病院

2016年04月06日

すみません、またまた、追いついていなくてまずは予告です。
(4/1分の記事まではアップしました)

ママりんさんにいただいた、キクスイさんのオーツ麦が
やたら巨大なんだけど、どういうことかしら(笑)
左上のこれが、普段与えているもの
      ↓
R0022617
どーん!
立派すぎる。

たとえは悪いけど、中国産野菜のようなデカさ(笑)

どうも、食べているところを見るとこれまた大きな殻が
ごろりと落ちるので、殻付きオーツ麦なのかな。
オーツ麦は皮が薄いと思っていたけど、
あれは剥いた状態で、中身の薄皮だったのかな。

- - - - - - -

さてさて、今日はまた、燻製居酒屋の桜テラスでランチ。
普段は土日はランチ営業なしなんですが、
目の前の公園でイベントがある時だけ臨時営業です。
臨時営業は、1年中で、この時期に2回あるだけかな?

R0022562
   「こんにちは。あら今日は Lisa さんだけ?」
近所のこのかわい子ちゃんも一緒ですが、
近所の妹弟分は、長いお見合い中のためお留守番、
うちのブリッコとオッサンも、気温が低いため留守番です。

目の前は桜まつりですが、屋台越しにステージがあるため、
出し物は音だけ聞こえてくる感じ。
ちなみに、この桜まつりがこんな満開ドンピシャになるのは、
ちょっと記憶にないくらい珍しいと思います。
毎年たいてい、とっくに葉桜になった頃に開催しています。
R0022559-1
おまけに、ほとんど毎年雨に降られていたはず。
運営側にとんでもない雨男でもいるんでしょうか。

なお、このテラスには雨女と晴れ女がいます。
たいてい晴れが勝つのですが、今日はどんより。

日替わりランチは燻製カレー。
R0022558
量が違う?と思ったかた、お目が高い。
わたくし大盛りですの(笑)

和太鼓に怯えて、珍しく抱っこのこむぎちゃん。
R0022565-1
  「重低音キライ」

R0022567
オプションで100円のコーヒーを飲む頃、
こむぎちゃんも落ち着きをトリ戻す。
R0022566
  「お琴はいいけど太鼓はヤな感じ」

お店を出て、ステージ側もちょっと見る。
R0022569-1
よさこいの団体。

R0022623-1
可愛いペンギンの組み木は¥200
(上のをばらしたのが下の状態です)

R0022587
猪苗代観光協会の桜餅と桜大福は各¥100? 失念。

ここできよさんたちとバイバイして、
今度はプチポワを連れ、我が家は健康診断へ。

R0022573
「都立家政」駅のキャラクター、かせいチャン。
(「都立家政」学校は今は改名しているそう)

毎年9月に来る病院だったのですが、
なぜか8月からずっと休診だったのです。
毎週のようにチェックして3/31から再開と知り、早々に予約。
ああ久しぶりー。
R0022574
     ↑
この中にプチポワ

バッグの口の巾着カバー(ピンクのところ)の中に、
フリースのブランケットで包んで、
ゴムバンドで開かないようにしたプラケ2つ。
R0022575
温度計も付けてますが常時20度以上あったので、
ブランケットだけで、カイロなどの熱源は入れてません。

診察に怯える(?)2羽のむこうに、白衣の先生。
R0022576
「いやな予感がするよ」 「にぃにちょっとオモイもんね」

フンの検査、そのうの検査とともに、
今回はPBFDの血液検査もしてもらいます。
採血用に、タオル巻きにされるポワ。
R0022577
「あれっ? これっておっトリチカちゃんっぽくない?」
チカちゃんといえば、こんな巨乳美女だって。すごいねー!

長くなるので、健診の詳細は明日の記事に書きますね。

最寄り駅に帰ってきたら、もう屋台は撤収してました。
R0022580
これはプイの桜
手の届く下のほうにも花があるので、
近々プチポワをトリに来ましょう。
鳥居の桜は、下枝を切られてしまって去年からダメなんだ。

リセットしてなかったので、ここ3日間の最高最低気温。
R0022571-1
今日の気温は、22℃よりは低く9℃よりは高いということね。

健診に行っている間の最高気温は次の通り。
左が室温(=バッグ外)、右がバッグ内。
R0022586-1
やっぱ病院内は30℃なのね。
先生すごい。Lisa は30℃の中では働けません。 (^^;)
けど、9月末だと例年「あづ~~~」って感じなのが、
今回はキャミ姿になることもなく比較的楽でした。

今までは、1月、5月、9月で、
1月は(移動中の保温が心配で)近所の病院にしていたけど、
ちょっと、ローテーション順を変えてみようかな。

R0022593-1
帰宅後放鳥できました。
写真枠が尽きたので、続きは明日~。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


今日のニュースより。
4/2は国際ピローファイトデーといって、
年に一度、思う存分枕叩きを楽しめる日だそう。
ドイツやアメリカや香港で、大勢の人がストレス発散し、
「広場には、たくさんの白い羽毛が舞い散りました」
だそうな。

ちょっと、ねえ。 ( ._ .)
その破れた枕のために、またどれだけの羽毛が採取されるの?
そのイベント、せめて羽毛製品禁止にしない?
舞い散るのが楽しいなら、シャボン玉でもすればいいじゃん。


(16:00)

2016年03月30日

昨日書けませんでしたが、昨日の同行者に
インコの歯ブラシホルダーをいただきました!
鳥トモさんでもないのに!? キャー♪
ルチノーのオカメインコと、水色のセキセイがありましたよ。
R0022424

昨日持ち帰りになってしまったケーキを食べつつ放鳥。
   ミルフェ
R0022387
   さくら
2羽はケーキは狙わないけど、セロファンは気になるらしい。

「朝から放鳥だと思ったら」「きょうもこれでおわりなの?」
R0022383

今日は、鳥の保護団体TSUBASAへのチャリティーを兼ねた、
小鳥イベントがあって、1日だけの開催なので、
Lisa は午後は別件のセミナーだったんですが、
ちょっとだけでもと思いいそいそと行くことに。

といっても、放鳥が切り上げられず、
朝イチではなく1時間ほど過ぎた頃に到着。
R0022388-1
なぜか居酒屋さんが物販会場なのだけど、
ここ、小鳥のいる居酒屋さんなんだとか。(じゃあ禁煙?)

入ったら、いきなりmametosoraさんのコーナーで嬉しくなる。
新作もある。
R0022389

このトートも新作。
R0022394
やった、生成りじゃないのが欲しかったのよね♪

カゴにいくつも放り込んでいたら、
mametoasoraさん(作家さん)を紹介される。
おおー、Twitterはフォローしているけど、
お会いするのは初めて。
「全体が黒や紺のトートの商品化予定は?」とリクエスト。

刺繍がまぐち。考えた末見送る。
R0022392

刺繍カードホルダー。
R0022393
青マメでしかもまめるさんカラーなので、知らせる。
まめるさんとは入れ違いだったのですが
無事入手したそう

ルリハレンジャーには気づかなかったな。緑もあったとか。
他に、ちっちゃーい刺繍のアクセサリーもありました。

限定のとり弁当。次の予定がなければ買いたかった。
R0022390

とりケーキ。時間あれば食べたかった~。
R0022391-1

戦利品。
なかなか使えなそうなパッチン留めも買ってしまうマメ威力。
西新井のインコハンコ屋さんは、マメちゃんが店長だそう。
(赤マル部分参照)
R0022426-2
色変わりマグ(右上)もとうとう買いました。
カードは今年の初め頃の新製品で、2種類の絵柄入り。

徒歩5分くらいの第二会場では、
オーダーの似顔絵やインコハンコのコーナーがあったり、
午後、TSUBASA代表による講演もあり、
聞きたかったし、終了後の抽選会の賞品も羨ましかった。

Lisaは予定通り別件のセミナーに移動。
終了後はガントモさんたちとお茶しましたが、
なぜかそこで、戦利品一式を披露しましたとさ(笑)
R0022400

この土日はまともに放鳥できなくて温度計リセットも忘れた。
最高気温は昨日で、25.3℃、
最低気温は今朝で、6.5℃でした。
R0022403-1

- - - - - - -

大ニュース!
去年8月から休診していた中野バードクリニックが、
再開していました。よかったー!
毎週のようにチェックしていたサイトが、
デザイン変わっていて、「ごあいさつ」なんて書いてあるから、
閉院しちゃった!?と一瞬ドッキリしたのでした。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(15:00)

2016年03月10日

昨夜からずっと雨。
朝の最低気温が12.6℃!
しかも最低気温が午前9時直前って……。
R0022002

青森で買った「せんべい汁」のせんべいを
お味噌汁に入れて消費してたら、
スープもセットになってたことに途中で気づく。
せんべい少なめになってしまった。
R0021998

■ 巣鴨ときわ食堂

R0021999
遅い午後、この日の開運メニューのカツ丼を食べて、
玉子はもう少しとろりのほうがいいなあなんて思ってた時、
その知らせは届いた。

空くんのママさんのブログの検索ワードに、
「マメルリハ リサ 発情」というのがあったと。
20160307_1457-1

は?
わたしの知る限り、リサちゃんというマメルリハは、
空くんの去年亡くなったおばあちゃんだけなんだけど、
これは飼い主の Lisa のことなんでしょうか。
Lisa は発情してないぞー! (^^;)

「ぼくたちのことなんじゃ?」
     「わたしがたまごうんだことないから?」
R0022000
ならせめて、「発情抑制」にしてほしかった。 (^^;)

「たしかに、ぼくも『ダンス』しないし」 (♂の発情行動)
   「わたしもヒコーキポーズもないの」 (♀の 〃 )
R0022001
そうなのよね。
でもさ、Lisa の知名度なんて、
プチポワのさらに20分の1以下だと思うんだけど、
なんで「リサ」?(笑)
#2羽がバーベキュー網に転がっている理由はコメント欄参照

じゃあ、そのどなたかのご期待に沿えるかわからないけど、
うちの対策を書いておきますね。

3つある主治医のうちのひとつが、
去年8月からなぜか休院中(事情不明。心配しています)の
中野バードクリニックなんですが、
そこの先生に言われたのは、
・起きている時間が長くならないようにする
鳥本来の「緊張感」を与える(詳しくはリンク先の記事へ)

おもちゃは、発情対策の奥の手としてとってあったのですが、
ムダ発情で困ったことが実際ないこともあり、
現在はケージ内おもちゃを解禁しています。
それと、冬でしたからキャリー散歩はしていません。

その他、太らないように体重管理はしています。
2羽とも、30~32g。
主食はペレットで、痩せない程度の量を測って与えます。

「まず、うちは2羽別居だもんね」
   「うん、となりどうしだから見えるけど、べつべつ」
R0022004

「起きてる時間、うちは8~10時間」
   「あさなかなかあけてくれないよねえ」
R0022005
冬はたやすいのですが、日の長い夏季は大変です。
夏場に1日中出かける日は、暑さ対策も兼ねて、
窓から光が差さない北側のキッチンに置き、
タイマー付き照明で、起こして寝かせます。

「あとポワちゃん怖がりだから緊張感はあるよね。ふあーあ」
  「そうなの、じどうてきにきんちょうかんよ」
R0022006
外が青く見えるけど、夕方です。
室内が電球色のLEDなのでカメラの色調整をしまして、
そのため外光部分は青みがかってしまいます。

よく言われる、「メスの背中を触らない」などは、
うちはあんまり気にしていなかったなあ。
関係ないけど、ポワのニギコロのお腹(おちり?)は
毎日のようにくんくん嗅いでます(笑)
皆さんのお宅では、どんな発情対策されていますか?

最高気温は最低気温のわずか2℃違い。
あ、これはベランダの話で、
今日は室内放鳥でしたが、室内温度は不明です。
R0022003


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(17:00)

2015年02月02日

花芽が殺られたのとは別固体だったと思いますが、
大根葉水栽培にまた花芽が付きました。
が、鳥たちの乱暴狼藉により(だったと思う ^^;)、
折れてしまった!

アイスの棒で、ゆるーく添え木をしてます。
RIMG3895

4/19に書き忘れたこと。
『性格ミエル研究所』という番組を見ました。
ディグラムという性格診断のサイトで実際にやってみると、
Lisa は「NPトップ型」
   優しさあふれるマリア様
   NOと言えない相づち人間

……いや、NOは言えますけど……。 (^^;)

スタジオでは、益若つばさがこのタイプで、
いろんな解説は、その後彼女が発した一言に集約されてた。
「確かに!
 これまで付き合った人(に)、100%浮気されてますもん」

     がっくり il||li ○| ̄|_ il||li

そっか……
薄々気づいてたよ。うんと昔だけ除き全員が全員ってことは、
Lisa 自身がだめんずメイカーなんじゃないかと……。

タイガーウッズの元祖みたいなのもいたからね。
お陰で、タイガー以降はすぐ感づくようになったけどね。
許すとかはないけどね。信じられなくなったら無理でしょ。
さよならして、次の人も結局そうだからね。

あ、でも確実に仕返しはするから(復讐のマリア様!?)
やつらは無傷じゃ終わらなかったけどね。ふん。

ちなみにこの番組、過去2回は見逃したようですが、
2013/5/10(金) 25:05-26:05
   10/26(土) 13:30-15:00
2014/4/19(土) 13:30-15:00
   10/3(金) 23:00-24:00
   12/26(金) 21:30-23:22
とあって、回答にはけっこう悩むのに毎度同じ結果なので、
確実にそのタイプなのでしょう。

……って、何の話だっけ? 鳥ブログです。
「だめ鳥メイカー」じゃなければいいけど。 (^^;)

- - - - - - - - - -

さて、以下は「迷子」としてはその後解決(?)したので、
「からだ(成長や不調や病院)」カテゴリかなあ、
「よその子」カテゴリかなあ、迷い中。

「(お金ないのに)なんでうちのベランダに来ちゃったの?
 インコちゃんお願い早く良くなって!」
というツイートに捜し主仲間さんが聞いたら、緑だという。
引き継いで Lisa が聞くと、コザクラのオレンジフェイス。
寒い日だったので風邪をこじらせて入院中らしい。

居住地を聞いてイヤな予感がした。
もし池●の病院ならダイレクトメッセージを送りたいので、
と言って相互フォローになりました。
(フォロー間でないと送れない)

そこは、鳥専門医の中で唯一悪評高い病院なんです。
やたら入院を勧め、常軌を逸した注射漬け、
退院したら死ぬと脅し、なのに鳥は生還しない、
ヤブ&ぼったくりとのこと。
名医といわれる鳥専門医はどこも予約制で混んでいるのに、
そこは開院時間も長く無休で、すぐ見てもらえるとか。
善意の保護主さんがぼられたら申し訳なさすぎるし、
何よりその子の命が心配なので、
と水面下(ダイレクトメッセージ)で知らせました。

予感はビンゴでした。
保護主さんは、他の病院にもかかってくれるそう。
良かった。

このコザクラちゃん、後日談もありますのでお見知りおきを。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


月誕生デイだというのに、大根葉の写真しかなく、
ついにプチポワ登場しませんでした……(^^;)

【緊急告知】
ブログ村マメカテの しもべさんが、
プチポワのイラストを描いてくださってます

(リンク付いてますのでクリックで飛べます↑)
しもべさんに書いてもらうなんて~♪
擬人化シリーズに入れてもらえるなんて~!
見てね。 (^^)


(14:00)

2015年01月19日

今日もいい天気。しかもあったかい。
2週間格闘したフォージングも、ようやく攻略の兆しです。
さあ、今日こそ穴を広げて、
いよいよ粟穂たっぷり食べられるね!

     「今日もあいつとの戦いか」  「粟穂、わーい」
RIMG3784

そう、このくらいまでは穴が開いたのです。
でもこれは Lisa が持ち上げて手伝っています。
       「粟穂ウマー」   「おーい、見えないよ」
RIMG3785

自力ではまだ届きません。伸びる2羽。
  「く……もう少し」  「わたしもわたしもわたしも!」
RIMG3786

その時です、ポワにミラクルが!
           「ズボッ!!」
                   気づいてないプチ↓ 
RIMG3787

なんっということでしょう。
どうやら、小顔のポワにはぴったりサイズだったみたい。
    「すごい!これって神!!」
RIMG3788-1
矢印はプチの尾羽です。           「おろおろ」 
やっと気づいて、フレームアウトしておろおろしています。

だって、ポワにとっては神かもしれないけど、
これって、ひとりじめという暴挙だから。 (^^;)

     「ちょちょちょ……」 ←Lisa に訴えに来たプチ
RIMG3789
         「ウマー! 最高~!!」

    「顔の周り全部粟穂♪」
RIMG3790-1
                  「おろおろオロオロ」

    「粟穂バイキング♪」
RIMG3791
          「ねえちょっと! なんとかして!!」

悪いけど、面白すぎる……(^^;)
その後、プチには別途粟穂を出してやりました。

食後の小顔。
      「まんぷくー」
RIMG3792
ねえポワ、なんでそんなとこにウンチがついてるの?
どうやってしたの? (^^;)
#モザイクかけなかったけど、ご容赦ください

小顔 in 病院。
      「3週間ぶりに来たの。もう来なくていいって」
RIMG3793
あの急変から2ヵ月、やっと、お墨付きが出ました。
あの日24gだった体重は、
今朝26.5g、今夜29g(←粟穂バイキングの成果?)

「診察券新しくしますね」と言われ、「?」と思ったら、
今までの診察券には「○○(苗字)ポワちゃん、マルメリハ」
って書いてあったとか。
マルメリハ!(笑)
全然気づいてなかった。写真撮っとけばよかった。

2羽就寝後。
「動物がおしゃべりしたら子供は信じる?」ってネタが好きで
TBS『ニンゲン観察モニタリング』という番組を見てますが、
ウチの近所のケーキ屋さんが出てきてびっくり。
RIMG3794
この時点でもう、「あら!?」って気づきました。 (^^)
ここはそんなに、通ってるほどではないんですけどね。
Lisa が大きな生花のアレンジメントを義理でもらった時、
(生花あまり得意じゃないので、うちで扱いに困るより)
多くの人が見るほうが、と持って行ったことがありました。
そしたらもらってくれて、お菓子をくれたっけ。 (^^)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


山手線の秘境ともいうべきマイナーな街なのに、
六義園の桜や紅葉の中継以外で、
よくテレビが来たなあ……。


(15:00)

2014年12月04日

雨のち曇り、最高気温も10℃だったので、
今日もベランダ遊びはナシ。
晴れてさえいれば、気象庁発表の最高気温より、
ベランダ最高気温は5℃くらい高くなるのですが、
太陽が出ない日は全然ダメです。

そんな中、空になった鍋をのぞくポワ。
「さっき Lisa がなんか食べてたのに、もうない」
RIMG3457
はい、鍋焼きうどんならぬ「鍋焼き・蕎麦」を食べました。
(区切らないと、ヤキソバみたいになってしまう)

ミルクパンで鍋焼きというのもどうかと思うけど、
一人用土鍋がなぜか行方不明なのです。
引越しもしてないのに紛失って、本当にどうかと思う。

そんなポワを見ていたわけではないプチが、
40分後に全く同じことをしていました。 ←早く片づけろ

「これはバスタブではないのね? 水すら入ってないや」
RIMG3459
プチの羽のほわほわ具合、かなり期待してたと見える。

ネックウォーマーで巻かれたプチ。
なんでプチだけ巻いたか、記憶にありません。
「むむっ、す巻き、いや、のの字ロール……」
RIMG3460

プチは手で握られるのもあまり好きではなくので、
この「巻き」も、暖かいけどお気に召さなかったもよう。
すぐにすり抜けてしまいます。
「にゅーっ」
RIMG3461

今日のポワラッコは、ちょっと、踊ってるみたい。
「直立不動なぼく」 「わたしはノリノリよ~」
RIMG3462

さて、ポワは病院。
前回通院で、「次回はまた2週間後くらい」と言われたけど、
まあ3週間でいいのでは?と予約したのが今日でした。
「もう診察は終わりました。問題なしよ」
RIMG3463



「はりそんのぺれっとを食べているの」
RIMG3464
「また2週間後に……」と言われたので、
いつまで、または、どうなるまで通院なのか聞いたところ、
次回問題なければ終わりましょうと言われました。
(そして、実際にはまた「3週間後」に予約しました)

「はりそんのぺれっとを食べてるの。小さくて食べやすいの」
RIMG3464
恵比寿の病院でプチ健康診断の時に、
サンプルサイズで購入したハリソン社のペレットを、
今日から試してます。

ズプリーム社の「パラキートサイズ」にあたるものがなく、
それよりずっと小粒の、
でもズプリーム「カナリア・フィンチサイズ」よりは大きめの、
「スーパーファイン」というサイズです。
その上の「ファイン」だとパラキートの倍くらいみたいです。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


病院での顔、目がパッチリしていて、
あの日は半開きだったことを思うと、
体調回復してくれて感慨深いです。


(23:00)

2014年11月30日

朝、2羽ともまたちょっと軽めの26gだったので、
フルーツブレンドのペレットをサービスしようとしたら、
すかさず入り込んでしまったポワ。
今あげるってば。どんだけ食いしん坊なのよ。

「わたしここに住む!」
RIMG3415
童話の「お菓子の家」みたいなものかしらねえ?
でも1週間で食べつくしちゃうと思うよ。 (^^;)

「そしたらヤドカリみたいに引っ越すから」

RIMG3418
うーむ、やりかねない……。

ペレットはズプリームですが、
ドキペの小分け真空パックなので表面がボコボコしています。
ちなみに、プイ(マメル)はレジ袋のガサガサ音に
反応しない鳥だったのですが、
ポワは、おそらくこの袋の音が刷り込まれて、
お砂糖の袋にさえ興奮します。プチもつられて反応します。

さて、今日 Lisa は鳥関連で外出。でも2羽は留守番です。
行きがけにランチでも、と思ったけど、ここは臨時休業。

■ カナイユ

RIMG3419
やってそうなのに休業とは。

桜も見かけました。
RIMG3421

RIMG3422

ここで、1つ大事件に遭遇したのですが、
丁寧に書きたいので、その話は明日の記事にしましょう。

浅草橋あたりはもう一通り行ってしまったかと思ったけど、
未訪のフレンチをみつけました。

■ ジョンティ

フランスの中でもアルザス料理に特化したお店だそう。
「ジョンティ」というのはワインの等級の名前のようです。

外観:
RIMG3428

店頭で干しているこれはなんだろう。
RIMG3429

前菜: サラダ 鶏のムース
RIMG3423

主菜: 豚ロース肉のソテー バルサミコソース
RIMG3424

パン
RIMG3425

デセール: 焼きプリンとシナモンアイス
RIMG3426

コーヒー(お砂糖にバニラビーンズ?)
RIMG3427


そして到着。
明日開院の森下小鳥病院(江東区)です。
RIMG3432
横浜小鳥病院の女医先生が独立。本日19時まで内覧会
江東区といっても、台東・中央・墨田区との区境で、
秋葉原から自転車で10分くらい。

祝い花も鳥モチーフでした。さすが。
RIMG3433

なじみの飼い主さんたちが来ていたようで、
初対面の Lisa はやや所在ない感じでしたが、
ポワのクネクネ動画を「病的ではない」と言ってもらえたり、
選べるお土産(お試し鳥ごはん)をいただいたりしました。
先生の愛鳥さんが5羽ほどもいて微笑ましかった。
Lisa は迷子ポスターゼッケンを着ていったのだけど、
それには触れられず、ポスターを頼める雰囲気はナシ。

ただいまー。
「今日は遅いおやつだね」 「待ちくたびれて手がパー」
RIMG3436
あれっ、ポワの両手パー、珍しい~。

その後、いつも通りのグーにもなりましたが、
RIMG3437
「普通の(?)ラッコもできるよ」

その後、ヘンなふうにもなっていました。 (^^;)
RIMG3438
「あれっ、引っかかったー」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


鳥病院が増えるのはいいことですね。
中を見られる機会もラッキーでした。


(23:00)

2014年11月13日

帰宅した日に、2羽とも31gだったのは、
さすがに一時的な「食っちゃ寝」の結果だったようで、
昨日は揃って29と適正だった。
膨羽も体重減もなくなったことだし、
また、ペレットをトータリーオーガニクスにしてみたら、
また、揃って1g減って、今日は2羽とも28g

やっぱ、トータリーオーガニクスだと痩せちゃうのかな。
1袋買っちゃったからなるべく消費できるといいけど、
うちの2羽には相性が良くないのかな。

プチ、3日ごと恒例の、翼記録。
RIMG3209-1

ポワは8日ぶりの翼記録。
伸びかけのはありませんが、端がちょっとボサボサしてるね。
RIMG3210

これは、おやつ前のノルマ、ラッコ。
なんですかプチのこの、なよりかた。
「くねん」 「にぃにってば、なんか、キモッ!」
RIMG3211

これもまだオネエっぽいぞ。(近頃は、死体っぽくはない)
「おほほ」 「まじめにやってよ。OKが出ないじゃん」
RIMG3212
いつもポワのほうが、勝手に解除しちゃって待たせるくせに。
(^^;)

スキージャンプの時の足みたい。
「レジェンド葛西~♪」
RIMG3213
「にぃにが何気にずり上がってくからアップじゃなくなった」

ポワが珍しくちゃんとポーズを続け、いばってます(笑)

さあ、前回から1週間経って、今日はまた病院。
プラケースの側面1つに、レンジで暖めるゆたんぽを付け、
全体を保冷(保温)バッグに入れています。

温度計の表示は25℃。
あら? ポワ??
                    「ここよー」
RIMG3216

天井歩きをしていました。
RIMG3215

経過は良好。
引き続き消化の薬はペレットに振りかけるようにし、
次回は、2~3週間後で良いとのことでした。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


結局プチは今回お医者にかからずじまいでした。
今月健康診断受けたし……。 (^^;)
長引かずすぐ治ってくれて、ありがとねプチ。


(22:00)

2014年11月06日

うちのマメルたちは(ついに「マメル」が代名詞になった)、
プチもポワも、迷子中のプイ(マメル)も、
サフラワーの殻を割れません(でした)。
与える時はハサミで切り込みを入れてから渡します。
プチは、ほんの少し切込みがあれば、割ることができます。
ポワやプイはもう少し大きめの切り込みが必要です。

そんなサフラワーに、ヘンなやつがいました。
RIMG3084
なんでしょう、このボサボサ(笑)

普通に考えたら、花の跡なんでしょうけど、
こんなの初めて見ました。

ポワの体重、昨日の26gから、ペレットを
「ズプリーム社ナチュラルパラキート」にして28g。
プチの体重減は止まって、昨日と同じ26g)
今日はまた病院です。

「また注射された」
RIMG3087
あら、あんよが汚れてたね。

「食欲だってあるのにさ」
RIMG3088

「もう体内出血してないから、お薬を変えるんだって」
RIMG3089

(瞬間でもこういう表情になるのは、やっぱりまだ心配です)
RIMG3090

「あらやだ、味わってただけだってば」
RIMG3091

「ほらね、ポリポリポリ」
RIMG3092

「うんちがゆるいから消化を良くする薬にするんだって」
RIMG3093

「今度は、ゴハンに振り掛ける薬なんだって。必要かなあ?」

RIMG3094

「今までみたいな水薬でも、お利口に飲めるのにね」
RIMG3096

2枚目以降は全部待合室でトリました。
プチ、今日は登場しません。 (^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


忘れそう忘れそうと思ってたけど、案の定、
一昨日の記事に動画を付けるの忘れてました。
加筆してタイトルも変わりましたので、よろしければ……。
     ↓
「2/18プラケースの暮らしと南瓜」 改め
2/18南瓜と、女の子のクネクネ(動画追加しました)




(16:00)

2014年10月30日

初めて行く、恵比寿の鳥病院で健康診断。
予約の時、初診は1家族1羽のみで3週間前待ちと言われ、
じゃあどっちかなあ、順番からいったらプチかなあ
(前回受診、プチ9/29ポワ10/-11/)くらいの意識でしたが、
ポワは別病院で治療の現状ですから、必然的にプチです。

なんと、住宅街の一軒家。
RIMG2968

待合室から中庭が見えます。
自宅兼なのでしょうが、渋谷区恵比寿にこれだけの敷地って、
すごいなあ。
RIMG2964

野鳥のためにエサが。
RIMG2963

ハトがいるので順番待ちの(?)スズメたちが鈴なり。
RIMG2965
さあ、「スズメ鈴なり」と早口で10回繰り返してみよう!

診察を待っている間に、思い出話を……。
Lisa がプイ(マメル)を迎えたばかりの頃、
調べまくった中にこの病院がありました。
その中に、前年に精巣腫瘍で余命1週間の宣告をされた、
セキセイインコのてんてんちゃんのブログを見つけ、
一気に読んで大泣きして、
てんてんちゃんの旅立ちでブログは止まっているのだけど、
その飼い主さんが今どうしているか気になります。
またインコライフを初められているといいなあ。
(無断リンクできないけど、検索ですぐみつかると思います)

11時の予約でしたが、呼ばれるまで30分くらい待ちました。
まあ許容範囲。豪徳寺で1時間半待ったこともありますし。
優しい女医さんが、スポイトを口から入れてのそのう検査、
触診、糞便検査(これのみ本人気づかないうちに行われる)、
と通常の健診メニュー。

で、診察台の上の病院のケージ(上部のみ)に
いったん入れられたプチですが、

え、えええ!?
「もふもふもふっ」
RIMG2966
ボーゼンとしていたので、指を入れてみたところ、
かかれにくるではありませんか!

ベタ慣れの子なら当たり前のカキカキですが、
プチは、押さえつけてないとかかれてくれない子。
(ポワは多少かかせますが、それでもひと逃げします。
 基本、複数飼いの子は「間に合ってます」なのかも)

それが、自分から進んでかかれるだなんて!!!
ありえなすぎて雪が降るわ!
「もう降った……」
RIMG2967
あんまり驚いたので、診察中ですが許可を得てトリました。
(先生はカルテを書いたりしていた間です)
プチといえども、知らない場所では Lisa に頼るのねえ。
ちゅびさんやママさんが言ってくださった通りだ~。

何にも悪いところはなくて、ピカピカ健康でした。
「お爪がちゃんと短く揃ってるけど……」と言われて、
はい、ウチで切ってます、と答えました。ちょっと嬉しい。

病院を出て、ランチ(Lisa が)。
いやあ、恵比寿はよりどりみどり♪

■ ル・ビストロ

駅の反対側で、病院とは決して近くはありません。
もっと近いお店もあったんだけど、ランチやってなかった。
プチはバッグの中でおとなしくしていました。
(2羽一緒だとそうはいかないと、後に知ることになります)

外観:
RIMG2969

外観アップ: 豚料理がお得意のようです。
いや、これだと共食いだけど……。
RIMG2976
ガツン系の骨太フレンチ、いいコピーだ、好きです♪

メニュー:
RIMG2975

前菜(3種から選択): イノシシのリエット サラダ添え
RIMG2970

主菜(4種から選択): LYB豚もも肉一本丸ごとロースト
木曜日限定だそうなので、迷わずこれを。
RIMG2972
マッシュポテトたっぷり♪
「もも1本丸ごとロースト」ってのは語弊があるような……。
「もも1本丸ごとローストのスライス」か、
「もも輪切り」あたりが正確だと思う。

お茶: コーヒーを選択
RIMG2973

ここまでが1,000円のランチで、ケーキを別注文(300円)

デセール: りんごのタルト キャラメルアイス添え
RIMG2974

さらに病院側まで戻って、新進のパティスリーへ。
2012年11月にオープンしたお店ですが、
けっこうメディアに出ています。
Lisa はこの名前が覚えられず、しょっちゅう忘れます。

■ パティスリー レザネフォール

RIMG2979

RIMG2990
左下がショコラクラシック、他は失念。

ただいまー。
ビニールカバーの中でだけ、ポワを出してみました。
プチのポワ掻き。
「おかえり~」 「お留守番大丈夫だった?」
RIMG2981

ポワのプチ掻き。
「うん、今までで一番長いお留守番だったけど カキカキ」
「偉いね。やっぱポワちゃんのカキカキがサイコー」
RIMG2982

プチのポワ掻き。
「Lisa よりはねー」 「今日は調子いいんじゃない?」
  体重計
    ↓
RIMG2986
体重は、4日連続の27g。

そしてこの後、今度はポワだけ連れて近所の病院へ。
3度目の受診です。状態がいいので今日は注射はナシ。
相変わらず原因はよくわからない。
いくつか提示された中から、
3,000円の超音波検査をしてもらうことに。

超音波写真を見ても、Lisa にはよくわからない。
排泄口につながる管が硬化しているっぽい、
というような説明だったと思う。(ちょっと忘れました)
また来週の予約をしました。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


恵比寿の病院は、感じは良かったのですけれど、
後に、主治医の1つにするのはやめることにしました。
Lisa が重視するのは、腕以外には急患対応なので。

ここの384や266を読むと、横浜の病院にいた先生だし、
2009年頃は急患も受け付けてたみたいなのにな。
詳しくは、1/27のコメント欄をご覧ください。

(16:00)

2014年10月24日

昨日、普段通り元気だったと書きましたが、
あれだけ膨らんでたら飛ばしちゃいかんだろうとは思って、
体重計までいつもは追って来させるところを、
プチともども「指タクシー」で移動させていました。
今日は体重計のほうを持ってきて、
ケージを覆っているビニカバー内で体重測定しました。

ポワは今朝、進んで薬を飲みました。なかなかお利口。
プラケース温室に水を入れられなかったので
(敷き紙が濡れてしまう)、喉が渇いてたのかもしれません。
薬の後もお水をごくごく飲み、起きぬけ体重25→
水飲み後の体重27になりました。
昨日は脱水症状もあったので、飲ませなきゃ。

おやつ場キャリーの笑顔風にトリたいと思ったんだけど
プラケース温室内ではイマイチ。少し膨らんでるか?
「狭いけどゴハンは近い。つか食べるしかすることがない」
RIMG2775
あ、プラケースひび入ってるのはスルーでお願いします。
ポワ迎えた時花小金井のホムセンで300円、2ヵ月でヒビが。
予備買っとけば良かった。

出してもらえないので悪さをして発散するポワ。
RIMG2778
「たいくつたいくつたいくつ~」

プチも巻き添えで安静(遅起き、ビニカバー内での体重測定)
にさせられていますが、彼だけ室内日光浴はしました。
「横ドリされない代わりに、ひトリぼっち」
RIMG2781
昨日、放鳥もオヤツもなかった上に、ひトリで留守番させ、
ほったらかしたので、今日はベタベタ触りました。
珍しくカキカキさせてくれた!

その時ポワはこんな様子。プラケース温室内をトリました。
そうそうヒーターのとこでお昼寝しな。
「ぐぅ」
RIMG2782
この時はバナナ型水入れを入れていますが(手前左)、
昼間でもやはり敷き紙が濡れたので、すぐに断念。

プチもウトウト。
この時プチポワは、お互い視界には入っていませんが、
距離は1.5mくらいです。
「ぐぅ」
RIMG2783

月曜(2月3日)夜にペレットを変えて以来、
プチがついに食べ始めました。
「うーん……」
RIMG2785

「ま、食べてやるか」
RIMG2786
旧ペレットのカケラを拾い食いしなくなったので、
ウンチ拾い以上の掃除がやっとできました。
彼は迷子経験者のくせに(!?)味が変わるのを好まず、
「空腹よりはマシ」と納得する時間が必要みたい。
体重減はないというのがスゴイ。

昨日撮る余裕ありませんでしたが、病院外観。
RIMG2787

先生は開口一番、「昨日と全然違う!」と。
体重は診察時には27.8まで戻り、赤黒みがかっていた皮膚も、
黒かったウンチの色も戻りました。
先生の前で羽づくろいをするなど余裕もあり。
ちなみに、胃だけは昨日も今日もパンパン(笑)。
今日も注射をし、保温と投薬を続けて特に異常なければ
来週末まで行かなくて済みそうです。ホッ。

毎日何羽も何匹も診るでしょうに、先生が昨日のポワを
正確に覚えてくださってたことに感動。
質問も促してくれて信頼できます。
「鳥と小動物」の病院なので、今日は待合室で
ウサギとフクロモモンガとフェレットに会いました。

昨日と今日、待合室で読んだ、この本。
RIMG3086

ここ。
RIMG3085-1
そうだったの、プチ!?
思わず心の中でバンザイしてしまいました。
ブログでは「いいひと(鳥)」に見えるかもしれませんが、
実は、このごろプチの本気噛みがヒドイです。
激情型の人なら壁に投げつけてしまうんじゃ?ってくらい、
ガッツリ、痛く噛まれます。
Lisa が何をしたわけでもないのに……。
やっぱり、赤ちゃんから育てないとダメなのかな、と
少し落ち込んでいました。
明日からは、「またまた~、不器用なヤツ、くすす」と
気分良く接することができそう♪

和解記念(?)と陣中見舞い(ポワ看病の)で、
カフェのケーキをテイクアウト。
RIMG2788


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


昨日言葉足らずだったので補足します。
旧ペレットに戻したのは一時的なもので、
「味が変わってびっくりして下痢しちゃってるのかも」
だそうだからです。
新ペレットに問題があるわけではないので、
段階的に慣らしていこうと思っています。

といっても、プチもこれだけ抵抗したところを見ると、
うちではあんまり相性良くないのかなあ……。

(13:00)

2014年10月23日

この日はこんなツイートで始まりました。
__________
ポワ急変。ものすごく膨らんでて体重24(昨日27一昨日28)。
ペレット変えてから下痢気味。今朝~日中の様子が不明。
今、黒い糞。未訪だけど一番近い小動物病院(みわ先生)予約。
とにかく暖めてる。シード与えたら食べてる。
フォーミュラも与えるべき? まだ膨らんでる。
あとできることは?
16:42:58
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

でも「急変」じゃなかったのかも。
3日前の夜にペレット変えて、プチと違いポワは食べてたけど
ゆるいウンチが多めだった。
お水飲み過ぎちゃったかくらいに思ってた。
雪の日に「寒いせいか目をつぶっちゃう」とか、
「寒い日のラッコはもふもふ」とか、すでに具合悪かった?

朝体重を量らないことなんてまずないのに今日は午後だった。
この日の仕事が超遅出で、
昨日一報のサムラゴーチのせいで夜更かしして寝坊したのと、
それでお昼バタバタしてたのと、寒かったせいもあります。
日も差さない今日は、どうせベランダ遊びもナシだし、
部屋が暖まらないうちに出すのはかわいそうかも、と。
本当なら6時間早く気づけたはずなのに。
「見てこれ、ヘンじゃね?」 「もっふりもふもふ」
RIMG2757

ポワはいつも通り活発に動き、よく食べ、
カゴから出る時の「握手」と「ハンタイ」をいつも以上に
上手にやってのけてた。ただあまりにホワホワもふもふで、
見た目がむしろ可愛すぎました。

体重を量って背筋が凍った。昨日より3g減、この3日で5g減。
24gになってしまった。ショップから迎えた日でも26gだった。
(ブログ村のお店の子たちは、販売時みんな30gを越えてる)
「たぶん、もともと少し小さめなんだとは思う」
RIMG2758
この写真が半目なのはたまたまで(トリ直ししてる余裕ナシ)、
元気さも表情もいつも通り、に見えました。
でも目が全開じゃないと後に先生談。アバラ(竜骨)が出て、
お腹の羽毛をかき分けると肌が赤黒みがかって、
昨日までと違いウンチが黒かった(ラップに包んで持参)。

普段はオヤツにちょっぴりしか与えないシードを、
病院に行くまでとにかく食べさせまくったので、
診察の時は昨日より1.4g減止まりの25.6g。
それでもウチに来た生後2週の体重です。
女医さんが「ごめんねー」と言いながら触ってくれる。
「キュー」とイヤイヤするポワ。抵抗する元気もある。
(“にぃに”は留守番なので助けに来ません)

黒フンは体内(出口から遠め)の出血のせいだそうでした。
排泄口に近い出血だとフンは赤くなるとか。
10~11月に治したメガバクは疑われるもシロ。
下痢で腸壁が荒れたのだろうとのこと。
(1)投薬(2)注射と投薬(3)2~3日入院の選択肢が提示され、
(2)+明日の外来をお願いする。注射は止血と感染予防。

ペレットは以前のに戻したほうが?→◎
変化の適応が間に合わなくて下痢したかもしれないので。
プチと同カゴにしたほうが暖かいのでは?→否。
弱っていていじめられるといけないので。
(プチはいじめないと思うけど、まあ一般論でしょう)

豪徳寺と同様、注射の時はケースごと預かられる方式。
戻ってくると、ここに注射しましたという肩の真ん中は
消毒で少し湿ってた(豪徳寺は聞いても教えてくれず)。
注射後のポワは、手を入れるとベッタリ甘えモードで、
普段拒否ることも多いカキカキに目を細めて首を回した。
「かいて~」
RIMG2763

ベッタリベタベタ。膨羽は治まっています。
「あんよが冷たいって先生に言われたの……」
RIMG2761
ごめんねえ、移動の保温が不十分だったかも。

会計に呼ばれたのになかなか下りてくれない。
「いやっ、下りないもん~」
RIMG2759

続報ツイートはこう。
__________
今検査中。シード食べまくるしキャリーから出ようとするしで
案外元気…に見えたけど先生やはりプロ。
痩せてアバラが出ちゃって肌も赤黒く、脱水や出血の恐れ。
書いてる間に結果出た。そのう◎メガバク◎、
下痢で腸壁が弱って出血の模様。
注射と薬処方で今日は連れ帰り、明日再診に。
17:54:32
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

フォロワーさんからも評判よく、存在は確認していながら
受診は初めての病院でしたがとても良かった。10分で行ける。
やはり急患は近いのが安心かも。、
「鳥と小動物の病院」ですが、担当は鳥専門の先生でした。
ちょっと鳥っぽいお名前(?)の女医先生です。 (^^)
RIMG2764

今日の件で身にしみたのは、
病院を調べておくこと(定休日の代案含む)(これはできてた)、
毎日体重を量ること(できてた)、
開院時間内に一度は鳥を点検すること(たいていできてた)、
小鳥飼いたる者いかなる時も3時間程度を捻出できる余裕を
持っておくこと(これは今後の課題)。

帰宅後、3日ごとの記録なのでささっとトリましたが、
やっぱり表情が普通じゃない。
「されるがまま……どうでもいいや今日は」
RIMG2767-1

プチ、1枚目でポワをあっためてくれてありがとうね。
留守番してくれてありがとうね。
「そんなの当たり前だし」
RIMG2768-1
(端から2枚目になった風切羽はさらに伸びました)

30℃保つため、ポワはプラケースに引越し。
電球ヒーター外掛け&パネルヒーター、オヤスミ布二枚がけ+
ビニカバー、+サーモ。暑くないか時々のぞいてしまう。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


プイ(マメル)のポスター、3ヵ月と言われてたのに、
まだ貼ってくれていた。
他の迷子さんのポスターもあった。
RIMG2765-1

オカメインコ(ルチノー) 1歳
体重: 90グラム
名前: ルナ
特徴: 頭に冠、色は白(少し黄色)、ほっぺにオレンジの丸、
     手乗り(肩に乗るのが好き)

(Lisa 判断で連絡先を伏せました。情報をお持ちのかたには
 お知らせします。または、おトリつぎします


2013/12/15に荒川区で迷子になったというこの子だと思います。
「獣医師広報版」での迷子記事
「いんこだより」さんでの迷子記事

……とここまで書いて、3/4に帰れていたことを知りました。
良かった。でも、獣医師広報版の記事って消せないのかな。


(15:00)

2014年10月13日

これまで、小さいほうのカゴ(お下がりのもらいもの)は
Tシャツをカバー代わり(笑)にしていましたが、
市販の一番大きなおやすみカバーを買い、
一昨日からカゴ2つまたがるようにかけることにしました。
これにより夜間もヒーター空間が共有できるようになり、
活発なポワは夜間も大きいカゴに住むことに。

生後4ヶ月だからもう遅いかなあと思いつつ、
ポワに「握手」(いわゆるお手)トレーニングを毎日して
半月ほどかな(忘れたけど、長くても1ヵ月)
どうやらできるようになったみたいですよ。
「ハンタイ」(いわゆるお代わり)を覚えたら
動画トリ魔性(わざと誤変換)。

昨日の朝。ポワだけ体重計に置きざりにすると、
Lisa とプチを追いかけて、ポワはちゃんと飛び戻ってきます。
そして手の上(毛玉だらけの手袋ですが)で戯れる2羽を
見ているのが至福。ポワは今朝もかいてもらっていました。

RIMG2396-9

RIMG2395-9

RIMG2392-9

RIMG2389-9

カキカキしてもらって脂粉まみれのポワは、プチを気まぐれに
ちょっとだけかいてあげました。そして肩透かしされるプチ。
RIMG2400-9

RIMG2401-9

RIMG2402-9

RIMG2403-9

RIMG2404-9

RIMG2406-9

今朝、ポワ♀の「クネクネ」を初確認。
ヒナに吐き戻し餌を与える以外では、♂なら発情行動だけど、
迷子中のプイ♀は遊びが興にいって興奮した時にしてた。
今朝のポワは、いつも置き去りにされる体重計
(プチだけ手乗り移動)から飛び戻ってきて、
プチと同じ指(わたしの)にとまった時に起こりました。

その「クネクネ」、プチは餌箱の上でだけたまにします。
ポワがヒナだった時ねだっても、吐き戻しできなかったので、
子育てもつがいになったこともないのかと思ってた
(♂は♀に吐き戻しをあげる)。
けどこののっそり具合からすると、老鳥という可能性も。
9月の診断では「1歳以上10歳未満」とのこと。

一昨日は曇天と寒さで、昨日は外出で、3日ぶりのベランダ。
「年寄り扱いしないでほしいな。外でもへっちゃらさ」
RIMG2510

プチは、珍しくオヤツ場キャリーでくつろいでいました。
目を細めています。
「やっぱり温室入っとこう。昨日のお船は寒かった」
RIMG2511

ポワは、中腰(?)のこの姿勢のままなぜか10分くらい
固まっていました。手前の黒い鳥フックの真似をした?
「遊べども温まらざる我が体 ぢっと日を浴びる……」RIMG2529
文学少女ですか?(笑)

恵比寿バードクリニックは10-13、17-20時が診療で、
間の時間は予約電話も控えたほうがいいみたい。
健診お願いしようとしたら「この時間は手術の時間ですので
17時以降におかけ直しを」と言われた。
急患かと思って出てくれたかと思うと、申し訳ない。
他の鳥飼いさんと情報共有のためご報告。

ただ、相変わらず3週間先まで予約がいっぱいだし、
「初診は1家族1羽まで」という規則も初耳
(しかも、今の時点で別々に2羽予約することもできず、
1羽受診の時にようやくもう1羽の予約ができるそう)だし、
行きやすい鳥病院では決してないと思う。

さて、和船の最寄り駅東陽町に、上手なお店があったので、
前回も季節物の練りきりを買いました。
今日もこんな写真をトリましたが、それはまた節分の時に。
「さ、終わり終わり」 「もうモデル飽きた~」RIMG2523
(完全にNGテイクです・笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


夕方、news every.の木原実気象予報士が「土曜は予報ほど
気温が上がらずにご迷惑おかけしました」と言ってくれ、
「ですよねー!」と思ってやっとスッキリ。
スーパーニュースWEEKENDだったかNキャスだったかでは
暖かかった暖かかったと言ってたので、
自分がおかしいのかと謎だった。

江東区の和船、今日「有吉ゼミ」に出ててびっくり。
今週末は混むかもね。

(11:00)

2014年09月30日

(緊急特番のテイで)
この時間は予定を変更して、
昨日の健康診断で教わったことをお伝えします。

「常識のウソ」のようなことを明快かつ理路整然と
丁寧に解説してくれる先生です。
ですからいつも驚きがあります。
Lisa はけっこう守っているほうだと思っていたのに、
1年ぶりに行ったら、今回もいろいろショックが。
(うちはかかりつけが3軒あり、
 1軒当たり健診が年1回になってます)

まずはプチの発情問題。(唐突ですがお許しを)
これ、ポワに多少くねくね吐き戻しするくらいで、
物にスリスリや、吐き戻しの撒き散らしや、攻撃までは
なかったので、全然おおごとと思ってなかったのですが、
認識が甘かったようです。
プチはムチムチしているとのこと。でも30gですよ?
去年来た時は28.4g、これ以上太らないように、だそう。
太るのも発情の兆候で、吐き戻しのため多く食べるからとか。
ただ、逆に吐き戻しすぎて痩せる子もいるらしい。

新しいプリントをもらいました。
__________
「発情に気づくためのチェック項目」
・執着心のある物(お気に入りの物、いつも行く場所)
・便が水っぽくなって、ためフン傾向、大きな便
・恥骨が開いている
・指でケージをコンコンすると寄って来て、嘴でコンコンやり返してきて、同時に後頭部の羽を逆立てる、瞳孔が小さくなる、という行動
・朝一の体重が急速に増えて来る
・いつもより攻撃的になる
・特定の人や物に対しては異常にベタベタで、他のものには攻撃的になる
・食べる物の傾向が変わる(ボレー粉を多食するなど)
・特定の場所や物に吐き戻す
・ケージの床に降りている
・放鳥時にやたらと暗い場所、狭い場所等に頭を突っ込んで探索する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これらがないかどうか、1つでもあれば発情が疑われるそう。
プチは最初が少々と最後が当てはまります
(「インコ王国を探してる」と笑ってたのに)。
ポワは、キャリーに入ってきた先生の手に威嚇したそうで、
これも「縄張りを主張」という、発情の典型的行動だとか。
ええっ、ポワなんて全然そんなそぶりもないのに。 (T-T)
(ポワも29gでムチムチ肥満注意ですって)

以下、とても全ては書けませんが先生の言葉。

襲われる心配も食べ物の心配も寒さもないこの人たちは、
発情しっぱなしになってしまう。
繁殖させないなら、発情を抑えないと絶対にダメ
(Lisa注: 生殖器系の病気になるから、だと思います)。
もしいずれヒナを取るのだとしても、
いざその時までは発情させてはダメ。
肥大したままの精巣では体温で精子は死んでしまうし、
不要な時にポコポコ産んでたらカスカスの卵になってしまう、
そんなでいざヒナが生まれても、小さかったり虚弱だったり
足が開いていたり、……生まれてくるヒナがかわいそう。

発情を抑えるためには、とにかく環境を変え、
いつも緊張感の中におくこと。
自分のテリトリーに見慣れないものがあると、
この人たちは怖がって近づかない。それが緊張感。
これはいじめではなく、鳥本来の環境に近づける愛情。
「発情しっぱなし」も「毛引き」も、鳥本来の緊張感がないせい。
初めは怖かったものも、次第に「なんでもない」とわかり、
そばに寄れるようになる。そうしたら次の物に変えること。
慣れて「安心していられる」空間などダメ。
「お気に入りの物・場所」などあるのは不自然な姿。

野生下で鳥は餌を求めて移動し、
同じところには決してとどまらないのが本来の姿。
少しでもそれに近づけてやること。
野生下では「発情しっぱなし」も「毛引き」もないのだから。
(先生の話ここまで)

お気に入りの物を作るのがいけないなんて……。
あの場所も、あの場所も、あのボールも、
気に入ってるのを微笑ましく思ってたのに。
発情や毛引きに悩む飼い主さんたちに、
トリ急ぎお知らせしなくてはと思い、書きました。
ちゃんと伝えられているかどうか心配。
できたら、「中野バードクリニック」行ってみてほしいです。
うちは3軒行っているくらいですから、
1人の先生だけを盲信するわけではありませんが、
考えかたのひとつとして、ぜひお知らせしたいと思う。

先生からは、入れるおもちゃをどんどん変えること、と
散歩に連れ回すこと、と言われたのだけど、
そんなにおもちゃも持っていないので、トリあえず今日、
スパイスラックにあった乾燥パセリのボトル(?)を、
プチのケージに入れてみました。
入れた瞬間に「びくっ!」としてくれました。
これが緊張感か。

慣れてしまったら、未使用の洗い物ブラシ、
コンタクトのケース、計量スプーンなど、
かじってもかまわない物を片っぱしから、
毎日入れていこうと思います。
そうそう、この時のために撤去したブランコやテントも、
ローテーションに加わってもらおう。
(テントは、入って使うためではなく刺激の1つとして)

今日の2羽。
リアルタイムで載せるの初めてだな。

大好評連日開催だった「もろこしまつり」。
「まつりも終盤だね」 「もう次のもろこしはしないらしい」
RIMG5061
ごめんね。みじん切りメリメロを別に食べていても、
同じ野菜を何十口も食べちゃうのはダメっぽい。

「まあ、とうもろこしの季節も終わりだしね」
RIMG5062
「名残惜しいね。でも梨まつりはささやかに開くらしい」
うん、果物は比較的リスクが少ないんだって。
(飛び散らしたカケラもちゃんと食べるポワ)

おやつ前恒例のデュエットラッコ@デッキチェアの肘掛け
RIMG5063
「ポワちゃんで見えないー」 「今日は頭が下がっちゃった」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


あと、ヒナ時のメガバクは程度により自然治癒説とか、
毎年陰性だったのに7歳で初めてメガバク出た子とか、
今回も目からウロコの話いっぱいでした。

「お気に入り撤廃、緊張感投入」以外にも、
野菜の与えかたの見直し、体重の見直し、で指導が入り、
いろいろ改善しなきゃならない我が家です。 (^^;)

(21:00)

2013年11月26日

ポワ、1ヵ月ぶり4回目の通院。
前回以降、さらに2週間投薬し、2週間薬をやめての今回。
前回同様、メガバクは検出されなかった。良かった。
前回シロだったことで、
まだ確実ではないと思いつつプチと交流させちゃってたので。

プチ、今日も水浴び。
曇りで放鳥できなかった昨日を除き、3+1日で連続5回目。
一見動きのない画像ですが、水滴がいっぱい飛んでいます。
RIMG1589-1

RIMG1592-1

RIMG1594-1

水浴びの時って羽が逆立ってもふもふになるので、
翼も分厚ーく見えますね。
翼が横ではなく上側に伸びると、天使っぽいと Lisa は思う。
RIMG1595-1
仏語だとAile D'ange エイル・ド・アンジュ(ダンジュ)

水浴び後。団子になる2羽。
RIMG1596-1
うーん、おもち食べたい。

オヤスミ中? いや、ポワも目は開いているようです。
RIMG1597-1

RIMG1600-1

Lisa は遠ざかって隠しドリ。
RIMG1601-1

RIMG1602-1

そして、カキカキに満足し眠くなってしまったポワ。

プチが頭をかいてほしいのに、ポワが寝てしまっているから、
プチはポワのくちばしの下に頭を持って行って自分で動いて、
かいてもらっている気分になっているのです。
そんなことするのね(笑)
RIMG1603-1

フライトスーツ(鳥のおしめ兼リード取り付け用の服)訓練が
嫌で嫌で、いろいろして自分でも気を紛らわしているポワ。
ここの紙は、フライトスーツ訓練中しかかじらないのです。
RIMG1604-1

プラケースに、チラシを敷いた上にペーパータオルを敷いて
ポワを入れていったのですが、
片付けようとペーパータオルを取ってみると、こんなあリサま。
道中+病院待ち時間の計3時間で、ずいぶん働いたねえ。
RIMG1609


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


博多弁であってるのかな。
2014年上期朝ドラに出ている石炭王は「筑豊弁」のようです。
違い、わからないな。

(23:59)

2013年10月29日

挿餌中スプーンに乗ってしまったポワを下ろしてたら、
やってきてカメラに写ろうとするプチ。
カメラで片手がふさがっているのに、
プチまでスプーンに飛び乗るのでやむを得ず中断。
途中のウロウロも、カメラ画角わかってるとしか思えない、
プチの野次馬ぶりとラストカットのカメラ目線に注目です。

 

さて、今日は雨の中ポワを病院へ。プチは留守番。
挿し餌後すぐ移動させるのは危険だそうでご注意を)
半年前のプイ健診記事の外観画像は、この日のです。

1週目「健診&注射」、2週目「注射」、今回「再検査」と、
3度目の通院でメガバク検出されなくなりました。
念のためあと2週間投薬→2週間無薬にしてから
再々検査です。やれやれだわ。
お水や挿し餌に混ぜるこのお薬、せっかくのインコ臭が、
ペット屋さんの犬ガムみたいな匂いになるんです。

今回はケーキではなくランチへ。
キャリーごと大バッグに入れて、
鳥連れだけどいいかどうかお店に聞くと、
プイと来店したことを覚えててくれていました。
「あの子は迷子にしてしまって……」と話す。

■ 洋風料理店TANAKA

前菜: カルパッチョ
RIMG0983

スープ: カボチャのポタージュ
RIMG0985

肉料理: エゾ鹿のロースト
RIMG0988

パン
RIMG0990

デセールとお茶: ガトーショコラ(とコーヒー)
RIMG0993

帰りの電車の中でトリました、病院用のキャリー。
ポワを迎えた日に花小金井のシマホで315円で買ったもの。
ポワの夜間の住まいでもあるので、朝、急いで洗いました。
RIMG0994-1
2014年7月現在、398(税込430)円に値上がりしていました。
消費税の便乗値上げも甚だしいのでは?と思いかけたけど、
丈夫そうな素材にモデルチェンジしたもよう。
確かに、使用2週半のこの時すでにヒビが入ってたから、
以前のは値段なりに弱かったんだと思います。

ポワがいつまでたっても置き餌を食べないと思ったら、
今日、先生に聞いたことには、
置き餌はシードじゃないとダメなんだそうです。
今回、ポワの置き餌はペレットだけにしてた。
プイの時、初めはシードとペレット混合だったけど
翌日くらいにはもうペレットのみで大丈夫だったから、
と思ったけど、そこは横着しちゃダメなのね。

さっそくポワのカゴに転がした粟穂に、ソワソワするプチ。
外からは届かないと油断してたら、
敷紙を押したり引いたりして粟穂を引き寄せ、
まんまと少し齧ってたのですよー。なんて知能犯。
犯行現場と、すっとぼけようとする怪盗プチです。
RIMG0997-1
ごめんプチ、顔映ってるの今日これ1枚しかないや(^^;) 

夕方、フライトスーツトレーニングの時は電池切れのポワ。
この時3枚撮ったけど、全然目を開けません。
RIMG1001-1

そのあと復活して、
昇降式ペンダント照明のハンドル部分にとまるポワ。
去年、プイもとまりました
あ、まだLED電球じゃないのバレバレですね。
電球2つのうち1つだけ点灯するモードなのです
球切れじゃないです(笑)
昨日からずっと、気づかずカメラの明るさ設定上がったままで 
これだけあかりが近いと、写り厳しい……。 
RIMG1004-1
書いては見たけど、ネコ壁掛け、しっぽしか写ってないな。

ポワ、挿餌で満腹になり再び飛んで行ってしまう。
テレビにとまったな、と見ていたら、
食後のくちばしの汚れをテレビでぬぐう。やーめーてー。
RIMG1011-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


船橋東署に、10/28保護「黄色・緑」の子を問い合わせ。
「赤目ではない、“模様なしの黄緑ほぼ1色”ではない、
 たぶんセキセイ」だそう。
# 警察は、「こういう特徴」ということは詳しく教えず、
  捜し主のほうが特徴を言って、
  それに当てはまるかどうかを答えてくれるシステムです。


(23:59)

2013年10月22日

午前中、ポワがメガバク治療で2度目の通院&注射。
あっという間に終わりました。
薬はまだまだあるので、本日は注射代の¥1,050のみ。

そうだ、前回のことですが、
診察中、注射の時だけプラケースごと預かられて、
奥で打たれてくるんですよ。
それはいいんだけど、
どこに注射打ったのか聞きたいじゃない?
多少でも穴の「ぷちっ」としてるのが見えるか、
注射跡は膨らんでるのか、とか気になる。
羽をかき分けて教えてくれるかと思いきや、
「ここです」とアバウトに背中を指差しただけなのが、
やっぱこの病院、微妙に相性合わないかも、と残念だった。
いや、評判いいしきっと名医だとは思うんですけど。

病院最寄のお菓子屋さんでまたケーキを買う。
飼い主にもこのくらいの楽しみがないとねえ。
今回は鳥たちにあげられるようなトッピングがない。
ゼリーのマスカットを掘り出して洗うか。
RIMG0589

RIMG0588-1

さて、フライングでアップしたプチの水浴び動画()は
この日のことです。
RIMG0591-1

RIMG0593-1

RIMG0595-1

RIMG0596-1

14:47、突然、ポワが飛びました!!
生後1ヶ月経ってないのに、早くない?
去年のプイより6日早い。
初飛行は室内からベランダ横切り鳥ネットに着地。
床上50cmキープで距離は2m余。
プイの時はケージの中でほんの20cmとかだったのに、
この子運動神経いいのかしら?
2~4飛行はベランダ床からネットへと飛び上がる。
3&4飛行を動画撮影できました。


RIMG0598-1

RIMG0601-1

RIMG0602-1

RIMG0606-1

RIMG0611-1

ポワ帰宅。 
RIMG0612-1

RIMG0619-1

関係ないけど、ふと気づきました。
RIMG0631-1
ネイルの根元がだいぶ末期ですが見逃してくだされ。

夕方、トレーニングの時間。
フライトスーツはまだ1着しかないので、順番です。
RIMG0644-1
かろうじて、しっぽが出せるように。

でも、まだ「おくるみ感」たっぷり。
RIMG0650-1

風切羽(翼の羽)もまだ短いながら、
クリッピング(羽切り)されているプチよりは長いのですが、
翼としっぽのバランスはこんな感じ。
RIMG0652-1
ノーマル(緑羽・黒目)とファロー(黄緑羽・赤目)の違いを
差し引いたとしても、
男の子と女の子の瑠璃羽(青)はこのくらい違います。
瑠璃羽があるのは、背中、アイシャドー、翼の内側。
ファローでも、男の子は比較的くっきり瑠璃羽のよう。
リンクさせてもらっている☆小さないたずらっ子たち☆さんに
ファローの男の子がいますよ。

プチのほうは、訓練中もおとなしく耐えがちですが、
ポワがじゃれつけばちょっとでも楽しいかなと、参加要請。
RIMG0659-1

そのあと室内に戻ったら、なにやら キザなポーズ。
RIMG0664-1
モデルきドリ? それとも「休め」の姿勢でしょうか。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


昨夜(6/22)、突然亡くなったというブログ村のマメさん。
コメントできない設定だったのでここに書かせてください。
直前まで元気で、何が起こったのかわからないとか。
前日の記事だってあんなに可愛かったのに。
時々読ませてもらうだけの Lisa でも、
ショックで、何と言っていいのやら……。
飼い主さんがどんなに呆然とされているかと思うと、
胸が痛くて、うろたえるばかりで、そもそも信じられなくて、
「安らかに」とかまだ言える気がしない。
鳥さんって突然そんなことがある(みたいだ)、
けどそんなの納得できないよ。どうしてなの……
悲しい。


(23:59)

2013年10月15日

胃(鳥用語では“そのう”といいます)をパンパンにした姿が
何かに似てる……と思っていたのですが、わかりました。
「巨乳ちゃん」です。それも、叶姉妹クラスの。 (^^;)

でもなかなか巨乳っぽい写真が撮れません。

まずは今日のプチ。
RIMG0304-1
「ふくらインコ」は秋の季語? 冬は外自体に出ないから。

ポワはプラケースから脱走をはかりました。
慌ててトリましたのでナメクジみたいに写っちゃいましたが。
RIMG0307-1
プイもうちに来た翌日に脱走しましたが、生後4週半の時。
ポワは3週そこそこですし、プラケースも2cm高いのに、
……恐ろしい子。もう、フタが欠かせないね。

さて、今日はポワ健康診断。
挿し餌中のヒナでも健診はできるけど、
胃パンパンだと、移動で喉に詰まったりする危険があるそう。
「お腹すいちゃうから」の親心がアダになるってことね。
聞いといてよかった。出かける3時間前に挿し餌しました。
(つまり、健診の時は“巨乳”状態ではなかったんでした。
 誇大タイトルすみません。もちろん、鳥に乳はありません)
RIMG0313-1

お腹が見えるよう、足を放させた写真が多いですが、
やはり、つかまっているほうが本当は好きです。
RIMG0315-1

巨乳写真チャレンジ。
叶美香さんですか?(妹だから)
RIMG0316-1
といっても、プイはうちに来た時すでに巨乳ではなかったな。

親のお腹の下や、きょうだいでダンゴになった記憶の新しい、
まだ幼いヒナというのは、もぐりたがります。
RIMG0324-1

そして、今日もいつの間にかポワのところにいるプチ。
開けっぱでも出てこないプチだったのに、
今や、スキさえあれば抜け出しています。
必ずポワの周りにいるから、迷子にはならないけどさ。
RIMG0328-1

RIMG0332-1

RIMG0334-1

RIMG0335-1

RIMG0336-1

RIMG0337-1
なんとこの赤ちゃんは!
一瞬で我が家の緊張状態(?)を嗅ぎトリ、
うまく立ち回るではありませんか。(または天然の八方美人)
……恐ろしい子。

プチはトレーニング。
RIMG0339-1

RIMG0340-1

なじみの鳥病院3つほしいから恵比寿も行きたかったけど、
早くても2週先になるそうで断念。
中野は先日プチで行ったばかりなので、2度目の豪徳寺へ。
プチは、ひトリで留守番です。

すると、メガバク発覚。
えー、あの店で迎えたマメの罹患率100%(2/2)ですよ
セキセイ(メガバク多いらしい)ならともかく、まったくもう。
投薬のほか、注射にも通うことになる。
迷子中のプイの時とは違って、水に溶くタイプのお薬。
挿し餌もそのお水で作るんだそう。
プチとは隔離強化ですね。

あと、“水中毒”気味と言われました。
ショップで挿し餌は「フォーミュラと粟玉半々を
コーンスープ状にお湯で溶く」と言われたけど、
  • 飲み込めるギリギリまで水分少なめがいい
  • どろどろではなくボテボテに
  • 粟玉だと栄養が足りないのでフォーミュラ only
が先生の指導でした。
えー、今までダメダメだったじゃん。 (;_;)

前回とは違う先生だったけど、
「小さいねえ」「ファロー(≒赤目)は弱いんだよねえ」
を連発されて、ちょっと凹む。
被害妄想かもしれないけど、
「買う人がいるから、こういうキワモノ(ファロー)を
 作っちゃうんだよね」って言われてるように感じた。
評判いい病院ですけどね、うーん。
ちなみに、ポワは迎えた日は26g、この日は27gはありました。

病院に行く前に最寄のお菓子屋さんでケーキを買い、
帰りまで預かってもらっていました。鳥病院は暑いからね。
RIMG0341

果物トッピングの物を中心に。
ショートケーキ、ブルーベリーのレアチーズケーキ、
イチジクのババロア、モンブラン
RIMG0343

夜、台風の雨で、ベランダに雨やドリのお客さんが。
フラッシュたいたら驚かせちゃうと思って、
10枚もボツ写真ができたくらい悪戦苦闘したのに、
最後に1枚フラッシュで撮ったら、へっちゃらのようでした。
RIMG0351

RIMG0352

長くなりますしこの日のことでもないのですが、
このあと動画ラッシュなので、短い動画を2つ。

ポワ、ヒナ鳴きです。


プチと掛け合い。Lisa にはわからない会話。
高い「ピッ」がプチ、「ピョヨヨヨ」がポワの声です。



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ポワが来てから、
ついつい日記が長くなりすぎです。 (^^;)

(23:59)

2013年06月29日

「全使用」なんて書いたけど、あれはまだ半分でした。
お礼メール用のマメル入りサクランボ撮影は続きます。

画像でわからないけど相変わらずマメルは暴れてて、
Lisa に足を持たれたまま何度も飛び立ってしまい、
後には、足をかばっているように見えるほどでした。

病院行かなきゃ!と撮影後に電話したら、
ほどなく留守電の折り返しで、
明らかに腫れてるとか異常とかでないなら、
単に捻挫かもしれないので1日様子を見てとのこと。
そして、翌朝はもうマメルは平気そうでした。

病院へ行こうとすると、むしろ先生に止められる(笑)
儲け主義とは正反対でありがたいけど、
なんか、出血事件といい、
先生にとってお金にならない電話ばかりで申し訳ない。

DSC_0034 (2)-1

あらそう?

DSC_0035-1

確かにそうね。

DSC_0036 (2)-1

鳥さんはさすがねえ。 (^^)

DSC_0037-1

(顔が大きめに写ったので、このカットも次点でした。↑)

DSC_0038-1

ほほう。そうなの?

DSC_0039 (2)-1

あらホントだ。
雪だるまみたいな「双子サクランボ」が4組もありました。

DSC_0040 (2)-1

ところで、「赤」と「黄色」のことだけど……

DSC_0041 (2)-1

ニンゲンは黒くなるのにね。

DSC_0043-1

ホントだ。真っ赤ねえ。

DSC_0044-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


20枚撮るのに30分以上かかっていました。
マメルはまだ、食べ物だと気づいていません。 (^m^)

(23:59)

2013年04月16日

検診の話が続きますが、今度は Lisa の話です。
2月の大腸がん検診の結果が「要精密検査」と来て、
嫌だなあと思いながら、昨日は人生初の内視鏡検査。

一昨日のフレンチランチの後もう1食食べてから絶食、
昨日朝から2時間かけて2リットルのも下剤を飲み、
大腸の中身を全て排出させます。
ちょっとアレな話ですが、最後は透明な水しか出なくなり、
午後いよいよ検査。

まだ水が出てきちゃいそうで、気を抜けない。
麻酔は(たまに事故とかあって)怖いからパス、と思ったら、
内視鏡の進入が予想外に苦しくて、何度も「ううっ」と唸る。
愛想のいい我慢強い Lisa が、痛い痛いしか言えず、
途中(腸のS字のところらしい)ついにギブアップして、
麻酔に切り替え……
一瞬ののち、ハッと我に返ったら、終わってました。
麻酔ってすごい。
次回は(もし受けることがあったら)初めから麻酔にしよう。
何ごとも、自分で納得することが大切。

で、意識を失ってた間の内視鏡録画を見せてくれるんですが、
なんと!
チョーきれいなんですよ~(腸だけに)。
マメルの足とおんなじ、ラブリーピンクじゃん。
仮にも内臓が、こんなに美しいとは知りませんでした。
いつも汚れ仕事をしてくれて、ありがとね。

気になる結果は、何も悪くなく、問題ナシ。
そんなこんなで、あまりマメルをかまってあげられなかった。
鳥は、こんな検査できないよね。
手術とか、どこまでできるんだろう。
飼い主として Lisa は頑張るから、健康でいてほしい。

夜、外仕事があったので、復帰食がこんなスタミナメニュー。

■ 食堂ときわ

とんかつ定食+ニラ玉
占いが最下位で、開運メニューのニラ玉まで食べる羽目に。
DSC06125-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


食堂を出たら、尋常じゃないくらい外が寒く、
ウールのコート+相棒の分までコートを抱えて急ぎました。

(23:59)