迷子

2018年11月23日

2018年11月22日、昼11:40頃、
埼玉県川越市山田で、
梵天セキセイインコが迷子になりました。
プチポワのクラスメイトの家の子です。
ドゥ・ゴルフ川越店の裏の方向に飛んだそう。
FullSizeRender

キャリーケージがシートベルトに引っかかったのが原因とか。
梵天セキセイインコ、バイオレット、1歳8か月、名前はビビ。
FullSizeRender

お近くのかた、このあたりを通られるかた、
お気にとめておいてくださるようお願いいたします。
保護情報はもちろん、目撃情報、
この周りでポスター掲示できる場所をご存じのかた
(許可いただけるならマンションの掲示板でも)、
どうかお知らせください。
伝えにくいことでもかまいません。
捜し主は恐らく、悲しい情報でも知りたいはずです。
FullSizeRender


できれば、保護してください。
人指し指に乗ってきたら、
手前側の足を、親指で挟んじゃってください。
(信頼を損なうので自分の鳥ではなかなか試せないけど、
 あくまで緊急対策です。上から掴むより高確率)

     ◇     ◇     ◇

プチポワは病院に行きました。

プチは、9月10月とダイエットし1g減って発情が止まり、
竜骨具合も理想的になったのですが、
最近足が冷えているのです。昼寝も増えたような。
代謝を落としてしまったか、病気の兆候ではないのか?

ポワは、今月に入って、鼻と足がカサカサしていて、
鼻の穴に脂粉だか皮膚片だかが詰まったりしているのです。
疥癬の初期症状だったりしない?

プチ、病院で17時半測定:31.6g
やや貧血、やや脱水、確かに足は温かくない、
でも心音など異常なく、所見としては様子見。

ポワ、病院で17時半測定:31.1g
確かにカサカサ気味。くちばしの生成(?)もイマイチ。
でも疥癬の特徴ではなく、
湿度不足か、たんぱく質の代謝異常なのか……
こちらも様子見。

ということで、特にお薬もなく、
今のところ通院も要らないようでした。
よかった。

ブログ用の写真を全然撮ってないことに気づき、帰り道で。
RIMG8748
毛布に包んだドームキャリー(プラ)が入っています。

高度医療のかかりつけも必要だけど、
すぐ診てもらえるホームドクター的鳥病院もいいですね。
我が家はかかつけが3院ほどあります。

【追記】
そうそう、受診動作訓練(ハズバンダリートレーニング)
や、よその人とも遊べるように(社会化)している2羽は、
病院を嫌がったり、先生の手を噛んだりはしませんが、
ポワだけは、小さく「ギュー」と抗議し続けます(笑)
先生は声の大きな(関係ないか笑)女医さんで、
前回とは髪型も変わっていましたが、その程度の抵抗でした。
先生が「あーごめんごめん、やだよねえ、大丈夫だよ」
などとあやしながら進めます。

キャリーダブル使い(割れないのと防寒の)でしたので、
普段、受診の間は別の1羽をもう1つのキャリーに入れます。
今回は、特に(X線や注射など)預ける用はなく、
体重測定の間だけでしたので、外側のキャリーは使わず。
ポワ体重測定(キャリーごと)の間プチを Lisa が手で保定→
先生がポワを出したらプチを入れ、ポワ受診→
ポワを手渡されて★、プチが体重測定(キャリーごと)→
プチ出されて受診、ポワIN→
プチを手渡され★、ポワが出ないようにしつつプチもIN
という流れでした。
ご褒美を与えて、直前の受診に良い印象付けをする、
絶好の機会(★)があったのに、
いつも与え忘れてしまいます。

昔は Lisa の手で毎晩点検の時も「キュー」と弱い子ぶって、
プチが目を吊り上げ助けに来るように、しむけていましたが、
そういえばいつの間にかなくなってたことに気づきました。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(18:00)

2018年11月04日

先日のクラスで聞いたこと。
(後に飼い主さんのSNSを熟読した情報も入っています)

別の地域のトレーニングクラスに来ているあるインコさん
(以下、仮名◎ちゃん)が、実家から迷子になりました。
飼い主さんは旅行中。といっても、鳥好きの聖地へ、です
(ここは責めどころではありません)。
急いで帰っても3時間半かかります。

その日預かっていた、実家のお母さんは、
放鳥も掃除もしなくていいといわれていたくらいだから、
きっと鳥慣れしていない人。
それでもつい、汚れた敷き紙を替えてあげようと、
ケージ底の引き出しを出し、ゴミを捨てにドアを開けた時、
◎ちゃんは引き出しの隙間を抜けドアから出て行きました。
隙間飛び出し防止シャッターは付いていたようですが、
飼い主さんは説明しなかったそう(掃除も断ってたしね)。
シャッターきちんと機能していなかったのかもしれません。
おそらくお母さんは、パニック。

ものっすごく、ありそうなことです!
あの隙間から出るなんて、飼ってない人にはわからないかも。

飼い主さんのSNSでそれを読んだ、
(トレーニングクラスの)先生やクラスメイトの飼い主さんが
「◎ちゃんなら保護できる!」と、雨の中駆けつけました。
全国飛び回っている先生なのに、
その日その地域にいたこともラッキーだったでしょう。
(ただ先生は1か月に渡る「声枯れ期」だったはず ^^;)
名前(と写真?)を入れればすぐ使えるように常備してある、
迷子ポスターも、先生は持って行きました。

そして「◎ちゃーん」と呼びまわりました。
『コンタクトコール』というのですが、
名前を呼ばれたら鳴くように訓練してあったのです。
捜し始めたら、200~300m離れたところに、反応する声あり!
声はすれども姿は見えず、
呼び合いながらキョロキョロ探すと、
一度見つけたけど見失う、ということもあった末、
黄色いカーブミラー(道路種により高さ3.6~4.8m)の上に、
濡れそぼった◎ちゃんがたたずんでた。

この時点で、迷子から4時間経っています。
どんなに心細かったでしょう、◎ちゃん。
いったらナンですが、カラスにも狙われやすいサイズです。

ここでまたポイントなのですが、
◎ちゃんには「いつものタオル」があったのです。
スポーツタオルを筒状に縫ったもので、
腕に乗った時の噛み付きと爪対策のため、
飼い主さんはこれを腕カバー代わりにしていたそう。
迷子対策というわけではない、いわば偶然ですが、
これを付ければ、初めての人でも「オイデ」ができる!

しかも、「何度か」会ってる先生。
その上、動物行動学の先生。
タオルを装着し、
◎ちゃんが来やすいよう(進路をふさがないことにも留意し)
慎重に呼んだことでしょう。
マメ飼いには想像もつかないことですが、
尻尾の長い種のインコさんは、助走が要るというのか、
高いところから急降下するのは苦手なんだそうです。
結果、◎ちゃんは、先生の腕に、来た!

ここで、「きゃーっ!(≧▽≦)」って歓声はダメ!!!
鳥飼いさんならわかりますよね。
キャリーINに失敗したら、
再度飛んじゃったら、
もう二度と来てくれないかも。

「乗せたままそーっと、マンションエントランスなどに入る」
というのも、一般的には正解の1つではあるのですが、
先生が持参したキャリー(◎ちゃんのと違う)を見せたら、
なんと◎ちゃん、
自分で入りました……。

なんてすごいんでしょう。
トレーニングクラスに来る子は、キャリーに慣れてるし、
キャリーで「楽しいところに行く」経験を積んでいます
(なかなか入れない子もいます)。
だとしても、迷子になった後、その屋外で、
飼い主さんもその場にいない(急いで帰宅中でした)中で、
別のキャリーでも、いつも通り入れたなんて。

聞いただけで、手に汗握りましたし、
目に浮かぶようでしたし、
ホッとして涙が出ました。
先生が着いてからは、ほんの20分のことだったそうです。

IMG_5338

IMG_5340

IMG_5337
(これはクラスでの、別のクラスメイトインコさん。
 飼い主さんも先生も、この記事に使用許可くださいました)

この話を聞いて Lisa は、
ああ、迷子捜し主の自分は、
出会うべくしてトレーニングに出会った、と思いましたし、
絶対すぐに記事にしなければ、と思いました。

トレーニングって、単に芸をさせるとか、
飼い主の自己満足なんかではありません。
鳥自身が、とっても生き生きするんです。
そればかりか、こんなふうに命を救うこともできた。

100%ではありません。これは幸運なケースでしょう。
でも助かる確率は高まると思います。

放鳥も通院もせず閉じ込めるように飼っていたら、
迷子になる場面は確かに少ないかもしれません。
でも、たとえば大地震のように避けようもない時、
出たこともない子が何かのはずみで外に出てしまったら、
かなり絶望的なのではないでしょうか。

トレーニング人口が増えるかどうかは別として、
迷子の鳥は、真剣に本当にマジで減ってほしいです。
他家迷子情報をRTしたくても、もう迷子鳥なんかいない、
なんていう日が来たら、Lisa もどんなに楽でしょう。

必ずしもクラスに行かなくても、
おうちでできるトレーニングもあります。
そうそう、
「オイデ」なんて言わなくてもベタ慣れで勝手に来ちゃう、
というのは、飼い主冥利には尽きるけど、
訓練としては役立ちませんよね。
その場合は、家族や知人に協力してもらうとか、
いろんな違う環境(知らない部屋等)で二人一組で行うとか、
工夫が必要かと。

我が家、キャリーINと「むんず」(体をつかむこと)は得意、
オイデもまあまあですが、
コンタクトコールと腕カバーは始めようと思いました。
街中で遠目にもっとも目立つのは、
赤だろうか、どピンクだろうか、と今考えてるところ。

ING_5335-2

うちの場合は、クラス受講中もつい、
「迷子の際には……?」という視点で考えてしまうので、
きっと誰もがそう言うであろう最も一般的な言葉、
呼びかけは「オイデ」でいきたい、変えたくないし、
「ピーちゃん」でも返事できるようにするつもりです。

叩かれるかもしれませんが
(迷子出した人を叩く人こそ危ないと思う)、
我が家のケースも今一度載せておきますね。
     ↓




迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2018年09月14日

指折り数える記念日とは違う、
今年もこの日を迎えました。

5年前の今日の記事(書いたのはその8か月後)

IMG_4480

1か月半、実生活と、Twitterや各種迷子BBSで捜した後、
このブログを始めました。
それから、思いがけず病気になり、
幸いにも軽く済んで、無再発で3年を過ぎました。

迷子と、がんは、ひとごとではないという点が似ています。
飼い鳥の数だけ、迷子(や事故)の危険はあり、
人の数だけ、がんの恐れはありました。
ホント、意外と身近にいくらでも転がってた話。

では、どうすればいいのか。
一言で言うと、「謙虚になる」ということだと思います。
まあ、押し付けがましくなったり、
悪い例をあげなきゃならなくなったりするので、
これ以上はやめておきます。

7月には、こんな記事も書きました。

とにかく、
プイのいない間に、いろいろ、いろいろ、いろいろあった!

そこそこ続いていた番組も、突然終わりました。
(ニュースに関する番組だったはずなので、録画は続けてた)
     ↓     ↓     ↓



「迷子捜し6年目」の始まりは、こんなふうに迎えました。





この捜索ツイートも、何代目になるかなあ。

……数えた。176代目でした。
初めは毎日、
今は200台リツイートを目途に変えて、半年ぶりでした。


プイが迷子にならなかったら出会わなかったプチポワは、
今日も元気です。
P9141366-1

P9141393-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)



(14:00)

2018年07月20日

昼間の窓辺のプチポワ。
ポワの口には小羽がついています。
R0019843-1
「のんびり」    「はづくろい」

夜は生成りのロールスクリーンを下ろします。
R0025871-1
「もう寝ますけど何か?」  「ネムネム」

昼でも、日差しに応じて必要なだけ遮光できるので便利♪
R0026076-1
「暑すぎるしね」  「赤目はUV気をつけなきゃ」

前のマンション時代から使っていたものなんですが、
プチポワの背景になってからは、
ブルーベリーの色素が飛んだり、
小競り合いで足を噛まれた時に血が飛んだり。
そのたび応急シミ抜きはするのですがきれいにならず、
ある時、ボトムバーを外して、
バスルームに吊るして手洗いしました。

そしたら、ウォッシャブルじゃないロールスクリーンって、
水洗いしちゃいけなかったんですってね。
加工が取れて、部分的にシワが寄るようになってしまった。
(シミも取れなかった。洗い損)

シワは、格好の足場、いや、口場(?)、
くちばしがかかるポイントになります。
そこへあいつが目をつけた!
チミ噛み娘です。

放鳥のたびにチミチミチミチミ破壊されていき、
かなりみすぼらしいことになっていました。
RIMG8689-1
これは一番ひどい左隅で、この幅の3倍が全体幅です。

TSUBASA(鳥の保護団体)に行った時、
プロジェクター用スクリーンを見て笑っちゃった。
R3261855-1

会合がない時はバードランとして使っているお部屋ですし、
あそこは、大きい鳥さんもいるしね。
ロールスクリーンを噛むのって、『飼い鳥あるある』?

で、我が家の窓用のロールスクリーンは、
ウォッシャブルではないけど汚れの目立たない茶色のを買い、
防水スプレーを念入りにかけて使おうと思ったのですが、
またやられたら、同じことだな、と思った。
そこで、掛け替える前にと、
昨日、試しに古いほうを切ってみました。

切り落とした部分(笑)
R3265634

長さは短くなってしまったけど、
夏にこれを一番下まで下ろすことがそうあるわけでもなし、
これでしばらくやってみるわー(^^)

(ボトムバーをつける前の状態)
R3265632
      「……こっそり」
チミ噛み娘がまた近づいてるけども。(^^;)
(こちらの窓にも、迷子対策のバーベキューネット)


『インコ生活』さんのフォトコンテストに参加しています。
ぜひ投票お願いします!
1日に、何画像でもカウントされます。
(同一画像への2票めはノーカウント)
7/29まで毎日できます(笑)

52番 プチ、水浴び

53番 ポワ、水浴び

78番 プチ、首かしげ

79番 ポワ、首かしげ


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(16:00)

2018年07月19日


この小窓は、右を開けることはありません。
(画像ギリギリまで冷蔵庫なので)
百均のつっぱり棒とバーベキュー網と結束バンドで
左側を補強してあります。
防水スプレー入れても、計¥648(税込)です。
※防水スプレー噴霧&乾くまで鳥接近厳禁。猛毒!
窓は左半分だけを開閉しますから、
開け閉めが多少しづらいですが、なんのそれしき。
「網戸を破って飛び出した」小型インコの話、
今年も何件かありました。
IMG_3946

「迷子」を冠したブログではありますが、
バナーのところにちょっと書いてあるだけで、
ちっとも迷子探してないんじゃない?と、
思われる方も、もしかしているかもしれません。
現在、というか、当初から、
迷子探しはTwitterのほうに軸足を置いています。
といっても、今は他家の迷子や保護の子の拡散が主で、
月平均したら300件ほど(数えた)。
Twitterでフォローしてくださっている人には、
ご迷惑をおかけしております。

今日も定期一斉リツイートの後、
こんなことを書きました。

IMG_3944

最も迷子探しに向いていると思われるTwtterでも、
再会できた率は、13%。
現在までに、1265人の捜し主さんと、
486人の保護主さんをフォローしている中で、
いつ統計を取ってもほぼ一定です。

じゃあ再会できた13%は幸せかというと、
もちろんその時は「奇跡だ」と喜ぶけれど、
本当の意味で懲りるのはやはり、
地獄を見た捜し主のほうではないかと……。
だからといって、
わざとではなく「事故」である以上、
絶対に二度と起こらないというわけではないのですが。

お出かけキャリーや、
日向ぼっこ中のケージからの迷子、
非常に多いです。
キャリーやケージを信用しすぎてはダメ。
金網とプラスチック底の接合部は、構造的に弱い。
古くなって捨てる前に、
一度、からで落っことしてみればわかります。
理想的には、キャリーごと洗濯ネットに入れる。
(目の細かすぎるものではなく、鳥の居場所が見える粗さ)
でなければ、必ず1つずつ、ゴムベルトで留める。
2キャリーを1本のベルトで巻くのはナシです。
落とした時の力学?構造学?をわかっていない。

ゴムベルトは、ゴムの劣化がちゃんと確認できるもの、
へたりかけたら、惜しげなく替えられるもの、
長さの微調整が自分でできるものを。
少々長い or 長くなってきたと思ったら、
切って合わせられる物がいいのでは。
ここは、見栄えを求めるところではないと思います。

プラケを、不透明な巾着口のついたバッグに入れて、
病院に行ったことがありますが、
それでも、プラケにゴムベルトも巻くべきでした。
バッグの中でプラケから脱走していて、
ひやりとする出来事がありましたので。
(プラケの蓋も、「カチッ」が意外と弱いものもあり、
 使用前に、鳥になったつもりで指で体当たりしてみて)

扉が開かないようにするナスカンがなければ、
齧ったら安全とはいえないけれどカードリングや、
使い捨てになるけど結束バンド、なども使えます。

我が家では、
「ワンタッチで設置できるテント」を小さくしたような、
芯の入った立体構造のテント地キャリー
の中に、
プラスチックキャリーを入れています。
(クリックで飛べます。類似品は品質がダメだった)

右が類似品ね。(詳しくはまたいずれ)
R0026291

うちのスタンダードはこんな感じ。わかるかな。
R0010053
(ちなみに、パレードを見に行った)

プラキャリーだけだと、落としたら割れてしまいますが、
テントキャリーと二重になっていれば、
たとえ交通事故に遭って Lisa が宙を舞ったとしても、
バッグ自体が轢かれさえしなければ鳥は助かるのでは、
(もしくは、
 ウチが火事になってはしご車が来ない場合、
 この軽さなら、下でキャッチしてもらえば
 ひとまず鳥は助けられるのでは)と思っています。

なお、中身のプラキャリーにもゴムベルトを巻き、
付属のかんぬき(差し込むタイプの鍵)と、
カラピナ金具を組み合わせた鍵で、3ロック、
テントキャリーを入れたら4ロック状態です。
R0010043-1

R0010044-1


迷子防止を考える日、
『迷子の日』を提案します。
(7/15ってもう過ぎちゃったけど ^_^;)


『インコ生活』さんのフォトコンテストに参加しています。
ぜひ投票お願いします!また、
1日に、何画像でもカウントされます。
(同一画像への2票めはノーカウント)
7/29まで毎日できます(笑)

52番 プチ、水浴び

53番 ポワ、水浴び

78番 プチ、首かしげ

79番 ポワ、首かしげ


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(18:00)

2017年09月14日

起きぬけの2羽はいつも、もっふもふです。
たまに、寝癖がついていたり、
キリリ顔や困り顔になったりしますけどね。
見てこのお腹。(^^;)
R0013834
(結局、夏中、冬用テントでした。
 夏用と二つ吊るしてるのに、彼らがこっちを選ぶの)

この子たちは、安心しています。
彼らの安全のために、
ベランダネットを張り直し、全ての窓にネットをかけ、
実は部屋とキッチンの間にもネットがあり、
「オイデ」をしつけています。

- - - - - - -

2020年夏季五輪が東京開催と決まって、
「お・も・て・な・し」の言葉が飛び交っていた頃。
2013年9月14日土曜日、14時過ぎ、
新型ロケット「イプシロン」の発射とほぼ同時刻に、
プイは飛び立ってしまいました

その瞬間のことは、今も、
悪夢のスローモーションで蘇ります。
直後の必死さ、脱力感、冷や汗、焦り、恐怖、
後に襲う悲しみ、空のケージ、眠れぬ夜、
果てしない後悔……。

昼も夜もない、
空腹も疲れも、他の感情もわからない、捜索の日々。
2週間後にプチに出会い、
1カ月後にポワを迎えて、
2カ月後に、プイが来た時からのブログを書き初め、
1年分(その間は仮の名で)を半年で書き終わり、
実はプイはいません、8カ月前に迷子にしました、
とカミングアウト。

プイの写真は、一枚残らず全てブログに使いました。
まさかブログを初めるなんて思ってなかったし、
プイとの暮らしが1年で終わるなんて思ってなかった。
なので、写真はそれほど多くはありません。
いつでも撮れるさと、撮っていない動画もありました。

一人と一羽で、ずっと共に過ごすはずだった。
プイとのことは、全てこのブログに残しました。
これで、いつでも読み返せるという安心感を得たけど、
実際には、プイの部分はほとんど読んでいません。
なぜなのか、理由はわからない。
たぶん、まだその時ではないのでしょう。

プイが迷子にならなかったら会えていなかった2羽が、
今、毎日 Lisa を笑顔にしてくれていますが、
プチポワを放鳥できなかった日はあっても、
迷子のプイのことを思い出さなかった日はありません。
本当に。

2年経ったくらいだったかな、
「(Lisa さんは)迷子を探していた人」と説明されて、
なんとも言えない気持ちになったことがありました。
過去形ではありません!(笑)
Lisa は、迷子を、捜しています、なう!
Lisa は、マメルリハを3羽飼っていて、
手元にいるのが2羽です!!

比較的新しい友達や読者さんは、
そのあたりの事情はご存じないでしょうから、
この機会に強調してみました。(^^)

来週、今年もプイの誕生日を祝います。5歳です。
どこかにいる保護主さん、その子は5歳になります。

PC画面だと、ブログ上部や左サイドに、
そのあたりのことがずらずら書いてあるんですが、
今、3人に2人はスマホやケータイからだそうです。
PCで見てくださると、
←この左側に、
「迷子から○日」とか、「誕生日まで○日」とか
見えるんですけどね。

ちなみに、Livedoorブログですから、
画面一番下までスクロールして、
「PCモード」というのをタップすると、
モバイルでもPC画面が見られますよ。
(アメブロはどうやって見るの? いつもわからない)

なお、迷子関係はTwitterのほうで、
他家の迷子&保護の拡散を、
月平均100件はしていると思います。
現在、フォローしている、
迷子の捜し主さん……863人
保護主さん……311人
迷子が戻った飼い主さん……108人
です(重複あり)。

日々、増えています。
この数字をどう思いますか。

R0013835
国産チキンのベジフルサンド

R0013836
お野菜酵素のシフォンケーキ アイス添え
ひのき珈琲

今日は、おしゃべりしてリフレッシュ♪


以前に書いた記事に、その都度加筆していて、
PCモードなら上部に見えているものですが、
モバイルモード用に、今後は記事ごとに貼ることにします。
   ↓   ↓   ↓
備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(17:00)

2017年06月14日

どどどうしたのプチ、この目ぢから!
R0011678-1
     「ふふふん」   「ぼーっ」
昨日も噛まれたのに、よく無邪気に手とかつなげるわねポワ。

微妙な距離感。
R0011679-1
 「ぐぅ」               「ぼーっ」

一昨日のことなんですが、
「野生のインコ見た」系で地域の記載ないツイートへの、
投稿する人は何県何市と書いてほしいというコメントを見て、
つい口を出してしまった。
(相手方の名前は消してあります。
 その後1年の間に相手方がアカウント非公開に変えたため、
 現在、やりトリの原文を参照することはできず、
 Lisa 側の文章のみの引用であることをご理解ください。
 この2つの間には、実際には相手方の返信が入っています)

FullSizeRender
FullSizeRender

探し主側がツイートする際には、
必須三大要素は「写真」「場所」「迷子日」です。
抜けていたら、協力者に手間をかけることになってしまうし、
捜し主側は、効果的な捜索ツイートのノウハウについて、
勉強すべきだと思います。
でも保護主や目撃者は、善意の一般人で、
迷子界(?)の人ではないし、
そもそも鳥飼いですらないことも多いのです。
情報に抜けがあることを非難などして、
目撃の発信自体がおっくうになるようなことは、
間違っても起こってほしくない、と思ってしまいます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2016年04月14日

先日買ったフィーダー(給餌器)、
1日1時間程度の使用で、設置一週間、
早くも怪しくなってきました。 (^^;)

(続きます)

R0022933


R0022943


R0022928



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

2016年03月31日

昨日帰ってきてから、ニュースに釘付けです。
家にいなかったからわからないけど、
もしその時間テレビ見てたら、ニュース速報も出たのかな。

行方不明から2年、朝霞の●藤●●ちゃんが帰ってきた。
監禁されていたらしい。よく、生きていてくれた。
足が珍しく普通の位置のポワ 「よかったねえええ!」
R0022404-1
         「本当によく頑張った」

最近抜け羽が多いポワはせっせと羽づくろい。
プチも手伝います。
「きのうみつかったの?」 「そう、お昼過ぎだとか」
R0022405
Lisa がセミナー会場に着いた頃だったみたい。

「かんきんだなんてゆるせない」 「悪いやつがいるなあ」
R0022406

「ムカッとしたらかゆいかゆい」 「……」
R0022407
自分で羽づくろいはしないけど頭はかいてほしげなプチ。

「Lisa はしっていたの?」 「行方不明のこと」
R0022409
テレビで見たの。おととしの暮れにTBSの捜索番組で。
捜索番組って、ほとんどは犯人を捜すものなんだけどね。

そしたら1カ月後にフジテレビでも同じような番組があって、
同じように彼女がトリあげられていて、
ゴールデンタイムの番組で大々的に報じても、
進展がないのか、とガッカリしたのをよく覚えてます。
なので関心はあったのだけど、
その後の捜索情報も、20万枚も配ったというビラも、
Lisa に届くことはなかった。

やっぱりかいてほしそうなプチ。
「近くだったの?」 「東中野って、聞き覚えあるけど」
R0022410
そうよ東中野! わたしこの1年ちょっとで4回も行った!
鳥の会鳥の会どうぶつつながり鳥の会
#と思ったけど、1カ月前までは千葉にいたと後日報道

「にねんってながいね」「Lisa もっと写真下手だったもん」
R0022411

そう、うちのブログは記事アップ時期がバラバラなので
今ひとつ時間経過が伝わらないかもしれませんが、
お友達の空くんのブログが始まった頃から、と思えば、
マメカテの皆さんにはその長さがわかりますよね。

近づいたらむこうに行ってしまった2羽。 (^^;)
R0022413
「空くんが幸せに暮らした2年が、あの家族にはなかった…」
      「ほんとうにひどい」

無事帰れて本当によかったけど、
ある意味では、亡くなっているよりショッキングです。
それは健康なヒトがこの日本で2年間も隠され得るってこと。
15年前の新潟の10年監禁は、まさかの事件だったのに、
これだと、氷山の一角だなんてことが……あるかも、なの?

そして、結果的に目撃情報からではなく、
本人の脱出&通報で解決するとは……。すごいよ●●ちゃん。
ご両親は決して希望を失わなかったそう。

最高最低気温は、またもリセット忘れで測定不能。
監視員業務は1時間半でした。
R0022415


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(09:00)

2016年03月01日

肉食の会と結ちゃん(空くんお嫁)お披露目会が行われた日、
Lisa はまめるさんと待ち合わせて途中まで一緒に行き、
比較的近いエリアで、これに参加していました。

下車駅から、この地域の迷子ちゃんを呼び歩く
(その子が迷子になった後初めてここに来たので)も、
せっかく一緒に来たプチポワはちっとも協力してくれない。
#写真は、移動中の誤開放防止ベルトを外したところです

「なまえおしえといてくれないと」 「鳴け、って芸とかさ」
R0021779
「鳴け」って芸はどう仕込んだらいいんでしょうね?

こちらの会は何かといえば、
市販の食パンって、おしゃれなブーランジェリーのであっても、
マーガリンやショートニング入りなんですって。
で、バター(しかもカルピスバター)のみのパンを目指し、
ホームベーカリーを導入したというE家のパン試食会
(パン屋ではありません。一般家庭です)。
プチポワも、お邪魔するのは2度目。

じゃーん。
これは、朝から焼いておいてくれたもの。パンドミ。
R0021776
パンドミ(フランス語)と食パンは違うんですって。
パンドミのほうがイーストが少なく、
皮ややパリ・中ふわな感じだとか。

スライスガイドも買ってあった。上から、8、6、5枚切り
R0021777

さらにカットして、パンに合うテッパンのおかず、
「しらすのオリーブオイル煮」で食しました。
R0021781
ふわふわ~♪

オープンキッチンのLDKなので、お料理が終わってから、
許可を得て放鳥。

結ちゃん発表のコメント欄が新記録だって」
「いがいと結ちゃん『かくしてた』っていわれなかったね」
R0021783

「隠しインコといえば、モタコさんの千代ちゃんだったよね」
「そうだったけど、でもさ……」
R0021784

「ふむふむ」
「むしろわたしたちこそ元祖隠しインコなのよ、7カ月も」
R0021785

「そうか、ぼくはブログ登場は8カ月後だったな」
「でしょー。Lisa がちんたらかいてるから」
R0021786
「元祖」は違うんじゃない? (^^;)
たぶんそういう子は他にもいると思うわ。

議論白熱のあと(笑)
R0021788

そうこうするうち、Mも到着して、
E家のしらすのオリーブオイル煮  M作ホワイトシチュー
R0021794-1
Lisa持参デリ、小エビと蕪のクスクスサラダ&ビーフシチュー

M大量持ち込み!
絶品、広島牡蠣のレモンオイル漬け缶
R0021790-1
北欧のレバーパテとチキンのパテ チューブ入り魚卵ペースト

プチポワは、レースのカーテンと窓の間で飛び下りる算段中
(履き出し窓だけど、30cmくらい高さがある)。
「ぴょん、っていく?」 「いけるよね? 楽勝だよね?」
R0021791

2斤め焼けました~
今度は「食パン」モードで自家製レモンピール入り。
R0021796

ジャム要らずで美味しかった!
製品化したほうがいいんじゃ?
R0021797
原価が底なしか。レモンピール90g入りだそう。
ストックの自家製レモンピールの6割を提供してくれたそう。

「Mちゃんちにもむのうやくレモンがなったって」「ほー♪」
R0021798

食べ切れなかったものは、お土産として分ける。
Mさん大量にありがとう!
ヨハンのチーズケーキ  ルタオのぶどう入りホワイトチョコ
R0021827-1
ブーランジェリーセイジアサクラのパン ベルギーのチョコ

巣鴨タカギヤのヴィーガンチョコクッキー。
(動物性食材不使用。カカオの代わりにキャロブ豆使用)
R0021775

我が家から、近所のお菓子屋さんのアウトレットで、
なぜかキティちゃんモチーフのお饅頭(黄身餡)。
R0021844

と、半月前に、「行列のできる工場直送品」として、
1日限定で近所に来てた切り落としカステラ。
あっ、写真トリ忘れ!

でもザラメが入ってなかったので、
カステラは近所のアウトレットのほうが美味しかったな。
なぜそっちを持っていかなかったかというと、
賞味期限が2/28までだったから(持ってったほうは3/15)


18時近くなったら、眠くなってしまった2羽。
DSC_8603-1

というわけで、近くにはいたのよー。>空くん、結ちゃん


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


「肉食の会」にならって「パン食の会」としてみたけど、
どちらかというと「食パンの会」だわー(笑)


(16:00)

2016年02月15日

呼びかけに答える声がして、
右上空に、鳴く黒い点となって現れて、
目の前を横切り、左下へ降下して、
銀行のガラスに当たって落ちた、緑のしずく型
(尻尾が10時の方向)……。

その瞬間の映像が、何度も何度も何度も何度も
フラッシュバックします。

「スーパーマンのようだった」と思うわけでもなく、
その姿に惚れ惚れしてキュンとするわけでもなく、
その度とてつもなく嫌な気持ちになります。

おそらく飛んできた瞬間は、
これはプチだ、プチであって、と願い、
落ちた瞬間は、絶対に捕まえなきゃと必死で、
嬉しいのもホッとするのも、ずっと後の感情だったはず。
でも、少なくとも「嫌な気持ち」であったはずはないのに、
映像がリピートされると嫌な気持ちなのは、
プチをこんな目に合わせてしまった、と思うからでしょうか。

この悪夢に、しばらくうなされそうです。

今日は、天気もよくなかったとはいえ、
ベランダはおろか室内放鳥もせず、
抜け殻のようになってぼーっとプチを見ていました。
(ブログを途中でアップするのは常習犯だけど、
 続きを1日以上ほったらかしてしまったくらい)

岡山県ミモレ農園のオーガニック青梗菜を噛みちぎるプチ
(ビニールカバーごし)
R0021522

プチは普段、呼んでも返事をしません。
返事をするように躾けなくては、と焦るのですが、
いざとなったら昨日、返事をしてくれた。
なら良しとすべきなのか。

昨日、出て行く瞬間は見ていなかったせいで、
「迷子だ!」とLisaが確信していた時間は、
1時間もなかったわけだけれど、
実際には1時間以上もの間プチは外にいたわけで、
しかも好天なのにごくごく近くに潜んでいたわけで、
そのことがまずラッキー。
Lisa はとっさに、もっと遠くに探しに行ってしまったほど。

後でここっとさんから言われたように、
ペアだからなのでしょうか。
ポワを残して出てしまったから?
ポワが、いつも置いてけぼりになる子で良かった。

普段決して答えないのに声を出してくれた、
そして飛んできた(たぶん大通りを越えてまで)、
これは、プチのほうも帰ろうと思ってくれたわけで、
本当にありがたい。ホッとしました。
とかく感情の見えないプチが、
「うちに帰るんだ」という意思表示をしてくれた。

とはいえ、
大きな音や何かに驚いたらあっという間に
わけもわからず遠くへ行ってしまっていただろうし、
大通りを越える時に、背の高い車……バスなんかに
当たってもおかしくなかったし、
あんなにピイィィッて存在を目立たせながら飛んだら、
目の前でカラスに取られる恐れもありました。

全てが、本当に、奇跡的な幸運で、
Lisa はこうしてまたプチといることができる。

けど同時にそれは、この落差は何なのかと、
目の前で飛び立つ姿を見ていながら、こうはいかず、
2年半にも及ぶ(今後も続く)プイの喪失感と、
他の大多数の捜し主の長い苦しみが思い浮かぶことでもあり、
昨日の記事だけを読んだ人には、
決して甘く考えないでほしいと思うものでもあります。

昨日のうちにもう、新しいネットは買いました。
R0021521

実は、上の写真のプチは、
また訓練中で、まだゴハンをもらっていません。

プチは、自分でケージ入り口まで出てこない。
いつも指で迎えにいってたけど、
これを何とかしようと、ちょうど一昨日から始めていました。

野菜やご飯を入れる際も、放鳥の際も、
とまり木でくるん(前転)→手乗り扉の上で握手&左右ターン
(その都度ご褒美あり)というのがルーティンなのだけど、
扉を閉めたまま「くるん」をした後、
ポワは扉に飛びついて、回り舞台のように登場するのに対し、
プチはそのまま止まり木で、ご褒美と迎えの指を待ってる。
出がけに急いでる時は待てずについ指で迎えにいってしまい、
甘やかしてしまった。
そもそもプチは、指を出せば必ず乗るけど、
「くるん」も「おいで」も10回くらい指示出さないとやれない。

これは、我が家の家訓
「(どこに行っても幸せに暮らせるため)愛される鳥になる」
に対して、あまりの愛想なしではないか。

この土日出かける予定もなかったので、長期戦でトリ組んだ。
「くるん」をしてもそのご褒美をトリに来ないんですよ?
ご褒美を見せながら1分呼び続けて来なかったら終了。
入れるべき野菜はお預け。5分後に再チャレンジ。
1時間後(といってもつい間が延びて5回目くらい)に、
ようやく自分で出てきた。

昨日も、それで野菜にありつくのが遅れ、
放鳥時のおやつが最初のゴハンになり、
彼が外へ出た時は、“腹四分目”だったと思う。
いなくなったままだったら後悔の元だっただろうけど、
あくまで、あくまで「帰ってこられたこと前提」でいえば、
このせいで、遠くへ行く気はしなかったのかもしれない。

でも、今日もプチは、
なんとか野菜を入れるまではこぎつけたものの、
ゴハンは大幅に遅れ、
あてつけのようにプチは野菜を齧りまくった。
それが最初の写真。

いざという時、ちゃんと返事ができたんだから、
他のことは良しとすべきか。
でも、そういうことじゃないんだよ。
「愛される鳥」にならなければ、
いざという時に、死ぬ物狂いでは捜してもらえないよ
(万一飼い主がLisaでなくなっている場合)。

もちろん、「呼びかけに答える」のも、「オイデ」も、
「愛される鳥になる」のも、そんなのは全て補助的なことで、
そもそも「迷子にしない」のは飼い主にしかできません。
一番は飼い主の反省です。
だから、即日ネットを買ったのだし、
この日は考え込んで放鳥できなかったのだし、
翌日からは……明日読んでください(笑)

昨日トリ忘れたけど、昨日のベランダ最高気温。
R0021527
保護の約40分後ですから、もう家の中でしたが。

それより、昨日のケージ内最高気温もびっくり!
R0021526
(ブログ続報を書いてた頃で、彼らはまだキャリーの中)
これは、一歩間違えたら逆に高温すぎて危ない!!
冬でも、暖かい日の窓辺やビニールカバーは要注意です。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2016年02月14日

(14:18)
30分ほど前、ベランダからプチがいなくなりました。
遠くからポワに答える声がしていました。
抜け道なんてないので、
本当にいないのか隠れているだけなのか半信半疑で……。
でも、穴を見つけました。

14時過ぎまで声がしていました。
ポワを連れて探しに行ってきます。
助けて


(15:23)
探しに出て30分足らずの15時過ぎ、無事保護できました。
やっぱり外にいました。
ご心配とお騒がせをすみませんでした。
顛末を書く前にまずはご報告。

- - - - - - -

12時頃からベランダ放鳥をしていました。
今朝着いた荷物と、まずは記念写真。
このあいだよりずっと大きいね」 「無駄遣い?」
R0021498-1

あら、これはバレンタインプレゼントの、
プチのケージ(とカバー)なのよ?
R0021499
「わたしのとおんなじの?」 「えー、なんでまた?」

動きが少ないプチは、お古のケージで十分なんですが、
暖突(ヒーター)を、二つのケージにまたがるように置くので
高さ合わせが必要だったり、
何より、いずれ繁殖用には大きいケージが必要だけど、
洗う際やしまう際に持て余すのが目に見えているので、
同じケージを横に二つ繋げられないかとたくらんだの。

「きょうはくみたてないんですって?」 「腰痛いんだって」
R0021500
数日前から Lisa は腰が筋肉痛で、寝返りも辛いほど。
腰が痛いと何もできないものなのね? 初めて知った。

その後、何にイラついたか久々にプチがポワを噛んで、
「ひどいよ、にぃに」
R0021517

ちょっと痛々しい足で、バレンタインのモデルさん。
「……。」 「……。」
R0021507-1

「(びくっ)」  「ねえ!いたいじゃないのどういうこと!」
R0021512-1

「ごごごめん……しょぼん」 「ちゅ★」
R0021514-1

「ええっ!?」 「くちばしうずめの刑!」
R0021506-1
全然刑になってない。むしろプチは喜んじゃってますぞ。

こんな感じで、13時頃までは写真を撮ってた。
これが最後の写真にならなくて本当~に良かった。
R0021516

で、シードおやつ(ガチャポンフォージング仕様)を与え、
彼らの傍らで Lisa は新しいケージを、
開いたり閉じたり、ペンチで一面はずせることを確認。
(四角のケージを二つ繋げて大きなケージにするには、
 面が二つ余るから)

その後、やっぱり腰が痛いので、窓辺に座り、
彼らの気配を感じながらなんやかややっていたら、
ふと、呼び合いの片方が遠くから聞こえるではないか!

見ると、ポワしかいない。
いや、まさかね。遠くで鳴いているのはよその鳥でしょ?
プチったらまたどこかで身を潜めてるに違いない。
そういう時声出してくれないもんね。

ちなみに、2年前に隣のベランダに日参してた頃も、
声が遠くなって気づいたものだけど、
明らかにそれより遠い声だった。

いや、まさかね。
だってこのベランダは、ネットで完全閉鎖の密室。
こういう時、災害時と同じように、
心理的「正常性バイヤス」が働くものですね。
これが14時くらい。

そのうち、呼び合いは止まってしまい、
Lisa が呼んでも返事がない。(途中まではあった)
ポワもウンともスンとも言わない(呼んでよ!)
ベランダのどこかに隠れているはずのプチも出てこない。

それでも、「まさかね」と思いながら、
もう一度ネットをくまなく点検した。
ら、立て簾の影に、あったのだ。
R0021518
密室トリックはこれだ!

それで血の気が引いて、
取り急ぎ8行の記事を書いて、拡散ツイートして
(ごめんなさい個別にお知らせする余裕なかった)、
シードとペレットとプチの聞き慣れたホイッスルを持ち、
ポワをキャリーに入れて連れ、自分用の水を持ち、
プイの写真だけど迷子ゼッケンをかぶり、飛び出した。
14時半くらい。

あとで、「ポワちゃんはベランダに置いていっては?」
というメールに気づいたのだけど、
ポワはすまーして羽づくろいをしていて、
全然ことの重大さに気づいてなかったから、
置いていってもダメだったかも。 (^^;)

自転車で、まずはカラスが降下するのが
ベランダから見えたアパート周りへ。
こんなカラスよけのネットがついているくらいだから、
うちのほうはカラスが多いのです。
その後、ベランダの向きの道を、呼びながら自転車で走る。
木のあるところは重点的に見上げて呼ぶ。
スズメが集まっているとおぼしき、騒がしい木もあったけど、
ポワは呼んでくれない……役に立たない!

こっちの方角だと思って来てしまったけれど、
もっと家の周りも確認してみよう、
隣のベランダも一応のぞいてみよう、
と、いったん戻り、家に入る前に、
家の反対側の、大通りから入った林の一角で呼び、
また大通りに出ようとしたところで、
「プチ!」と呼ぶ声に反応の鳴き声があった。
「プチ? プチ! プチ!!!」
そしたら急にポワも鳴き始めたので、これはプチだと思った。
鳴き声の主は大通りの右上空から斜めに降りてきて、
銀行のガラスに軽く当たって落ちた。
緑だ。プチだった。
降りて駆け寄る Lisa と自転車をよけようともせず、
Lisa の左手で簡単に地面で捕まった。
以前から自転車を見せていて良かった(のかも)。

R0021519

もう、嗚咽。
しばらく立ち上がれなかった。
とにかく、ポワのいるキャリーにプチを入れた。
そして、「見つかった」とメール。
15時4分。

もうダメだと思った。
2年半も見つけられていないプイに続き、
プチまでも。
再会を阻む一大事が4日前にようやく終わったはずの、
元家族かもしれない人に会わせてあげられなかった、
初めて昨日、リアルタイム記事を書いたのも、
今日届いたケージが主を失うのも、
全部皮肉なめぐり合わせ?
……と思った。

本当に本当にラッキーだった。

同居鳥(この場合ポワ)は、
役立たずに見えても、近づいたら威力を発揮することが
わかった。

「またにぃにがどこかいってた」 「そう?よくわからん」
R0021520
(キャリーが汚いのは混乱の跡)

これで、Lisa は前科2犯です。
反省しています。

皆さん、ありがとうございました。
ママりんさんいっとさんしましまさんきよさん
即座に捜索記事を、ありがとうございます。
(いっとさん、記事削除済でもマメカテ注目記事に入ってた)

プチ、帰ってきてくれてありがとう。

神様、バレンタインにプチを戻してくれて、
ありがとう。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(14:18)

2015年08月11日

なぜか一定数いてくださるようなプチファンの皆さん
(人気者になるような子じゃないので Lisa 半信半疑です)、
お待たせしました!
しもべさんがまたプチの擬人化イラストを
アップしてくださってます♪


そんなプチの話です。

昨夜、Twitter で話しかけられました。
保護のマメルリハのことを尋ねていいかと。
初めこそ、
「捜している子はこうこうなんですがそちらは?」
という形式で聞いてほしいとお願いしたものの
(=警察でも行っている方式)、
逆にほとんど Lisa 主導でいろいろ聞き出したところ、
性格や噛み癖やおしゃべりなど不一致の点もあるものの、 
整合する点もあることがわかりました。
何より、場所が近いのです。(遺失場所と保護場所)
今まで探してなかった(ように見えた)事情も納得。

捜し主さんが「でも○○が違うなら違うと思う」というのを、
むしろ引き止めるようにして、対面することに。
しかし、これまた事情により、
彼女(「彼」のつもりで話してたら「彼女」だった^^;)と
プチが会えるのは、来年春ということになりました。
先方がそうしたいというなら、反対する理由もありません。

それで、一致したらどうするの? 返すの?
と読んだ皆さんは思われると思いますが、
先のことはまだわかりません。
先方の意向もわかりませんし……。

もし迷子の子と同一鳥なら、
本名は「みどり」くん。
現在5~6歳らしい(誕生日はわからないそう)。
迷子になった日は不明で、2013年のいつか。
2年も経っていますが、
プチの情報を見つけた瞬間(Lisa に問い合わせる前)、
捜し主さんはものすごく泣いたそうです。
そうだろうと思います。気持ち、わかります。

- - - - -

その捜し主さんは、一昨日、
5年も飼っていたオカメインコさん
(つまり、みどりくんとも3年間は一緒だった?)を
迷子にしてしまったそうです。
その流れでプチをみつけたんだと思いますが、
今はプチどころではないだろうな。
というか、プチがみつかったことで安心せず、
オカメちゃんを全力で捜してほしい!
(名前も種類も「オカメ」ちゃん)

プチの弟かもしれない子です(デカイけど)。
戻ってくれれば、
プチ対面のまたとない手がかりになってくれるはず。

【拡散希望】

8/7(金) 14時頃
オカメインコ(シナモン色・オス・名前は「オカメ」)が、
千葉北西部で迷子になりました。
臆病で怖がり、好物は枝豆の皮。
興奮すると鳩ぽっぽの歌を変な風に歌う。

いる可能性の一番高いところ:
流山、柏、我孫子

いる可能性の二番目に高いところ:
野田、松戸、鎌ヶ谷、白井、印西、八千代、習志野、船橋、
市川、浦安、およびその近辺の隣県(茨城、埼玉、東京)

どんな情報でも教えてください。
死骸でも会いたいとのこと。

20150807-2

20150807-3

20150807-5


以下は拡散画像ではなく、
みどりくんの件で送ってくれたもの。
遠近感でおかしなことになってますが、
もちろんマメよりオカメのほうが3倍以上大きいです。
20150807-6


この日のプチポワ。
    「ぼくの噂した?」    「きゃっ、きゃっ」
RIMG8204
(今プチに仲良しがいることは伝えました)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



(23:00)

2015年04月26日

麦ちゃんの飼い主さん、
もしかして麦ちゃんに何かありましたか。
胸騒ぎがしています。

- - - - - - -
5月13日
台風一過で、早くも夏の日差し!
でケージ(左上)丸洗いしたのだけど、
プチポワはすっかり二人の世界で、面白くなーい。
RIMG7519

それだけというのもナンなので、この機会に、
このところの懸案事項を書いてしまいます。
去年の5月に、その前年9月の迷子の告白をして、
ほぼ1年。
この「追っかけブログ」は、現在に追いつくどころか、
今書いているのが6月分だから、さらに遅れています。
なのにまたサボって……と思われていることでしょう。

本当は、ぶたさんクラッシュに続く「ショックなこと」
どうしても動画で載せたくて
(♪だけど~ Lisa には技術が~ない)、
その後、皆さんにアドバイスいただいた東北の旅と
その間のプチポワのことを先に書いて、
それからこの記事を、と思ったのですが、
どうにも見通しが立たないので、これを先にしました。
あ、途中の歌は、『もしもピアノが弾けたなら』で
歌ってください。(……って、知らないよね ^^;)

もう答えを書いてしまったも同然ですが、
読まなくても伝わるように、タイトルにしました。
鳥に乳はないので、鳥の話ではありません。
Lisa が、乳がんと診断されました。
東北へ行く直前の3/30のことです。
おそらく初期で、命に関わるようなものではありません。
ステージでいうと、ゼロからⅡBの範囲で、
これは術後の検査を経ないと確定しないそう。

ですが手術はします。
1/4切除もできるそうでしたが、安全を取って、
片胸全摘出と決めました。
再発確率や、術後の抗癌剤・放射線など治療の必要が、
部分切除とは格段に違います。
切除ではそのくらいしか決めることはないのですが、
再建(形成手術でおっぱいを作る)するかどうか、
どういう方法でするかについては、一長一短あり、
いろいろなことを自分で決めなければいけません。
ある意味、一生の決断です。
それで、急きょいろいろ学んだり、記録したりしなくては
ならず、時間が足りなくなりました。
読んでくださる皆さんと、プイとプチとポワにも悪いけど、
こちらの更新が止まっています。
今後しばらくの間、不定期更新になります。
でもコメントいただいたら、
なるべくお待たせせずお返事できればと思っています。

自分でわかるような体の不調は何もなく、
すこぶる元気ですし、
がんも小さいのに全摘出なので術前の治療はなく、
ただ、今は手術(=入院)の順番を待っています。
知らなかったのですが、乳がんの患者さんはとても多く、
うちの病院では40~50人待っているそう
(でも症状の重い人は先にするんだと思います)。
手術の時期もまだわかりません。

Lisa の気持ちはどうかというと、
全くそういう家系でもなかったので驚くには驚きましたが、
プイを迷子にしたショックに比べたら、1/100くらいかな
(逆に言うと、迷子というのはそのくらいの悲しみです)。

「乳がんなんて全然ラッキー♪」という言葉に尽きます。
ホントです。
乳がんは、治るガン。取れるガン。
胸が片方なくなっても手や足や声帯に比べたら、
さほどのことはありません。
まあ、「まだ使ってなかった」のはもったいないかもだけど。
あ、それと伝染らないので、会っても安心してください(笑)

検診もちゃんと受けていたし(証拠1証拠2)、
自費でエコーも撮った(まだ出てないけど10月)ほどだから、
その意味の悔いもないんですよね。
でも、1年半の間、見逃されました。
「乳がん検診に行きましょう」だけじゃダメです。
マンモもエコーも両方「異常なし」だったとしても、
しこりがあったら精密検査しましょう
(麻酔をし、針を刺して細胞を取るような検査)。
「異常なし」に惑わされるな、ということは言いたい。

1年半前にしこりを見つけたということは……
そう、プイの迷子の直後です
(その件少し書き足しました、この日です)。
がんは10年かけて育つと言われるそうですから、
迷子のストレスがガンを作ったのではなく、
むしろプイがガンを教えてくれたのだと思いました。

乳がんといえば、ピンクリボン。
ピンクリボンの鳥さんバージョンがあるんですよ。
RIMG7244-1
マメルリハバージョンがほしいなあ。
絵心あったら描くのになあ、
Lisa 画伯、こんなだから

で、このブログを止めていながら裏切りのようですが、
がんブログを書いていました。これです
あ、タイトルやプロフで引かないで。 (^^;)
カルテの名前と遠いほうがいいのではないかと思って、
ハンドル(名前)変えてます。
もし読んでくださって、あちらにコメントくださる場合は、
申し訳ないですがあちらの呼び名でお願いします。
でもあちらは鳥はまーったく出てきませんよ。 (^^)

あちらではブログ村乳がんカテに参加しているのですが
乳がんカテというのはアクセス数が恐ろしいところです。
なので、マメカテの皆さんは、
乳がんへのポチは不要です。
勝手ですが、もし乳がん記事に応援くださろうと思ったら、
マメカテ(こちらのブログ)にポチいただけないでしょうか。
ランキングに縛られているつもりはないのですが、
プイプチポワの記事をしばらく放置しなければならない、
残念感と、迷子中のプイも忘れられるような寂しさが、
きっとそれで和らぎます。

そうそう、Lisa は乳がんを隠すつもりはなく、
オープンで結構です。
迷子と同じで、「誰でも」「突然」なるんだと
知ってもらったほうがいいのです。
ただ、宗教や健康食品のお勧めは予めご辞退申し上げます。
ごめんなさい。

今日のプチポワ。
ビニールカバーと暖突を、ようやくトリ外しました。
「びくびく」             「ドキドキ」
RIMG7360-1
ちょっと落ち着いた瞬間をトリましたが、
2羽はこのカエルのうちわが怖くてたまりません。
発情対策にもってこいです。

「最近留守番が多いと思ったら」 「そんなわけだったのね」
RIMG7361
実は一時期ポワが拒否りがちだったダブルラッコ、
また安定してできるようになりました。

Lisa がポワをカキカキしてたら、
横ドリした上、ワキワキ(脇を開く嬉しい仕草)するプチ。
RIMG7362


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


インコは乳がんにはなりませんからね、良かった。
あ、タレント豆柴犬こむぎちゃんとまたランチしました


(16:00)

2015年04月12日

東京都目黒区下目黒2丁目付近で、
4/10(金)お昼11時頃から、
キンカチョウの男の子が迷子になっています。
パッと見がグレー、ばら色のくちばしで、
オレンジか褐色のほっぺのようです。

飼い主さんのブログ
http://s.ameblo.jp/6033kobuta/entry-12012556936.html

アメーバ会員さんじゃなくてもコメントできます。
どんな情報でも、どうかお寄せください。
お願いします。

皆様も、(Lisa が言える立場ではありませんが)
今一度、戸締り、ケージやキャリーの閉まりなど
十分ご確認をお勧めします。
別件でも、大昔のこととして最近聞きましたが、
鳥さんと遊んでいる時に親戚が来てドアを開け、
そのまま飛んでってしまって戻らなかった話がありました。

- - - - - - -

埼玉県富士見市のららぽーと富士見店(新規開店)で、
4/10(金)~19(日)で、
「ことりびより」という鳥グッズ販売イベント開催中ですが、
どうも Lisa は行けないかもしれません。
今回もレポできないかも。
初日に行けなかったのが悔やまれる……。
ふたばさんが写真を載せてらっしゃいます
(ふたばさん、勝手にすみません)。

- - - - - - -

5/5(火・祝)横浜での、
第2回Birds’ Groomingセミナー申込みました。
行かれるかた、いますかー?

- - - - - - -

ポワも乗れるようになりました。(初めは怖かったみたい)
 「まさか~、ただ気が向かなかっただけですけど?」
RIMG7205

へっぴりごしのくせにポワは、
すっかりここが定位置のプチを威嚇しています。
 「にぃに、そこダメー!」   「……。」
RIMG7206


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


なんと、タレント豆柴犬(記事)のおうちに
マメルリハ緑女子が仲間入りしました♪
マメカテにお誘いしてるんだけど、どうかな? (^^)


(23:00)

2015年04月06日

【大至急拡散希望!!】
2015年4月4日15時半頃、大阪府守口市梶町4丁目付近で、
3羽のセキセイインコちゃんが迷子になりました。

キャリー落下のためだそうです。
うち1羽は、足の悪いインコちゃんだとか。

飼い主さんブログはこちら
アメーバ会員さんじゃなくてもコメントできるようです。

プイ(マメル)1羽迷子にしてもとてつもなく辛いのに、
3羽も一度に……どれほどショックなことでしょう。
どんな情報でも、飼い主さんまたはうちのほうまで
お寄せください。
アメブロさんにはメールアドレス入力欄はありませんが、
うちのブログ(Livedoor)は非公開でアドレス承れます。
(Lisa だけ見ることができます)

うちにいただいたコメントは、責任を持って
飼い主さんにお伝えしますね。
お近くのかたも遠くのかたも、
気に留めていただけるよう、どうかよろしくお願いします。

もし外で手乗りの小鳥が寄ってきたら、
保護するのがその子のためです
(さらに、保護したら警察に届ける法律になっています)。
「自然に帰るのが幸せ」なんていうのは夢物語……。
飼い鳥として改良されて生まれ育った子たちは、
外では生きていけません。
(大型のワカケホンセイインコは野生化の例がありますが、
 それは特別です)

また、健康診断やお出かけの機会が増える季節、
飼い主さんどなたもお気の緩みがありませんように。
今まで一度も落としたことなくても、
人間、いつつまづくかわかりません。
他人からぶつかられるかもしれません。

カギがついているキャリー(たとえばうちのドーム型)でも、
落とした場合は、接合部から外れるのではないでしょうか
(うちのはそうです)。
多く使われているキャリーでの、工夫の一例はこちら
大きな洗濯ネットに、キャリーごと入れる方法を
推奨している病院もあります。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


さて、「次の記事の編集に時間がかかっている」というのも、
カムフラージュでなくホントだったのですが、
一方、Lisa は今朝まで留守にしておりました。
先日情報協力をお願いした、東北行きでした。

その間を含む先週からのことを、よそ様のブログに
続々載せていただいております。
「ほぼリアルタイムの2羽」の記事をご紹介しますね。

先週は、タレント豆柴犬のこむぎちゃんと2度目のランチ
その翌日からは、
マメカテ(間もなくハリウッド?)のスター空くん宅へお泊り
のラスト、)。

長期不在をリアルタイムで公表するのはどうかと思い、
事後報告には違いないですが(ママさん感謝!)、
プチポワの交流の様子が、
うちのブログより先にお楽しみいただけます。 (^^)
当事者が言うのもナンですが、めっちゃステキなコラボ!
(≧▽≦)

「帰りの電車」 「左奥が連結扉で、正面は車椅子の場所よ」
RIMG7155

RIMG7158
「気に入りすぎていただいちゃった居場所」「にぃに夢中ね」

RIMG7159
「つんく♂さんは歌えなくなったの?」 「うそー!」

  「空くんのママさんが刻んでくれたおやさい」
RIMG7160



(20:00)

2015年03月18日

2015年3月16日に埼玉県草加で保護された緑マメちゃんは、
同年2月18日の三重県伊勢での迷子らしいと確認され、
マメちゃんは伊勢に帰りました。
いきさつを更新しましたので、よかったらご覧ください。
連れに来た飼い主さんも、どう見てもその子なのに
あまりの距離に「???」だったようです。

草加で保護された時、その子は、
お庭の金魚池の岩にとまって、金魚を見ていたそうです。
「これって食べてもいいのかなー」と思っていたんじゃ?
と保護主さん。

なんと!
(肉食も辞さずなのに遠慮の見える想像に笑っちゃった)
ネコにとってはまさに「カモ葱」な状態で、
よくぞ無事で済んだものです……。

それを聞いたら、偶然ですが昨日の記事のプチは
全然違う意味を持ってしまいます。
もしかしてプチも、生きるために何でも漁ったのかなあ。
水鳥じゃないから魚は食べないでしょなんて言われて、
ひかりごけ事件」的なショックで、遠い目になってしまった?

虚実混同でいわゆる“痛い人”になりますが、
どんな心の傷を負っているかもわからない子に、
不用意な言葉を発してはいけないなあと思いました。

昨日(2014年)の2羽。
ボールを落としてしまって、ペットボトルのフタで遊んでます。
    「とられた!」    「イタダキ!」
RIMG4186-1
ポワはこうやってボトルキャップをくわえたまま、
走りながらガーッと押し滑らせて、何度か遊んでました。
掃除機か雑巾がけみたい。 (^^;)

「また新しい風切羽」のほうも伸びてきました。
RIMG4187-1

今日の2羽。
「帰れる子は超幸運な一握りだからね」「うん、気をつける」
RIMG4189

「にぃにこそ気をつけてよね」 「うん、隣へは行かない」
RIMG4190
頼みますよプチ。Lisa も気をつけるけどさ。 (^^;)

雨なので、ベランダ遊びはナシです。
プチは、最後のクリップ羽(羽切りした羽)が抜けました。
全部なくなるまで9ヵ月かかりました。

「鳥好きお兄さんの作る一合メシ中華」で、この日は夕食。
日替わりは、豚と青梗菜と玉子の炒め。
「平日ランチ」以外は消費税が付くけど値段は変わらず¥550
RIMG4191


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ラッコの写真、2羽ともちょっとニキビ面
(羽毛の芽のツノツノが生えてきている)ですね。


(10:00)

2015年03月17日

元のタイトル
「3/16マメルリハ緑♀草加で保護」

3/16に埼玉県草加市で、緑のマメルリハが保護されました。
ノーマルの女の子に見えます。
(プイではありません)

当初は膨らんでいて目をつぶることも多く、
ひたすら食べていたようですが、
その後はしゅっとして、元気そうです。
本来はその家のセキセイちゃんの新しいおうちだったケージを
ひトリ(1羽)で使用。

150317迷子マメ緑♀


150316迷子マメ緑♀

よく慣れているそうです。
お心当たりのかたは、↑のリンク先ツイートまたは、
この記事のコメント欄へどうぞ(仲介します)。
保護主さんの了解をいただいて載せています。


外敵に見つかる前に保護されて良かった。
強運の彼女が、おうちに帰れますように。

3/18追記:

マメちゃん帰れました!
なんと、2/18三重県伊勢で迷子になった子らしいそうです。

保護主さんが、検索で見つけた写真があまりに似ていたため、
遠すぎるけど……と思いつつ捜し主に連絡をしたんだそう。
それからお互い慎重にすり合わせをし、
捜し主さんは、埼玉でほかに遺失届が出ていないか調べ、
今朝、はるばる確認しに来たんだそう。

きっと今頃はまだ移動中でしょう。
お家に帰れば、慣れた場所なのかどうか、
おいおい確信が出てくるのものと思います。
捜し主改め飼い主さんからの続報も待ちたいと思います。

保護主さん、グッジョブすぎる。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


一体どうやって、伊勢から埼玉まで!?
長距離トラックにでも紛れ込んでしまったのでしょうか。
そして1ヵ月もの間、何を食べていた……?(さらに追記
ミステリーです。
けど、想像もできないような奇跡も、起こるものなんだな。

でも、よくある鳥種でよくある模様だったら、
このマッチングは起こりえなかったでしょう。
「マメルリハの奇跡」と呼びたい。


(08:00)

2015年02月25日

お向かいの屋上にハトが来ていました。
放鳥中のマメから見るとこんな位置で、
本人不在のプイ1歳誕生日にも1羽来ていたけど、
2羽というのはあまりないかも。
つがい、かな?
RIMG4077
(網目の隙間から撮れば、ベランダネットも写りません)

 「ハトさん来たねー」 「カラスさんじゃなくて良かった」
RIMG4078

おやつ場の仕切り(代わりの蚊遣豚)を通り抜けるポワ。
こういう行動が好きなのかしら。 (^^;)
「にょーん。ならのだいぶつもはなのあなとかとおるでしょ」
RIMG4079
食べられてるみたいだ。

「ぼくは食べましぇん」
RIMG4080
       「どっちかといえば“吐き出す”のほうよね」
抜け穴なんてタイトルにしちゃいましたが、
脱走につながらない、害のない穴です。

今日もボール遊び。
いつもの遊び場(腰高物置)から床へ落としてしまいました。
  「待て待て~」 「くそー、ころがりやがって」
RIMG4081-1

おっ、ポワの翼の羽が、1枚抜けそうです。
「カキカキだよー」 「きゃーハナのあなが目よりめだつ~」
RIMG4082

プチがブレちゃったのでもう一度。
「ん? どれどれ」 「ハナのあな、もうかくした」
RIMG4083


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


この風切羽、間もなく採取できました。
たいていは、飛んだ時にポロッと落ちるんですが、
たまにこういう「前触れ」を見ます。


(19:00)

2015年02月23日

昨日のこと。
ラッキーポイントが「板チョコ」だった。
冷蔵庫に1かけらあったはず……と思ったけど、
それはもはや“板”チョコではない。
元・板チョコ? (^^;)
でも結果的には2列(=8かけら)残ってた。
「板」オッケー♪

5/14埼玉秩父署で保護の「インコ黄緑」を問い合わせ。
セキセイインコだそう。模様もあるとか。
オスですかメスですかと言ったら見分け方を聞かれた。
鼻が青だそうだから男の子ですね。
つくづく、セキセイ探してる人は確認が大変だな。

コメント欄で教えてもらった、1ヵ月くらい前に春日部で、
届けられたのが逃げて、 また保護されて届けられてまた逃げた、
っていう青いインコ、詳しそうな捜し主仲間さんに聞いてみた。
その人によれば、それもセキセイらしい。
飼い主見つかったかどうかはまだ情報ないそう。
本当に3度逃げてるって。それでもまた保護されるってことは、
どれだけアグレッシブかつ甘えんぼさんなんだ。

実はインコちゃん自身、すっごく捜してるのかな。
で 警察行っちゃって、「やだ、ここじゃないのに」って。

「サッカーの準備運動だよ」 「わたしだけ迷子みけいけん」
RIMG4058
それは未経験が一番なのよポワ!

おやつ時の個室化は続いています。
「にぃにがわたしを見すぎるから……」 「早く食べて遊ぼ」
RIMG4061

 「キックオフ!!!」 「しょうがない、つきあうわ」
RIMG4062

今日はベランダ遊び中も野菜をセットしてみました。
「逆立ち?」「いつも以上に食べにくいわね」 ←狙いだから
RIMG4063

おちりトラップってわけじゃなく、設置場所が斜めなせい。
「野生ならいろんな姿勢で食べるしね」 「まるで筋トレ」
RIMG4064

監視ミラーごしの2羽。この物置の影にいます。
プチ、微妙にたくらみ顔。
     「ちらっ」 「なに? なにがあるの?」
RIMG4065

地上ではもう隙がないと悟ったか、久しぶりに物干しに乗る。
   「あれ?」 「あら? Lisa 下にいないじゃないの」
RIMG4066

「見張られてる」 「そこなの? ゆだんもすきもないわ」
RIMG4067

油断も隙もないのは君らだ!!!


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


スーパーでへんてこな会話を聞いた。
「○○容器がほしいのよねえ。
 100円ショップでいくらくらいかしら?」


(18:00)