手作り

2016年01月30日

先日七宝焼を一緒に作ったいちまるさんが、
『どうぶつつながり』でまた違う先生の七宝焼あるよ、
と教えてくれました。
あらまあ、まめるさんがアップした予定表
あったイベントだ。

このところ毎日用事で出歩いていたのですが、
ちょうどハザマの日、
そしてお天気も悪い(=放鳥できない)とあって、
行ってみることにしました。

「行ってらっしゃい」
R0021024
たのむね~

開場12時の10分前に着いて、2番乗り。
まだ品出しをしていて、間に合うのかな?と思っていると、
時間通りに開きました。
去年の『鳥の会』と同じ会場だけど、
出展はずいぶん小じんまりで、客足もぱらぱらです。

ぐるり見渡しても、こんな感じ。(写真は許可をトリました)
画像クリックすると大きいサイズで見られます。
特に断りのないものは鳥グッズです。

ポスター           シール、プラ板、ストラップ
R0020996-1
ストラップと書籍       動物モチーフの羊毛フェルト

Tシャツや帆布バッグ  クリアファイル、手ぬぐい、シール
R0020983-1
編みぐるみや羊毛のストラップやイヤフォンジャックカバー

ガラスのアクセサリー、便箋  ビーズストラップ、缶バッジ
R0020988-1
がま口、ステッカー、缶バッジ  アクセ、バッグ、Tシャツ

ミラー、バッジ、文具  ヘアアクセ、ペン、栞、ストラップ
R0020993-2
バッグ、タオル  ガチャガチャとクレーンゲームとその中身

この後、「だが屋」さん(名古屋かな?の作家さん)の
出展品が宅配で届いていて、それは撮れてないけど、
これで全部です。

……お気づきでしょうか。

なんと、Noマメ!

上の、赤丸のところにワンオブゼムとして居るだけなのです。

確かに比較的マイナーではあるけれど、
最近はどんどん浸透してきた感のあるマメルリハ。
ゼロっていうのはショックだなあ……。

気を取り直し、
スマホの中の画像をモデルに、描いてもらいました。
ささっと5分くらいでできちゃいます。
R0020997-1
プチポワダブルラッコです。    (右下はアヒルすくい)

七宝焼の先生に挨拶をし、
きっと Lisa は時間がかかるだろうから、
先にお昼を食べてくることに。

去年も来た、『小鳥』を意味する名前のビストロです。

■ ル・プチワゾー

R0020998

表に出ていた、ランチメニュー
R0020999

実際には、ハムの前菜はなくて、
パテドカンパーニュ(田舎風お肉のパテ)でした。
前菜3種、メイン3種からそれぞれ1つ選びます。

主菜についている緑の野菜、
特徴的な味で、覚えがあるようなないような……
聞いたら、「ミブナ(壬生菜)」とのことでした。
あら、じゃあどっちみちわからなかったわ。

パテドカンパーニュ   (パン)   鶏もも肉のポワレ
R0021004-1
イチゴとカスタードのクレープ        カフェ

デセールのイチゴは、
うちの(冒頭写真の)甘党男子のお土産に。

天井から下がるモビールの鳥さんを撮らせてもらった。
かなりのズームなので、ピントはお許しを。
R0021005

ランチしながら下絵を考えようと思ったのに、
ひとつも書けてない!
DSC_0217

次の記事へ続きます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)

2016年01月16日

この日開催の七宝焼体験講座?を昨日たまたま見つけ、
まだ空いていたのでエンとりーしました。
13時からのが1人、15時からのが2人空いていて、
放鳥タイムを考え、15時からのを予約。
急遽だったのに、マメ飼い仲間のいちまるさんも
ご一緒できることになりました。(@病み上がり)

「しっぽうやきってナニ?」
「もしかしたら、~焼が付くのは美味しいヤツかも」
R0020722
「そっか! じゃコンジョウ焼ってごっつおいしそうよね?」

あー……
そうそう、このがまぐちは、Pet博 in 横浜で買ったのですが、
ちょっとその記事は後に回します。
(もはやうちのブログに時系列は求められてないはず)
アイシャドウは書き加えました(笑)

これ!
定員6人だったところ、ドタキャンが2人いたそうで、
ふたを開けてみたら、飛び入り参加も可能でした。
でも飛び入りはいなくて、4人で習うことに。
うち3人は、経験者ですって。
えー! ずぶのシロートは Lisa だけです。
R0020734
(場所は東急ハンズでした)
やはり、2大スターのセキセイとオカメさんなのね。
問い合わせたところ、多少アレンジできるそうだったので、
マメっぽくもできないかなー。

そしたら、土台ができていて、
その中は自由に作れるというものでした。
左は見本、右が土台です。
R0020724
土台は他に、正面向きのと、
ポスターにもあったオカメさんの型があります。
Lisaはこの横タイプで、後姿の見返り美人風にすることに。
だって、うちの女の子(色種はファロー)って、
背中を見せないと特徴が出ないでしょ?

頭の中で、まずデザインを考える……

こんなふうにしてみました。
白いところには決して触らないように、
ワイヤーを切って曲げ、乗せて水で仮止め。
わかりにくいけれど土台はふくらんでいるので、
カーブに合わせるのが難しいけどそこがコツらしい。
R0020725
下のほうに、短いワイヤーが落ちていますが、
見本のように、足や羽一枚一枚をつけようとすると、
短く切る→鋭角に曲げる→同じサイズでいくつも作る、のが
とても大変なようです。
そうとは知らず、結果的に Lisa は楽をしてしまいました!

これは先生の手。
水で溶いた、色つきのガラスの粒子を乗せていきます。
R0020726

最後にビーズの目を乗せて、できた!
R0020727
と思ったら、くちばしがまだでした。

くちばしにもラブリーピンクを乗せます。
R0020728
4色使いですね。
このくらいボコボコしてても、焼いたら大丈夫でした。
要領の悪い Lisa は90分で終わるか心配だったけど、
ここまで45分でできて、1番乗りでした。

800度の炉で10分焼きます。
この作業は先生がします。
R0020729

焼き上がりはなぜかブラウン系とグレーに。
ものすごく熱いので、カメラは気をつけてと言われました。
R0020730
おっかなびっくり、ズームで撮っています。

冷めたら元の色になりました。
バリ(端っこのチクチクしたところ)を削りトリ、
金具を選んで先生につけてもらいます。
ブローチ金具にしました。(あと、ピンタイプもある)
R0020731

いちまるさんともうひとかたもできたので、次に焼く。
右が、いちまるさんのチカちゃんです。
左のセキセイさんは、極小の鼻の穴までちゃんとあるの。
R0020732
ちなみに、赤い目はビーズでいいけど、
黒い目はビーズだと存在感が出すぎるので、
銅線のリング(パーツがある)を乗せて中を黒で埋めるほうが
いいとの説明がありました。
お二人ともそうしています。わかるかな。

焼き上がりはやはり地味な色に……
R0020733

なぜか出来上がりをトリ忘れました!
バカバカ~!!

あっ、でもこれがあった♪
撮ってもらいました。 (C)いちまるさん
1452928857218
ただでさえ少ないマメルリハグッズ、
まして色変わりの子は、既製品にはまずないので、
オリジナルばんざい。
(チカちゃんはパステルブルーです)

プイですよ? (^皿^)
R0020756

大きさは、
Pet博で買った小さい缶バッジと比べるとこんな感じ。
(だからその記事を早く書けって?)
R0020757
右の缶バッジは目を赤くして前傾にして、ポワっぽく。

売り場をぶらぶら見ながら降りていく時に見つけたもの。
R0020735
緑だったらよかったのに!
だって、ねえ、豆なんだから緑のほうが多いでしょ。

身近に、あげられそうな子はいないなあ。残念。
R0020736

このあと、1階で開催中のグッズ鳥イベント
「トリトブ部屋」ももちろん見てきました。
長くなったので、それは明日の記事に……。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)