よその子

2016年12月15日

マメルリハ飼いのいちまるさんから預かりました。
いや、無理やり出させました(笑)
いちまるさんはブログをお持ちではないので、
無理やり、代理応募です。
(Lisaは野鳥に詳しくないですがおちりは大好き ^^;)

変態!?野鳥おちりカメラマン(自称)のko-jiさんが
開催されている、「野鳥おちりコンテスト」



(1) シロハラゴジュウカラ

いちまるさん:
「2月の知床、まっちろなおちりが眩しかった~。」
20161215ちりコレA
Lisaの感想:
ちりコン応募作であると同時に、
「ちりを探せ!ゲーム」にもなってるところがポイント!!
だから、あえてアップにしないよ。
この子、マメよりもっと尻尾が短いのね。(◎_◎)

(2) オナガ

いちまるさん:
「地元で散歩中、頭上でグェグェ、見上げたらオナガ。
 真上過ぎてちりしか撮れなかった(笑)」
20161215ちりコレB-1
Lisaの感想:
こ、これは……おちりを見せに来たのでは!?
モモの埋まりかたの深さから察するに、
相当なモフっぷり!!

以上、応募作です。
どうぞよろしくお願いいたします。

おまけ:

本日(2016/12/15)のプチポワちり
(並び順はポワプチ)
R0027995
「マメちりコンテストはまだなの~?」 「男子部門も待つ」


みんな大好き、おちり♪ おちり♪(鳥の)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(18:00)

2016年10月21日

5日前、そうそうALL BiRDS(季刊)が
そろそろ発売じゃ?と思い、
その日は池袋にいたので、帰りに寄ろうと、
大型書店Jンク堂に、はりきって電話をした。
ら、扱いがなく、注文で1~2週間という。
は?
そんな待てないし。
池袋でJンク堂になかったら、どこにあるというのだ。

S武百貨店とT武百貨店に行くも、どちらも注文のみ。
その結論にたどりつくまで、S武ときたら、
Q.「発売したら店頭には入ってくるんですか?」
A.「予約したほうが確実です」
という、世にもちぐはぐな受け答えを繰り返した。
予約のほうが入手確実なんて、聞かなくてもわかるよ。
知りたいのは、「どこで買うのが早いか」なの。
予約しちゃったら、早くなくても買わなきゃならないじゃん。

結局、出版社のサイトも更新されていなかったので、
その日はまだ発売前のようでした。

で、昨日。
Amazonで扱いを開始したと聞いてポチッたけど、
「一時的に在庫切れ」でいつ配送かわからず。
のまどさんの展覧会で原宿へ行こうと思っていたので、
A山ブックセンターに問い合わせる→扱いナシ
K伊国屋書店@新宿に尋ねる→扱いナシ
ムキー! 大きな書店にどこもないとは、
なんとマニアックな雑誌なんだ……。
勢い余り、もはや通り道でもなんでもないけれど、
Y重洲ブックセンターに電話。
扱ってるってー!
でも、「毎号21日あたりに2~3冊入ってくる」
「あんまり売れないから、入荷3冊でも前の号も残ってる」

そんなわけで、Y重洲でも予約することにしました。
展覧会は、Lisaは夕方にしか行けそうになかったけど、
この日のまどさんが15時までしかいないと知り、
せっかくだから初体面できたほうがいいなと思って、順延。

で本日、展覧会へ。

あったあった。
R0026544

あれっ、鳥とネコちゃんじゃなかったのかな?
R0026545

ステキな建物!
R0026546-1

展覧会の作品は、マメいるし、
マメじゃない子は知ってるビビちゃんとモネちゃんだし、
のまどさんは初対面とは思えない和やかさで、
とても良かった。行ってよかった。
お茶もいただいてしまった。
ネコちゃんと建物を書く「りささん」にも挨拶できました。
来年またあるそうですよ~

帰りに外観をトリました。
1つ前の画像は、2階の右から左を撮っています。
で左奥が会場(最終日だったからいらない案内か)。
R0026547
でこの写真のもっと左側の……、

こっちの階段で良かったんだった!(笑)
R0026548
建物を回りこんで、遠い階段から上がってました。

おしゃれタウン原宿に繰り出したからには、
ケーキを買って帰るぞ~と思って、
竹下通り(10代と観光客とクレープと服屋ばかり)じゃなく
表参道(大通り。冬のイルミで有名)を行ったのに、
原宿駅側にはコロンバンしかないのね?
表参道駅側はよりドリみドリなのに。

それでも執念の嗅覚で、
なにやらチーズケーキ屋さんを見つけ、並んでみる。
R0026550

工房を見せている。
R0026549

注文をレジ店員が復唱するたび、スタッフ全員が、
「Yes! パ~ブロ~(←店名)」と唱和するんだけど、
「インコ」のアクセント(頭高)じゃなく、
「オカメ」のアクセント(中高)なのがなんか笑える。
花火の時の「たぁ~まや~」みたいなんだもん。

レアとミディアムがあって、
レアは切りにくそうなのでミディアムを選ぶ。
(ミディアムもそこそこ切りにくかったので、正解)
R0026551
ホールサイズ(φ15cmかな?)で850円は安い。
昔関西にあった(今もある?)「りくろーおじさん」より、
さらに立派に見える。
焼き立てでまだ温かいのを渡され、
6時間は常温で大丈夫なんだそう。

おされタウンの夕暮れ。
R0026552
(この下は、駅前の信号待ちの人がどっちゃり)

帰宅したら、Amazonから入荷連絡が来たので、
意外と早かったなと思いながら、夜にコンビニで入金。
そしたらそのとたん、電話が来て、
Y重洲ブックセンターから入荷連絡。
少しでも早く見たいので、いそいそと向かう。

売り場で。
あれっ、このカレンダーの一番下に載ってるのは、
うりちゃんとあいちゃんでは??
R0026553

ばばーん!
R0026554
(現在はY重洲ブックセンターも品切れです)

ああもう、帰り道、電車の中はもちろん、
歩きながらも読みました。

「アンケートに皆載ってる」 「なまえいりで!」
R0026563

「そしてぼくも…!(ドヤ顔)」「ていうかわたしよね」
R0026557
(プチポワのセリフ部分、ちょっとだけ色や太さを
 変えてみたけど、まだ見にくいかしら)

何人もの専門家が、
こんなにマメルリハについて語ってくれること、
今まであっただろうか。(いや、ない)
マメグッズ、マメブリーダー、噂のウサ耳マメ、
むこう3カ月の鳥イベント情報など盛りだくさん。
ALL BiRD10月号、ぜひお読みください!

追記:

残念ながらALL BiRDS、
なんと27年もの歴史に幕を下ろし、今号で休刊となるそう。
もっと早くこの雑誌を知っていればと、悔やまれますが、
よくぞ滑り込みでマメ特集をやってくれた、と、
感謝しきりです。
(シロハラインコやヨウムの企画もあったはずなので、
 休刊は急に決まったのでしょうか)

というわけで、
たくさんは刷ってないのかもしれません。
また、今までの号はバックナンバーの販売もありましたが、
いつまで入手できるかわかりません。
お求めはどうぞお早めに。 ←何者?

いちまる調査員によると、
都内では現時点で、
・丸善 丸の内オアゾ店(2階の実用書のペットコーナー)
・ジュンク堂 渋谷店
にあるそうです。
Honto というサイトで探すこともできるとか。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(09:00)

2016年04月04日

来てくれる人がいたため、6日ぶりにまた六義園。

なのですが、
昨日の記事もまだ途中で、これも詳しくは後ほど~。


連れて行けないから、先に放鳥だよ。
      「きょうも Lisa おはなみなの?」
R0022513-1
           「うらやましいねえ」

「満開ってこういうこと?」「きっとこのほうがすきよね?」
R0022514
ああー、この満開は一年じゅうでお願いしたい。
というか、もっと群れで咲き乱れてほしい。 (∇〃)

いつものランチのテラス席、予約は不可と思って
毎度一番乗り(&一人の時はさっと帰宅)していたのだけど、
同行者がいてランチタイムぎりぎりになると言ったら、
いいですよーと取ってくれていた。
R0022516-1
         ↑
(横断歩道から5m以内で駐停車禁止なのに)

そしたら、同行者は病院が長引いて間に合わず。
お店に悪いので、Lisa だけでも先にランチ。
R0022517
日替わりは、豚ロースのスタミナ焼き定食だったけど、
季節モノの「桜うどんセット」にしたところ、品切れで、
アゴ出汁うどんのセットになる。
天ぷらは、野菜かき揚げ、大葉、ナス。

同行者のお昼は、
・園内でお蕎麦でも →絶対ハンパなく待つ!
・ランチ16時までのカフェ →予約不可だし満席
・注文14時までのベジ定食をテイクアウトし青空ランチ
      →雲行怪しくなってきて食べる場所困りそう

とどの案も難があり、ベーカリーのイートインに。
(時間も限られていたので、結果オーライでした)
充電のためスマホを彼女のケータイ屋さんに預け、
ついでにお菓子屋さんのアウトレットも案内し、
ベーカリーでもここでも大量買いだったので、
ウチで荷物を預かり、さあ六義園へ。

入場列は意外と短く、5分ほどで入れて、
シダレザクラ見事に満開!
R0022523

ちょっとバックして。
R0022528

もっとバックして、「内庭大門」越しに。
R0022524

別角度。
R0022529

お庭、画角を欲張らず少し寄ったら、無人の瞬間が撮れた。
R0022530

ハクモクレンの大木。
R0022531

園内のソメイヨシノもほぼ満開。
R0022533

いや、芯が赤いからもう受粉は済んでいる。
(白ければ風や雨で簡単には散らない。これはもう終わり)
R0022534

いちまるさんに教わった、キンクロハジロ!
R0022535
なぜ比較的近くで撮れたかというと、
スナック菓子を投げ入れているおじさんがいたから。
注意するべきなんだろうけど、言えないよねー今の時代。
そういえば、どこぞのハトおじさんはどうなったかしら。
R0022536
奪い合っている写真は、ブレブレで使えなかった。 (^^;)
野鳥でしかも渡り鳥なのに、
スナック菓子が食べ物だって、わかるのね。

駅前の桜も十分きれいです。
R0022539-1

お土産いただいちゃったー。
真田丸商品と、長野のリンゴジャム。
R0022541
Lisaからは、この日は売り切れていた桜金平糖をあげました。

曇っていたけど、今日もそこそこ暖かかったです。
R0022542

エイプリルフールなのに、ひとつも嘘つかなかったな。
六義園は、去年の紅葉の時にでも、
年間パスポート買っても良かったわ。
(4回行くとモトがとれる)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

2016年03月28日

朝の最低気温は、昨日よりさらに低い3.7℃。
引き続き寒いです。
3/21に桜開花だったけど、長く楽しめるというより、
まだほとんど咲いてない。予定が立たないな。
R0022350

PC作業に没頭していて、
ポワのケージが開いていることに
3時間くらい気づいてなかった!
R0022332-1
       「とじまりがぶようじんね」
ポワはここまでしか出ないみたいです。 (^^;)
ビニールカバーをかけているせいもあるけど、
ペレット配分の時はすり抜けて出てくるので、
出られないわけではありません。

昨日とはうって変わってゴキゲンな様子。
「とってもうれしいことがあったの(キラキラ)」
R0022336-1
「ミラクルが起こった」


R0022337
「このあいだHOEIにもんくかいたでしょ?」 「『要望』ね」

冬枯れから復活したミントの鉢の足元で。
R0022339
「あれよんでくれたマメカテのせんぱいが……」 「ふむふむ」

R0022341
「そこんちのマメさんはとまりぎをこわしちゃうらしく……」

R0022342
「いつもかいたしてホルダーあまっちゃうからどうぞって」

ばばーん!
R0022329-1

2013年以前にマメカテをお読みだったかたはご存じでしょうか。
マメさんとアヒルさんとカモさんを飼うふぉあぐらさんです。
なかなかにやんちゃなマメさんもいるそうです。
R0022343
「しんせつなひとがいるものよねえ」 「ブログってすごい!」 

中身もきれ~いに梱包してあって
R0022330-1

きれいな箱に、7つも入ってました。な・な・つ!
R0022331

「てかそれもセット売りだからこそ余るわけだよね?」
                    「そう!」
R0022344

「HOEIさーん、ユーザーは困ってますよ」
      「ユーザーどうしがうごくしかないなんて」
R0022345-1

「一方的にご好意に甘えただけで、解決になってないし」
          「ごきんじょならともかくねえ」
R0022346
腰が引けていませんかポワ? (^^;)

「でもありがたいねえ。ポワちゃん、怖くないよ?」
 「そ、そうじゃなくてHOEIのしせいをついきゅうしてるの」
R0022347

「うればいいってものじゃないのよ」
           「品物はいいのにねえ」
R0022348
ダブルおちり♪

「でも、おかげでしんせつな人にあえた」
    「みんなでありがたく使わせてもらおう」
R0022349

ちょうど、次の週に鳥飼いの皆さんと会うので、
独り占めせず、お分けしようと思います。
本当にありがとうございました!

最高気温は24℃だけど、この時間はまだ出てなかった。
R0022351
夕方から曇ることわかってたのに、なかなか出してやれず、
今日の画像見るとわかりますが、すぐ曇ってしまいました。
監視員業務は1時間ちょっとでした。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(14:00)

2016年03月26日

「隊」の練習日でした。
「隊」は5月に、短いけど本番が決まり
1時間延長して練習。練習後はランチ。

■ 南欧田舎料理のお店 タパス

R0022281

R0022282

バケット(4人分)  サラダ
R0022287-1
ポルチーニとパンチェッタのクリームスパゲティ
       ココナッツのアイスクリーム

ニワトリがマーライオン状態になる水差し
R0022288

ランチタイムを外れたので、ゆったりでした。
遠くまで行ったので、つい持ち帰りケーキも。

ムラングシャンティーさくら  ショコラフランボワーズ
R0022293
ショコラサンギーヌ

■ パティスリープラネッツ

ただいまー。
「おそいよー」
R0022291-1
「愛知で大変なことがあったよ」
えっ、なになに?

珍しく2羽とも頭に乗ってきた。
(当てずっぽう撮ったにしてはうまくいった)
R0022294-1
「じょうばクラブのシマウマがゴルフじょうににげたの」
「ゴルフ場休業にして大勢でもなかなか捕まらなくて……」

カキカキ
R0022297
「ゴルフ場だから、池に逃げて泳いだり……」「うまかき?」

        「またコースに上がったり……」
R0022300
「ゴルフじょう、広いもんね」
カキカキでほわ毛がついたポワ。
そういえば、イワトビペンギンのプチ最近撮れてないな。

なかなか正面から撮れない。 (^^;)
R0022301
「シマウマさんもたのしくなっちゃったのねきっと」
だよね。乗馬用なら慣れてるはずだもんね。

今日は月誕生Dayなのでおやつは粟穂です。
我が家にしてはわりとちゃんと「穂」だったんだけど、
あっという間にこの状態(プチが枝を噛んでる)。
R0022302
「でね、ますいのふきやがでてきて」 「7回打ったって」

R0022303
「またいけにはいっちゃって」「人の壁を作ったけど防げず」

ポワ、まだほわ毛が付いててそこにさらに粟殻が付いた。
R0022304
「しんじゃったの」
ええー、そのシマウマ死んじゃったの!?

「おぼれちゃったの」
R0022305
「麻酔でフラフラだったから」
ええー、何人もいたんでしょ、引き上げてよ!

「本人(馬)も泳げないとは思わなかったんだろうね」
R0022306
「たいじゅう200キロだったんだって」
目頭を熱くするポワ……小羽がついてるからだけど……

留守中のニュース録画で知りました。
心臓マッサージをしたけど助からなかったそう。
はああー、まさかの結末。
途中、何度も接近できていたのに、なんとかならなかったの?
投げ縄の名手とか、いないの?
人力で抑えられない大きさ(や性質)の動物を飼うなら、
そういうの必須にしたらどうなんでしょう。

そういえば、1月の尼崎で、骨折して体育館の屋根にいた
野ザルはどうなったのだろう……。
全国ニュースでは尻切れだった。地元のかた、どうですか?

この日、22:00-23:24
『さまぁ~ずの神ギ問SP』という番組で、
「台風の時、鳥ってどこにいるの」というのがあったらしい。
動画捜してみよう。
ただ、鳥好きには不愉快な表現もあるらしいけど……
(見たら追記予定)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(11:00)

2016年03月19日

Lisa は午前中から埼玉に行っていて、
この用事としては比較的早めに15時には帰宅したんだけど、
またまたお天気がイマイチ。
くもりの室内放鳥はホント、写真映えしないので、
ゲストに登場してもらいました。

じゃーん、石原さとみ似のまあたんです!
R0022143
「石原さとみだ~♪」 「む、ブリッコのにおいぷんぷん」
安心してください、ポワもブリッコです。
同じ日(?)にりゅうくんもまあたんを見てて、笑えた。

「まけないわよ!」 「おおー、そっくり」
R0022144-1
画像反転したくなったくらい同じポーズなんだけど惜しい!
目の大きさが倍違う!! (^^;)

「そんなことないもんパッチリだもん」 「ぼくもパッチリ」
R0022145

「きぃー、にぃにのほうが大きいなんて」 「パッチリ……」
R0022149
(あくびをトリ損ねた写真です)

ポワは石原さとみじゃなく、パーツ小さい人に似てるかも。
小西真奈美とか、とか、蓮佛美沙子とか、足立梨花とか。
「そんないつきえるかわかんない人よりはらだともよがいい」
R0022147
「いいセンだけど、あの人はブリッコって感じじゃないなあ」


きりたにみれいっていわれたもん」 「あ、それより!」
R0022150
ド正面顔プチ(笑)

「ん?」 「小顔で目も小さめで天才的にブリッコな人いた」
R0022152

「誰?」 「あんまり好きじゃないから言わな~い」
R0022153

「なんだとー」 「かしゅかしゅかしゅかしゅ……」
R0022154

「天才じゃなくてもいいんだけど誰よ~?」 「さあー……」
R0022155-1
プチの寸止め新キャラ?
不完全燃焼だけど、続きません(笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(13:00)

2016年02月18日

うち午前中は暗くて寒いので、なるべく遅起きにさせ、
まずは野菜とゴハンタイムです。

その後彼らを留守番させ、Lisa はランチで王子へ。
このお店が閉店した後、去年の11月にできたお店。
(今思うと、以前のお店はテラス席がありましたね)
ドキペに行く時に気づいて惹かれてたら、誘われた。

■ ビストロ ジュン

R0021565

目の前が飛鳥山、後ろは石神井川、
どちらも桜の名所で、オンシーズンはいいだろうな。

Cコース ¥2,000
前菜: 茸のキッシュとピクルスいろいろ
パン: フォカッチャ風のパン2人分 お代わりは¥100
R0021570-1
主菜: ゲンギョのフリット カレー風味のトマトソース
コーヒーは別で¥300(デザートも別)

王子に行ったというのにドキペ(鳥ショップ)には寄らず、
同行者のお宅へ。

バタバタ……                  ピシッ
R0021581-1
りりしくなってた!   キャー♪(この手だけLisa)

あっ、行き先バレました? (^^;)

「浮気だ!」 「というか僕たちの妹弟分なのに Lisa だけ」
R0021583
(「蚊遣り豚を上向きにして、口を半分ふさいだ台」コロ)

おやつの時ポワは、赤いカプセルのほうにさっさと入り、
それを見てプチは白いカプセルのほうに入ります。
ざっと漁ったポワは白いほうにも侵入し、
いわゆる「空気を読」んでプチは出てしまう。
でも今日はプチ、そのまま赤いほうへも入りません。
(必死にモグ)            「……。」
R0021584

一緒に白いほうへ入るわけでもない。
(ガツガツ)           (見てるだけ)
R0021585

また赤いほうへ来たけど入らない。お腹すいてないの?
(はむはむ)                (うろうろ)
R0021586

ポワが両方漁ると、たわむれタイム。
このところ、ポワがつくしている気がする@美容室

「えっ、おきゃくさんまたですか?」
R0021587
「きくぅ~、あうあう」

いや、どっちもありか。
「おきゃくさんありがとう」 「もともと僕はこうですよ」
R0021589
って何この丸さ!

その後また、漁り残しを漁る。
(おちり全開)     「おちりを見てるわけじゃないよ」
R0021590

やっとプチも、漁り残しを漁る。
「まだまだすこしはあるはず」  「そんな残ってるかなあ」
R0021593

再び上がったプチ、なんと、
下でポワが回した観覧車から、オーツ麦を横ドリ!
「♪」 ←とっさに隠す
R0021594
「かんらんしゃぐる~ぐる~」 ←取られたと気づいてない

「あれっ、かんらんしゃのなかみは?」  「……。」
R0021595

ほら、モグモグしてます。
「僕は大物狙いなのさ。カプセルの中の小さいのじゃなく」
R0021597
意外とちゃっかりなプチ。

「かんらんしゃにはいってなかったの」 「ヒドイねえ」
R0021604
まだつくすポワ。

いや、逆もありか。
「つぶれるぅ~」「ポワちゃん第二回コンテスト狙ってる?」
R0021606

「ふあ~あ」 「まんまるインコ部門はどうかな」
R0021607

放鳥1時間+室内放鳥40分。
R0021608

彼らを寝せたあと所要で神奈川へ行ったのですが、
寄り道のお店はなぜか閉まってるし、
複雑な道に迷い込んでしまったのにバッテリー切れそうだし、
なかなか苛酷な Lisa でした。 (^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2016年02月10日

ふくろうカフェに気をよくしたきよさんと Lisa、
今度は浅草のふくろうカフェに行くことにしました。
このお店はきよさんが知っていました。
巣鴨といい浅草といい、渋い街にいるのねフクロウ。

やってきました浅草!
R0021321
ビルに写ってる雲は本物です。ビルの模様じゃありません。

浅草に来るにあたり、マメカテのある人に問い合わせましたら
詳細なランチレポートが送られてきて大感激。
これはもう保存版です。今回はひとまず、
神谷バーのランチ♪(ランチやってるんですねー!)

文化財に指定されている建物で、開店前に行列、
開店と同時に入店、のはずが、
1階になだれる人の波に巻き込まれ、
エレベーターに乗り損ねる……。
日替わりランチは2Fと3Fでやってるんですが、
1Fで昼間から飲む人のほうが多かったみたい。
さすが浅草。

670円の日替わりランチなのに食前酒が付く!
日替わりランチはチキンカツと、
ハート型の目玉焼が乗ったトマト煮込み。お味噌汁付き。
R0021326-1
ビール付きランチはメンチカツとトマト煮込み。
右はクリームコロッケとエビフライ。

きよさんの次女ちゃんも一緒です。
それぞれ、パンかライスが選べます。
付け合わせが、赤いパスタ、白いパスタ、マカロニと、
みんな違っていて、バリエーションに富んでいる。

■ 鳥のいるカフェ 浅草店

木場にあるお店の支店です。
平日は13時から、土日は11時から。

1時間¥1,500、30分¥1,000、延長15分ごと¥300
先にコースを決めなくてもいいシステム。
お茶も飲めると後で知ったけど、
落ち着いて座れるコーナーがあるわけではなく、
基本全て触れ合いタイム。

生体お買い上げの場合は、何時間いても無料だそうだけど、
お手頃な小型インコはいないので、
生体は10万円くらいからなんじゃないかな(調べてない)。

入口     雛でまだケース内のシロハラインコわきわき中
R0021335-1
アカアシモリフクロウ?とアフリカヒナフクロウ?
    メンフクロウ、モリフクロウ?(威嚇中)

フクロウコーナーは全てつながれています。

やっぱ威嚇してるモリフクロウ?  さわっちゃったもんね♪
R0021344-1
アフリカオオコノハズク  インドコキンメフクロウ

ホワイトベンガルワシミミズク ニュージーランドアオバズク
R0021346-1
メンフクロウ一本足     アメリカチョウゲンポウ

オオスズメフクロウ? スピックスコノハズク
R0021365-1
そして、全てが放し飼いのインコ部屋へ!

チャノドメキシコインコ    シモフリインコ
R0021378-1
セグロコサイチョウ?    シロハラインコ

シロハラインコは天井近くのケージ内で、
ダウンライトにくっつくようにして居た。
暖かいのかな?

インコ部屋には各種合わせてたぶん50羽くらいいて、
たぶん6割はコガネメキシコインコで、どんどん乗られる。

次女ちゃんときよさん        Lisa
R0021353-2
ホオミドリアカオウロコインコ

モモイロインコは一羽だけいた。
貸し出しポンチョの胸ポケットの中に
おやつを入れる人が多いので、そこを探ってくる。
R0021375-2

新年会の時、モモイロ飼いのびぃちゃんに、
280gくらいと聞いたけど、ずっしり重かった。

キャー、おちり!(∇〃)      オヤスミ中
R0021374-2
手前イワウロコインコと奥ホオミドリアカオウロコインコ
  おやつを買った人は、こんなにコガネメキシコまみれに!

おやつ待ちコガネメキシコインコ  次女ちゃんとLisa
R0021369-2
マイペースなコガネメキシコ    マイペースな……誰だ?

6羽 on きよさん
R0021367-2
5羽 on Lisa(壁が鏡張りなのでセルフで撮れます)

けっこう床を歩いてる子がいる。夢中になってると危ない。
R0021379

平日でしたがインコゾーンはみるみる混んできたので、
開店時間を目指して行ったのは正解でした。
あー、楽しかった。
(買わなかったけど、グッズショップもあります)

こんなに写真があるということは、もちろん楽しかった、
の、
ですが……

正直言うと、このインコゾーンのシステムは無理があるな、
とも思ってしまいました。
というのは、なぜか大多数を占めるコガネメキシコインコ
(繁殖力が強いのかな?)より小さい子たち、
つまりシモフリインコやウロコインコは、
ほぼ例外なく、指が欠損していたのです。
本当に。
両足が「四指満足」な子を探すほうが難しいくらい。
指が欠けている鳥さんをあんなに一度に見るのは、
Lisa は初めてでした。

犯人がコガネメキシコだと決め付けるわけじゃないけど、
大きいのも小さいのも一緒に、ある程度以上の密度で、
大きい子が圧倒的に多いというのは、
小さい子たちには苛酷な環境なのだと想像できました。
……。


出たら、目の前になんと、明らかに魅力的な看板が。
R0021381
当たり前のように吸い込まれる。

■ カスタード ラボ トウキョウ

シュークリームのファストフード(?)でした。
シューザック と おまけについてくるミニコーヒー
R0021380
ザクザク系のほうのシュークリーム。
ふわふわ系のもあります。
注文するとその場でクリームを詰めてくれました。
立ち食い用?でちょっと高さが中途半端なテーブルだけど、
椅子に座って食べることも可能。

つくばEXPRESSに初めて乗って、
秋葉原できよさんたちとバイバイ。
曇りの予報だったのに予想外に晴れてしまったので、帰宅。
日向ぼっこに間に合った。

「ぼくたちこの1枚だけ?」「そとでなんまいとったのよ!?」
R0021382
ろ、ろくじゅうまいくらいかなあ…… (^^;)

気温はそんなになかったけど、
日向でおやつの後楽しく遊んでいました。
R0021383

ちなみに、今日の鳥さんたちは誰もニギコロできませんでした。
半放し飼いなので、もう、
ひっくり返す前の「ニギ」の段階からイヤみたい。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2016年02月04日


マメカテ以前からお友達の、マメカテのきよさん
ランチに行きました。
新しいイタリアン。
いや、気づいてなかっただけで、
実はできて1年半も経ってたのだけど。

■ イルキャンティ ノンナノンナ

R0021171-1

Lisa はホウレン草のドリアのランチ。
ドレッシングが独特らしい。
ガーリックが効いて美味しいドレッシングでした。

するときよさんが、
「巣鴨にできたフクロウカフェに行かない?」と。
おおー!
Pet博で知ったあのフクロウカフェ!
いつもひとり行動の Lisa は、行こうって発想がなかった。
行きましょう行きましょう!

■ ふくろうのおうち

以前、あのボジョレーケーキを買ったスワロウテイル
閉店した後、去年8月にオープンだそう。経営も同じらしい。
スワロウテイルといえば、この店舗は閉めてしまったけど、
いまやトリトブ部屋のインコケーキでおなじみです。

R0021173

¥1,500で60分1ドリンク付。
途中で、1グループ10分間、フクロウ部屋に入れる、
もふもふタイムがあります。

カフェスペースにいる、いつでも触れる中型の3羽。
R0021206

近づくと、いっせいに「頭かいて」姿勢です(笑)
R0021174


R0021207-1

メガネフクロウのワトソン  ナンベイヒナフクロウのマリオ
R0021201-1
その右のグレーのセーターみたいな子は、
1ショットないけど、クロオビヒナフクロウのキューちゃん

ワトソンは総選挙第4位、キューちゃんは第2位で、
ともに、「神5」に入っている
とか。

それと、触れないけどやはり客席に、
アカスズメフクロウのソラくん。スズメサイズのミニミニ。
R0021202

そんな中、ドリンクと、別注文のケーキが来たのだけど、
ほら!
R0021178
池袋トリトブ部屋の時、
買わなかったユーラシアワシミミズクと、
売り切れてたシロフクロウです。
なんと強運。これが第一の、「思わぬ再会」。

ドリンクは、何選んでも同じセット料金だから、
普通のコーヒーでなく、カフェモカを。 (^^)
R0021179

この、羽の模様なんてほんっとよく再現されてる。
R0021181

客席の各テーブルにクッキーが乗ってるんだけど、
売り物! しっかりしてる。
間違って食べてしまったらどうするんだろう。
R0021180

店員さんが呼びに来て、もふもふタイム、Lisaたちの番です。
R0021184
Lisa はまず、この手前の一番大きな子、
ミルキーワシミミズクのペコちゃん(総選挙5位)を
乗せさせてもらう。

20160204_3756-1
              (右下はシロフクロウ)

1.5キロといったかな?
ずっしりくるけど、見た目ほどではない。
羽がもふもふしてるけど、中身はだいぶ小さいと見た。

この子は、「バウムクーヘン」と言われていた、
カラフトフクロウのランマル(総選挙1位!)
ほら、指がこんな埋まる。ランマルの後ろには小さい子たち。
R0021199-1

次にきよさんが、シロフクロウの、その名もヘドウィグを!
ハリーポッター全然詳しくない Lisa でも、
「ヘドウィグ」の忠鳥ぶりは知っているぞ。
R0021190-1
シロフクロウは指毛が生えているのだけど、
これは寒い地域にいる=寒さに強い特徴なんだとか。
また、ペコちゃんのように真っ黒な目の子は夜行性、
シロフクロウみたいに明るい色の目は、
明るいところでも見える=白夜のある地域の
特徴だそう。(シロフクロウは北極圏に生息)

わあっ、飛んだ!
R0021196-1
(左下でバウムクーヘンが見ていることに注目・笑)

Lisa もヘドウィグも乗せさせてもらいました。
ヘドウィグ大人気。

後から知ったのだけど、
なんと、Lisa はPet博でヘドウィグに会っていた
(写真がありました)
これが、偶然の再会その2。
ヘドウィグはとても暑がりなのだけど、
ペット博の写真でも暑そうにしてる。 (^^;)

今日も暑がるヘドウィグ(左)
R0021204
この写真でちょっとわかるけど、
フクロウって、見えてるくちばしは
真ん中のほんのちょっとだけなんですよね。
おちょぼ口に見えるけど、開けると大きい。

サザエさんがお化粧すると、
口紅がほんの真ん中だけなのと同じ。
(って、伝わる? 書籍版を見たことないとわからないかも)

2/15~3/14は、池袋のハンズに出張するそうです。
R0021208
              ↑
Lisa のカメラには写ってなかったけどメンフクロウ。

この「ふくろうのおうち」ではどの子も販売もしていて、
リーズナブルなのはメンフクロウの15万円~
効果なのは一番大きなペコちゃんで、110万円だそう。

たっぷり楽しんで帰ってきました。
しかし、縁日が立つ「4の日」で巣鴨は大混雑でした。

ただいまー。
「怪しいな」  「なんか、肉食のにおいがしない?」
R0021209
久々にこのポーズ撮ってみました。
お天気(=逆光)なので、下向き。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



(23:00)

2016年01月18日

昨日の記事は一昨日のトリトブ部屋になってしまったけど、
ホントの昨日(1/17)は、鳥飼いさんの合同新年会でした。

「合同」というのは、
ブログ村マメカテの、ママさんまめるさんきよさん
ブログはないけどマメカテの名コメンターいちまるさん。
アメブロの鳥飼いさんつながり(たぶん)で、
ママさん(兼ねてる)、じゅじゅさん(オカメインコ飼い)、
ここっとさん(マメルリハ飼い・最近マメカテにも進出)、
びーちゃんさん(モモイロインコ&フクロウ飼い)
(きよさんも、ワンちゃんが主だったけどアメブロ)。

出かける前に、前日のこれをベランダで撮ってて
(細かすぎて違いはきっと伝わらない別カット)……R0020760

その様子を、暖かい室内から見ている2羽。
   「何あの相撲トリみたいな黄色いの」 ←バリィさん?
R0020762
 「わたしたちのベランダから、わたしたちをしめだした!」

うちはクラシカルなこの網入りガラスなんですが、
思わぬメリットは、彼らがぶつからないことです。
ちゃんとガラスの存在がわかっていて、
窓の一方を開けると、この位置から「Jターン」みたいな
軌道で飛んできます。
実家では、プチが透明ガラスにぶつかってしまいました。
あ、プチはそもそも保護された時も、
ガラスにぶつかって落ちてきたそう。 (^^;)

そして、一瞬呼んでこう撮った。
R0020764-1
      「モモイロさんはインコケーキに採用されたね」
      「マメルリハケーキもつくってぇ」

話は戻って……
まめるさんやいちまるさんはお顔が広いので、
アメブロのかたがたとも余裕でブログ上の交流がある。
じゅじゅさんは、去年のスモールアニマルフェア
ちらっと Lisa もお会いしているし、
ここっとさんは、たびたび空くんのイラストを書かれて、
その画風は Lisa でもすぐ頭に浮かぶほどだし、
でも、お会いするのは初めて。

毎回惜しくも都合の合わなかったきよさん、
「蜃気楼のようだ」とまめるさんの名言が出たほど(笑)
そのきよさんが皆さんに、幻でなくなるのも嬉しい。

鳥飼いの皆様の会なのだからと、
ありったけのマメルリハグッズを付けて行きました。
バッグの持ち手の間にあるのはアクセサリーです。
R0021264
こーんな人の気持ちがちょっとわかった(笑)

お店は代々木のイタリアン。
落合シェフのラ・ベットラにいた人が独立したのだそう。
プリフィクス(選択式)のランチコースで、
人数が多いので先に知らせておくことになり、
ママりんさん、お世話になりました。

■ ラ ブォナ ヴィータ

R0020767

なななんと、こちらもイラスト上手なじゅじゅさんが、
8人全員分の、計12羽と1匹(と1人)を、
名札にしてくれていた!!!
R0020771
なんてステキなのー!
才能と労力を、こうやって人のために使えるなんて、
うらやましいやら、そのお気遣いに頭が下がるやら……
この制作秘話についてはこちら

(じゅじゅさんとここっとさんは、この日の集まりも
 絵にしてくださっているので、冒頭のリンク記事を見てね)

プイまで~!
嬉しすぎる!
R0020768

あっという間にうちとけて、
ブログ話トリ話の中で、Lisaがいただいたのはこちら。

前菜: 北海道真鱈の白子フリット
R0020772

パン
R0020773

パスタ: 北海道根室直送うにのスパゲッティ
R0020774

主菜: 群馬県 優味豚のグリル
R0020775

コーヒー
R0020778

ドルチェを別注文できなかったくらい、
ボリューム満点でお腹いっぱい。

写真おデブに見えるから~なんて話をちらっと聞いたけど、
スリムな人しかいなかったわよ。ね?
R0020780-3
(ひょんなことから後日こんな知恵をつけてしまった・笑)

そのまま、全員で二次会へ。
さっむーい日なのに、いや、寒いからこそ?
ドトールもサイゼリアも満席で、4軒ほどふられ続けた後、
穴場のカフェを発見。
R0020777-1

■ パティスリー&ベーカリー食人(しょくにん)

ケーキも食べた。レアチーズケーキだっけ?
R0020781
ちょうど隠れちゃってるけど、ブルーベリーを1粒、
プチポワに持ち帰りました。
苺とフランボワーズは、だいぶお砂糖かかってるので諦めた。

暗くなるまでおしゃべりして(メイちゃんごめん)、
帰りはサザンテラスの夜景がきれいでした。
R0020783

また集まりましょう、だって。わーい。
皆様、お世話になりました。
今頃の記事アップですみません。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


でも、Mの会と!?
Mじゃないわよ~噛ませないし。
調教するくらいだから、こう見えてきっとSよ~(笑)
(名前はL)

(23:00)

2015年08月11日

なぜか一定数いてくださるようなプチファンの皆さん
(人気者になるような子じゃないので Lisa 半信半疑です)、
お待たせしました!
しもべさんがまたプチの擬人化イラストを
アップしてくださってます♪


そんなプチの話です。

昨夜、Twitter で話しかけられました。
保護のマメルリハのことを尋ねていいかと。
初めこそ、
「捜している子はこうこうなんですがそちらは?」
という形式で聞いてほしいとお願いしたものの
(=警察でも行っている方式)、
逆にほとんど Lisa 主導でいろいろ聞き出したところ、
性格や噛み癖やおしゃべりなど不一致の点もあるものの、 
整合する点もあることがわかりました。
何より、場所が近いのです。(遺失場所と保護場所)
今まで探してなかった(ように見えた)事情も納得。

捜し主さんが「でも○○が違うなら違うと思う」というのを、
むしろ引き止めるようにして、対面することに。
しかし、これまた事情により、
彼女(「彼」のつもりで話してたら「彼女」だった^^;)と
プチが会えるのは、来年春ということになりました。
先方がそうしたいというなら、反対する理由もありません。

それで、一致したらどうするの? 返すの?
と読んだ皆さんは思われると思いますが、
先のことはまだわかりません。
先方の意向もわかりませんし……。

もし迷子の子と同一鳥なら、
本名は「みどり」くん。
現在5~6歳らしい(誕生日はわからないそう)。
迷子になった日は不明で、2013年のいつか。
2年も経っていますが、
プチの情報を見つけた瞬間(Lisa に問い合わせる前)、
捜し主さんはものすごく泣いたそうです。
そうだろうと思います。気持ち、わかります。

- - - - -

その捜し主さんは、一昨日、
5年も飼っていたオカメインコさん
(つまり、みどりくんとも3年間は一緒だった?)を
迷子にしてしまったそうです。
その流れでプチをみつけたんだと思いますが、
今はプチどころではないだろうな。
というか、プチがみつかったことで安心せず、
オカメちゃんを全力で捜してほしい!
(名前も種類も「オカメ」ちゃん)

プチの弟かもしれない子です(デカイけど)。
戻ってくれれば、
プチ対面のまたとない手がかりになってくれるはず。

【拡散希望】

8/7(金) 14時頃
オカメインコ(シナモン色・オス・名前は「オカメ」)が、
千葉北西部で迷子になりました。
臆病で怖がり、好物は枝豆の皮。
興奮すると鳩ぽっぽの歌を変な風に歌う。

いる可能性の一番高いところ:
流山、柏、我孫子

いる可能性の二番目に高いところ:
野田、松戸、鎌ヶ谷、白井、印西、八千代、習志野、船橋、
市川、浦安、およびその近辺の隣県(茨城、埼玉、東京)

どんな情報でも教えてください。
死骸でも会いたいとのこと。

20150807-2

20150807-3

20150807-5


以下は拡散画像ではなく、
みどりくんの件で送ってくれたもの。
遠近感でおかしなことになってますが、
もちろんマメよりオカメのほうが3倍以上大きいです。
20150807-6


この日のプチポワ。
    「ぼくの噂した?」    「きゃっ、きゃっ」
RIMG8204
(今プチに仲良しがいることは伝えました)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



(23:00)

2015年07月15日

きよさんの記事がなぜかマメカテに反映が遅れていたので、
まだご存じないかたもいるかもしれません。
今日の午前中、きよさんパセリちゃん豆柴こむぎちゃん家の
ニューフェイス・ぽてとくんが、突然亡くなりました。
6/6生まれ。きよさんのお家に来て2週間でした。

きよさんは Lisa のご近所さんですが、
出会いは偶然で、去年のこの時でした。
またランチしましょうと言いつつ、それが実現したのは、
1年近く経った今年の4月(まだ記事にしてないけど)。

あれよあれよという間に、
ファーストマメルリハとして、
すでに一人餌のパセリちゃんをお迎えされることになり、
それから何度ランチしたかしら。
二週に一度くらいはお会いしてた気が。
今月の頭には、挿し餌ヒナのぽてとくんも仲間入り。
うちは、のべ3羽飼い、2羽は挿し餌しましたから、
いつも、いろいろ聞かれてもいました。
(Lisa は Lisa で別のことをきよさんに教わっていました)

ぽてとくんはお外デビュー前なので会っていませんが、
パセリちゃんはうちの2羽と何度か会っていて、
妹分です。
ということは、当然ぽてとくんだって弟分です。
名前だって、みんなお揃いのパ行だし、
ノーマル♂(プチ)、ファロー♀(ポワ)、
ノーマル♀(パセリ)、グリーンパイド♂(ぽてと)と、
みんなグリーン系です(現在の売れ筋はブルー系)。

昨夜の時点で不調(というか体重激減)を Lisa は聞いて、
ぎょっとしたものの、それなりに元気そうらしい。
でも病院にかかることは勧めました。
近くには、鳥と小動物の病院があって、
ポワが急患の時はそこに駆け込みましたし、
パセリちゃんも健康診断を受けていました。
幸い今日は鳥の先生もいました。

Lisa は一緒に病院に行きたいくらい
(おせっかいな他人だー)だったんですが、
乳がんの集まりで朝から埼玉へ。

今朝、きよさんからの一通目のメールは、
メガバクがいたこと、注射とお薬が出たこと、
病院から帰ってきて元気がないこと。

そうか、入院や強制給餌ってほどではなかったんだ、
と思ったものの、返信もできないうちに、
ものの30分後、
「もう無理かもしれません」ってメール。

震える手で、「もう一度病院へ!」って返信し、
どうして? 誤診? わたし帰ろうか、と頭ぐるぐる。
「中野の病院は休み、豪徳寺はここ、●●はダメ」
とも送ったけど、
すぐに、
本当にすぐに、
息を引き取ったと連絡がありました。

もう、呆然として……。
その後はうわの空。

でも Lisa なんかよりきよさんです。
そんな状況の中、逐一知らせてくれたきよさん。

鳥飼い歴3年にもならない Lisa は、
まだ鳥さんを看取ったことはありません。
なのに、きよさんにそんな思いをさせてしまいました。
きよさんは、雛を甘く考えていたというけど、
Lisa だって甘く考えていました。
プイもポワも挿し餌の段階で迎えていました。

もっと早い段階で、
どうですか、体重何gですか?って、
おせっかいなくらいに立ち入っていたらよかったのか。

少々遠くても、鳥専門病院を勧めていたらよかったのか。

やっぱり病院についてって、
入院じゃないんですか?強制給餌なんじゃ?
本当にメガバクだけ?って
口を出したほうがよかったのか。

3時間前の挿し餌と思えないくらい未消化だったということは
挿し餌から3時間以上空けてから出かけてください、じゃなく、
そのう(≒胃)がぺったんこになってから出かけてください、
と言うのがよかったのか。
(食べてすぐの移動は、揺れて吐いて窒息の危険があるそう)

きよさんは、薬の与えかたが悪かったのかもというけど、
そうは思いません。
だって、夜になってきよさんに会えたけど、
ちゃんと与えかたはご存じだったし、
ハムスターちゃんにだって投薬経験あるそうです
(聞いたら、ハムちゃんの投薬はとても難しそう)。

注射は、「どうしますか」と聞かれたそうで、
注射も負担だったのかもしれないというけど、
その状況(元気はあるが不調は確か)で
注射を断る飼い主さんなんているでしょうか?
Lisa でもきっと、お願いしますと言ったはず。

きよさんは、Lisa が責任を感じないように
ふるまっていてくれたに違いなく、
こんな時にそんな気をつかわせてしまったことも
申し訳なく思いました。

どうしてなの。
何がいけなかったの。

これまでもきっと多くの飼い主さん(特に鳥飼い)が
投げかけたに違いない問いを、
いつまでもいつまでも頭の中で繰り返しています。

小さな可愛いぽてとくんは、もう帰ってこない。
くやしくて。
悲しくて。

ご家族以外では一番多く話を聞いただろう Lisa は、
ご家族の次に、
今日という日が辛くてなりません。
どれだけ、涙が出るんでしょう。

- - - - - - -

ぽてとくんのヒナ鳴きを聞いて餌をあげようと、
吐き戻しのくねくねをしていたというパセリちゃんは、
今夜会ったら、めちゃめちゃ活発でした。
こんな中でも、くすっとしちゃうくらい。

ご家族がたぶん泣いたりしてたのは、
気づいてたはずなんです。
“空気を読む”頭のいい鳥さんですから、
悲しむみんなを和ませてくれようとしていたのかも。

きよさんが一目惚れしたという、ぽてとくん
20150702ぽてとくん
4羽で会いたかったよ……。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2015年06月02日

6月8日
予約してたにもかかわらず皮膚科で4時間待たされ、
Lisa の帰りが遅くなったため、放鳥が16時半でした。
ごめん、写真もあんまり撮れず、
一昨日とほぼ同じののみ。 (^^;)
RIMG7754


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


元の本文、ここから
↓   ↓   ↓   ↓

1日限りのイベントなので速報に意味ないけど、
「順アップ」の必要も特にない日なので先に書いちゃいます。

5/31東陽町で行われた「春の小鳥祭り」。
日程だけアップしてすっかり忘れてたんですが、
コメント欄で教えてもらいました。ありがとー!

会場は室内で、冷房完備でした。
鳥さんイベントなんだから、そりゃそうか。
でも確か過去にはリバーサイドでやってたりしたはず。
RIMG7689
今回は物販はなく、展示と品評会だけのようです。
12時過ぎに行ったわたしは、
投票用紙や鳥プレ応募券はもらえませんでした。
どうやってもらうのだったのかも、謎。
(出品者だけかな?)

意外と、関係者ばっかり、という雰囲気です。 (^^;)

唯一マメルリハで来ていた、いんげんちゃん。
ノーマルの女の子です。
後で調べたら、うちの迷子中のプイとほとんど同い年
(プイのほうが半月くらい遅い)。
RIMG7688
左下のおみ足は、初対面のまめる嬢です。 (^^)
まめるさんはもう会場を離れていたのに、
戻って来てくれました。ごめんなさい~。

この手乗りコーナーで、
ノーマルコザクラいちごちゃん(何度も優勝したこの子?)や
ルチノーオカメのぎんちゃんと戯れる。

羽衣セキセイさん?
RIMG7691
ケージ越しに2羽ひたすらくっついてた(笑) 鏡みたい。

いんげんちゃんのところに戻ると、お休み中。
RIMG7692
尻尾、長く見えるなあ。

ぴーちゃんハウスさんのマメひなちゃんたち。
(リンク先の画像のほうが、お顔が見えます)
RIMG7693
挿し餌してました。 (〃▽〃)

サザナミさん。上は大きい子たち、下は小さい子たち。
先に生まれた子は要領よく餌をもらうので、差が出るそう。
これも挿し餌ヒナちゃんたちでした。
RIMG7694

プレゼント鳥の十姉妹?文鳥?が飛んでしまい、大トリ物!
このカーテンレールの上まで行ってしまいました。
すでに、お兄さんの右手に握られてます。
RIMG7695
鳥さんにとって「知らないところに連れて行かれる」のは、
やっぱ「本能的に命の危機」なんだろうなあと思った。
当たった人、飛ばしてしまったのが会場内でよかった。
どうか気をつけて連れ帰ってください。

小鳥祭りは、感染対策がどうなってるかわからないので、
「我が家基準」では、鳥同伴は難しそうですが、 (´・ ・`)
よその鳥さんを見られて触れるのはとても良かったです。

それから、せっかく来たので東陽町散策。
フレンチは、最近は2軒ほどあるようなんだけど、
いずれも日曜定休で残念。

たまたま見つけたパティスリー。
ベーカリーショップ アン
RIMG7698

マンゴータルト(下にチョコチップが入っていた)、
フロマージュ・クリュ(下がチョコのプレートだった)、
オペラ(一部チョコのザラザラ感が効いてた)
RIMG7696-1

生キャラメルのガトー
(キャラメル味とバタークリームにこのトッピング)。
RIMG7697-1
どうも、軽いものと濃いものを合わせるのがモットーなのか、
いずれも意外性のある組み合わせ。

RIMG7700
鳩がいっぱいすぎるオブジェ。本物はいませんでした(笑)

「パン屋さんに寄ってた」とまめるさんが言ってたのが
呼び水になったのか、途中でふと閃いた。
そうだ東陽町にはモンシェールがあったじゃん!
(後で聞くと、まめるさんが寄ったのもやはりそこだったそう)

モンシェールというのは、覚えてる限りでは12年前に
すでに知っていたパン屋さん。
当時はあった青山の売り場に買いに行ったり、
今もある銀座の仮設売り場に走ったりしたけど、
ここ5年くらいは忘れてた。
東陽町には工場があって、24時間買えるのです。
そして、まだ行ったことはありませんでした。
というか、わたし、去年の冬その前の冬も、
和船に乗りに東陽町に来たというのに、
一度も思い出さなかった! くやしい~!

モンシェールといえば、
今では「堂島ロール」のケーキ屋さんが有名ですね。
同じ名前でも、ここはデニッシュ食パンのお店です。
関西にある「祇園ボローニャ」(今もあるのかな?)
というのと似てる。
DSC_0066 (3)
が、残念ながらこの時「プレーン」はなく、
唯一あった「カスタード」というのを初めて購入。
あ、デニッシュ食パンの1.5斤売りだけで、
他の商品はないのです。

そっくりな製品の工場売店が天王洲にもあり、
そちらはMIYABIというブランドで関係性が謎だったけど、
モンシェールのちょっと残念な記事も見つけた
(水を差すようで、まめるさんごめんなさい)。
今回買えたのはプレーンじゃないので、検証は不能。
「カスタード」だったためか、
確かに甘く、確かにバター風味はあまりないといえばない。

RIMG7707
後で撮った写真。この黄色いところがカスタードなのかな。

ただいまー。
 「おかえりー」 「後輩だけどニギコロなら負けないわ」
RIMG7701

水浴びで前髪ちょい濡れプチ。
「あー(ゴハンは?)」
「そんな会場に行ったら、ぼく飛んじゃうかもしれないなあ」
RIMG7702
「手乗り」コーナーの子たちは、羽切ってるわけでもないのに
よく飛ばないなあと思うくらい、よく慣れていました。
(でもやっぱり、たまに飛ぶんですけどね・笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


と、これをアップしようとした今、
ピンポーンと届いた素敵な荷物が!
きゃー♪
その件、Coming Soon (かな? どうかな?)

(13:00)

2015年03月17日

元のタイトル
「3/16マメルリハ緑♀草加で保護」

3/16に埼玉県草加市で、緑のマメルリハが保護されました。
ノーマルの女の子に見えます。
(プイではありません)

当初は膨らんでいて目をつぶることも多く、
ひたすら食べていたようですが、
その後はしゅっとして、元気そうです。
本来はその家のセキセイちゃんの新しいおうちだったケージを
ひトリ(1羽)で使用。

150317迷子マメ緑♀


150316迷子マメ緑♀

よく慣れているそうです。
お心当たりのかたは、↑のリンク先ツイートまたは、
この記事のコメント欄へどうぞ(仲介します)。
保護主さんの了解をいただいて載せています。


外敵に見つかる前に保護されて良かった。
強運の彼女が、おうちに帰れますように。

3/18追記:

マメちゃん帰れました!
なんと、2/18三重県伊勢で迷子になった子らしいそうです。

保護主さんが、検索で見つけた写真があまりに似ていたため、
遠すぎるけど……と思いつつ捜し主に連絡をしたんだそう。
それからお互い慎重にすり合わせをし、
捜し主さんは、埼玉でほかに遺失届が出ていないか調べ、
今朝、はるばる確認しに来たんだそう。

きっと今頃はまだ移動中でしょう。
お家に帰れば、慣れた場所なのかどうか、
おいおい確信が出てくるのものと思います。
捜し主改め飼い主さんからの続報も待ちたいと思います。

保護主さん、グッジョブすぎる。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


一体どうやって、伊勢から埼玉まで!?
長距離トラックにでも紛れ込んでしまったのでしょうか。
そして1ヵ月もの間、何を食べていた……?(さらに追記
ミステリーです。
けど、想像もできないような奇跡も、起こるものなんだな。

でも、よくある鳥種でよくある模様だったら、
このマッチングは起こりえなかったでしょう。
「マメルリハの奇跡」と呼びたい。


(08:00)

2015年03月13日

あのカワイコちゃんの続報です。
またお写真を見せてもらったので、
お願いして載せさせていただきました。

落ち着いてください。な・ん・と……

入浴シーンです!
そこ、鼻血押さえて。
   「せなかもポイントなの」
150310chica
おおおおお!
ブルーパステルの女の子ってこうなのかー。
アイシャドウはあまりない。
けど背中はプイ&ポワ(ファロー)以上に青い気が。
そして風切羽の先は、ファローは褪せた感じだけど、
チカちゃんは、キリッとグレーなのねえ。
で、脚がラブリーピンクなのはおんなじ。
色白で黒いお目目……白雪姫みたい。 (^^)

ディスプレイ越しなんだけど、
マメ女子会を見たような気持ちになりました。

 「ポワちゃんと全然違うね」 「それどういうイミかしら」
RIMG4168
ポワにはポワの良さがあるよ(笑)

そうそう、ここからは2015年現在の質問です。
近いうち東北に行くことになっていまして、
その辺りをご存じの方にお聞きします。
(質問に■をつけます)
ほとんどはグループ行動なんですが、
1人時間のプランのひとつには、
盛岡駅で16時台に50分空くというのがあります。
盛岡駅、良さそうなケーキあるかなあ。
電車で5分の仙北町という駅にはありそうなんだけど、
本数がなくて50分じゃ往復できないらしい。

■じゃじゃ麺か盛岡冷麺で、50分の乗り換え時間で
食べられるのありますか?(改札外でもいいです)
あんまり辛くないとなお良し。
もしくは、
■もし乗り換え時間10分だとした場合、
じゃじゃ麺か盛岡冷麺を持ち帰りできるお店はありますか。
(ぴょんぴょん舎は銀座にあるので、できればそれ以外で)

仙台駅でお昼に30分空きます。
■仙台駅は、ケーキもいろいろありそうだし、ずんだ餅、
Lisa の好きな九重、などいろいろありそうなんですが、
他に、食べるべしというテイクアウトやお弁当などありますか。

青森駅周辺と、そこから大館と黒石温泉に行きます。
きりたんぽ屋さんはもう手配しています。
■食事はもうほぼ決まっているのですが、
軽食、テイクアウト、お土産でおすすめはありますか。

コメント欄か、または、
記事上部プイ迷子コメントの6行目にアドレスがありますので
ご存じのかた、よろしくお願いします。

ポワの伸びかけ風切羽は、
伸びきってほとんどわからなくなり、
今度はまた次のが生えてきました。
 「おいしいものしらべて、わたしたちをおいて行く気ね?」
RIMG4169-1
留守番たのむねー。 (^^)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


なんか操作ミスで、7~9時くらいの間?
書きかけで公開になってたっぽい。 恥~(〃_〃)
ご覧になった皆様、載ってたチカちゃん、失礼しました。
でもひょっとしたら、幸い誰も見なかったのかも。


(09:00)

2015年03月07日

朝方の雨が上がったので、3日ぶりのベランダ遊び。
ポワ、くちばし見えてなくてヘンな顔(笑)
ネッシーですか?

「正しい身長測定みたいに背を伸ばすぼく」 「わたし腹筋」
RIMG4128

こぼれおやつを漁るポワをよそに、
おやつもそこそこにボールに夢中なプチ。
         「え、ほごしょくってなに?」
RIMG4130-1
           「ボールまてまて~」

ボールを頭上に持ち上げる「オッ鳥セイ」をトリたかったのに
ああー、タイミングもずれたし Lisa の手も余計。
                「ぽいっ」
RIMG4131
    「こぼれおやつこぼれおやつ……」

ああー、これも惜しい!
 「いよっ!」 「こぼれおやつこぼれおやつ……」 
RIMG4132
こうして2羽を撮ってて、プチのほうが動きがあるなんて。
なんか、意外。 (^^;)

ようやくポワも参戦。
    「ワキワキッ(興奮でわきを開く)」 「とった!」
RIMG4133

ポワの新しい風切羽2本、ぐんぐん伸びています。
(3日前はゴキゲンナナメ)     「何~?」
RIMG4134-1

そんな今日のことですが、16:20頃、
ベランダ遊び中にカラスがやってきました!
大胆にも、ベランダネットに直接とまり……
窓辺の Lisa が立ち上がったらもう逃げてしまったので、
写真を撮るまもありませんでしたが、
直前に、フープタワーにとまっていた2羽は、
大声をあげて逃げまどいました。
(部屋に飛び込んでくればいいのに)

ネットがあって、監視員(Lisa)付きとはいえ、
怖い思いをさせてしまった……。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


インコをカラスに取られた!という事故報告は、
印象ですが断然オカメインコさんが多い気がします。
飼育数が多いのと、大きめだから狙われるのでしょうか
(体重でいうとマメルリハの3倍以上)。

でも食べ出がないと思われるマメルリハも危険は同じ。
プイ(マメル)が物色された前回も5月でした。
カラスの子育て時期らしいです。ご注意を……。

(15:00)

2015年03月01日

日中はずーっと、降ったり曇ったり。
なので室内ラッコになりました。

悪い顔のプチ。

   「フフフ」 「やっぱわたし、てのいちは肩派みたい」
RIMG4091

ポワは、新しい風切羽が生えてきました。
顔だけド正面(笑)
 「はねのあかちゃん? そう、きがつかなかった」
RIMG4092-1

プチは、ウォーターボトルにかけられた、
たまに野菜入れを吊るのに使う髪ゴムにいたずら。
たくらみ顔はこのせいだったか。
     「くっ、もうちょっとでとどく……」
RIMG4093
ちなみに、クモの巣みたいに見えるのは、
ビニールカバーの反射です。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


お下がりのケージなので、確かにハゲてはいるんだけど、
ここまでお化け屋敷のようにクモの巣張ってないわ(^^;)


(19:00)

2015年01月24日

今日のラッコ。
ポワは「勝手に解除」1秒前。
ポワのラッコは、背中が弧になっているのです。
そのうち、横からトリましょう。

 「ポワちゃんの姿勢だと転がっちゃうんだよね」 「もうイヤ」
RIMG3816

今日もボタンインコっぽい。
やはり、逆光にヒントが?
  「見返り美鳥よ」   「別に、いつものぼくだけど?」
RIMG3817

ベランダ遊びの2ショットをトリ逃す。
いわゆる“空気読まない”プチがフレームアウトしたせい。
「おなかがあったかいわ~」
RIMG3818
                    「活動的なぼく」

その後くっついて丸まって、
この角度で見るとほんと豆だね。
「世界最大ドッグショーの優勝犬が誘拐されたって」「は?」
RIMG3819
                  斜め顔     横顔

「チワワだって。一族5匹がさらわれた」 「わなわな……」
RIMG3820
                   横顔    正面顔

「ワンちゃん心配」 「窃盗じゃなく未成年者略取にしろ!」
RIMG3821
               逆の横顔   また同じ横顔
顔のバリエーションはポワのほうが多いみたい。

チワワの誘拐はイギリスでの実話です。
過去にオーストラリアで身代金2,500万円要求もあったそう。
というか、身代金目的ならまだ、返される見込みもあるけど、
今回のはそうじゃない気がする……。

「これだけペットが家族になって誘拐もありうるから……」
       「うんうん、いやがらせにも効果的だもんね」
RIMG3824

「……ペットが刑法上モノ扱いって、時代に合わないと思う」
                「モノって……しょぼん」
RIMG3825


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


最後の2枚は、撮った時は、
「どっちか必ずブレます」という写真だったんですけどね。
(^^;)


(23:00)

2015年01月13日

おなじみ(?)2羽の個性分かれる「ラッコ」ポーズ。
ポワは自分への注目が離れると、勝手に解除してしまうため、
デュエット・ラッコは必ずプチが先です。

「ぼくは待てるのさ」 「だって、見ててくれなきゃイヤ」
RIMG3712

我が家では、ハイタッチしてラッコ解除することにしています
(解除も、プチが先。この場合はポワも待つ)。
しかし、ポワは手がこの位置で、腹筋を利かせているためか、
ハイタッチすることができません。
「イラッ」
RIMG3713
ポワは腹筋が強い(?)ので、尻尾が上がって、
このまま後転してしまいそうになることもあります。

「イラッ 何よもう~!」
RIMG3714
なので、いつもひじにタッチして、救出(笑)

「おやつゲット♪」
RIMG3715
あ、このガラス容器、初登場かも。
プラケで邪魔にならない、ウンチが入っちゃいにくい、
口径の小さな容器は常に探しているのですが、
なかなかいいのを見つけました。1つしかないのが残念。
(プラケ2つ重ね、二重底になった部分に温度計入れてます)

食後に窓辺で。
暖かかったので開けたのですが、ベランダには行かない様子。
「おおおおお、サイコー」 「にぃに、カキカキしてあげる」
RIMG3716

       「もう終わり?」        「スサー」
RIMG3718
(スサーは、片翼ずつ広げ伸びをする擬音。たぶんここ発祥)

鳥さんが伸びをするのは、「さて、と」と、
次の行動に移る時のはずだけど、特に何もなくとどまるポワ。
「ポワちゃんもカキカキしてあげるね」 「うっトリ」
RIMG3719

「でもぼくも足りないです」     「しょうがないわね」
RIMG3720

「わたしのカキカキは高いのよ~」
RIMG3721

「ううううう、確かにすばらしい」

「つつつのつー」
RIMG3722
「うっトリ」

その後、左右対称で寝ていました。
                 「ぐぅ」  「ぐぅ」
RIMG3723

夕方、まだ鳥は誰も連れていけてないけど、
もうひとつ穴場の、桜が一本だけある公園へ。
ケータイカメラしか持ってなかったので写りイマイチですが、
枝でお花見をする先客が。
DSC_0009 (3)
肉眼で見たところによると、たぶん、ヒヨドリです。
いっとさんにいくつか教わったので、意識してみた。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


もう葉桜ですねえ。
やっぱ、満開の一日前くらいから動き出さないとダメだな。
桜の季節は、忙しいな。


(09:00)

2014年12月01日

昨日の「事件」についてお話しします。
デジカメのタイムスタンプによると、13:25~35の間のこと。

自転車で浅草橋にさしかかった時、
車道に突っ伏した、ひと目でもうダメだとわかる鳩を見た。
傍らには血液だか体液だか……。
身体は潰れてはいない。
けどこのままでは確実に轢かれる。
惰性で少し通り過ぎた Lisa ですが、Uターンして止まった。
野生のハトだから Lisa もためらいはあるけど、
レジ袋で掴めば、なんとか衛生的に移動できるかも。

思い迷っていたらしき、小3くらいの3人が寄ってきた。
彼らによると、白い小型トラックと今しがたぶつかったそう。

どこか移動場所は、と探すと、小学校前の歩道に植え込みが。
「引き取ってもらうよう連絡するから、それまでの間ね」と、
彼らにも納得してもらった。
(許可できる立場じゃないけど反対もしにくく悩んだと思う)

そして彼らの自転車に積んでた、使い捨てゴム手袋をくれた。
彼らもやろうとしてくれてたんだ。
きっと勇気がいったよね。なんていい子たち。

持ち上げたら、頭にぱっくり傷が開いていた。
眼は閉じ、柔らかく、温かかった。呼吸はなかったと思う。
手を合わせる以外何もしてあげられなかった。
(もし息があったならどうしていただろう。
 都内で野鳥を見てくれる病院はまずないと聞く。
 それは感染症が怖いからだと思うけど、
 鳥飼いの皆さんも、飼い鳥のため野鳥はどうでもいいとは
 思わないと思うけどな)

彼らと別れ、沈む気持ちの中でランチ。

考えた末、戻って写真を撮ったのが小一時間後。
誓って言うけど、ブログネタとしてではありません。
上手く説明できないけど、
あの子の最期を、形にしておかなきゃと思った。
結果的にTwitterやブログに書いているわけだけど、
それは、いたたまれない気持ちを吐き出していると、
どうか理解してください。

撮ったのはこれ。
RIMG3430

この、マンホールのところ。
RIMG3431

で、最寄りの交番に行って、どこに連絡したらいいか聞いた。
電話番号を書いてくれたけど、日曜で休みとのこと。

それから、昨日書いたように鳥病院の内覧会へ。
これで良かったのか、要領を得ない質問を先生にしてしまい、
答えはやはり、どこか歯切れが悪かった。

さらに病院からの帰り、
万に一つの確率ででも持ち直してくれてやしないかと、
その場所を確かめる。
……奇跡は起こらなかった。

その場所を間違いなく伝えるために、撮る。
あまり写らないようにしたけど、木の根元に安置してます。
RIMG3434

その直後、事故現場より先(わずかにウチ寄り)で、
風の加減なのか何なのか、
さっきは全く見なかった、たくさん散らばった羽根を見た。

1枚だけ記録した。
RIMG3435

急いで帰った。
昨夕、「ヘンなデュエットラッコ」(&おやつ)の後の2羽です。
「この場所も久しぶり」 「ベランダ再開を実感するわ」
RIMG3439
キミたちは長生きしてね。決して事故には遭わせないから。

一夜明けて今朝、教わった清掃局に連絡。
勝手に置かせてもらっているので、
終わったら教えてほしいとお願いした。
念のため、その小学校にも電話して事情説明した。

昼過ぎ、清掃局から電話。
「行ったけどその場所に死骸はありませんでした」と。
よくよく聞いたけど、場所は間違いない。
動物などに荒らされた様子でもないそう。
ということは……?

あの小学生たちが弔ってくれたのかも、と
考えることにしました。

今日はベランダ遊びできたのに、写真は1枚しかありません。
RIMG3440
「むぐむぐ」 「おやつおやつ~★」

プチポワと今日出かけたからなのですが、
長くなったので、その件はまた明日書くことにします。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


もし野鳥じゃなかったら、
死骸の写真を撮り、羽を拾い集めて、
せめて羽だけでも持ち帰ったと思う。
その子を捜す飼い主さんのために。

この事件の8ヵ月後、偶然、鳩の子育てを見ることになり、
この日命を落とした鳩も、こんなふうに育っただろうに、と、
またちょっと感傷的になっています。


(23:00)