ヒーター

2013年12月27日

今朝、プチん家のパネルヒーターが外れて落ちてた!
昨晩、オヤスミ布をかけた時からずっと外れていた模様。
ごめんね、寒かった? ちゃんといつも確認しなきゃ。

一方、ポワのほうはサーモスタットのセンサーが落ちてて、
寒いままとみなされヒーター付きっぱなしなのを、深夜発見。
23℃設定なのが26℃になった程度で済んだのが幸いでしたが、
もっと威力のあるヒーターだったら、そして、
同室で寝てなかったら、
気づかずに温度はどんどん上がり続け……考えただけで怖い。
(うちは30wひよこ電球)

つまり、一時室温差10度くらいあった、2羽です。

今日もずっと太陽が出なかったので、ベランダ遊びはナシ。
プチ、フライトスーツ着せたらダウンにもぐりこみました。
「もぐもぐ じゃなくて ごそごそ」
RIMG2014
頭隠して尻隠さず。

ダウンは羽毛ではなくニセのです。
ジャケットや布団用の羽毛がどう採取されるか、
気にしたことなかったけど、Twitterで目にしたのは酷い。
今やいくらでも優秀な人工素材が開発されているんだから、
虐待の産物を「本物」とありがたがることもないでしょう。
(基本的には、暑がりの Lisa には必要ないですし)

プチ、フライトスーツ訓練中。
「にぃにを助けなきゃ」 「大丈夫だよー」
RIMG2015
手袋が毛玉だらけでみすぼらしいって、
いつも写真撮って初めて気づくんだけど、
手袋も相当カミカミされるので、
目くじら立てないためにはこの程度のがいいのです。

「ズボラなだけなのにね」 「言い訳だね」
RIMG2016

屋内の写真はやっぱブレますね。
     「わたしの動きに対応できないなんて」 ←怒り顔
RIMG2017
「おとなしくしてれば平気」
換羽中なのでほっぺに筆毛(さや状になっている、羽の芽)。

入れ替わって、左がポワ。
「動きを封じたわね~! ガブガブ」
RIMG2018
                 「鳥だけど、虎視眈々」
この直後、人差し指のネイルはプチに剥がされました。
迷子中のプイもそうでしたが、
ちょっとでも浮いてるところを見つける天才。

今度はポワが、フライトスーツ訓練中。
ぐい飲みに粟玉をちょっと入れたのを与えて、
気をそらしています。
RIMG2019
「これっぽっちなの?」

RIMG2020
「誰にもあげないわよ」

RIMG2021
「もうないじゃん」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ポワの風切羽(翼の羽)が昨日初めて1本抜けた!
初フライトを担ってくれた羽、3ヶ月でお役御免なのか。

で今日、ぴったり同じ大きさの、反対側の風切羽
(中心線が偏っているので、左右どちらの羽かわかる)が
1枚抜けて、ちゃんと1対で抜けるんだなあと再び思った。
プチのクリッピング(羽切り)の羽もまた1枚抜けました。


(23:00)

2013年10月20日

籠から出たがらずむしろ逃げ帰ってしまう、
放鳥時もあまり動かないプチ。
まず寄ってきてくれるの優先で、籠の戸は開けたままだった。
が、ヒナに寄っていくようになりました。
カメラ向けるとごまかすけど、ストーカーっぷりハンパない。

朝のプチ(今日は雨でした)。
RIMG0521-1

RIMG0522-1

RIMG0525-1

RIMG0526-1

RIMG0528-1

RIMG0529-1

ではここで、ストーカープチのダイジェストをどうぞ
(画像クリックすると大きくなります)。
RIMG0154-9

さて、ポワがなぜか背伸びして寝てると思ったら、
引っ掛けヒーターが床に届いていないせいらしい
(ダイジェスト画像の最下段左から3枚目参照)。
下が寒かったのね。
ヒーター横倒しにしたら、今度はいい感じ(同、左下参照)。
台が熱くならないよう、ヒーター下だけ缶を敷いています
(火傷しないよう、プラケース下までは敷かない)。

RIMG0531-1

夕方、ポワはついに粉末餌小匙1(=5cc)を完食し、
追加の小匙1/2も半分食す。体重27g→食後36g!
こんな大食いのヒナ聞いたことないわ。
「体重10gにつき本品1ccを湯で溶く」の製品だから、
3ccでも多いくらいなのに、
適量の倍以上食べたことになる。
食後は喉パンパンになったけど、
お腹がもうハゲてないので「巨乳」度はさほどでもない?
RIMG0536-1

ポワのお腹が生え揃う様子も、ダイジェストでどうぞ。
初めはお尻が丸かったねえ。
(今も丸いんだと思うけど、もうお尻の輪郭は見えない)
RIMG0147-2

短い動画を2つ。
羽ばたき練習、実はうちに来た翌日にはもうしてました。
(ウンチ写ってます。消したかったんだけど技術がなくて)


なんかカッコつけてる?ポワ。


プイのポスターを貼ってくれた美容院は、
次のような活動を広めていました。
Twitter はやってないそうだったので、
じゃあ代理拡散しましょうかといって預かりました。
RIMG0537

【公益財団法人どうぶつ基金】
耳先をV字カットされた野良猫はボランティアで不妊手術済。
もう増えませんから見守ってほしい。
手術の麻酔中に痛くなく処置される目印。
首輪やピアスではすぐなくなってしまうため、
世界共通の目印です。環境省も推奨
RIMG0538


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ポワ、あっという間にハゲじゃなくなっちゃいましたが、
去年プイを迎えたのはさらに5日後なんですよね。
プイの見られなかった時期を、ポワが見せてくれました。


(23:59)

2013年03月21日

マメルがウンチをついばんで困ります。
ポジティブな話じゃないのにこじつけのタイトルでしたが。

これ、まだ書いてなかったんだと気づきました。
寝床とまり木は上のほうに付けてるし、
ヒーターは下にあるほうが暖房効率いいし、
でレイアウト上、寝床の真下に電球ヒーターがあります。
寝ている間にウンチが落ちるのは想定内だけど、
まめ(マメルだけに)に取り除くからいいか、と思ってた。

けど、朝起こす前に、ヒーターで乾いたウンチを、
とまり木から身を乗り出して、かじるのです。
ウンチは通すけどマメル頭は通さない網で上下を仕切ろうと、
設置した、これも100円ショップの泡立て器(しずく型の)。

ヒーターの上にビーター。
画像ありませんが、ヘンな絵づらであることは確かです。
横倒しに置いたので、柄の部分はとまり木にもなってます。
(柄の吊り下げ穴にS字フックをかけケージに固定、
 逆側はヒーターととまり木の隙間に押し込んであるだけ)

それでも、本当にまめに掃除しないと、
とまり木から降りてきて横からついばんだりします。
乾いたウンチが香ばしいのか、硬さがいいのか、
落とすだけで食べてはないようなのが、せめてもですが……。

画像は、一昨年の暮れに代官山の雑貨店でトリました。
「カードスタンド」は安定しないと思うけど。 (^^;)
でも可愛い。こうやって何羽もいると余計カワイイ。
DSC02798-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


マメル、それはなんとかならないかなあ。

(23:59)

2013年02月13日

あたためるといっても卵ではありません。
マメル自身のこと。
マメルん家(ケージ)にはヒーターを付けていますが、
手乗りだから乗る、Lisa の手が冷たいのです。

そもそも鳥は体温が高く、43℃あると言われます。
Lisa は平熱が高いほうで37℃近くありますが、
冷え性ではないのに(むしろ暑がり)、手足が冷たい。

そこで、朝のニギニギごっこの時や、
毎日の点検(触診)の時などは、まず手を温メル。
マメルのヒーターや、時には白熱灯スタンドで、
電球を触らんばかりに手で包み、熱を移します。
飴細工職人ばりの気づかいでしょう。

常夏の国シンガポール、川沿いのパブで鳩@2010年7月
羽を膨らませての保温は必要なく、さすがしゅっと細い。
DSC00885-1
愛想はないな。プイッと行っちゃいました。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


この頃別件で忙しく、いよいよ写真がないのです。
ついにライブラリ画像(過去のストック)に手を出しましたよ。

(23:59)

2012年12月09日

朝の体重29g

今日初めて教えて「ピョン(足を揃えて飛び移る)」と
「くぐる(髪ゴムの輪をくぐる)」を覚えた。
「ラッコ(いわゆるニギコロ)」のほか、
その姿勢のままポンと弾まされる「お手玉」も
できるようになっています。

ケージに手を入れると、何をしてても慌てて走り寄って、
手に飛び乗って来る。
この時期、手は冷たいのに、こんなに必死で乗ってくる。
あー可愛いこと。「飼主バカ」まっしぐら。

昨日切れた、ヒーター用30w電球を買い足しに、
また、鳥と小動物専門のショップ「ドキペ」へ。
マメルは留守番です。
が、熱くなりすぎる不具合があって廃番になるとかで、
店頭に30wだけ置いていなかった。
えー廃番になるの?
(後記: 後にメーカーに伺い、廃番は誤報と判明しました)

で、ドキペから近い、先日教わったフレンチでランチ。
今年6月にオープンした、
■ ビストロ・ドゥ・マーク・オージ
(王子は地名です。プリンスにあらず)
DSC05623
この時期の14時はこんな様子。
日当たりバツグンなので、店内でも美白派は注意が必要です。

黒板のメニューを持ってきてくれる。
前菜・主菜・デザートをそれぞれ選ぶプリフィクス方式。
前菜なしや、デザートなし、メインとお茶だけ、などあり。
この日は全部付いたコースにしました。
DSC05624
頼まなかったけど、カイエットというのはこういうのらしい。
Caillette…豚肉とホウレン草を網脂で包み焼く家庭料理

前菜: サーモンのリエット
DSC05625

主菜: 豚肩ロースの煮込み セージ風味のニョッキ添え
DSC05626

デザート: チョコアーモンドとオレンジのタルト
DSC05627

別料金でデザート追加し注文してみた。
デザート: マロンのプチポ
petit pot…小さい器。転じて、ここではプディングのようなもの
DSC05628

写真はないけど、コーヒーか紅茶もつきました。
美味しかったけど、デザートを追加してもなお、
決して大食いではない Lisa でもボリュームが足りないかな。
写真だと大きく見えますが。

あのコルドン・ブルーで先生をしていたフランス人シェフ
(マーク氏)で、カウンターに座ると調理が見える。
入店時は、ちょうど「はねそうな料理」の最中でNG。
食事は丸テーブルでした後、
二つ目のデザートだけ、カウンターでいただきました。
数日後のディナー予約グループ用の
カスレ(豆と肉の煮込み鍋)を仕込んでいるそうでした。
煮込んで、落ち着かせて、という工程のため、
こんな早くから準備するとか。わー心惹かれる。いいなあ。

桜の名所・飛鳥山公園と、
石神井川の流れるこれも緑豊かな音無親水公園に
前後を挟まれたこのお店の立地はバツグンでしょう。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


晴れでも風が冷たかったので、マメルは留守番で正解です。

(23:59)

2012年12月08日

朝の体重29g

おやすみ布は17時にかけて朝7時に外す
(Lisa 不在時は帰宅後点灯前にかける)のだけど、
いつもマメルは朝7時前からゴソゴソ起きる。
マメル空腹時の体重を量らなきゃいけなかったり、
寝てる間に落ちたフンを片付けなきゃいけなかったり
(特にヒーター上に乾いたフンをいたずらするので)で、
仕方なく Lisa も起きてしまう。
おかげで早起きになりました。眠い。

今日は、直近ではない公園でイチョウ狩り。

さすがにこの写真を文字で埋めてしまいたくなかったので、
コメント少なめになりました。
DSC05618-1
※必ずリードをつけること! ベタ慣れでも油断はダメ

マメルのフライトスーツも黄色なので、
コーディネートばっちりです。

そして、マメルの目と同じ赤のマフラーに包まれる。
※必ずリードをつけること! ベタ慣れでも飛ばなくても
DSC05619-1
        ↑
     カメラの影
12月は「秋」じゃないかもしれないけど、まあいいや。

帰宅してしばらくしたら、
マメルの家が、25度設定なのに19度になっててギョッとする。
電球式ペットヒーターの電球が、突然切れていました。
購入時付属の20w球ではパワー不足で、
買い足した30w球に交換したのが22日前。
3週間しかもたないもの? 早すぎないかい?

この電球は、光を出さずに熱だけ出す特別なもので、
100円ショップで買えるようなのとは違うから、
あんまり寿命が短いのは困るんだけどな。

何より、Lisa 在宅中でせめてもだった。
マメルを何時間も寒い中にさらすことにならなくて。

カレーを作りました。
マメル用野菜の残り物なので、
具が赤カブとカリフラワー(花と葉)と卵というレア版。
DSC05622
思いがけず、クリスマスカラーっぽいかも。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


カレー粉から超テキトーに作ったのに、美味しくて嬉しかった!

(23:59)