おやつ

2016年03月20日

昨日のは、ホント、続ける話でもなかったし、
クイズでもなかったんですが、
そういうわけにはいかなかったか。 (^^;)

画像探すだけで何時間もかかった……。
「誰だっていうのよ~!」
R0022157-2
               「……。」

実は、この写真を撮る前にひとモメありました。
放鳥時はまず、Lisa が先に出て呼び込む→
指に飛んでくる→ご褒美→芸→おやつという流れで、
勝手に出てしまった時はやり直しします。
プチにてこずることは多いのですが、
今日は珍しくポワが言うことを聞かず、
ポワにつられるプチも当然言うことを聞かず、
やり直しが延々続いたんです。

勝手に出てしまうくせに、戻して呼んだ時は
ちーっとも出てこない。
片方ずつおトリにすると来たけれど、
また戻して一緒に来させるのは全然ダメ。
おやつ袋をガサガサしても、こういう時は効かない。
そのうち、おちょくるように飛び回り、
片方ずつの回収もできなくなってきて、
季節はずれに暑いし、彼らのせいで Lisa も空腹だし、
イライラしてきた。

文章上のキャラクターはともかく、リアルLisaというのは、
気も長いし、そんな、急に怒るような人間じゃないのだ
(というか、たいてい、怒りは後になって気づくタイプ)。
けど、すり抜ける彼らにいい加減ムッとして、
最後の減速ナシにポワを頭上からつかんだ。
もちろん、強くは握らないですよ。
「出られない程度にふわっと握る」の加減は
マメ飼いなら誰でも心得てますよね。

ふわっと握ったまま歩き出した時、足元がふらついて、
ポワをふわっと握った手をついてしまった!
といっても、意識しているから手の甲で支えただけで、
「ふわっ」が「ギュッ」になったりはしていないけど、
たとえば子供だったら、手の中の小鳥を潰してしまっても
おかしくない、と思ってゾッとした。
イラッとしたまま、そんな事故があったら、
どんなに後悔しただろう。

暑いので、おやつ場はちょっと日陰に設置してます。
やっぱり観覧車(=大物シード)狙いのプチ。
「あらよっと」
R0022163
                    「もぐもぐもぐ」
プチがポワの観覧車を狙っているように見えますが、
そもそもポワがプチのおやつ(白いカプセル)場に
入り込んでいます。

「げっと♪」
R0022164
また取られたよ~ポワ。知らぬが仏(笑) 「カツカツカツ」
ポワはいつも先にカプセルに挑み、プチは観覧車を狙います。
プチ、まっすぐだ(笑)

さんざん憎たらしい後に、めっちゃ愛嬌を振りまくポワ。
      「やだあ、Lisa こわーいかおしてるぅ。うふ」
R0022165
この上目遣いがまたブリッコだ。 (^^;)
けど惜しい! ツクツクがある。

Lisa の手が届かないような高さのあるところで、
放鳥してるのもあなたたちのためなのに、
それをいいことに、おちょくるように逃げ回るのって
どうなのよ?
「えっ、あれゲームじゃなかったの?」「うんどうになった」
R0022166-1

「おいで」が聞けないことにはナーバスになってしまいます。
いざという時に、これが一番、運命を分けると思うから。
おやつ袋ガサガサなんて、ちょっと離れてたら聞こえないし。
「でもこないだぼく帰ってきたし」 「そうよねえ」
R0022167
(背景がボケてステキに撮れた)

人間の子だったら、言うことを聞かない時
駄々をこねて叫び続けたり、憎まれ口を叩いたり、
嫌がらせをしてきたり、きっともっとずっと大変なのだ。
親の「イラッ」も比べ物にならないに違いない。

「ぼくたち声も静かだし」 「ケージにもどされておしまい」
R0022168

ずっと楽な、小鳥なのに、
ダメだとわからせるために、目を見て大声で叱ったり、
ケージにわざと乱暴に、投げるように入れることもあるのだ。
ニュースで見る、子供を叩いたりリードでつないだり、
ウサギのケージに閉じ込めたりする親と、
大差ないのではないか?
言うことをきかない以上に、自分が怒ったことに落ち込む。

「安心してください!根に持ちません」 「首チョンパッ」*
R0022169
*(言葉はひらめいたけど、語源は知りませんでしたよ)

そう、マメルリハって、すぐ忘れてくれる性格みたいです。

鳥飼いの皆さん、イラッとしないのかなあ。

イライラもクヨクヨも、暑さのせいだよね~。異常でしょ。
監視員業務は3時間半。
R0022170

甘いもので機嫌直し……と思ったら、
期間限定のキャラノワールはほろ苦かった。 (^^;)
R0022171

■ コメダ珈琲


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

2016年03月13日

を入れ、最低気温4.8℃は未明の2時。
ということは、昨日よりは暖かくなっているらしい。
R0022066

占いが最下位だったけど、
開運メニュー「キャベツのお味噌汁」が偶然、
昨日テイクアウトした中に入ってて、ラッキー。
R0022061

Lisa がシャワーをした後2羽を起こし、
まず野菜(みじん切りサラダ)を与え、
1時間後くらいにおもちゃ兼の野菜(青梗菜)を入れ、
さらに1時間後に、1連の芸と引き換えに、
定量のペレットを入れる。
(Lisaが時間切れで芸をさせられない時は、
 「不労所得よ~」とイヤミを言われる2羽・笑)

彼らががっついている間に、ささっと出かけます。
午前中のヨガクラスへ。
ヨガの後は、毎回そのメンバーでヘルシーめのランチへ。
Lisa が半年前からよくベジランチ(定食)を食べるお店で
最近始めた個室が空いていて、初めて利用。

■ ひのきの森

スカイツリーもかすかに見えて、とてもいいお部屋でした。
R0022062-1
テーブルは、樹齢300年のひのきの一枚板とか。

コーヒーはランチについてないけど、お代わり1杯無料。
R0022064

ただいまー。すぐ放鳥。
いつものマルチハンガーに、
カラフルなハシゴがかかっているのでビビるポワ。
「み、みないふり……」 「全然怖くないよ」
R0022068

あれ? この色は大丈夫なんだね?
「ワインレッドだよね」 「うん、おしゃれじゃない?」
R0022069

おやつ後。めずらしく別々にとまる。
「おやつのときさいきんフタされるんだよねー」
R0022071-1
  「落ち着いて観覧車の中まで探しなさいってことらしい」
そうそう。
あと、晴れてない日は室温も寒いしね。

と思ったら、次の瞬間には寄ってた。
「そりゃ、くっつくのがほうちょうタイムでしょ?」「だね」
R0022073
違います。放鳥タイムは運動しましょう。 (^^;)

最高気温は午前11時前だったから、
午後はちっとも気温が上がらなかったらしい。
R0022067

昨日に続いて今日も、ポストに嬉しい郵便が!
R0022078-1
(赤矢印のところが鳥の絵だって、
 この画像編集して初めて気づいた)

じゃーん!
R0022080
空くんと結ちゃんのママさんのご紹介で、
かっぱのももちゃんさんに缶バッジを作っていただいたの!
左のは、じゅじゅさんにお願いして使わせてもらいました。
「Lisa の正体=ニギコロ魔法使い」だそう。 (^^)

すごい~!!
嬉しい~!!!


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

2016年02月02日

今日も気持ちのいいお天気。
定番の「土管コロ写真」は、
ついワンパターンを避けようと思うあまり、
気づくとどんどん派手になってしまいます。 (^^;)

「この中でぼくたち一番地味?」 「しゅやくなのに」
R0021101-1

土管コロの後、プラケースにおやつをセットすると、
ポワは体をねじ込むように入ってくるのに対し、
プチはポワの様子を見たりためらったりして、
なかなか入りません。
飛び降りるのがイヤ? そんなことはないと思うけど。

「がっつくのははしたないんじゃないかと」 (ガツガツ)
R0021108
それを言ったら、室内で落ち餌を探すのは
はしたなくないんでしょうか、プチよ。

ところで、まめるさんにいただいたりんご型餌入れ
ポワがまた怖がるようになっていたので、
しばらく入れっぱ(なし)にしていたところ、
……やられた。いつの間にか、ヘタが齧り取られていました。

♪わたしは真っ赤なリンゴですぅ~旬はさぁむい今の時期~
R0021123

♪プチポワと暮らして4カ月~こんな姿になっちゃって~
R0021124

形状的にいかにもやりそうだ、と思ってた。
で、前回はケージのてっぺんに付けて、ヘタ(軸?)
は上に飛び出させてた。
が、保温その他の都合で今、ケージ上下積み
(上ケージは底を外し、下ケージの天井が底代わり)にしてて
上からプチが齧るかもと思って引っ込めた。
そしたら、せっまーい天井隙間に顔突っ込んでまで、
まんまとポワが。 ( ̄□ ̄;)

怖くなくなったと思ったら、すぐこれだ。(^^;)

R0021125
「なぜかじるって? そこにデッパリがあるからよ」「うん」

「ほら、まるくてかわいいじゃないの」 「後姿もスッキリ」
R0021126

「なんでこんな、しょうこしゃしんみたいなのとられるのよ」
R0021127
「初めからこの形だったんじゃないの? 違和感ないよ」

1時間半くらいで帰ってきてしまった2羽。
寒かったかな。
「ぼっふー」 「きゃいきゃい♪」
R0021110

そうそう、ポワの風切羽の先っぽがちぎれています
(上から2枚目と3枚目)。
1枚目も曲がっています。
「やめてよー。放して~」
R0021111

少し前、先だけの羽落ちてたもんね。
ぶつけて曲がっちゃったのかしら。
「最新のおしゃれなのよー」
R0021112

覚醒剤で清原逮捕ですって。
野球は全然詳しくないけど、
彼がスーパースターと言われてもピンとこなかった。
だって、気づいたらデブデブだったし、
そんなにヒーローだったイメージない。

西武ではそこそこ活躍してたんでしょ?
入団の時裏切られたというジャイアンツに、
FAになったら尻尾振って移籍しちゃうなんてさ。
意地はないのか意地は、と思った記憶を、
ずっと引きずってるな Lisa は。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2015年03月15日

曇って、お天気はイマイチです。
今日もここでラッコ。

  「え、きのうこゆび立ってた? てへ」
RIMG4174
  「ジムにこういうトレーニングマシンあるよね」

さて、プチを迎えに行った時にケーキ買ったお店の支店が、
比較的近くにあることを、最近知りました。
元々は茗荷谷にあったのだけど、そこは閉めちゃったらしい。
この日のラッキーポイントが「フルーツケーキ」だったので、
探しにいきました。

■ マリアージュ 駒込店

わりといい住宅街なんですが、
外観はちょっと毒々しい……かも。 (^^;)
RIMG4175

イートインもできるけど、テイクアウトで。

                    フレジエ
RIMG4177
パンプルムースのシブースト   フルーツケーキ

パンプルムース=グレープフルーツです。
上の赤いのは、ベリーソースの入ったスポイトが刺してある。
それといいチェックのプレートといい、斬新だなあ。

ケーキがあってもなくても、いつものおやつ&
しばらく経ってからこぼれおやつを漁る2羽。
 「斬新なケーキもいいんじゃない? 当たり前すぎるより」
RIMG4178
 「マメルリハカラーのプレートなのでは?」
あ、確かに。 (^^)
トッピングのイチゴは、洗ってプレゼントするからね。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


こんな曇りでも30℃近くある……(e_e)
うがー、苦手な季節が近づいてきます。


(18:00)

2015年02月09日

今日はベランダ可のお天気(曇りのち晴れ)。

引き続き、プチの脱走を阻むべく、
また、脱走ルートを解明すべく、
心して任務に当たるように、諸君。

「え、ぼくがぼくを捜査?」 「脳あるマメは長足を隠すの」
RIMG3957

おやつ中の捜査員(兼被疑者)。
小さい張り込み部屋は2つ重ねて、温度計を仕込んでいます。
(直射日光のプラケースは死亡事故あり、高温注意!)
あれ? 女性捜査員は?
RIMG3958
   「うまうま~。腹が減っては捜査はできぬ」

ここにいた。  「怪しい対象物発見! 接触します」
RIMG3959
食いちぎったかけらが……。 (ー"ー)
明らかに任務外です。担当案件に戻るように!

「担当案件……羽づくろいを装い見張る」 「カキカキ待ち」
RIMG3960

腰高物置の死角をなくすよう、ミラーを付けました。
いつかインコ王国の際、
あとあと大問題になると予告した場所
です。
RIMG3961
          「本部、ちゃんと見えますかー?」
はいはい、良好。

しかし、ちゃっかり捜査員、隙あらばすぐにこう。
くそー、小顔め。大根葉の保護柵が意味ないじゃないか。
RIMG3962
「つまみ食いではありません。マルタイ(対象者)監視です」

ミラーの奥はこうなっています。
RIMG3964
柵を囲うためもしゃもしゃに見えますが、隙間はありません。

中央の縫い目より下は、昨秋の脱走後に継ぎ足したものです。
今はもう、ここから撮影も回収もできません。

反対(部屋側)の端、洗濯機の後ろもこうなっています。
RIMG3963
小さな隙間もバッチリふさがってるはずなんだけど……。

迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


この日も脱走はナシ。が、油断はできません。


(13:00)

2015年01月22日

今日のラッコ。両者の典型で、トリたてて言うことはなし、
と思ったら、ポワなにそのカニ爪?
はっ! ひょっとしてじゃんけんのチョキでしょうか?

  「安定のお魚型 <・ ))><」 「チョキができたら無敵よ」
RIMG3806

プチが寄って行き、ポワが「邪魔!」と必要以上に怒るので、
おやつ場を個室化しました。
季節はずれのブタさんですが、この向きはたぶんポイント。
反対向きだと、プチからポワがよく見えてしまい、
ますます寄って行きたくなってしまう……ような気がする。
「孤独……」 「ゆっくり食べられるわ。ちょっかい最低!」
RIMG3808

食後は平和ですが、
大根葉水栽培はガードされています。
   「お野菜……」 「こんなムリヤリ斜めにしてまで?」
RIMG3809

「今日もちょっとボタンインコ 「カキカキ期待の頭ほわ」
RIMG3810

カキカキする毛玉。
        「性格と同じで、丸いの」 ←ウソばっかり
RIMG3811
          「カキカキはつよめにおねがいします」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


どうやらプチは、おやつにあまり執着ないみたい。
「おやつ < ポワとくっつくこと」らしい。
それでラッコのモチベーションはあるのか?って感じですが。
(おやつはラッコのご褒美なので)

ポワは執着ありすぎるんですよね。食い意地ポワ (^^;)


(13:00)

2015年01月14日

この日は一日薄暗く、テンション低めの我が家。
いや、Lisa は紫外線嫌いのはずなんですが、
鳥と暮らすようになってから、
「晴れてない日は残念」という感覚になりました。

手つなぎ失敗のポワ。
        「すっ」←かわす  「え……(ガーン)」
RIMG3724

プチのおやつ容器はぐい飲みです。
   「うまうま。おべんといっぱいついた」
RIMG3725

自分のおやつを食べ終わったポワがやってきた。
       「ポワちゃん、食べるの早いな」
RIMG3727
           「ここでひろいぐい」

         「あむあむ」 ←おちりチャンス
RIMG3728
       「ひろいぐいひろいぐい」

       「あむあむあむ」
RIMG3729
       「あんまり落ちてないじゃないの」

今度は、揃ってポワのおやつプラケに来ました。
ポワのおやつ容器は、新しいガラス容器(小顔仕様)です。
「うちのほうが落ちてた。灯台もと暗し」 「食欲旺盛だね」
RIMG3730

おやつ後。プチは無言でカキカキを所望。
     「……。」 「ネイルのお手入れ。せっせせっせ」
RIMG3732

どうもプチ、黄色い鳥の日頃にくちばしを負傷したらしい。
前の日までは傷がないので、たぶんそうでしょう。
ケンカかな?
「(カキカキに気づいてもらえない……。)」 「ふあーあ」
RIMG3733

ポワに空気読めとか無理よ? マイペースだから。
「ぼわっ」 「やだー、カキカキならカキカキって言ってよ」
RIMG3735


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


不器用なプチと、ブリッコなのにマイペースなポワ。
まあなんとかうまくいってるので、いいのでしょう。


(15:00)

2015年01月01日

あの、片方の手を頭の後ろか耳あたりに置いて、
ひじが上がってて、
「ウッフン」っていう、
昭和のセクシーポーズ、あるじゃないですか。
(なんであれがセクシー定番だったんだろう)

そんなイメージで。
「頭の後ろには届かないけど……うっふん」
RIMG3500
(一応、おちり丸出しではある)

セルフ「頭カキカキ」が、
瞬間の蹴り上げるような動作じゃなくて、
手がパーで頭をつかむようにじっくり、できる子いますよね。
そういう鳥さんならもっとうまいのかな。

ポワだと、頭浮かすから頭でっかちに見えちゃうんだよね。
ほんとは小顔なのに。

「悩殺された……」 「何よそのウソ臭いなぐさめは」
RIMG3501

さて、昨日開けられなかったフォージング粟穂ですが、
腰高物置(遊び場の床になるグレーのところ)から
下に放り投げられるとやっかいだと気づき、
今日はキャリーの中に置きました。
画像右上からプチも寄ってきています。
「むっ、こんな狭いところに……」 「どんな様子~?」
RIMG3503


2羽でひたすらカジカジ。
「くそー、どうやったら食べられるんだ」 「む?」
RIMG3504

「ちょっとどいてて、そこわたしがやる」 「じゃあどうぞ」 
RIMG3505

集中力は続かず、カキカキに移行した模様。
「それより、痒そうなツノツノみっけ」 「おー、そこそこ」
RIMG3506

おべんとついてるように見えるけど、開けられてません。
「もう、どうなってるのさこれ」 「ねえなんとかして」
RIMG3507


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


Lisa は室内からズームで撮影。
最後がカメラ目線な以外は、終始隠しドリのようでした。

さあ、彼らはいつになったら食べられるんでしょう。
頑張れ!


(22:00)

2014年11月25日

東日本大震災から丸3年。
あの地震の時、Lisa は小さな古いエレベーターの中でした。
やけにガタガタいう→ひょっとして地震!? とは気づいたけど、
「ボタン乱打して最寄り階に止める」ということが、
頭ではわかっているのにできませんでした。
閉じ込められなくて良かったー。

朝、プチん家でプチ。
(右端上のほうに、ちらっと隣ケージのポワ写ってます)
ケージ内30℃もあるのに、何寒そうにしてるわけ?

                 30℃表示
「いないいない……」       ↓
RIMG3374-1

「……ばあっ!!」 ポワん家でポワ。
RIMG3375
同じ室温だけど、元気いっぱいです。
ポワが元気になってくれてよかったよー。

お昼過ぎに、いつもオヤツ。
オヤツを得るためには、ラッコ。
「あれ、ぼくしっぽ閉じてない?」 「ひトリじゃんけん」
RIMG3377
プチ、珍しくエビしっぽじゃありません。
ポワのひトリじゃんけん、なぜか3日ごとで交互のようです。
3日前 6日前

プチのおやつ場(上に吊ったミントブルーの)でのおやつを
食べ終わり、ポワのおやつ場の上でたたずむプチ。
「じーっ……」 ←ちょっとコワイ
RIMG3378
「じゃんけんに勝ったからおやつ」 ←どっちか負けるくせに

あっプチ、入り込みました!
「にゅーっ」
RIMG3379
「ちょっとー、じゃましないでよね」

「ちゃっかり乗っトリ」
RIMG3380
「もうそんなとこいいもん。こぼれオヤツ探しで忙し忙し」

おやつが済んだら寄り添っていました。
「このおやつ場もいいね」 「ぴと」
RIMG3381

おやつ場が一緒だとケンカするので、分けたのです。
でも、食べ終わると仲良しです。

目に見えては伸びなくなった風切羽。
「もう伸びきったかな」
RIMG3382-1

ポワは相変わらず変化ナシ。
「しばらく、撮らなくていいんじゃないー?」
RIMG3384-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


14:46にはテレビに合わせ黙祷をしました。
両手に1羽ずつ握って、プチポワも一緒に黙祷しました。
今も家族が見つからない人の苦しみ……
一緒にされたくないかもしれないけど、Lisa にもわかる。
ただ、ヒトならDNA鑑定もしてもらえる。負けないで。


(23:00)

2014年11月20日

昨日とは変わって、少なくとも太陽は出ましたが、
ベランダ日光浴にはまだ寒いです。

この頃からラッコ(ニギコロ)写真をトリ始めた理由、
もうひとつ思い出しました。
Lisa が、ブログを1日3更新で書き始めたからです。
プチポワを丹念に観察することができなくなりました。
名シーンを見逃していたかもしれません。

ポワの「ぶりっコロ」のキャピ手がアレンジバージョン。
「ぼくはややカーブ」 「これはセミポワになる時の手なの」
RIMG3323

窓辺でオヤツ。
そうそう、その向きがいいよ。昨日みたいに狭くないでしょ。
「そこにオヤツがあったらいちいち考えない」 「そうそう」
RIMG3324

ポワは食後の身だしなみ。
「美味しかったしぬくぬくだし」 「残りものを漁るぼく」
RIMG3326

で、おやつ場キャリーを吊っている下が、大根葉水栽培場。
「葉っぱも光を浴びないとね」 「お歯黒ならぬお嘴緑だよ」
RIMG3325
「お嘴緑」=「おくちばみど」と読むことにします、うちでは。
(読みかたを確かめずにいられないタチなので、
 ちょいちょいこういう解説を加えていますね)

「ええ、ぼくもちゃんと食べますが何か?」
RIMG3327
「元気に育ってるから、ちょっとぐらい齧ってもいいよね」
あら、いつもそんなこと気にせず齧るくせに。 (^^;)

「がぶがぶ」
 「あむあむ」
RIMG3328

染まってます。
「わたしたちおんなじ色だから」 「羽についても平気」
RIMG3329

でも甘党のプチはこっちのほうが好きなのです。
RIMG3330
「イチゴだ♪」

RIMG3332
「ラッキー♪」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


イチゴは半割りだか1/4だかで入れましたが、
プチはきれいに食べつくします。

(16:00)

2014年11月12日

昨日書き忘れちゃった。 ←最近こんなのばっか
昨夜『世界の日本人妻は見た』がペルーだったので、録画。
テロップまでその表記?の「どゆこと?」「どゆひと?」とか
他にもいちいち長音が詰まる、TARAKOのナレーションは
気が散るけど……。(ぶりっこ喋りの人が陥りがち)

南米なんて、なーんにも興味なかったのに、
マメルリハの故郷が、ペルーやエクアドルの太平洋岸、
と知ったら、欠かさず録画するようになりました。
プイ(マメル)と一緒に見たこともあります。
高地(マチュピチュ)だったから、プイのDNAには
響かなかったかもしれませんが。
おまけに鷹(南米だからコンドル?)なんか出てきちゃって、
プイにはありがた迷惑だったかも。 (^^;)

昨日、ケーキも買ってました。
ショコラとモンブラン。鳥たちに分けられる果物、ないね。
RIMG3190

今日もおやつ場に割り込んでいくポワ。
「ぐいぐい」 「ん?」
RIMG3191
おちりだ~♪

「なんだ、おやつないじゃん」 「もう食べたでしょ」
RIMG3192

「26日で二郎の日じゃないの? 二郎にちなんで爆盛り希望」
   「鳥でもジロリアン? それ新しいな」
RIMG3193
関東だけか、「ラーメン二郎」ってチェーン店があるのです。

「憧れのトンコツ♪」 「へー。ま、野菜もドカ盛らしいね」
RIMG3195

「そうだ、プチっていうメニューがあるんだって カキカキ」
   「へー」
RIMG3198

「でもちっともプチサイズじゃないんだって、きゃははっ」
   「うーん、ありそうなオチだ」
RIMG3199

「えっ、何? メタボチェック?」
 「お爪チェック?」
RIMG3201
ほほう、これだとポワの手も「パー」なのね?

「ぼくはしっぽが“パー”」
   「わたしは気分がグー」 ←負けてるやん (^^;)
RIMG3202
これはニギコロではありませんね。
なんだろう、ひっくり返し?

あら? 小顔なポワより、プチの顔が小さく見えます。
「プチサイズなぼく」 「じゃあわたし、ぽわっとしてる?」
RIMG3203

「頭ひねり~」 「カキカキ」
RIMG3205

「ちらっ」 「今日はいっぱいカキカキしてもらったよ」
RIMG3208


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


この日はポワのほうがカキカキサービスしていた模様。

Lisa はラーメン二郎は一度しか行ったことないけど、
二郎インスパイアの、うちの街の別店に何度か行きました。
ポワはジロリアンは無理だけど、
野菜か、バースデー粟穂なら、大盛りにしてもいいね。

体重は、2羽とも29g バッチリです♪

(23:00)

2014年11月11日

予約していたマンモグラフィ検査へ、朝から出かける。
思い出した、マンモグラフィで痛いのは胸そのものじゃなく、
胸をあまりにも根元から挟むため、
挟み板がゴリゴリ当たる、肋骨なんですよね……。
みんなそう? Lisa の胸に張りがないだけ?

終わってもまだ10時前なので、
『ウチ来る!?』で壇蜜が紹介していたパン屋さんへ
(壇蜜、大塚に住んでたのかな)。
テラス席を試したけど、ビニールで覆われているタイプだから
ペットはダメなんじゃないかな。未確認。
(区の検診施設帰りですから、プチポワ留守番でした)

■ ベーカリーカフェBONBON
この記事を書いた2014年11月には、
食べログみつからないと思ったら、
なんとそれまでの間に閉店してた ;_;

RIMG3183
左3つが甘いパン。右3つがおかずパン。
出して並べて撮ったけど、一度にこんなには食べないので、
半分は持ち帰りましたよー。

端の席に座ってたら、空いてるのにすぐ隣に女性一人が座り、
スパスパ喫煙するので、早々に退散。
喫煙OKなんだとしても「喫煙専用席」じゃないんだから、
先客が吸ってなかったら反対側に座るとかすればいいのに。
我が物顔の人が、喫煙者全体の首を締めてると思う。

ただいまー。
今日も、順番におやつ食べた後、残りもの漁り。

「まだ食べてるってば~」 ←食べ終わって離れたくせに
RIMG3184

プチ、なんて顔。 (^^;)
「とほほ~」 「あ、美味しいのハッケーン♪」
RIMG3185

割り込みすぎでしょ……
「えー、そんなに」 「むぎゅむぎゅ」
RIMG3186

でも、仲良くカキカキ。
「おおおおお」 「かゆい筆毛もハッケーン♪」
RIMG3187

で、写りに来る。
「カメラだ、いそいそ」 「甘いな、画角がわかってないね」
RIMG3188

さて、「迷子に備えて」は2/5からの続きで、
ラストの今回は、しつけと同居鳥と目印に関してです。

といっても、「飛ばないようにしつける」なんてことは、
たとえできたとしても意味がありません。
怖いと思った時にとっさに飛んでしまうのは、本能なので。
(何を「怖い」と思うかについて、
 お祭の太鼓を意識しなかった Lisa は迂闊でした)
「怖い」こと自体は、車の音だったり、犬の声だったり、
家の中でも、テレビの発砲音だったり、地震だったり、
不意に起こるので飼い主にはコントロール不能です。

しつけておきたいのは、「呼ばれたら返事をすること」です。
「呼ばれたら来る」もできたらベターだと思いますが、
飛んでしまった時は、もう離れていますから、
戻りたくても見つけられない状態だと思われます。(後述)
「かなりの距離でも戻ってくる訓練」なんて、
鷹匠でもない限り不可能ですよね。
でも、声を出し合うことは有効です。
返事をしてくれることで、飼い主もそこで呼び続けられます。

プイ(マメル)に同居鳥がいたら、一緒に呼んでくれたかな、
と思うことがあります。
今、プチとポワは、キッチンと部屋側に離れてしまった時や、
単独放鳥の時、自然と呼び合っています。
どちらかが「ピッ!」というと、必ず反応する感じ。
でも今ふと、ポワだけをキッチンのバッグに閉じ込め、
プチと一緒に「ポワ~ッ!」と捜すごっこをしてみたら、
プチはそれなりに呼んでくれたものの、
ポワは小さくしか返事しませんでした。……ダメぢゃん。
なんとかこれを遊びにトリ入れて、一緒に呼んでくれるよう、
大きく返事をしてくれるよう、しつけてみよう。

1羽飼いか複数飼いかは、それぞれのお家の事情やお考え
あってのことだと思いますが、
たまたま両方経験し(プイがいたら1羽飼いのままだった)、
迷子を捜すには、「一緒に出て行ってしまわない限り」は、
複数飼いのほうが有利では、という気がします。
あるマメルリハブリーダーさんも、鳥部屋の窓を網戸にして、
翌朝庭先でみつけた、という経験談を書かれていました。

あと、迷子直後に上空から飼い主を見つけるために、
「特徴的な目印」を見慣れさせておけばよかったと思います。
プイ(マメル)を迷子にする前4ヵ月くらい、
夏の間 Lisa は、真っ赤なTシャツを部屋着にしていました。
それはきっとかなり特徴的ではあったと思うから、
くたびれたそのTシャツをかぶって捜しました
(結局見つかっていないので、なんともいえませんが)。
後で思ったのは、つば広サンバイザーも、
特徴的になるし、捜索の時使いたいだろうから、
毎日ベランダで着けておけばよかった、ということ。
迷子時、Lisa は日傘でしたが、
日傘なんかプイ(マメル)は上から見たことないので、
もちろんすぐに日傘は閉じました。
いっそ金髪だったら、もっとみつけやすかったのかなあ。
いや、さすがに一般社会人なのでそこまでできませんが。

ここまで書いて、「あ、迷子ゼッケンなら!」と思いました。
今日から、部屋でプイの迷子ゼッケンを着て暮らそう。
プチやポワにとって、この上ない「Lisa の目印」に
なると思うのですが……。

追記:
2年後、あろうことかプチを迷子にするという事件があり、
しかしプチは1時間後に、
外で呼び回るLisa(とポワ)の元に飛び戻って来ました。

Lisaからは、飛んでくるまで姿は見えませんでした。
初めに気付いてくれたのは、呼び声でだったと思いますが、
大通りを渡り一直線に降下して来られたのは、
Lisaのことが視認出来たのだろうと思います。
その決め手は、やはりつば広サンバイザーと、
何度かキャリーで乗せた自転車だったのではと思います。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


プイは、赤い部屋着、もしくは冬場の水色の部屋着を
覚えていてくれるでしょうか。

「迷子に備えて」シリーズはいったん終了します。
他に効果的なことを思いついたら再開しますね。


(23:00)

2014年11月10日

留守番の後と、その上病み上がりが重なったら、
「お疲れさま」の感じで、いつもより優しくしてしまいます。
朝から、べったりベタベタ触りまくる。

しゅっとした後姿。
「マメならではの後姿でしょ」
RIMG3164

伸びた後姿。
「このキラキラが~」
RIMG3166

爪を狙う後姿。
「たまに齧り取れるんだけどなあ」 ←浮いてくるとやられる
RIMG3167

ああ、ためらいなくポワを放鳥できることのありがたみ!

今日のラッキーポイントが「パン」だったので、買いに行く。
上から時計回りに、あん入り食パンのラスク風(美味)、
チョココルネ、カルツォーネ、クイニーアマン、
リンゴのデニッシュ。
DSC_0004 (2)
■ ベーカリーランド上富士

(食べログは、勝手に店名を略す悪習をやめるべき。
 なによ『上富士』って。ただの地名じゃん。台無し。
 店情報で商売してるくせに、店のアイデンテティ無視って
 どういう神経なんでしょ。
 「店舗のジャンルや特徴を表す表記は外す」そうだけど、
 ブーランジェリーは良くてベーカリーランドはNGってのも
 おかしな話。 詳しくはこちら

プチもおやつを食べて、ハト胸。
「ぼくたちはタネがごちそう」
RIMG3168

プチが食べ終わってから、ポワも放鳥。
「カキカキして~」 「よっしゃ、もちろん」
RIMG3169

「あむあむあむ」
RIMG3170
「ポワちゃんおやつ中だから、じゃましないでよね」
正面顔、笑える。

「優秀な門番ね……」
RIMG3171

ポワが食べ終わったので、プチがおやつ入れに戻ったところ、
割り込むポワ。
「まだ終わってないってば」 ←ウソばっかり   「えー」
RIMG3172-1

けどカメラのほうが気になったポワ。
「カメラだ♪ ずいっ」
RIMG3173-1
ボケたお腹しか写りませ~ん。 (^^;)

そうこうしながらも、おやつ場を奪い返す。
「とったど~★」 「残りものももうないけどね」
RIMG3175

「あうあう」
 ←うっトリの反応   「カキカキおかえし」
RIMG3177

「ふう、すっきり」 「ぴとっ」
RIMG3179-1

5日ぶりになってしまいましたが、翼写真。
ポワが写りに来たのでつい入れてしまい、余白が変になって、
画像合成の構図が難しくなりました。
RIMG3180-1
ポワの翼写真はトリ忘れたか誤って消してしまったようです。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


出発日~帰宅まで、丸2日以上プチポワを撮らなかった反動か
ベランダ遊びもなかった日にしてはいっぱいトリました!


(23:00)

2014年10月15日

朝の体重測定後の、一家団らん。
(ん? Lisa 入れてもらってる? とまり木代わりなだけ?)

掻く鳥は交互ではなくほぼ一方通行だけど、
掻く箇所は交互で至れりつくせりのプチ。
RIMG2566-8
古いギャグですみません。

これは Lisa のおやつ。
昨日もらった、手作りフルーツケーキ。楽しみ♪
RIMG2567

プチのベランダ遊び。
おやつ食べ終わったの?
「うん、まあね」
RIMG2568

(ズームイン!)
美味しかった? (^^)
「フツー」
RIMG2569
オッサンのくせに(?)反抗期男子みたいに……。 (ー"ー)

ポワのベランダ遊び。迷子中のプイ(マメル)が、
タグとそれについているナイロン紐(?)が大好きだったので
商品タグはわざと外さずにいます。それに気づいたポワです。
RIMG2570

以前は1羽きりでも延々ベランダにいたポワですが、
最近はベッタリモードで、すぐ帰ってきてしまいます。
仕方なく Lisa UVガードして日向ぼっこに付き合ったんだけど、
すぐ頭に乗ってしまって、全然日が当たってませんね……。
「ここがいい♪」
RIMG2571-8
頭はダメでしょ。降りなさい。

ポワが日陰で、Lisa のアゴに当たっちゃってるじゃーん!
「まあまあ、毛づくろいしてあげるから」
RIMG2580-9
いりません。 (^^;)

「エンリョしなくてもねえ。羽づくろい気持ちいいのに」
RIMG2581

「あ、おやつの残りを漁ろっと」
RIMG2582

(ズームイン!)
今日も笑顔@ポワ
「残りもの見っけ♪」
RIMG2584

「ぐぅ」
RIMG2585

「いや、寝てないよ寝てないよ、せっかくの自由時間だもん」

RIMG2586

今日の丸ごと野菜はスイスチャードと大根の茎と黄パプリカ。
刻んで10種は与えるようにとの処方なので、
刻んでごちゃまぜサラダも別に与えています。
(でも後の健康診断で、丸ごと野菜はNGとわかりました)
「ポワちゃんが食べてると美味しそうに見える」 「でしょ」
RIMG2589


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


パプリカは、みじん切りしてもほとんど食べないんです。
丸ごとだと、多少は食べるんだけどなあ。

(14:00)

2014年10月14日

沖縄で捜されてたアオスジヒインコのブルーノちゃんが、
全治1ヵ月の大ケガをしながらも帰ってきたそう!
迷子日10/24、保護日1/19、浦添から那覇まで10km移動し、
マンション8階で物干し竿に止まっていたのを、
住民のかたがリンゴ見せたら肩に乗ってきたとか。
Lisa もTwitterで相互フォローしていました。
大型インコではあるけど、なんせ目立つ赤だし、
野生動物が強そうな沖縄だし、88日間もよく外で生き抜いた。
捜し主みんなの希望の星。

完全にシルエットですがポワ。
また、うちの黒い鳥型フックと同じ姿勢の中腰(?)です。
「にぃによりもふもふだからシルエットでもわかるでしょ」RIMG2532
中腰ブームなの?

今日はぽかぽかでしたがちょっと風があったのかな。
Lisa がバタバタで、室内日光浴しかできませんでした。
プチ、おやつ後のくつろぎタイム。
これ撮った時、「白い巨塔」再放送の最終回でした。
あー喪失感。
あー終わってしまった、と彼も思ってるかも。
「財前が……」
RIMG2533

おやつ場キャリーは窓辺に吊ってあるのですが、
プチはキャリーの台座の段差に器用につかまっています。
ポワは中にいます。
「ひとりじめオヤツ★」 「何? なんでぼくはここなの?」
RIMG2534

「うま♪」 「おやつ場からまた閉め出されちゃったよー」
RIMG2535

鳥 on 鳥型フック。鳥型フック1つ増えました
(買った時の同行者が譲ってくれた)。
「食後の運動!」
RIMG2536

スチール製でかじられても平気なので、
かじられたくないものをガードしたり、
小さいものを落とされないように柵代わりにしたり、
使い勝手がいいのでもっと買い足したい。
「まだ、あるのかな。商品入れ替わっちゃったかな?」
RIMG2537
本来のフック業務はできていませんが。 (^^;)

で、この時逆光モードにしたままで、
次の写真が白とびしてしまいます。
(料理画像後ほどアップします)

夜、東京駅近くのカジュアルフレンチイタリアン?で会食。

■ シェ・マシオ

チーズフォンデュ
RIMG2538
(次で気づいて設定戻す)

キノコのクリームパスタ
RIMG2541

カルボナーラ
RIMG2542

海老とマッシュルームのピッツァ
RIMG2543

桃のネクター(かな?)
RIMG2545

このお店、土日だと、ペットOKの個室があるんですよ。
鳥でもOKですって(ちゃんと閉めてくれるって)。
いつか、土日のランチで鳥連れの会をしたいなあ。
鳥の難病PBFDは空気感染するというし、課題はありますが)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


後にお友達になる、「マメルリハの空です」の空くんが、
この日、殻を割って誕生しました
(“産声をあげました”じゃないよなあ)。
空くんが今のおうちの家族になりおしゃべり上手になるのも、
怪獣「ソラノザウルス」に時々なるのも、まだ先のことです。

(11:00)

2014年10月10日

オフィスビルの1Fからエレベーターに乗ると、
そのビルに入っている学習塾に行くであろう、
見た感じ小学校高学年男子が1人乗ってきた。
エレベーター内2人きり。その子が先に降りる時に
「さよなら」と言ったのには驚き&感心しました。
「さよなら」と返し、心が洗われました。

今日は暖かいと聞いていたのに、プチ放鳥中に曇ってきて、
プチは自分で戻ってきた。
プチのベランダ遊びをトリ逃したし、ポワの放鳥が短くなった。
ポワ、かなり離れているのにカメラ目線っぽい1枚。
RIMG2348-9
「望遠でも気づくわよ。当たり前じゃない」

RIMG2349
「だって、Lisa と違って鳥は目がいいのよ」

RIMG2350
「どんなレンズにも反応できてこそアイ鳥(アイドル)」

食べてる顔は今日もちょっと笑顔。
RIMG2352
「食レポもカメラ目線は笑顔よ」

でも、気を抜いた瞬間を激写。
RIMG2353
「ふう、アイ鳥(アイドル)も大変……」

ザーサイ(生)とスイスチャード。
プチ、食べないのはまだしも、またちょっと踏んでるし。
「うひひ、大きい葉っぱ♪」 「え、敷物じゃないの?」
RIMG2354

針金ハンガーで遊ぶポワと、見マモルリハのプチ。
かなり補正したけど、暗いしブレブレっす。
「きゃっきゃっ★」
RIMG2361-9
「こんなちゃちなのにはとまれないよ」

ポワをカキカキするプチ。
「いつもポワちゃんは行動派だね」 「そうかな? 普通~」
RIMG2362

プチをカキカキするポワ。
「♪君は~光~、僕は~影~」 「ベルばらの歌だそうです」
RIMG2367

そして再びスイスチャードを……
「美味しい色!」 「うーん」
RIMG2369

「美味しい葉っぱ!」 「興味わかないけど……」
RIMG2370

プチポワ、別々放鳥でもしきりに鳴き交わします。
だんだん大声になってきても、
「静かに」と言えば小さくなるのが感心。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


府中で保護されていたノーマルオカメインコちゃん、
飼い主さんが判明して戻れたとか。良かった。





(11:00)

2014年10月02日

滋賀で築三百年の商家の箪笥から小判が出てきたニュース、
二重底になっていたことを『とくダネ!』で笠井アナが
「まるで税金逃れのように隠していた」と言ったのだけど、
時価二千万円分をそっくり市に寄付したというこの一族が、
それを聞いてどう思うか。
たとえにしてもあんまりな言い草じゃないですか?
時代から考えても、「泥棒対策」ではー?

なんか……言葉には品性が表れる。気をつけなきゃね。

「にぃにー、頭がかゆいのぉ(ゴロニャン)」 ←それはネコ
RIMG2229

「しょうがないなあ。せっせせっせ」
RIMG2230
「しめしめ。アタチはハト胸のお手入れを……」

(おやつ台にいるプチ)
RIMG2231
「にぃにー、アタチもおやつ食べたいぃ」
(当時書いたままのセリフなので、一人称が普段と違います)

今日もベランダ遊びできず。

さて、迷子に備えるシリーズ続きです。

(5) Twitterを準備しておく
Twitterは迷子探しの強力なツールです。
ネット界最強ではないでしょうか。
・見ている人数が桁違い
・RT(リツイート)というシステムでどんどん拡散してもらえる

今回書くのは後回しになってしまいましたが、
いざ迷子になったら、ポスターよりネット掲示板よりまず、
いの一番にツイートすべきです。
すると、自分が呼び回りで捜している間にも、
善意の人たちがどんどん広めてくれます。
RT(リツイート)という、手軽な転送機能があるためです。
Twitterにはそういうネットワークや協力体制があります。

ですから、
・Twitterのアカウントを作っておくこと。
(会話の際、文章にアカウント名を含まなくてはならないため、
 アカウント名は少しでも短いほうがその分文章に使えます)
(2016年9月の仕様変更で、上記取消線部は解消されました)
・実際にツイートしてみて、やりかたを知っておくこと。
・画像(後述)と、
 140文字以内の迷子原稿(後述)を準備しておくこと。

原稿の注意点
・不可欠三大要素は、「写真、地域、日付」
・文も、種類や色など特徴、地域、日付を簡潔に
・ハッシュタグ(後述)を付ける
・画像の死角を計算する

(2017年1月加筆)
ごくたまに、「地域は明かせない」という人がいますが、
愛鳥の命以上に守りたいものってなんなんでしょうね。
毎日残念ながら膨大に流れている迷子情報の中で、
地域が分からなかったら、印象にも残らないし、
協力のしようがないんです。
プライバシーがそんなに大事であれば、
みつかってから引っ越すなりなんなりすればいいのでは。
そこまでの必死さがない人に、
協力者がたくさんつくでしょうか(いや、つかないと思う)

また、省くのか忘れるのか、迷子日付のない情報。
1日でも違えば、どこかの保護鳥がその子である可能性は
ゼロになったりするのです。
善意の保護主や協力者に、ムダ手間をかけてはいけません。

Twitterの文面は140文字までという制限がありますが
迷子はまず写真不可欠(百聞は一見に如かず)で、
画像は自動的に23文字分の容量を使います。
つまり、文章に使えるのは、全角でも半角でも117文字まで

(取消線部は仕様変更されました)

「不注意で迷子にしてしまいました」とよく見ますが、
「不注意で」は要りません。わざとなわけがないでしょう。
4文字節約できます。その分情報が増やせます。

「妹が逃がしてしまいました」要りません。
やるせない気持ちはわからなくはないですが、
あなたが逃がしても身内が逃がしても、
対外的にはその家の不始末であって、関係ありません。
2文字節約できます。
また、トラブルの匂いのするものは、
RTを敬遠されることがあったり、
飼い主が必要以上に被害者づらしていると、
同情や協力が得られにくいかもしれません。
上記の例でいえば、
「妹」に気をつけさせるのも含めて飼い主の責任だと思う。
(加筆ここまで)


ハッシュタグというのは、スペース+半角#+検索ワード
で、そのタグをつけたツイートがまとめて見られるものです。
 #拡散希望 #迷子 #インコ #鳥 #東京
などが効果的です。
スペースを(全角でも半角でも可)忘れないこと。
投稿後にタグ部分が青く表示されていればOKです。
(上級者向きですが、実は、
 直前が記号なら、スペースを入れなくても、
 ハッシュタグは生きて、青く表示されます)

ハッシュタグも文字数としてカウントされるので、
使える文字数はさらに少なくなります。
改行も節約して、たとえばうちの文面はこんなです。
(#鳥 の前は「。」なので、
 スペースを入れなくてもハッシュタグになりました)
__________
9/14豊島区~黄緑マメルリハ 体長12cm手乗り赤目♀。目の上・翼で隠れた背中心が少し青。台風で20km以上移動の可能性も。生死問わず情報求む。 RT感謝です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

情報が欠けているものはRTされないか、
してもらえたとしても効果が見込めません。
もし、以下のようなツイートだったらどうでしょう。

__________
今日午後、うちのプイが迷子になってしまいました。今夜から台風だというし心配で泣きそうです。日暮れまで走り回ったけど見つかりません。どこにいるの? 帰ってきてプイ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これは情報じゃなくて感想。
どんな子かは写真を見ればわかるとしても、
「マメルリハ」「インコ」で検索しても見つけてもらえない。
場所はどこですか? といちいち聞かなきゃなりません。
「今日」という表現は、日が経てば紛らわしくなります。
拡散希望といわれても、
混乱の元なので、詳細が出るまで Lisa ならRTしないかも。
でも実際にはこういうツイートとても多いです。
気が動転しているのだとしても、もったいない。
その点からも、冷静な時に準備しておくのがいいと思います。

そして写真。
Twitterに投稿する画像は、
うんと横長のものはそのまま表示されますが、
ほとんどの縦横比の画像は、一部分しか見えません。
クリックしないと全体が見られないという意味です。
縦横比と構図のバランスが悪いと、
鳥かどうかすらわからないこともあります。
ですから、ネット掲示板の「タイトル付けの作法」と同じく、
一見してわかる工夫が必要です。
忙しい他人は、わざわざ開いてまで見てくれないと、
思ったほうがいいと思います。
見てもらうためには、見やすくしなくてはなりません。

Lisa はこの写真を使ったら……、

DSC_0405-0

……次のようになりました。大失敗です。

20130926Twitterプチ失敗例

当時は、なぜこんなヘンテコリンになるのか、
どうすればいいのかわかりませんでした。

後に、元画像を90°回転させたら、
めでたく(?)全体表示になりました。
DSC_0405-1


20140131Twitterプチ改善版

以上は、縦長の画像はリスクが高く、
これくらい横長の画像だと安全という例でした。

以下も代理含め Lisa がツイートしたもので、
それぞれ使った画像と、投稿後の画面上での見えかた。
完璧とはいかないけど、まあ合格ラインでは?
prof-0


20140116Twitterプイ例


ハッチちゃんprof


20131222Twitterオカメ代理


RIMG4050


20140514Twitterワカケ代理


縦横比によって、死角ができるのがわかると思います。
やはり、要注意なのは縦長の画像ですね。
ただ、プイとオカメちゃん(この子です)の切り貼り画像は、
どちらも4:3の縦長なのに、
オカメちゃんのは上1/4と下1/4が隠れ、
プイのは上1/7と下3/7が隠れている感じで、
規則性がよくわかりません。
ですから、平常時にあらかじめ試しておくのがいいかと。

実際に迷子になった時には、

・捜索ツイートは、当初は毎日すること
(でないと、RTは1ツイートにつき1度しかできないため、
 毎日のように協力してくれる人が困ることになります)
・よその迷子をRTするのは良いことですが、
 「うちの迷子ツイート」が埋もれないようにすること。
(協力したくても、「で、あなたの子はどれなの?」となる。
 協力者に手間をかけてはいけません)
  2014年4月から、任意の1ツイートのみ、
  先頭に固定できるようになりました。これ、効果的。
  ・web版とiPhone版での設定法
  ・2015年8月からはAndroidアプリでも可能に
 (
Android4.0以降限定かも)
・アカウント名や自己紹介文も迷子バージョンにするといい
(協力者から見てわかりやすいことと、
 検索にかかりやすいため。&真剣みも伝わるのでは?)

この後はちょっと飛んで、2月5日の記事に(6)を書きます。


追加予定記事:「こんな迷子記事は拡散できない」
          「見つかったからID削除します」!?
          「誇り高き迷子ぴーちゃんのこと」
          「他家迷子は一切RTしない捜し主」
          「再々迷子、もう探す必要ない!?」
          「もはや誰もRTしない過投稿迷子」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


10月に保護されていたオカメインコの飼い主さんが
見つかったそう。
この時に「保護情報」と書いた子です。
3ヵ月経っておうちに帰れたとは。よかったよかった。


(21:00)

2014年10月01日

千葉は雪が降ったという今日、
寒いわどんよりだわで室内日光浴すら無理かと思ったら、
日暮れ近くに薄く日が差したのでトリ急ぎ窓際のキャリーにIN
(そして Lisa はおやつを用意しています)。
「今日は出られないのかと思った」 「待ちくたびれた~」
RIMG2225

同時おやつになっちゃったので、プチはいつものおやつ台で、
ポワは黒のお猪口で。
(プチ知らんぷり、ポワがっつき)
「ぼーっ……」 「あむあむあむあむ」
RIMG2226

2羽とも向きを変えたこの時は、プチもちょっとは
口をつけてたんですが、カメラを向けると食べやめちゃう。
                    「見るなよー」
RIMG2227
「わたしならいつでもグルメリポートOKよ?」

自分のを食べ終わったポワが、プチのおやつ台に侵入。
プチはどいてしまう。
(ポワ食べすぎになるのでこの直後つまみ出しました)
RIMG2228
「気が進まぬ」 「じゃいただきます~」

さて、シリーズ続きです。

(4) 迷子掲示板用の文案を作っておくこと
その前に「迷子掲示板を探しておくこと」もあるのですが、
それはもうまとめておきました。
鳥さんに関してはどうぞこれを使ってください。

2つほど、閉鎖や休止されていたので減っちゃってた。
wwwを除き、数字→アルファベット順に並んでます。

迷子(迷子保護)掲示板
http://www5a.biglobe.ne.jp/~to-ri/hogomaigotop.htm
http://www8.big.or.jp/~hst/ume/cgi/missing/cbbs.cgi?P=R&no=0
http://www.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kaedebot
http://www.akadeko.net/sakura/maigo/index.cgi
http://bbs2.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=maigo
http://bbs4.sekkaku.net/bbs/lostbird.html
http://birdstory.net/community/51c7afa6ca1a8/
http://bird-style.bbs.fc2.com/
http://www.compamal.com/cgi-bin/phbbs2/yybbs.cgi?
http://www.greyparrot.jp/maigo/maigo012.cgi
http://hitenwithbird.bbs.fc2.com/ 荒れ気味
http://inkosuki.info/comu/maigo-itiran
http://lpet.petpet.co.jp/pet/bbs/list.php?gid=5
http://www.pc-pinch.net/modules/yybbs/viewbbs.php?bbs_id=1
http://piyohomu.webdeki-bbs.com/
http://planet.cside5.com/ppw/
http://popup5.tok2.com/home/bird/public_html/joyful/seo-joy.cgi?
http://torich.jp/sys/bbs/?cat_id=12
http://www.torisan.com/maigo/tmaigo.cgi
http://www.vets.ne.jp/bbs/c_6103.cgi

保護掲示板が分かれているもの
http://birdstory.net/community/51c7b017cb900/
http://bird-style2.bbs.fc2.com/
http://inkosuki.info/comu/hogo-itiran
http://www.pc-pinch.net/modules/yybbs/viewbbs.php?bbs_id=2
http://planet.cside5.com/ppw/fbbs/fbbs.cgi

リンク切れや、他にご存じだったりしたら教えてください。

これはもちろん、日付やいなくなった状況も必要ですから、
今から完全版の文案を作っておくことはできませんが、
特徴、見かけた場合の保護の仕方など、タイトルを書き、
連絡先、写真を用意しておけば、かなりの短縮になります。

ネット掲示板はどこでも当てはまることですが、
重要なことは、「タイトルに情報を集約させること」、
それと「検索ワードを意識すること」です。
(慣れている人はこの部分読み流してくださいね)

タイトルだけが表示され、クリックして本文を読むタイプの、
掲示板があります。
また、たまたまそういう表示形式で見ている人もいたり、
そういう掲示板に転載されることも考えられます。
「探しています」「インコが迷子」なんてタイトルだったら、
ムダなだけならまだしも、チャンスを逃してしまいます。

うちの場合なら、たとえばタイトルはこうです。
「黄緑マメルリハインコ、9/14に迷子、東京」
これで、掲示板をざっと眺めただけでも、
情報がある人には、「!」と思ってもらえるはず。
クリックしないと内容がわからない記事なんて
善意の情報提供者さんに、そんな手間を強いてはダメです。
というか相手もヒマではないので、見ずじまい→
結局、入る情報も入らなくなるでしょう。

次数制限でタイトルに全部は入らない場合、
種類、特徴、場所、日付、の順で重要です
(日付は、投稿日からだいたい推測可能)。
また、検索のことを考えると、「インコ」「迷子」など
一般的なワードは入れたほうがいいし、
タイトルに「迷子」「緑」と入れたら本文には
「逃げた」「行方不明」「グリーン」を使うなど、
検索用にいろいろ散りばめたほうがいいと思います。

ネット掲示板の場合、連絡先は電話番号ではなく
メールアドレスを書くのがほとんどですが
(電話番号を書ける掲示板は稀)、
ケータイアドレスにはしないほうがいいかもしれません。
うちの場合ですが、迷惑メールが急増し、
迷惑メール対策をする→来るべきメールまで阻まれる、
ということになりましたので。
HotmailやGmail、Yahooメールなど、
連絡用に使えるアドレスも用意しておきましょう。

「備え」の話とはズレますが、
いざ実際に使う際の注意点は、

・アドレスの入力ミスを絶対しないこと
(気が動転しているのでやってしまいがち)

・編集用パスワードを必ず入力すること
(忘れると、ミスした場合の訂正ができません)
(迷子が見つかった場合の記事削除にも必要)

・どことどこに投稿したか、記事URLをコピペしておくこと。
(毎日チェックするのは、気が滅入る上に意外と大変。
 ブックマークより、クリックするだけの一覧表のほうが楽)

(5)に続きます。次回はTwitterのことを書きます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


瓶詰めの中でだけ輝いて(?)た、普段冷めてるプチ。
彼はホントつかみどころがない。喜ぶことをしてあげたくても
カキカキもさせないし、おやつにも執着ないし。
仕方ないのかなあ。
飼い主さんとはぐれちゃって傷ついているのかもしれない。


(23:00)

2014年09月29日

いつもいつもプイ捜索のRTをしてくれるHさん、
プチとポワの様子を楽しく見てくれているそう。
プイが仲間入りしたらもっと楽しくなりそうと言ってくれた。
#迷子になって初めてプイ(マメル)ツイートを始めたので、
 以前のプイの日常のことはTwitterでは書けていません。

プイは1羽飼いで初マメルリハだったから、
「他のマメと比べてどうなのか」が見られる日が待ち遠しい。
集団内で気が強いのか内弁慶か、面倒見いいのか甘えるのか、
ちょっと、幼稚園に入れるみたいなドキドキ気分だわ。

今日は驚くほど寒かったのでベランダ遊びナシです
(最高気温8.3℃。昨日は9.5℃)。
プチは半目。ポワは餌入れに上がる瞬間。
「今日唯一のショットなのになんで半目なのぼく?」
「なんで大股開きなのわたし?」
RIMG2219
プチ、マが悪いからです(笑)
ポワ、食いしんぼだからです。

菜の花をまずは形のまま(=刻まずに)2羽に与えると
(ただしこれ、みじん切り方式の意味を理解していないと
 後に叱られました。詳しくは今日の文末に)、
ポワはガツガツ。プチはそれを見てかろうじて口をつける程度。
ポワは自分のをむしりつくしてプチのにまで手を出します。
プチは取られるがままで意に介さず。
「なのはな……春の先ドリなんだって♪」
RIMG2220

おべんとまみれ(笑)
「“鼻に菜の花”、ハイ早口で10回繰り返して!」
RIMG2221
Lisa はカツゼツは合格でも息が苦しかった。 (^^;)

さて、「突然の迷子に備えて」連載(?)第2回です。
前回はこちら

(2) ポスターを作っておくこと
そこまで必要?と思いますか?
あったほうがいいと思います。
この作業も思いのほか時間がかかりますから。
作っておく、または、できる人に作ってもらっておくのです。
以前、目立つデザインについては書きました
改良版のほうには、日付も場所も書いてありません。
迷子から日が経っていたため、移動能力を考えたら、
もはや場所はそれほど関係ないですし
(そもそも明らかに関係ない地域にはポスター貼らない)、
似た迷子が、困るほどいるわけでもなかったので
(ただし鳥種や色による)、日付も二の次でした。
ポスターの三大要素は、「タイトル」「写真」「連絡先」!
つまり、いざという時のために、もう作っておけるのです。

「縁起でもない」?
いえいえ、人間のガン保険だって、「終活」だって、
安心のためにするものですよね。

まだ写真を差し替える必要がある場合(ヒナなど)なら、
あと印刷するだけのところまででも作りましょう。

「目立つように」「見やすく」「きれいに」です。
想像ですが、きれいでないと、貼ってもらえない確率も、
さっさと剥がされる確率も上がると思います。
実際、お願いした際に、
「まあこれなら、うちの店のイメージも傷つかないね」と
言われてOKをもらえたケースもありました
(食品関係でした)。

迷子の際に時間を取られることは主に3つ
A: 呼び回って捜すこと
B: ポスターを作ること
C: ポスターを貼らせてもらうこと
当たり前ですが、AとCは前もってすることはできません
(イメトレや目星をつけておくのは、ぜひしましょう)。
でも、Bはやっておけるのです。これはチャンスです。
ポスターさえあって、トリあえず胸と背中につければ、
Aを効果的に行える最短手段にもなります。
(ゼッケンまで作っておけばさらに◎ →参考
呼び回りの時、周りの人は「ペットが迷子?」と察しても、
なかなか、「犬?猫? どういう特徴?」とか
聞いたりはしにくいものでしょうから。

作りかたについて、もう少し具体的に書きます。
タイトルが「迷子」だと、
いなくなったのか保護中なのかわかりにくい、
と思いました。
Lisa は「探し中」と書きました。
元家族を捜している意味にも取れなくはないですが、
「探し中」vs「預かり中」ならまあだいたいわかるのでは?

インクジェットプリンターで印刷したものは、
雨であっという間ににじみ、読めなくなります。
Lisa はラミネートパウチ機(ラミネーター)を買いました。
(近郊のかたなら、あらかじめ作る際お貸ししてもいいです。
 迷子になった時とっさには予定が合わないかもしれません)
B5で100枚作りました。

パウチしたものでも、原稿上に画鋲を刺されてしまったら、
すぐににじみました。
地域の掲示板がこれに当たります。
「自分で貼って」と言われた地域でも、
自分が貼る時はもちろん縁だけに画鋲を刺しましたが、
他の掲示物との兼ね合いでどうしても場所移動される際、
そこまで気を使ってはもらえません。
お世話になっておいて言いにくいですが、ぶっ刺されました。

パウチに画鋲穴でインクがデロデロになったポスター。
「探し中」がすっかり消えています。
RIMG5055-1

そこで、屋外に画鋲で貼るものに関しては、
「図書館の本をカバーするフィルム」で表裏を挟むのが
いいと思いました。
表だけでも防水にはなりそう。ただ裏が変色したりはします。
ニチバン「カバーフィルム」というのを今は常備しています。
ただしこの作業はコツが要り、時間もそれなりに必要。
迷子にしてから何十枚も作れる代物ではありません。

前回のコメント欄に、
「コンビニのカラーコピー、レーザープリンター、
 印刷所への発注」という名案をいただきました。
その通りだと思います。
コンビニのカラーコピー+ラミネートパウチならさらに◎。
画鋲の場合でもいけるかもしれません
(試してないので断言できませんが)。

コンビニのカラーコピーがB5/A4/B4は1枚50円。
あらかじめ作っておくなら、
B4に2枚分刷って半分に切る手間もかけられるから25円。
つまり100枚で2500円。
インクジェットプリンターだって、
バカにならないほどじゃんじゃんインクを食いましたから
(迷子当時の領収書をなくしてしまい比較できませんが)、
さしてコンビニが割高ってわけでもないと思います。

ちなみに、「連絡先」部分は、
パウチした本体とは別に印刷し、
梱包用の透明な幅広テープを上だけはみ出させてカバーし、
それをパウチに貼り、浮いてる下半分にハサミを入れました。
……言葉だけではわかりにくいな。

頑張って光らせるように撮りましたが、わかりますか?
RIMG5057-1
電話番号を隠したグレーの線は全部同じ色なんですが、
目の錯覚の教材みたいになってしまった。 (^^;)

それを、こう。(モザイクすみません)
パウチの上から貼ってるのわかりますか?
RIMG5058-1
前述「デロデロポスター」でもここはにじんでなかったから、
粘着カバーなら、表だけ貼っても防水になるとわかります。

だいぶ、押し付けがましい口調になってしまいました。
推敲の時間がないので、ひとまずこのまま投稿します。

(3)に続きます


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


野菜を刻まずに与えて、後(2014年9月)に叱られた件。
“みじん切り先生”(中野バードクリニック)によれば、
「1日4種類ずつ、全く重ならずに1週間」=28種類/週
「毎日28種類を1口ずつ、1週間」=28種類/週
とすると、同じ量を取るために、単純計算でも
前者は1種類あたり1度に7口食べてしまうことになり、
これは、リスク分散の意味がわかっていない!とのこと。
同じ理由で、好きなものを多めに入れるのもダメ。
(ただし旬の果物などを人が食べる時に与えるくらいはOK、
 野菜は果物よりリスクが大きいので良くないとのこと。
 果物は、種を運んでもらうため果肉は甘くし毒はないが、
 野菜は虫に食べられないためシュウ酸やアクなどを持つ。
 多くの本が◎野菜×果物、など、逆のことを書いてるそう)

忙しいとか面倒だといって、つい前者型の手抜きになりがち。
意味をわかった上での手抜きならしてもいい。
たとえば、休日に1週間分刻んで、1日分ずつ製氷皿で冷凍。
→毎日キューブ1個をポンと入れて自然解凍するだけ、など。

この日も、みじん切り10種はみじん切り10種で与えてますが、
「多種与えればいい」じゃないのね。
「1種あたりがごく少量であること」が重要なのね。

(19:00)

2014年09月25日

今日は晴れてたけど風があり、
部屋の中まで日が回るのを待ってたら日も陰り、
結局ベランダ日光浴できず。

昨日と「1本足かけ→2本」くらいしか変わらないですが、
「せっかくひトリじめなのになかなかおやつを食べないプチ」
RIMG2146
「もういい」

昨日とほとんど変わらぬ、「ポワだけがおやつを食べる図」。
「うふふふふふ、おやつ美味しいな。奪ったのはなおさら」
RIMG2149
「……。」 ←だからさっき食べとけと言ったのに(^^;)

昨日とほとんど変わらない、
「ポワがおやつを食べ終わって寄っていく」の図。
横ドリしたくせに、なによこの調子良さ。 (^^;)
怒らないプチもプチだし。
「ぼくたち仲良しだから」 「にぃには怒らないもん」
RIMG2150

今日のラッキーメニューが寄せ鍋で、そんなのに急には無理
(材料そろわないし外食にしても人数必要だし)
なんて思ってたら、ローソンにあるのねえ。
1人分にも物足りないようなちょっぴりで、
低カロリーメニューとして出してるのかな?
でも鶏も豚も肉団子もお豆腐も入ってる。
RIMG2151

さて、プチを迎えた日に書いたこと。
> 迷子にしないための心得は語る資格ないけど、
> それでも迷子にした場合に備えて、しておくべきこと、
> 7つは言える。←そのうち書きます。

3ヵ月も経っちゃって、書く書く詐欺ですね。 (^^;)
今日と、1/13~16分で少しずつ書こうと思います。
まだまとまっていないので、加筆訂正はあると思いますが。
(加筆訂正はいつものことか)

当たり前だけど、迷子は突然です。
誰も、しようと思って迷子にするわけではありませんし、
うちなんかよりずっと注意深いお家でも、
迷子にしてしまった例はいくつもあるかと思います。

もちろん飼い主の責任なんですが、同じように飼っても、
迷子になるかならないかは「紙一重」だと、
ベテラン飼い主さんもおっしゃっています。
だから不幸という言葉を使いますが、
それは Lisa を正当化するものではありませんし、
この記事で言いたいことは、原因云々ではありません。

不幸にして迷子を出してしまった場合、一刻を争います。
飲まず食わずでの鳥さんの体力の問題、
天敵に狙われる恐れ、要捜索範囲の刻々の拡大、
どれをとっても、です。

いざという時に、とにかく呼び回りに専念できるように、
備えておいたほうがいいと思ったことを書いていきます。
そんな準備は、ムダに終わることが望ましいけど、
誰にも起こり得ることで、対岸の火事ではないはず
(Lisa 自身、別世界の話だと思っていました)。

偉そうに備えを語る資格なんて本当にないのですが、
1年経っても会えない Lisa だからこそ重要性がわかります。
逆に、すぐ見つかったという成功談だけを読めば、
皆さんは、そういうものだと思ってしまうかもしれません。

(1) 特徴のわかる写真を撮っておくこと
1枚でいいから鮮明なアップの最近の写真を常備しましょう。
マメルリハの場合、小ささがわかることも重要です。
大人の手が入っていると、わかりやすいと思います。
画像サイズは別に大きくなくていいです。
うちなんか640×480からさらに鳥ミングしたりしましたが、
B5ポスターにもできました。

たぶんですけど、
・可愛く写っているもの(協力が得られやすいと思う)
・外で見かけたら一致しそうな姿(おちりのアップは不適)
・印象に残るもの
・噛み癖のある子なら可愛さより口開いている姿なども
がいいかと思います。

小型インコの場合、生後2ヵ月未満のヒナなら週に1度、
2ヵ月~半年未満なら1ヵ月に1度、
以降は、鳥種によって特徴が変わった時点で撮影が必要。
あとヒナの場合は、捜索が長引いた時、
同じ色種の成鳥の写真もあったほうがいいです。
珍しい種類なら、検索などであらかじめ探しておくこと。
で、(これは迷子になってからでもいいですが)
権利者に使用許可をもらうこと。
(マメルリハのファローのメスやノーマルのオスなら、
 うちも協力できますから、個別におっしゃってください)

すでにたくさん写真を撮っているかたなら、
そういう写真をピックアップしてトリミングしておくこと。
条件に合うようなのは意外と少ないことがわかると思います。
そして、この作業にも時間がかかることがわかると思います。

ケータイのカメラもデジカメもないけど、
いざとなったら絵が書けるからいいわ、という人なら、
もうそういう絵を描いて、画像データにしておくこと。
(うちのブログを読んでくださるということは、
 「ネット環境はある人」ということを想定しています)

(2)に続きます


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


今日の強風で、上空をひらひら舞う何か(袋?)を見て、
プイも迷子翌日の台風で
あんなふうに飛ばされたんだろうかと思ってしまいました。
どこの迷子もみんな、今年は見つかりますように。


(11:00)