からだ

2019年04月02日

R9301606
      「えーとね……」

      「減ったわ、うふ★」
R9301609
わー、うちに来てからの最軽量です。うふ★

水浴びは、飲んだだけで、今朝は浴びませんでした。

この日も、ポワによる「野菜食べ見せびらかし」と、
ポワ去ってからの、自発野菜食べ。
向かって左のブース?で食べてることにご注目ください。
R9301613-9

このケージ(HOEI35手のりホライズン)って、
餌容器前のアミが小扉になってるから、
そーっと開けて、食べてる顔が撮れるのいいですね!
(その場合容器は不安定になるため死角で押さえてます)
R9301618-9
巣引き用に持ってたケージです。まだピカピカ。
Lisa は今回借りるまで、465サイズと思い込んでました。
(ココちゃんの普段のおうちは465サイズ)

巣引きはねえ……うちもパセリちゃんちも、
相当仲のいいペアで計4組もいるのに、
誰も果たせてない(^^;)

      「知らーん」 「ほっといてー」
R9301626

話は戻って、お口にニンジンついてるココちゃん。
R9301621

1時間後に、ポワを右側ブースにしてみると、
R9301628-1

新しいおんなじのが左にあるのに、
ポワの食べかけの右のを、ココちゃんは食べる。
勧めても左のは食べてくれません(^^;)
R9301644

R9301643-9

またニンジンつきで、得意げw
R9301645

ならばと、その30分後には、
再びポワを左、新しい野菜を右へと入れ替えると、
じりじりと左に寄ってくるココちゃん(笑)
R9301651-9
ポワが食べてるほうがいいのね?

R9301638
     「めっちゃ見られるんだけど」
ええやん、見られても食べるでしょ?

突然ですが、オカメインコさんについての発見。
①尻尾が長いからすぐ汚れる(^^;)
R9301646

②尻尾がボサボサになる。
 どうやって直すのかと思ったら、
 とまり木にとまった状態で、プルプルプルッと
 尻尾全体を横振りする。(それだけで半分くらい直る!)

③脂粉の雪が降り、陽だまりでは宙を舞う。
 オカメさんの体に触った手で、黒い服が白くなる。
 水浴びした後、水面も白くなってる(^^;)
 #オカメインコさんは、分類上オウムですからね~

さて、この日のいつ頃から異変が起こったんだったか、
実はあんまり覚えてないのです。

12時半、イレギュラーな時間に出してるから、この前かな?
R9301654
や、これは単に、
この前夜から吊るしてたフォージング(オーツ麦入り)の
仕組みを伝えようとしてただけのような気がする。

14時、ガチャのカプセルのコロコロフォージングを、
下で実演するポワと、見ないココちゃん。
事態を打開するために、ポワを入れたんだったかも?
R9301656-9

        「見やしないんだけど」
R9301641-1
どっちがお望みなのよ(笑)

15時半、日が回ってきたので、出して日光浴。
この時は、すでに完全にそうだった気がする。
R9301663
布は、HOEI純正オヤスミ布の裏側です。
ケージ本体より1サイズ大きいの買うと、かけやすく便利。

何が起こったかというと、
記事タイトルでもうばらしちゃってますが、
恐ろしいまでの「呼び鳴き」です。
呼び鳴きったって、
テーブル上のケージ内のココちゃんと、
目の前で作業しているLisaは、
50cmも離れていないのですよ。
呼ぶまでもないじゃん。どうした?
そんなに叫ばなくても聞こえるし、
どこへも行かないよ?
R9301664
(放鳥中はそれほど叫ばず、天使。
 カキカキもさせてくれる)

Lisa がなんかやらかしちゃったのか?
「叫んだら思い通りになった」を知らぬ間にやったとか?
ただでさえ、体が大きい分鳴き声も大きいココちゃんが、
耳をつんざくような声で鳴き続ける。
やばいやばいやばい……

チャララッ、チャララッ、チャーラー!
(まだ続く、火曜サスペンス劇場)

R9301667
(ダイエットは順調)

体重朝(g)夜(g)
1日目(109 昼114)109
2日目103107
3日目102105
4日目102107
5日目103107
6日目101104



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2019年03月31日

1羽で1日中お留守番の翌朝は、102g。
ダイエットも順調だし、
いいお顔をしてくれました(^^)
R9301489

ココちゃんは、水浴びが大好き(だそう)。
朝、ケージ掃除の時、キッチンで水浴びしたんですが、
カメラが手近になく、Lisaも手がふさがってて、撮れず。

昨日のセミナーで、オカメインコ飼いさんたちにリサーチ。
「マメルリハと違って、物理的に手に余る」
(=握ることはできない)と思った Lisaでしたが、
「看護師さんたちはそれでも保定するから頭が下がる」
と聞き、チャレンジ欲満々。

徐々に距離を詰めていこうにも、
優しくしててもどっちみちキーキー怒ってるし(笑)、
それでいてフレンドリーに寄ってはくるので、
なんとなく決裂にはならない感覚もあり、
保定、やってみちゃった。

できました。
竜骨(=キールスコア)チェックも、できました!
そしたら、さほどオデブじゃなかったんです。
もうちょっとで、いい感じでは?という感じ。
もちろん、Lisa は医療者ではないので、
ココママから病院に確認してもらうことにします。

ココちゃんが昨日食べなかった野菜を、漁る2羽。
R9301494

「えっ、あれ美味しかったの?」という感じのココちゃん。
R9301499

さあ、野菜大作戦、本格スタートです。
(乾燥地帯原産のオカメインコさんなので、
 そんなには食べないかもと思いますが、
 空腹でお水ガブ飲みしている現状よりは、
 時間稼ぎつつ満腹になれるのでは、との狙い)

ココちゃんハウスにプチポワ用の野菜室をつけ、
チビ2羽を入れてみる。
R9301504

見に来る&気になってる(^m^)
ココちゃんは食いしんぼうなので、作戦立てやすいです。
R9301510-9
(2羽がいなくなっても野菜室を眺めています)

ふり飛ばされてとまり木についた野菜片を、味見してみる。
R9301516-9

ついに、頭だけ入ってみる。
R9301523-9

次は、同じ野菜(新しい物)を純正容器とカバーにセット。
R9301524

食べた!
R9301529-9
             去った(笑)

そしてまた見にくる。
R9301530

指に対する良い印象づけ(シード手渡し)の効果か、
手で差し出してみると、食べた(^^)
R9301537-9

置いても齧った(^^)
R9301538

また、見てる(^^)
R9301539

かつ、時間が来たら、
ペレット入りのこよりフォージングを1本天井に用意。
(ケージ内部から、ケージ天井を写すアングルです)
R9301540
(プール用意したのは、使ってくれなかった)

こよりフォージング、どんどん上手になり、
中身を残さないように丹念に確認しています。
R9301544-9

一方こちらは、「大粒ペレット大作戦」。
苦手めの大粒ペレットは、置くだけでフォージング。
R9301545

この後、放鳥時に信じられないことが。
朝の保定により、避けられてもおかしくなかったのに、
放鳥時に、Lisa の胸元に乗っていたココちゃん、
なんと、チューしてくれました。
えー!
15時くらいのことです。

ヒトとのチューは、鳥さんの健康上良くないので、
ネックウォーマーを引き上げて口を隠しました。
ココちゃん……
Lisa のこと好きなんじゃん(笑)
そういえば、「キーッ」と怒らなくなってるかも。

夕方。
またポワを、見本用に投入。
画像の右には、ココちゃん用に同じものがあるのだけど、
ポワが食べているほうが気になるココちゃん。
R9301546

実際には、シャッターチャンスに困るくらい、
ほんの1口2口くらいずつなのだけど、
こうやって画像並べると、
何度も何度も野菜にチャレンジしていることがわかります。
本人(鳥)は、頑張っているつもりはなくて、
興味を持ち始めたとか、おいしいのかも?程度でしょうが、
「あの手この手」が通じ始めている Lisa としては、
嬉しくて可愛くてたまりません(^^)

夜体重は、107g
R9301547


体重朝(g)夜(g)
1日目(109 昼114)109
2日目103107
3日目102105
4日目102107



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)




(23:00)

2019年01月31日

知ってるセキセイインコさんが、
卵巣腫瘍の疑いで手術を受けることになり、
飼い主さんに聞かれたけれど何も答えることができず、
飼い主さん許可のもと、
Twitterでこのような呼びかけをしていました。
(クリックすると、Twitterに飛びます)

手術までにコメントは付かなかったのですが、
大勢が拡散してくださいました。
大変ありがとうございました。

その後、報告が遅くなってしまったのですが……


とても悲しいことに、インコさんは亡くなりました。

この呼びかけのために、写真を借りていました。
可愛く、飼い主さんに甘えている姿です。
写真を撮った時、皆さんにお願いした時、
誰か教えてくれないかなと待っていた時、
手術上手くいきますようにと祈った時、
インコさんは確かに生きていた。

実は、Lisa は会ったこともあります。
1年半くらい前かな、BIRDSITTERSで、
同居鳥さんとの健康診断の補助というか同行をしました。
その時うっかり写真も撮らなかったので、
Lisa がお連れしていたのがこの子だったか、
同居鳥さんだったか、思い出せないけれど、
2羽ともお利口さんでした。
大きな問題もなかったはずです。

訃報を知った時、
さっきまで生きていた大切な命が、
もうないなんて信じられなくて、
言葉になりませんでした。
あんないい病院でも、なの?
そして、何て言ってあげられるのか……と思いつつ、
泣けて泣けて、
でも、泣いても区切りがつくわけもなくて、
自分が深い闇の中に落ちていくようでした。
それ以来、
(書いてなかったけど、長びいているケガのせいもあり)
鬱々と過ごしています。
ましてや飼い主さんは……比べ物にならないと思います。

亡くなった報告の後、Twitterには、
何人かがコメント付けてくださいました。
そこにも書いたのですが、
小型インコさんの開腹手術の、
「成功率」じゃなく「生還率」って、
どれくらいなんでしょうね。

「余命」を極力穏やかに過ごすことを選ぶのか
(とはいっても最後は苦しむのではと思います)、
手術を受けて完治を目指すのかどうか、
と、あと、
「瀕死の時に連れ帰って看取るか入院に望みを託すか」って、
鳥飼いの永遠の課題ではないでしょうか。
ものすごく勇気のいる決断で、
選べない、けど即座に選ばなきゃいけない。
うちは保険にも入っているけれど、問題はお金ではない。

決断のための材料も、提供されているとは言いがたい。
たとえば、「生還率」は、聞いたら教えてくれるのかな?

飼い主さんの決断は立派だったと思う。
けど、それに報いる結果じゃなかったことが、つらい。
飼い主さんがとても苦しんでいることも、つらい。

ただ、インコさんは虹の橋で、
もう何の痛みも苦しみもなく、
1点を除いては幸せで満たされていることが救いです。

それと、同居鳥さんもきっとつらいのだけど、
飼い主さんにとっては、もう1羽がいてよかった。

R9300072
この日、唯一撮っていた写真。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(16:00)

2019年01月24日

最初の受診から6日後に、ポワ再受診しました。

R9300060
とりきち横丁さんの折りたたみ式バードキャリー
(マの悪いことに、2/3まで↑サイトメンテ中らしい)
の中に、ブランケットで包んだドームキャリー
(クリップ式のLEDライトを付き)が入ってます。

荷解き後。
R9300062
折りたたみキャリーはテント地みたいな材質で、
ドームキャリーの台にもなってくれます。
この病院の待合室はいつも混んでいるので、
椅子をふさがず、かといって床に下ろさずに済むのは◎

3ロックです。
1:ゴムベルト
2:入り口左上のカンヌキ(元々付いている鍵)
3:入り口右上のカラピナ(自分で作りました)
R9300064

ここしか空いてなかったのでここに座っていたら、
向こうのソファにいるらしき鳥さんと鳴き合ってしまい、
近づいたほうが音量が小さくなると判断して、移動。

お願いして、撮らせてもらいました。
3羽飼いの女の子なんですって。(同居鳥は♂と♀)
R9300067
      「誰?」       「だれ?」

両方を明瞭には写せなかった(^^;)
R9300068
    「ちっちゃ!」  「アキクサさんならしってたわ」

前回は、初めての若い先生でしたが、
今回はいつもの先生。
炎症止めの飲み薬はもうやめていいそう。
でも、脚がカサカサして足の裏も硬化しているとか。
さらさらのローションみたいなのを、
朝晩塗るように処方されました。
(成分確認するの忘れちゃった)
なんだろう。化粧水的な?

R9300069
          「がんばったの!」
うんうん、偉い(^^)

ぬくぬくとお昼寝。
R9300070

平和で何より。


だけどこの時、お友達のインコさんは、
手術待ちで入院していました。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(18:00)

2019年01月08日

実は、
土曜の16時、この写真の時は平気だったのに……、
RIMG9888-9

その日、寝る前の点検の時、
ポワの左足が腫れていることに気づきました。
RIMG9908

かかとにかけて、なんか剥けてるし。
RIMG9905

そういえば首元に2羽入れた時、
ぎゃぎゃって言った瞬間があったような
(その時は外傷なしと判断)。
プチに指を噛まれたことは何度かあるけど、
こんな、股引近くまで腫れるのは、気になる。

その日はもう鳥病院は終わっていて、
翌朝も腫れてたんだけど、予約でいっぱいということだった。
RIMG9910

本鳥は気にするふうもなく食欲もあり元気なので、
月曜の朝イチで受診。

待合室で。
プチを置いてきたこと以外は、別に何の違和感もない様子。
RIMG9936

というかむしろ羽を伸ばしてる感じ。(文字通り)
RIMG9937

首を伸ばしてる。
RIMG9940

いつもの先生ではなかったけど、
本鳥気にしてないし、患側の足も遜色なく使えてるし、
体重も肉付きも変わらず、元気も良く
(相変わらず、握られると弱い子ぶって「キュー」という)、
X線写真の必要はないでしょうとのこと。
炎症を抑える投薬で、様子見。

なんか、急患は別料金がかかるようになったらしい。
RIMG9942-1
急患を診るという宣言に等しいならば、
これはむしろ大歓迎。

会計前の待合室。
我が家や立ち寄り先にはいない熱帯魚を、
ポワに見せようと思ったら、
お魚みんな、さーっといなくなって裏側に行ってしまった。
そりゃそうか。お魚も行動学。
RIMG9943

こことか、
RIMG9944

こことか、
RIMG9945

こことか。
RIMG9946


で、水槽の側面に回って、見せてもらった。
ごめんね、このこ危なくないよ。
RIMG9952
ポワの社会化に、ご協力ありがとうね。

この日が七草粥の日だったと思い出し、
ポワを家に戻してから、買いに出た。
¥298くらいで買えるといいなーと思ってたら、
¥499から、なんと¥98まで幅がありました。
ちなみに、真ん中は、¥350
RIMG9955


RIMG9954
しかも、この2商品は、産地からパッケージまで、
全く同じものですよ!(◎_◎)
Lisa が買ったのは¥98ですもん。
以下画像と、¥499のと比べてみてください(^^;)
     ↓     ↓     ↓


RIMG9980
やっぱポワ、ちっとも足は気にしてないみたい。
この撮影には、バードトレーニングの、
「マーク(指定場所に行く)」と「マテ(待て)」を
使っています。

七草は、生で一通りプチポワサラダに入れ、
残りも当面のプチポワ用に保存。
Lisa 用には、根っことかすぐ痛みそうな箇所だけ少量を、
七草がゆでなく、お餅を入れて「七草雑煮」にしました。

うち、寝かせ玄米が主食で、白米ないのよね(^^;)
玄米&雑穀で七草粥作った年もあったけど、
それだとめっちゃ時間かかるのだ。

ともあれ、鳥の行事だけは欠かさない我が家でした。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(18:00)

2018年11月23日

2018年11月22日、昼11:40頃、
埼玉県川越市山田で、
梵天セキセイインコが迷子になりました。
プチポワのクラスメイトの家の子です。
ドゥ・ゴルフ川越店の裏の方向に飛んだそう。
FullSizeRender

キャリーケージがシートベルトに引っかかったのが原因とか。
梵天セキセイインコ、バイオレット、1歳8か月、名前はビビ。
FullSizeRender

お近くのかた、このあたりを通られるかた、
お気にとめておいてくださるようお願いいたします。
保護情報はもちろん、目撃情報、
この周りでポスター掲示できる場所をご存じのかた
(許可いただけるならマンションの掲示板でも)、
どうかお知らせください。
伝えにくいことでもかまいません。
捜し主は恐らく、悲しい情報でも知りたいはずです。
FullSizeRender


できれば、保護してください。
人指し指に乗ってきたら、
手前側の足を、親指で挟んじゃってください。
(信頼を損なうので自分の鳥ではなかなか試せないけど、
 あくまで緊急対策です。上から掴むより高確率)

     ◇     ◇     ◇

プチポワは病院に行きました。

プチは、9月10月とダイエットし1g減って発情が止まり、
竜骨具合も理想的になったのですが、
最近足が冷えているのです。昼寝も増えたような。
代謝を落としてしまったか、病気の兆候ではないのか?

ポワは、今月に入って、鼻と足がカサカサしていて、
鼻の穴に脂粉だか皮膚片だかが詰まったりしているのです。
疥癬の初期症状だったりしない?

プチ、病院で17時半測定:31.6g
やや貧血、やや脱水、確かに足は温かくない、
でも心音など異常なく、所見としては様子見。

ポワ、病院で17時半測定:31.1g
確かにカサカサ気味。くちばしの生成(?)もイマイチ。
でも疥癬の特徴ではなく、
湿度不足か、たんぱく質の代謝異常なのか……
こちらも様子見。

ということで、特にお薬もなく、
今のところ通院も要らないようでした。
よかった。

ブログ用の写真を全然撮ってないことに気づき、帰り道で。
RIMG8748
毛布に包んだドームキャリー(プラ)が入っています。

高度医療のかかりつけも必要だけど、
すぐ診てもらえるホームドクター的鳥病院もいいですね。
我が家はかかつけが3院ほどあります。

【追記】
そうそう、受診動作訓練(ハズバンダリートレーニング)
や、よその人とも遊べるように(社会化)している2羽は、
病院を嫌がったり、先生の手を噛んだりはしませんが、
ポワだけは、小さく「ギュー」と抗議し続けます(笑)
先生は声の大きな(関係ないか笑)女医さんで、
前回とは髪型も変わっていましたが、その程度の抵抗でした。
先生が「あーごめんごめん、やだよねえ、大丈夫だよ」
などとあやしながら進めます。

キャリーダブル使い(割れないのと防寒の)でしたので、
普段、受診の間は別の1羽をもう1つのキャリーに入れます。
今回は、特に(X線や注射など)預ける用はなく、
体重測定の間だけでしたので、外側のキャリーは使わず。
ポワ体重測定(キャリーごと)の間プチを Lisa が手で保定→
先生がポワを出したらプチを入れ、ポワ受診→
ポワを手渡されて★、プチが体重測定(キャリーごと)→
プチ出されて受診、ポワIN→
プチを手渡され★、ポワが出ないようにしつつプチもIN
という流れでした。
ご褒美を与えて、直前の受診に良い印象付けをする、
絶好の機会(★)があったのに、
いつも与え忘れてしまいます。

昔は Lisa の手で毎晩点検の時も「キュー」と弱い子ぶって、
プチが目を吊り上げ助けに来るように、しむけていましたが、
そういえばいつの間にかなくなってたことに気づきました。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(18:00)

2018年11月18日

(2017年7月のことです)

朝。
といっても10:50(こんなんばっかだわ)
R0012036-1
   「起きトリます」 「もちろん」

本当に?
R0012037-1
     「バッチリ」「きっちり」

……これだけではナンなので、
この日、必要があって撮ったブローチ。
2016年の暮れのイベントで買いました。
R0012038




迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(15:00)

2018年09月18日

過発情により生殖器官が寿命を迎えてしまうことで、
体全体の命も終わりかねないと聞いてショック。
プチはここ半年間ずーっと発情しています。
オッサンなのに、ものすごいハッスルぶりです。

ポワが春夏ずっと32gあった(おそらく隠れ発情)のが
ようやく落ち着き、換羽も来て、
プチポワともに標準の30gなんですが、
それでもプチは、厳しい病院ではずっと、
「竜骨周りがムッチリ」と言われ続けてきました
(言わない病院はまったく言わない。それも考え物)。

これは、適正体重(体型)に落とし、
発情の余裕をなくさないといけないかもなあ。
我が家は、もはや繁殖は目指していないので、
過発情も肥満も、万病の元(中年だし)。
で、ダイエット作戦スタートしました。

ダイエット4日目、Lisa がことのわ日和に行く朝、
プチポワが2羽ともブーブー言ってたんです。
なんだこりゃ?
(画像クリックすると動画に飛びます)
IMG_4565-1
   「ブー」         「ぶー」

ゴハンが少ないから文句言ってるとか?(^^;)

その日の記事に、これ載せるスペースなかった。
ことのわ日和で、福引でもらったノート。
P9191474-1
(持ち運ぶの失敗して、ちょっと折れ目が)

入場料かからないのに、賞品があるのは、
出展者さんが協力しているからです。ありがたい。

夜は味噌タンメン。
IMG_4529
ラーメン屋さんなのに、お客が5人全員女性とか、
そのあと来た男性客が、他6人全員女性って羽目になるとか、
ちょっと予想外だったw

ことのわ日和翌日、愛鳥塾の帰りに鳥談義。
顔は隠れてほしくないから、これ以上太いグラスはNGか。

帰宅し放鳥中。
プチのケージに入り込んで、
容器についた分を狙うポワ。
2羽いるわけじゃなく、背面の鏡に映ってます。
P9171423-1
ペレット表面に照りがあるからか、油分の配合か、
シッタカスは内側にくっついて残ってしまうことも。
(たぶん、ポワはさっさと食べてしまうため、
 くっつく間もなく1粒残らず食べられたのでしょう)
ヒトが容器外側を爪ではじけば、はがれて中でコロコロ。

底におもりがついているはずなのに、
ポワケージの容器は、卵形が横長に、天を向いていたんですね。
こういう状態で、アームについてた。
(アームから外した後に撮った参考画像)
P9171424
なぜ?と思ったら、
このてっぺんのポッチが、アームの背になっている鏡に、
引っかかっている感じだった。
このポッチって、引っ張ると飛び出しちゃうのかな?
何のためにあるんだ?
再現して写真を撮っておこうと思って、
引っ込ませかけたポッチをもう一度引っ張ったら……
ギョッとすることに……

ピン!という感覚で急に抜け飛んだ!
あぶな!!と見たら、
……ポッチが割れて、頭だけ取れちゃってた!
P9171425
ポッチの根は、揃えた脚のように2本に分かれていたようで、
根の部分のかけらが二つ。
ただし、これは後から撮った画像であって、
当初は、根のかけら2つは、容器の中にありました。

あのー、Lisa は怪力ではないんですが。
何これ!(怒)
危ない!!
こういうポッチが気になるだろう鳥の用品なのに、
1つ¥1,000する商品が、初日に簡単に折れてしまう。
しかも、餌と一緒に容器の中に残ってしまうなんて!
もし、鳥がフォージングしている時に折れてしまったら、
このかけらごと一生懸命出して、
ペレットと同じように口にするでしょう。
設計がおかしいんでは?

プチのは無事(なので再現写真に使った)ですが、
このポッチを外そうとしても、
折れるのが怖いせいで手加減してしまうのもあるけど、
抜くことができません。

外国製品なのでこの部品だけ取り寄せなんてできないだろうし、
できたところで、そんなもろい部品なら危なくて使えない。
鳥イベントで買ったので、どこのショップかわかりにくいけど、
バード●●さんのシールが貼ってあります。
問い合わせるつもりです。

アームから外すのも、折れかねなくてヒヤヒヤなんですよ。
さらには、この卵形が開いてくれないと中が洗えない。
パッケージには英語とフランス語しか書いてなくて、
メーカーはテキサス州らしい。

昼間に食べられたのは偶然だったのか、
プチはまだ苦戦していました。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)IMG_4564-1

鳥的には、達成感があって嬉しそうに見えるけど……。

どなたか、これ使ってませんかー?
危なくない?
壊れやすくない?
中、洗えてます?


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)




(23:00)

2018年09月10日

2017:10/1、10/9、10/26、10/27、11/3、11/20
2018:1/7、1/12、2/25、3/3、3/13、3/21、3/25、4/22、5/1、5/6、5/8、5/27、6/5、7/7、7/30、8/4、8/25、9/9

これらは、直近1年間で受けた鳥勉強のセミナーの記録。
(他に、もっとコアなゼミ4回。トレーニングクラス9回)
副業とはいえ動物取扱業者でもありますしね。
動物取扱責任者講習では鳥のことはほとんど聞けないし、
自力で勉強しないと……。勉強は怠りません。( ̄¨ ̄)=3

講義を聴く形式の勉強は、本当は苦手で苦痛だったんです。
けど、鳥のことならいくらでも聞ける自分にびっくり。
セミナーだけで24回、1か月2講義ペースでした。
もちろん、地の利もあると思います。
別の地方に住んでいたら、こんなには行けないでしょう。
(でも、ちょうど1年前には遠征もしましたよ。
 掛川花鳥園に行きました ^^)

勉強熱心な飼い主さんたちはだいたい決まっていて、
顔覚えの悪い Lisa でもわかるくらい、
会う人はどこででも会います。
顔見知りというのでしょうか、
Twitter やなんかでもつながってるかもしれないけど、
お顔とアカウントが一致していないこともあります。
ご本人より、鳥ちゃんのお名前で覚えていることもあります。
Lisa も「こんにちは」とよく言われるけど、
プチポワ家の団長だとは、ご存じないかもしれませんね。
(迷子中のプイもよろしくお願いいたします ^^)

セミナーの中でも有数規模なのが、年一回のこちら、
TSUBASAセミナー。
会員や賛助会員でなくても、BLA級持ちでなくても、
誰でも受講できます(有料)。
北海道からの方が地震で来られなくなったりしつつも、
受講者170人だったそう。
東京農業大学の大講義室がいっぱいになって、壮観でした。
鳥は他の愛玩動物と大きく違うし、
病院も専門医でないとあてにならないことが多いようだし、
いろいろまだ解明されていないからこそ、
飼い主が知識をつけたいもの。それができる時代です。
無知の後悔はトリ返しつかないですし。
IMG_4467

今回はこんなテーマ。
『鳥の老いの見つけ方と、老いていく鳥へのケアについて』細川博昭さん
『素晴らしき鳥の癒しの力~バードセラピー~』永井亜季さん
『オカメインコ学』小嶋篤史先生(豪徳寺、リトルバード)

いずれも、思わずうなってしまうような聞き応えと情報量で、
とても全部を記すことはできませんが、
特に印象的だったものだけでも。

寿命を左右する、コントロールできる要素とできない要素。
できるのは、食事、ストレス、連続発情の防止、
愛されている確信(重要)。

「安心」が老化を遅らせ、「ストレス」「不安」が早めて、
「嬉しい」が免疫力を高める。

メンタルケアの重要性(ポイントは、心を支えてあげること)
「愛されている」「大事にされている」と鳥が感じること。
老いとともに急になつき始める鳥もいる。
(その中には打算や妥協の鳥もいるかもしれないが、
 いいじゃないか。「幸せな誤解」に害はない)

メンタルケアで有効なのは、
対話、体温、羽毛刺激(なでる・ほぐす等)

(リハビリに関しては、7/7のセミナーと重なる部分もあり、
 そちらでまとめたいので、ここでの記録は省きます)


セラピーバード、オオバタンのミルクちゃん♀
IMG_4469

バードセラピーの有効性と可能性。
まだ確立・周知されていないので試行錯誤であること。
鳥ならではの利点、鳥ならではの気を遣う点など。
認知症のお相手もいる中での、配慮や方便も。


健康で長生きさせるため
・その鳥種の生理・解剖・行動・生態を知り、
適切な生活を送らせる。
・どのような疾患が多いか知り、上手に避ける。
すばやく見つける。

オカメとセキセイは分類学上犬と猫くらい離れている。

オカメは、群れでありながら一定間隔で止まる、
パーソナルスペースを大事にする鳥。
野生では、木のうろの巣に、バックで入る。
(尾羽が引っかかって、中で方向転換できないため)

胆のうがある子とない子がいる。
ヨウム・ボウシインコ なし
オオバタン・キバタン あり
オカメインコ5羽あり、1羽なし

ノーマルオスは性成熟で顔が黄色くなり、
風切羽&尾羽の縞が消える。
白い種もよく見ると模様でわかる場合も。
高価なパール種幼鳥、オスで性成熟で模様消える場合も。

赤目系(ルチノーやアルビノ)は遺伝的に弱いので、
なるべく買わないで。
(勉強会ではいいけど、診察では言わないでほしい by Lisa

金属を齧りやすいので、ステンレスやアルミケージを。

エスケープ好発種。ケージ扉はギロチン式で。

とまり木 プラ△(爪が削れない)
コンクリ△(岩にはとまらない種)
やすり付き×(足裏皮膚が削れるだけ)
木◎だが、
自然木でないほうがいい。当たる箇所に刺激→バンブルフット

床材 誤食好発種なので、何も入れないか、底網のみで
(ぬいぐるみ綿やバードテント素材が詰まって来院の子も)

水入れ、餌入れ 緑膿菌繁殖防止で、都度必ず乾燥させる
肥満好発種、口内炎好発種なので、
底が浅く、消毒可能な耐熱・耐消毒水容器を

放鳥 健康増進のためしたほうがいいが、
事故多発、重金属中毒多発であり、
「ながら放鳥」するくらいなら出さないほうがマシ

日光浴 熱中症もあり、目を離さないこと

水浴び 砂漠種なので水なしでも羽を整えられる
野生下で雨季に発情→飼育下でも水が発情スイッチの恐れ

日々、体重・体型・腹部触診・食餌量チェック
発情時はさらに重要。

くちばし切り 咬耗種(マメもそうか否か聞きたかった)
疼痛・感染を招きかねないので切らない
過長する場合のみ切る

爪切り 本来不要。鼻掃除ができなくなる
(オカメインコって、鼻ほじほじするのか! by Lisa)

1歳未満の死亡率が圧倒的に高い。
特に挿し餌。あわ玉では特に難しい。
親鳥からの給餌が望ましい。
挿し餌なしには人に慣れないなんて、迷信
現在、挿し餌ヒナの販売は業界も自粛傾向

挿し餌 パウダーフードをギリギリ食べられる硬めに溶く。
固まってしまったら水分増やしふやかす。
週齢とともにだんだん水分少なく。
時間や回数は決めない。状態を見て。
挿し餌を終了しない。いずれ必ず自然に一人餌になる。

ヒマワリ・アサノミ・サフラワー・ナッツなど油種子非推奨
燕麦やソバノミはおやつ程度に
アブラナ科の野菜は与えない流れ(ヨウ素摂取で防げるが
甲状腺異常の恐れ)
新種の種子は避けたほうが吉(人ほど種類を必要としない)

疾病はダントツで1歳未満が多い。
寿命1オス2.8歳 メス6.6歳 産科疾患が多いため?
死因の上位疾患 呼吸器、肝不全、腎不全、上部食道
幼鳥の死因は成長不良症候群 生まれつき?末っ子とか?
→徹底して環境や栄養を整える

カンジダ症
トリコモナス症
水中毒
ホームシック(ショップが恋しい例も!)
消化不良症候群
上気道感染症
下眼瞼下垂
オカメインコの開口不全症候群
下気道感染症(いわゆるゲチョゲチョ)
卵塞
排泄孔卵管脱
卵管蓄材症
卵墜性腹膜炎
鉛・亜鉛中毒(市販餌に混入を疑うケースも)
吸入中毒
パニック・暴発行動
骨折
自咬
体表腫瘤
他飲他尿
再入院症候群
腎不全
肝不全
イエローフェザー症
綿毛症
糖尿病
肥満とバンブルフット
高脂血症と動脈硬化

それぞれの疾患について、解説があったんですよー。
どれだけ有意義なセミナーだったか!!!

と同時に、感謝でいっぱいになりました。
今健康でいてくれる幸運に……(TーT)

(レジュメ資料なし、撮影禁止の中で、
 速記なみにメモしました。
 間違ってたらごめんなさい。責任は持てません)

他のかたの記事:


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(13:00)

2018年09月02日

好きなおちりアンケートを3日間やってましたw
・モフちり
・モフ+穴わか
・モフ+穴ひら
・モフ+穴ぱく

集計が出ました。

届いた梨も、せっかくなので全部おちり(ヘタの反対側)
にしてみましたw
RIMG0291-8
  「おちりはロマンだね」   「うーん、まあそうかも」

立ち上がらなくなっていたPCは、
1週間寝かせたらなぜか直ったのですが、
今度はスマホを修理に出さなければならなくなって……

絶賛バックアップ中なので、簡単更新です。
でも写真はいっぱい撮って、めっちゃ厳選しましたよ。
2羽いて、2羽ともブレないのって、
コンデジではそこからして奇跡ですから~(^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(22:00)

2018年08月16日

ポワは8月の2週目くらいからタメフンがなくなったので、
発情期は終わったと思われます。
プチの発情抑制のため、プチポワケージ間を目隠ししたら、
出たさのあまりか、
放鳥前ゲーム(ケージ内のおもちゃ片付け)が上達したプチ。
早々にクリアして、ポワより先に出られるようになった。

すると、ゲームをクリアしてもポワが出てこなくなりました。
(ごほうびをもらうためにだけクリアしている様子)。

 「知らんぷり」 「ポワちゃん出ないの?」
R3266746-1
(プチの足場は、洗濯ばさみ代わりにしたスマホスタンド)

だってねえ、くっついてるのは放鳥時の半分くらいで、
後はひたすら、逃げるポワ、追いつくプチ、で、
狭い部屋を行ったり来たり行ったり来たり、飛び通し。
見るからにあれはウザイわ。(^^;)

まとわりつくプチと、たまりかねて野菜室を出るポワ。
(表情が見えるよう明るさ上げたので画像が白っぽいです)
R3266749-1
    「ポワちゃーん♪♪」 「うざっ」

R3266750-1
         「やっといなくなったわ」
(ケージ上部に見えるのはバナナ型餌入れで、鳥ではない)

     「ばあっ」   「げっ!」
R3266751-1

 「ポーワちゅわーん♪」 「しつこいってばっ!」
R3266752-1

  「うんざり……」 「ぴとっ♪」
R3266753-1
(いわゆる)「空気読め」、プチ(^^;)

これしか楽しみがない状態にはしたくないので、
プチにも遊びを教えたいのだけど、
放鳥中ずっとこんななので、
ケージ内でできる遊びを教えるしかないのです。

そのくせ、
ポワと Lisa が遊ぶ(ポワにとってはごほうび荒稼ぎ)と、
邪魔ばっかしてくるからなあ。

なお、「邪魔」とは決して言わないように、
「危ないよプチ」と言い換えるようにしています。(^^;)
気ぃつかうわ。一応ね。

Lisa は味噌タンメンを食べに行きました。
毎月16日は、¥800→¥600になるらしい。
その上、次回トッピング無料券(翌月末まで有効)もくれた。

どーん!
R3266755

ライスも付くよ。
海苔の背景として役立ってもらいました(笑)
(むこうにあるので小さく見えるけど、普通サイズの山盛り)
R3266754


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2018年06月17日

9日間に3度も流血事件を起こしたので、
ミソギで 発情抑制のため、
今日もひトリ目覚める。
R0011701-1
     「ひとりでは広すぎるベッド……」

被害者ケアで、ごきげんトリ。
R0011702
   「せっせ、せっせ」  「あんよ、いたいしー」

尽くされても、ポワは全然乗り気じゃないですね(^^;)
R0011709-1
   「せっせ、せっせ」 「はやくおわらないかなー」

ケージの掃除をしていて思ったのですが、
ポワは将来、肝臓が悪くしてしまうかもしれないなあ。
なぜかというと、多飲多尿だから。
(フンがゆるい分、ケージがすぐ汚れます)
こういう子は、必要があって飲んでいるのだから、
お水を減らしてはいけないそう。
そんなことをしたら死んでしまうそうです。
いつのセミナーで聞いたんだったかなあ。
(横浜小鳥の病院の)海老沢先生だった気がするから、
毎年5月のBirds' Grooming セミナーの、
いつだかの年かなあ。

ポワは姿勢も前傾だし、サザナミインコっぽい!?
(サザナミは前傾だし、果実食のため水フンと聞きます)

     ◇     ◇     ◇

Lisa の夜食。あの水泳選手の実家製、メンチカツサンド。
いただきものです。ありがとー(^^)
R0011714


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年06月13日

同居させるとDVになるので、2羽は別居させ、
繁殖はとうに諦めたけど、
発情する様子のないポワの家には巣箱を入れて、
プチがたまに通い婚しておりました。
巣箱に関心あるのはプチだけだったのに……

11:07 奇跡が起きました。ポワが入っとる!
R0011662
   「ばあっ」     「入ってみた」
(入り口は2つ、左と正面にあります)

入っとる!
R0011663
「ね?なかなかいいでしょう」 「まあまあね」

11:54 左側面のプチ側から見てみた。
R0011664
「こうやってゴハン届けるからさ」

R0011665
「もうちょっと中も見てみる」

11:55 2羽で入っちゃった(◎_◎)
R0011666
   「案内するよ~」

12:20 出された(笑)
R0011667
「ひとりでみるからっ!」 「失礼しました」

焦ってカメラも斜めになる。
R0011668
「こないでよねっ」 「えーっと、ひとりじめ?」
ちなみに、右はポワが齧るの阻止用目玉クリップです。

13:18 「ニヤリ、ぼくも入れてもらったよ」
R0011669
(左側面のこの入り口は Lisa がキリとやすりで開けた)

こここれはもしかしてもしかしちゃうんちゃう?

なのに、
なのになのに。
その夜の放鳥時。

事件から30分後の現場。
R0011670

R0011671

止血を終えたポワ。
R0011672
 「痛かった」

R0011673
(おちりの羽にも血が付いちゃってます)

R0011674
「なんなのよいきなりかむなんて」

R0011675
せんしゅうかまれたばっかなのに」

謝りなさい!!
R0011676-1
            「ごめんなさい」

自分が何したかよく見なさい!!
R0011677-1
            「……」

噛むのには絶対に理由があるんです。
だから、「対ヒト」なら、
いつ噛んだか、どうして噛んだか、だんだんわかるし、
ヒトが努力することで、噛まなくできるんです。

でも、「対トリ」だと、
何が原因だったのか、
Lisa はポワ本人じゃないから見逃しちゃうんです。
(↑この時点ではまだ知らなかったんだった。翌月習う)

こんな流血するのは月1回以下だし。
だけど今回は、先週の今週。
「発情だから(仕方ない)」なんて言えない。

からといって、プチポワを部屋とキッチンに分けて離すと、
呼び鳴きハンパない!
プチが呼ぶのはわかるけど、
こんなんされたポワも呼ぶんですよ。ダメな女。

子孫を残すことより、ポワが指を失わないことが大切だから、
もう、繁殖させるつもりもないのに。
浮かれちゃいけなかったな。
悩みます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年06月06日

(2017年6月のことです)

この朝も、ちょっとトホホ顔風のポワ。
R0011530-1

体重計の上でダブルラッコ(ニギコロ)
R0011531

トホホ顔の予感が当たったのか、
プチに噛まれて負傷するポワ。
R0011532
指を噛まれて、止血の後です。

FullSizeRender


プチは、Lisa のことはなんにも噛まなくなったのに、
なぜ大好きなポワを、たまに噛むのでしょう。
Lisa がポワを呼ぶ時に焼きもちを妬くのかと思って、
2羽でいる時、必ずプチから先に連れて来るようにしてるのに。
R0011533
発情とか、鳥同士の事情も絡み合って、
人を噛まなくするよりずっと難しいです。しょぼん。

1年以上前からの、おみくじインコへの野望に近づいた!
やっと、グッズを手に入れました。
R0011536

鳥の目線だと、こう。
R0011537

初めて見せた時のポワ。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)
IMG_4687

初めて見せた時のプチポワ。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)
IMG_4688
なんと、プチのほうがやる気あるかもしれない!(◎_◎)

さて、過去ブログを書いていると、
「どうしてこれ撮ったんだっけ?」と思うような画像多数。

R0011538
これはたぶん、
「~にわたって○○渡す」という語感が不細工ってことだな。
@とくダネ

R0011539
これは、クイズの答えが「シュレッダー」だったけど、
鰹節削り器もアリじゃん!って思ったんじゃないかな。

R0011540
今見ると、「は」がたくさんあるからシュレッダーで良し。
@潜在能力テスト


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年04月03日

朝のポワ。おおあくび。
(この当時、通い婚も視野に、巣箱を入れてました)
R0010220-1
       「ふあー」

同じ頃のプチ。
5日前にポワを噛んだので、ケージ置き場からして別です。
R0010221
        「しょぼん」

Lisa は有楽町に出かけて、
先週買いそびれた、限定品のメイプルクロッカンを買い、
R0010232-1
(1台買いだけど包装前に全部カットしてもらった)

この日が最終日の、リカちゃん展@日本橋へ。
(昨日知った)
R0010222
4代目までの歴代リカちゃん(衣装違いで大量!)や、
大半のコーナーは撮影不可でしたが、
以下は、撮影可能だったもの。

スワロフスキーコラボのリカちゃん。
R0010223

今どきの、色違いアイドルグループ風。
R0010224

マリーアントワネット風のロココ調。
R0010225

メガネが珍しい感じ & モコモコマント
R0010226
昔うちにあった子たちはマイナーキャラばかりで、
それらがどんな関係性だったのか、やっとわかりました。
ということは、王道をいかない(変わり者?)精神は、
実は母譲りだったのかもしれぬ。

それから、桜テラス(Lisa命名)の居酒屋ランチへ。
始めは、珍しく室内席しか空いてなかったんですが、
R0010228

10分もかからずテラス席が空く。
R0010229

豆柴こむぎちゃんとニアミス。タッチの差で会えなかった。
(リンクの記事は別の日ですが)

       「あ、おかえりー」
R0010230-1
狭いね、ポワ(^^;)

帰宅直前、知り合いのマメさんが元気ない、
と連絡を受ける。
好きなおやつをあげてみて、と言ったら、
それも食べないそう。
しかも、行きつけの病院が月曜休診。

うちがかかっている3院の中で、
その飼い主さんから一番近い病院に、
代理で電話すると、
なんとその病院も月曜午後のみ休診!
(診察券には無休と書いてあるけど、変わった?)
でも、急患の場合の携帯電話を教えてもらえた。
見てもらえる場合は30分以内に折り返しがくるらしい。
(30分経っても連絡こなかったら、診られないということ)

以下時系列。

14:34 A病院の急患用番号に電話
14:45 対応不可な場合を想定しB病院の留守電にも

B病院……1人体制なので、完全留守電対応。
30~1時間くらいで折り返しがくるはず。
(経験あるし、うちが受診中に留守電聞くの見てる)
月曜は開院日。火曜と水曜が休診。

15:04 A病院連絡来ない。対応不能ってことね。
A病院に詳しい人いわく、
「入院設備もあり急患受け入れるという割には
 折り返し来ないんだよね……」

15:45 番号間違えて入れたかと思い再度B病院に留守電
   「待つ分にはかまいませんので、
    ひとまず連れて行っていいですか?」

それでも連絡来ない。臨時休診調べても6月のだけ。
Lisa 気が気じゃなく何も手につかない。
(その間もマメさんは、背眠、食欲不振、嘔吐など)

15:53 飼い主さんが、近所の別の病院と連絡つく。
16:30までに診察終わる。大きな問題はなかったそう。
(以降、投薬、保温など)
     :
     :
     :
     :
20:00 B病院から電話。先生ではなく「受付の者です」。
(時系列ここまで)


飼い主さん自身が手配した別の病院で見てもらえてからも、
一体B病院はどう収める気なんだろう?と思って、
Lisa はB病院への依頼をトリ消さなかった。
飼い主さんの名前は伝えていないし、
他で受診できたし、迷惑はかからないだろうと判断。
(結果的に、この「実験」は大いに意味があった)
ようやく電話が来たのは、初めの電話から5時間15分後!
「急患で見てほしい」と連絡しているのに、ですよ?

「今日はこんな時間ですので診られないのですが……」
と「受付の人」が言うので、
もう呆れて(誰のせいで「こんな時間」になったと?)、
途中で留守電を聞いてくださらなかったんでしょうか、
というと、
「はい、1人で診ているので」って。

(言い返さなかったけど)そんなはずないでしょ。
いつもうちが診察中でも留守電確認してるし、
うちが電話した側でも、1時間以内に電話くれてるじゃん。
だいぶ不信感。

えっと、そういえば Lisa にも落ち度がある。
留守電の時点で、「うちの子ではないのですが」と、
言わずもがなのことを言ってしまった。
それで、いつもはその病院にかかっていない子だと
思ったんだろうか(確かにその通りではある)。
病院の事情を知らないとでも思ったのだろうか。

往診してくれる先生を紹介できますというので、
それは聞いておいた。
テレビで見た、犬猫全部兼の先生では?と思ったので、
鳥の先生ですか?とわざわざ聞いて、そうだと言われたのに、
後で調べたら、やっぱり、全動物の、夜間往診専門の先生
自分が見られないなら、昼間のうちに、
「対応できないので別の鳥病院へ」でよかったんじゃ?

百歩譲って、健常時に一度も診ていない患者を、
急患で突然対応するのは難しいというか、
たとえどんな名医であっても限界があるだろうというのは、
理解できます。
だからといって、(もし理由がそれなら)
もう少しマシな対応があるじゃない?
わざわざ、どこの病院も終わっている時間になってから、
言い替えれば、他の選択肢がない時間になってから、
鳥専門でもない先生(夜間往診なので割高)を教えるなんて。

不信点は大きく3つ。

・急患の電話の返信が5時間15分後。しかも代理の人から。
・留守電聞いていないはずない。特別の事情なら説明すべき。
・紹介された先生は鳥専門ではない。尋ねたのに嘘つかれた。

この先生のことをわたしは信頼していた。
他では聞いたことのないいろいろなことを教わった。
今思えば、行動学にも精通されていたのではと思う。
たとえば、呼び鳴きをしない方法(ここの(3))などは、
うちではもちろん、
それを真似てくれた別の家でも、効果抜群(と聞いてる)。
先生は診察が丁寧だし(愛想はないけど)、
「鳥 愛」に溢れている、と思っていた。
だからこそ、がっかり。

うちが病院に求めるものは、
(ある程度の「腕」は前提にした上で)急患対応。
信頼第一だ。
特に、嘘は許しがたい。

はからずも、「実験」することになってしまった。
皆が皆、不信感から、
平常時にこんな「実験」をせねばならなくなったら、
それこそてんてこ舞いで立ち行かなくなるでしょうに。

   ◇   ◇   ◇

ペレットの話も、病院の話も、
叩きたいわけではなく、情報のひとつです。
ブログで紹介(褒めニュアンス)した以上、
これらの情報も書く必要があると思いました。

以上は、Lisa の主観交じりの文章で、
相手方(先生)の事情は確認していません。
ですが、数値(主に時刻)やセリフなど、
当時リアルタイムで書き残した「事実」であり、
あえて事実と示すために、事細かに書きました。
この事実に基づいた主観ですから、読む方にも、
共有(反論含む)していただけるのではと思います。
「事実を示さず(または誤認し)主観だけの批判」や、
「それを鵜呑みにする人」(どちらも女性に多い)は、
個人的に、こりごりなので……。

   ◇   ◇   ◇

この日、プチポワの放鳥は、夜になってしまいました。
明るさ補正しすぎて、絵みたいになってるけど、
以下、「かいてあげてもかいてもらえないプチ」5コマです。
R0010233-1

R0010234-1

R0010235-1

R0010236-1

R0010237-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年03月30日

昨夜放鳥中にポワの足を噛んで大量出血させたので、
ひトリで目覚めるプチ。
R0010157
     「しょぼん」

当たり前です。
結果的に、彼は11晩に渡り一人寝することになりました。

朝が来るのが待ち遠しかった。
正直、もうわりと慣れっこになってしまっていたし、
6日前に、検査で別の病院に行ったばかりだったけど、
出血がとても多かったので、早々に病院へ。
化膿や感染症防止の抗生物質注射と、
目薬タイプの飲み薬が出る。
特に貧血症状はないそうで、一安心。

帰りに、桜テラス(Lisa命名)でランチ。
ここの桜はまだまだでしたが、塩麹鳥のあんかけ定食。
R0010158

ポワは意外と元気なので、
放置していたフライングタイガーのミニカーに、
備長炭を付けたおもちゃを作って、遊んでみました。

R0010160
       「うふ、のるのかんたん」

強力両面テープで付けただけです。
握力もちゃんとあるね。
R0010161
       「うん、ちょこん」

出来心で重ねてみた。このアクロバットは無理だなw
R0010163

ポワ、野菜を食べる元気もあります。
R0010164
        「おやさいおいちー」

野菜室で野菜を食べるポワと、水を飲むプチ(手前)
R0010166
プチポワの間を、
黒い樹脂製シート(百均のまな板シート)で目隠ししてみた。
わかりますか?

3日前の様子。この時は素通しでお互いのケージが見えます。
R0010124
発情おさまれとは言わないけど、
乱暴なのだけでも、なんとか静まってくれるといいね。

夜、気づいたら、古い本屋さんが閉店してた。
R0010167-1
ま、ずいぶん前から、
ほとんど品揃えのない感じの書店ではあった。

R0010168
跡は、何になるのかな。

帰宅し、プチにも何か、発情の代替行動を、と、やってみた。
あ、奥は鏡なので、倍ごちゃごちゃして見えます(^^;)
R0010169-1
        「にせオープンカーだね」
案外簡単に乗れた。さすがとまり木タイプ。

スケボーも意外と乗れたプチ。
R0010171-1
       「ぼくだってできるよ」

へえー、乗れるじゃん。
R0010172-1
       「なめてもらっちゃ困るな」
ていうかそっちこそ、噛んでもらうほうが困るんだけど!
むしろ、なめてくれ~。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2017年03月29日

(流血画像の前に予告します、苦手な方ご注意)

起きぬけのプチポワ。定位置。
夜間は同じケージで寝かせています。
R0010138
仲良しに見えるけどねー。
昼間は同居させられない事情がある。

Lisa は鳥トモさんと、高層階(?)ランチへ。
R0010144-9
チキンのフリカッセ+ケーキ盛り合わせ
コーヒー付いたと思うけどトリ忘れた。

これが学食なんてー!(◎_◎)

帰り道。このちょんちょんしてるのは、セキレイでしたっけ?
R0010145

R0010146

R0010147

プチポワは、ケージ上(暖突とビニカバーの上)で水浴び。

プチの水浴びは、風切羽がすっかり生え揃った今も、
うちに来たばかりの羽切の頃と同じにずんぐりしている。
R0010148-1
 「ずんぐり」

ポワの水浴びは、鳥らしく勢いがあってカッコイイ。
(プチのケージ上だけど、ポワです)
R0010149-1
   「ばさー」

R0010151-1
   「ざぶー」

ま、プチはプチで、マニアックな愛嬌もあるのですけど(笑)
R0010152-1
  「浴びたよ? 前髪がイワトビになってるでしょ?」

夜、寝かせる間際、姿見にとまるポワを見て青ざめた。
(この後、血の画像が出ますので、ご注意ください)








        3
        ↓








        2
        ↓








        1
        ↓









この上にとまってた。
映り込みがあるので二重に見えるけど、
20cmくらい?血が流れていました。
(布は単に写り込みで、血が垂れたのは鏡だけ)
R0010155
画像は、ポワを止血して、
プチだけ寝かせて(写りこんでいるのはおやすみ布)、
ポワのフォローをしてプラケに寝かせた後なので、
30分くらいは経ってたと思います。

その直前、「ピピピピピ!」ともつれあっての小競り合いに
気づいたけど、血は出なかった、と安心してた。
その後、ダーッと出たのでしょう。
目を離したのは、せいぜい1分。

そう、プチは、こう見えてDVなのです。
うちに来たばかりの頃、たびたび Lisa のことを、
とんでもなく痛く噛んでたのは、半年足らずで直ったのに。

数か月に一度、プチがポワの足を噛む。
だけど今回は、この8日前にも流血させてる(T_T)

ポワを連れて行こうとすると噛みがちなのはわかったので、
2羽でいる時、プチを避けてからポワを乗せるようにした。
それ以外は、2羽で突然始まることもあるので、
どんな時スイッチが入るのかわからなくて……。
「発情の一環では?」という人もいるけど、
発情のたびにメスを傷つけられるんじゃたまらない。
子孫を残すことより、ポワがケガなく暮らせるほうが大切。
それで、我が家はケージ同居はあきらめることにしました。

今夜は寝るのも別々。
(ポワは Lisa の枕元で様子を見ます)
プチは一人で寝て、反省しなさい。

プチ、くちばしも(上下)切ってるんですけどね(T_T)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2017年03月27日

『鳥トレへの道』シリーズです。
昨日の記事は、なぜその教室が良かったかについて、
加筆しましたので、よければまた見てくださいね。

クラス初参加の翌日、起きぬけのプチポワ。
あら、位置が左右入れ替わっています。
R0010118

日中のケージに移し、
Lisa が朝一の術後健診(3か月ごと)から帰ってくると……

(ビニールカバーごしですので見難くてすみません)
いつも通りにも見えるけど、プチ(左のケージ)が、
R0010120
(この時、別居ですがポワ側に巣箱を入れていました)
(ビニカバーが光っているあたりにポワの尻尾が見える)

時々背眠していました。
R0010121

え、寒いの?(この日も冷たい雨)
具合でも悪いの?

とまり木を上にずらして暖突に近づけたり、
高カロリーのヒマタネ与えたり、
大好物のおやつ『かじりま専科』をトリつけたり。

気になりつつも、Lisaは、予定の外出へ。
(短時間なので)

のはずが、ちょっとした番狂わせで、
ひとりランチになったので、
この日のラッキーフードだったエビチリを探す。

結果、ちとマニアックな中華屋さん初訪(^^;)
R0010122

狙い通りエビチリ。
R0010123

中森明菜『十戒』広東語版…張学友「局外人」
(↑ぐぐった)が流れていた。なぜか男性ボーカル。
(日本でいうところの徳永なんじゃ?と、
 Line相手の推測^^)

この時は知らなかったけど、
これってジャッキー・チェンなんですって!

帰宅すると、少し活性化していたプチ。 (^m^)
R0010124
『かじりま専科』に夢中だけど、また背眠。

15時半頃、背眠改め、じっと前向き、になる。

ベリーも食べた。
R0010125
うん、大丈夫そうです。
昨日のクラスで、意外と気を張っていたのかな?

昨日の今日ですから、その気になって、
暮れに買ってほぼ放置だった、ミニスケートボードで、
ポワにトレーニングしてみました。
R0010126
   「ちゃんとのれたよ」

ちなみに、後ろに見えるのは、当時のおもちゃほぼ全部です。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年03月24日

プチポワ、バードテントで、
この日は互い違いに寝たみたい。
R0010018-1
      「おはよー」 「もう朝かー」

明後日初めて参加するトレーニンクラス。
必要な診断書の期限が4/7で切れる
(1年以内の診断書提示が求められる)ので、
プチポワは健康診断に行きました。

その前にまず、ランチ。
プチポワはバッグの中。お店の人に許可をトリ、
回転一番乗りの予約で、鳴くなどしたらすぐテラス席へ、
という手はず。一番テラス寄りの席にしてもらいました。
R0010019-1

グリーンスムージーのランチ。
選べるメインはグラタンに。
R0010023-1

R0010024-1

そこから病院まで、30分歩きました。
(歩いても電車でも30分かかる)

前回の健診は1年弱前です(記事はこれこれ

着いたよー。
R0010025

一通り終わってホッとしているプチポワ。
今回も、血液検査アリです(PBFDとクラミジア)。
R0010026

今回、「ペレットは各社混ぜてはいけない」と初めて聞いた。
え?
ええっ?
「外国製が多く入荷が不安定なので、いろいろ慣らす」
のが定説よね?
Lisa はいろいろトリ揃えて、どれが好きかな?と
ペレットバイキングまでしましたよ。

「混ぜちゃだめって言いましたよね。みんな忘れるのよ」。
いや、この場では言わなかったけど、
絶対それは聞いてません。初耳です。

成分が各社違うので、いろいろ混ぜると、
ある成分が過剰になったり、逆に足りなかったりになる、
という説明だったのだけど、
うーん、聞いてる時から「???」だったし、
立て板に水でしゃべる先生なので、
あとで確認しようと、トリあえず続きを聞いていたら、
次の患者さんが来てしまい、聞けずじまいだった。
いつもより短い診察でした(でも1時間弱)。
今思い返しても、疑問だなあ。

各社配合が違うからこそ、
一社だけだとむしろ偏ってしまうんでは?
うーん。
ひとまず、「同時に2種類以上与えないほうがいい」
という意味かなと解釈することにしました。
一袋食べきったら、他社製品……これならどう?
次回、確認してみます。(1年後かもですが)

鳥病院のインテリアは可愛いね。
R0010028

参考まで、我が家でこれまでに食べたペレット。
・ズプリーム
・ラウディブッシュ
・トータリーオーガニクス(食べたが体調不良に)
・えとぴりか
・ハリソン
・イースター
・黒瀬ペットフード
・ラフィーバ
(その後、2018年8月までに、
 ・シッタカス
 ・ケイティ)

よそで、食べないので諦めたというのを
引き取ったこともあるほど、なんでもいけます。(^^)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年01月01日

そもそもリアルタイム記事がろくに書けていないのに、
振り返るも何も、初めて書く話になっちゃうわけですが、
他の皆さんを見習って、
無理やり「振り返る」形式にしてみる。

1月
Lisaの母を「餌くれる人」認定したポワ、
母の指で勝手に回る。
R0020511
「このヒト、きのうおやつくれた♪ ちょろいちょろい」

2月
プチがベランダから消え、外で1時間後に戻る
本当にごめん。
R0021520
    「にぃに……涙」 「ぼくもわけわからん」

3月
うさ耳撮影。舶来フォージング器に慣れる。
恒例の、花見通いが始まる。
R0021640-4
    「ラブリー甘党男子♪」   「うさぎは赤目よね」

4月
健康診断やマメ連れもふ会に行く。
もふ会後に妊活同居スタート。
           「おやつみっけ!」
20160423_52
「こまめたんのでちゅ」 「せんぱいをうやまうものよ」

5月
折り畳みキャリー(ナイロン製)導入。
プチが意外と絶倫で夜の相性イマイチの疑惑。
R0023712-1
 「衝撃吸収力が増したらしい」 「まどがあみあみ」

6月
別居後にポワがケージ内の何かにより負傷、
左第四肢の爪からけっこうな出血。
R0024420
 「にぃには、かんでないのに」

7月
誕生祝にお邪魔したのにこまめちゃんにいばる。
こまめパパさんの腕の上でアダルト!?
17こまめちゃん誕生日会_170101_0059
 「あがが、やきがしだって」 「届く~?」

8月
「輪投げ」と「星集め」芸ができるようになる。
  「ぼくはくわえて遊ぶほうが好き。縦にね。アガガ」
R0026493
R0027459
 「でもあつめるとごほうびだよ」 「仕方ないなあ」

9月
鳥雑誌の取材来訪、心臓に毛が生えていた。
妊活同居再開。7歳&3歳になる。
R0026129
「取材時の写真ないんだって」「Lisaがトリわすれた」

10月
掲載誌発売。
プチX線写真をトリ、精巣腫瘍はないとわかる。 
R0026621
 「あ~れ~~~~~~~~~

11月
ポワ6月負傷の爪を完全に失うも、紅葉を見る。
七五三や酉の市に行く。
R0026896-3
「晴れ女って言ってたよね?」 「めっちゃあめやん」

12月
見慣れぬ真っ赤が怖くて、クリスマス写真にてこずる。
R0028168-1
「こんな色で床コロ無理!」「ニギコロがせいいっぱい」

さあ続いて新年の記事は、
……書けるでしょうか(笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(13:00)