寝かせます。

「あとポワちゃん怖がりだから緊張感はあるよね。ふあーあ」
  「そうなの、じどうてきにきんちょうかんよ」
R0022006
外が青く見えるけど、夕方です。
室内が電球色のLEDなのでカメラの色調整をしまして、
そのため外光部分は青みがかってしまいます。

よく言われる、「メスの背中を触らない」などは、
うちはあんまり気にしていなかったなあ。
関係ないけど、ポワのニギコロのお腹(おちり?)は
毎日のようにくんくん嗅いでます(笑)
皆さんのお宅では、どんな発情対策されていますか?

最高気温は最低気温のわずか2℃違い。
あ、これはベランダの話で、
今日は室内放鳥でしたが、室内温度は不明です。
R0022003


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(17:00)

2014年09月30日

(緊急特番のテイで)
この時間は予定を変更して、
昨日の健康診断で教わったことをお伝えします。

「常識のウソ」のようなことを明快かつ理路整然と
丁寧に解説してくれる先生です。
ですからいつも驚きがあります。
Lisa はけっこう守っているほうだと思っていたのに、
1年ぶりに行ったら、今回もいろいろショックが。
(うちはかかりつけが3軒あり、
 1軒当たり健診が年1回になってます)

まずはプチの発情問題。(唐突ですがお許しを)
これ、ポワに多少くねくね吐き戻しするくらいで、
物にスリスリや、吐き戻しの撒き散らしや、攻撃までは
なかったので、全然おおごとと思ってなかったのですが、
認識が甘かったようです。
プチはムチムチしているとのこと。でも30gですよ?
去年来た時は28.4g、これ以上太らないように、だそう。
太るのも発情の兆候で、吐き戻しのため多く食べるからとか。
ただ、逆に吐き戻しすぎて痩せる子もいるらしい。

新しいプリントをもらいました。
__________
「発情に気づくためのチェック項目」
・執着心のある物(お気に入りの物、いつも行く場所)
・便が水っぽくなって、ためフン傾向、大きな便
・恥骨が開いている
・指でケージをコンコンすると寄って来て、嘴でコンコンやり返してきて、同時に後頭部の羽を逆立てる、瞳孔が小さくなる、という行動
・朝一の体重が急速に増えて来る
・いつもより攻撃的になる
・特定の人や物に対しては異常にベタベタで、他のものには攻撃的になる
・食べる物の傾向が変わる(ボレー粉を多食するなど)
・特定の場所や物に吐き戻す
・ケージの床に降りている
・放鳥時にやたらと暗い場所、狭い場所等に頭を突っ込んで探索する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これらがないかどうか、1つでもあれば発情が疑われるそう。
プチは最初が少々と最後が当てはまります
(「インコ王国を探してる」と笑ってたのに)。
ポワは、キャリーに入ってきた先生の手に威嚇したそうで、
これも「縄張りを主張」という、発情の典型的行動だとか。
ええっ、ポワなんて全然そんなそぶりもないのに。 (T-T)
(ポワも29gでムチムチ肥満注意ですって)

以下、とても全ては書けませんが先生の言葉。

襲われる心配も食べ物の心配も寒さもないこの人たちは、
発情しっぱなしになってしまう。
繁殖させないなら、発情を抑えないと絶対にダメ
(Lisa注: 生殖器系の病気になるから、だと思います)。
もしいずれヒナを取るのだとしても、
いざその時までは発情させてはダメ。
肥大したままの精巣では体温で精子は死んでしまうし、
不要な時にポコポコ産んでたらカスカスの卵になってしまう、
そんなでいざヒナが生まれても、小さかったり虚弱だったり
足が開いていたり、……生まれてくるヒナがかわいそう。

発情を抑えるためには、とにかく環境を変え、
いつも緊張感の中におくこと。
自分のテリトリーに見慣れないものがあると、
この人たちは怖がって近づかない。それが緊張感。
これはいじめではなく、鳥本来の環境に近づける愛情。
「発情しっぱなし」も「毛引き」も、鳥本来の緊張感がないせい。
初めは怖かったものも、次第に「なんでもない」とわかり、
そばに寄れるようになる。そうしたら次の物に変えること。
慣れて「安心していられる」空間などダメ。
「お気に入りの物・場所」などあるのは不自然な姿。

野生下で鳥は餌を求めて移動し、
同じところには決してとどまらないのが本来の姿。
少しでもそれに近づけてやること。
野生下では「発情しっぱなし」も「毛引き」もないのだから。
(先生の話ここまで)

お気に入りの物を作るのがいけないなんて……。
あの場所も、あの場所も、あのボールも、
気に入ってるのを微笑ましく思ってたのに。
発情や毛引きに悩む飼い主さんたちに、
トリ急ぎお知らせしなくてはと思い、書きました。
ちゃんと伝えられているかどうか心配。
できたら、「中野バードクリニック」行ってみてほしいです。
うちは3軒行っているくらいですから、
1人の先生だけを盲信するわけではありませんが、
考えかたのひとつとして、ぜひお知らせしたいと思う。

先生からは、入れるおもちゃをどんどん変えること、と
散歩に連れ回すこと、と言われたのだけど、
そんなにおもちゃも持っていないので、トリあえず今日、
スパイスラックにあった乾燥パセリのボトル(?)を、
プチのケージに入れてみました。
入れた瞬間に「びくっ!」としてくれました。
これが緊張感か。

慣れてしまったら、未使用の洗い物ブラシ、
コンタクトのケース、計量スプーンなど、
かじってもかまわない物を片っぱしから、
毎日入れていこうと思います。
そうそう、この時のために撤去したブランコやテントも、
ローテーションに加わってもらおう。
(テントは、入って使うためではなく刺激の1つとして)

今日の2羽。
リアルタイムで載せるの初めてだな。

大好評連日開催だった「もろこしまつり」。
「まつりも終盤だね」 「もう次のもろこしはしないらしい」
RIMG5061
ごめんね。みじん切りメリメロを別に食べていても、
同じ野菜を何十口も食べちゃうのはダメっぽい。

「まあ、とうもろこしの季節も終わりだしね」
RIMG5062
「名残惜しいね。でも梨まつりはささやかに開くらしい」
うん、果物は比較的リスクが少ないんだって。
(飛び散らしたカケラもちゃんと食べるポワ)

おやつ前恒例のデュエットラッコ@デッキチェアの肘掛け
RIMG5063
「ポワちゃんで見えないー」 「今日は頭が下がっちゃった」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


あと、ヒナ時のメガバクは程度により自然治癒説とか、
毎年陰性だったのに7歳で初めてメガバク出た子とか、
今回も目からウロコの話いっぱいでした。

「お気に入り撤廃、緊張感投入」以外にも、
野菜の与えかたの見直し、体重の見直し、で指導が入り、
いろいろ改善しなきゃならない我が家です。 (^^;)

(21:00)

2014年09月07日

一作昨日曇り一昨日雨昨日みるみる掻き曇り、で、
3日ぶりの、ちゃんとした日なたぼっこ。
プチは水浴びを2回しました!
前髪しか濡らさないとはいえ、寒くないのかなあ。
どのくらい寒くなるまで、水浴びするんでしょう。
プチの後ろでは黄緑コウモリが見ています。
RIMG1941
「じー。にぃに、じーっ」
「やりにくいなあ」

1度目の水浴び。
この時、バスタブは手すりで影になっています。
RIMG1942
「もっふもふ」←毛玉

前髪はおなじみのイワトビペンギンに。
RIMG1943
「胸だって割れてるよ。なかなかでしょ」

40分後、2度目の水浴び。
バスタブは日向になりました。
クリッピング(羽切り)で寸詰まりのせいもあるでしょうが、
前髪だけ浸かるポーズはちょっと間抜けでいつも笑える。
RIMG1944
「ゾウさんの形態模写なんだよ。わかんないかなあ」

「Lisa が水滴を期待してるから、飛ばすよ」
RIMG1945
うーん、体と重なってあんまり見えません。残念。

すだれネットでブランコ遊びの2羽。
またも、黄緑のコウモリは向こう側。
RIMG1946
「にぃに~★」
「ぷぷぷ、おもしろ顔になってる」

まだ発情の心配ないポワは今まであまり早寝させてなかった。
けど、一昨日26時(昨日未明)に出てきて飛び回ったのは
さすがにイカンと思い、
昨夜からプチと同じ時間に寝せることにしました。
たっぷり寝たのに、今日もプチにもたれ、甘えうたた寝。
RIMG1947-9
「ぼくのここ(腕枕)、空けてあるから」
「ちらっ」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(2014年9月)
目黒さんま祭、行ってみたかったなあ。
暑くてムリと毎年思ってたけど、今年なら行けたなあ。
うっかり、PC修理の引き取りを予約してしまったので、
行けませんでした。あー、不覚!

そしてウチは近所のお店から、
朝から晩まで秋刀魚の塩焼きの香りが漂ってきます。
もしネコちゃんだったら、この環境は恍惚なのか、
匂いだけで食べられないのでイライラなのか、
どっちなんだろう。


(16:00)

2013年09月30日

カゴ手前の2番目に高いとまり木に昼も夜も居続けたプチ、
6晩目にしてついに、迷子中のプイと同じく
奥の1番高いとまり木で寝るようになった。
そこが温かいと理解したのかな。(ヒーターがある)
昼は手前にいます。
カゴ内では相変わらず無口。朝鳴いて起こされることもない。

日中の4割を餌箱でモグモグして過ごすプチ。
食べながら首を横クネクネするのが気がかり。
これは噂の発情兆候?
迷子中のプイは一度も発情したことないからわかんないや。
けど、迷子→保護→保護宅変更の波乱の中で発情だとしたら、
たいした心臓だわプチ。

グリーンピース、コーン、冬瓜、ニンジン、バナナ、パプリカ
、ブルーベリー、ブロッコリー、ほうれん草、リンゴ
(うちは多種少量ずつ制)を与えるも、プチ見向きもしない。
ありゃー、野菜食べてこなかった子なのかな。
ウチにいる間に野菜の美味しさ教えてあげるからね。

まだまだよそよそしいプチは、
ご褒美の1粒粟玉を指から受け取ってくれないこともしばしば。
ミックスシードの中で、オーツ麦を初めに全部拾い出して
食べたのを見て好物だと知り、オーツ麦だけ全部取り分けて、
ご褒美専用にする。受け取り率は格段に上がりました。

昨日載せた誕生日ケーキは目白の名店のもの。
せっかく行ったので他のケーキも買いました。


R0013390-1
バルケット・オー・シトロン、プラン・ソレイユ、セントーサ、
ジロット(カシス、チョコ)、カライブ(パッションフルーツ) 

いつも楽しみにしている、梨をもらいました。
お礼メールの代役はプチ(プチだとは伝えていません)。
あまり動かないので、モデルさん向き。
でも「ありがとう」を伝えるのに適役かというと、……微妙。 
RIMG0002-1

RIMG0003-1

プイにも食べさせたいから、
この梨がなくならないうちに、帰ってきてねプイ。

外出を控えたおととい昨日は食べ貯めないといけないので
あえて試さなかったのですが、
初日警戒してたっぽいため外した餌箱の飛び散り防止カバーを
今日再度つけてみた。普通に食べて難なくクリア。
これで、同形の野菜入れも、障害は中身の野菜だけになった。

プイはリードを付けるための服(フライトスーツ)が大嫌いで、
それは迷子の主因ではないけど一因になった。
プチには彼自身のためと心を鬼にして、毎日着せて訓練した。
4日間でほぼ気にならなくなったみたい。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村
 

プイには馴染んだ黄色もノーマル緑のプチにはちょっと浮く。
緑のフライトスーツを買ってあげよう。


(23:59)