改造

2018年08月06日

バースモで、HOEIのハートフルキャリーを、2台購入。
このキャリーは、
大きく開く手乗り扉、餌入れ用小窓、十分な広さetc.
ミニケージといってもいいくらいの設備でありながら、
外に持っていくものですから、
普通のケージ(HOEI21と比較)以上に頑丈で、
ばらけにくく設計されていて安心感があります。

(実はキャリーとしての用途じゃなく買ったのですが、
 その話はまたいずれ)

すんなり入れるように、さっそく練習。
R3266210-1

R3266211-1
(プチは、マメルリハの中でも尾羽が短くて寸詰まり)

『かじりま専科』につられてウハウハ入りました。
R3266212-1

R3266214-1

R3266215-1
ワキるプチ(=嬉しい、わくわくしている)

キャリーとして使う場合は、
2つ持つには大きいし重いし、Lisa1人では無理そう。
(電車ですから)

ここで突然、ン十年ぶりに容積など求めてみる。
(自分用メモ)

ドームキャリー内寸、φ19cm、高さ16cm
半球部分(1794.77167)+円柱部分(1842.0025)
=3636.77217≒3.6L

ハートフルキャリー(寸法略)容量17737.5≒17.7L

小さなドームキャリーに、
プチポワはそこそこ仲良く入っていられるのだけど、
ハートフルキャリーなら4.88倍の広さになるのだから、
2部屋に仕切ってもいいだろうと考えました。
それだと、1羽だけ出す時の煩わしさが解消できそう。

ダイソーの積み重ね整理棚(39×24×18cm)
というのを買ってきて、
ペンチでパキパキ切りつつ、小一時間。
(や、実はその前にも小一時間、
 30×50cmのバーベキュー網で挑み、玉砕。
 ハートフルキャリーは底がカーブになっていて、
 バーベキュー網ではうまく沿わなかった上、
 切り口でケガをしそうでした)

けっこういい感じなんじゃない?(^^)

(結束バンドが見当たらず、ひとまず麻紐で)
R3266347

R3266348

真横から。
足だった部品を使って、腕を通せる持ち手ができた。
(元々の持ち手は腕は通らない小ささ)
R3266349

切り落として余った部品も忘れず携帯し、
ポワだけを出す時はプチ側を塞ぎ、
R3266350

プチだけを出す時はポワ側を塞ぎます。
(手乗り扉の押さえ部分で一応固定される)
R3266351

なんとまあサイズぴったりだったこと!
天才設計士かと思いましたよ(笑)
費用、税込108円(+開発費:玉砕分の108円)
さて、この改造キャリーに入ってくれるでしょうか。

もちろん、これで外に出る場合は、
ゴムベルトを巻き、ナスカンで開口部を留め、
すっぽり入るバッグに入れます。



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(17:00)