からだ

2018年10月04日

(2017年6月のことです)

9日間に3度も流血事件を起こしたので、
ミソギで 発情抑制のため、
今日もひトリ目覚める。
R0011701-1
     「ひとりでは広すぎるベッド……」

被害者ケアで、ごきげんトリ。
R0011702
   「せっせ、せっせ」  「あんよ、いたいしー」

尽くされても、ポワは全然乗り気じゃないですね(^^;)
R0011709-1
   「せっせ、せっせ」 「はやくおわらないかなー」

ケージの掃除をしていて思ったのですが、
ポワは将来、肝臓が悪くしてしまうかもしれないなあ。
なぜかというと、多飲多尿だから。
(フンがゆるい分、ケージがすぐ汚れます)
こういう子は、必要があって飲んでいるのだから、
お水を減らしてはいけないそう。
そんなことをしたら死んでしまうそうです。
いつのセミナーで聞いたんだったかなあ。
(横浜小鳥の病院の)海老沢先生だった気がするから、
毎年5月のBirds' Grooming セミナーの、
いつだかの年かなあ。

ポワは姿勢も前傾だし、サザナミインコっぽい!?
(サザナミは前傾だし、果実食のため水フンと聞きます)

     ◇     ◇     ◇

Lisa の夜食。あの水泳選手の実家製、メンチカツサンド。
いただきものです。ありがとー(^^)
R0011714


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(17:00)

2018年09月18日

過発情により生殖器官が寿命を迎えてしまうことで、
体全体の命も終わりかねないと聞いてショック。
プチはここ半年間ずーっと発情しています。
オッサンなのに、ものすごいハッスルぶりです。

ポワが春夏ずっと32gあった(おそらく隠れ発情)のが
ようやく落ち着き、換羽も来て、
プチポワともに標準の30gなんですが、
それでもプチは、厳しい病院ではずっと、
「竜骨周りがムッチリ」と言われ続けてきました
(言わない病院はまったく言わない。それも考え物)。

これは、適正体重(体型)に落とし、
発情の余裕をなくさないといけないかもなあ。
我が家は、もはや繁殖は目指していないので、
過発情も肥満も、万病の元(中年だし)。
で、ダイエット作戦スタートしました。

ダイエット4日目、Lisa がことのわ日和に行く朝、
プチポワが2羽ともブーブー言ってたんです。
なんだこりゃ?
(画像クリックすると動画に飛びます)
IMG_4565-1
   「ブー」         「ぶー」

ゴハンが少ないから文句言ってるとか?(^^;)

その日の記事に、これ載せるスペースなかった。
ことのわ日和で、福引でもらったノート。
P9191474-1
(持ち運ぶの失敗して、ちょっと折れ目が)

入場料かからないのに、賞品があるのは、
出展者さんが協力しているからです。ありがたい。

夜は味噌タンメン。
IMG_4529
ラーメン屋さんなのに、お客が5人全員女性とか、
そのあと来た男性客が、他6人全員女性って羽目になるとか、
ちょっと予想外だったw

ことのわ日和翌日、愛鳥塾の帰りに鳥談義。
顔は隠れてほしくないから、これ以上太いグラスはNGか。

帰宅し放鳥中。
プチのケージに入り込んで、
容器についた分を狙うポワ。
2羽いるわけじゃなく、背面の鏡に映ってます。
P9171423-1
ペレット表面に照りがあるからか、油分の配合か、
シッタカスは内側にくっついて残ってしまうことも。
(たぶん、ポワはさっさと食べてしまうため、
 くっつく間もなく1粒残らず食べられたのでしょう)
ヒトが容器外側を爪ではじけば、はがれて中でコロコロ。

底におもりがついているはずなのに、
ポワケージの容器は、卵形が横長に、天を向いていたんですね。
こういう状態で、アームについてた。
(アームから外した後に撮った参考画像)
P9171424
なぜ?と思ったら、
このてっぺんのポッチが、アームの背になっている鏡に、
引っかかっている感じだった。
このポッチって、引っ張ると飛び出しちゃうのかな?
何のためにあるんだ?
再現して写真を撮っておこうと思って、
引っ込ませかけたポッチをもう一度引っ張ったら……
ギョッとすることに……

ピン!という感覚で急に抜け飛んだ!
あぶな!!と見たら、
……ポッチが割れて、頭だけ取れちゃってた!
P9171425
ポッチの根は、揃えた脚のように2本に分かれていたようで、
根の部分のかけらが二つ。
ただし、これは後から撮った画像であって、
当初は、根のかけら2つは、容器の中にありました。

あのー、Lisa は怪力ではないんですが。
何これ!(怒)
危ない!!
こういうポッチが気になるだろう鳥の用品なのに、
1つ¥1,000する商品が、初日に簡単に折れてしまう。
しかも、餌と一緒に容器の中に残ってしまうなんて!
もし、鳥がフォージングしている時に折れてしまったら、
このかけらごと一生懸命出して、
ペレットと同じように口にするでしょう。
設計がおかしいんでは?

プチのは無事(なので再現写真に使った)ですが、
このポッチを外そうとしても、
折れるのが怖いせいで手加減してしまうのもあるけど、
抜くことができません。

外国製品なのでこの部品だけ取り寄せなんてできないだろうし、
できたところで、そんなもろい部品なら危なくて使えない。
鳥イベントで買ったので、どこのショップかわかりにくいけど、
バード●●さんのシールが貼ってあります。
問い合わせるつもりです。

アームから外すのも、折れかねなくてヒヤヒヤなんですよ。
さらには、この卵形が開いてくれないと中が洗えない。
パッケージには英語とフランス語しか書いてなくて、
メーカーはテキサス州らしい。

昼間に食べられたのは偶然だったのか、
プチはまだ苦戦していました。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)IMG_4564-1

鳥的には、達成感があって嬉しそうに見えるけど……。

どなたか、これ使ってませんかー?
危なくない?
壊れやすくない?
中、洗えてます?


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)




(23:00)

2018年09月10日

2017:10/1、10/9、10/26、10/27、11/3、11/20
2018:1/7、1/12、2/25、3/3、3/13、3/21、3/25、4/22、5/1、5/6、5/8、5/27、6/5、7/7、7/30、8/4、8/25、9/9

これらは、直近1年間で受けた鳥勉強のセミナーの記録。
(他に、もっとコアなゼミ4回。トレーニングクラス9回)
副業とはいえ動物取扱業者でもありますしね。
動物取扱責任者講習では鳥のことはほとんど聞けないし、
自力で勉強しないと……。勉強は怠りません。( ̄¨ ̄)=3

講義を聴く形式の勉強は、本当は苦手で苦痛だったんです。
けど、鳥のことならいくらでも聞ける自分にびっくり。
セミナーだけで24回、1か月2講義ペースでした。
もちろん、地の利もあると思います。
別の地方に住んでいたら、こんなには行けないでしょう。
(でも、ちょうど1年前には遠征もしましたよ。
 掛川花鳥園に行きました ^^)

勉強熱心な飼い主さんたちはだいたい決まっていて、
顔覚えの悪い Lisa でもわかるくらい、
会う人はどこででも会います。
顔見知りというのでしょうか、
Twitter やなんかでもつながってるかもしれないけど、
お顔とアカウントが一致していないこともあります。
ご本人より、鳥ちゃんのお名前で覚えていることもあります。
Lisa も「こんにちは」とよく言われるけど、
プチポワ家の団長だとは、ご存じないかもしれませんね。
(迷子中のプイもよろしくお願いいたします ^^)

セミナーの中でも有数規模なのが、年一回のこちら、
TSUBASAセミナー。
会員や賛助会員でなくても、BLA級持ちでなくても、
誰でも受講できます(有料)。
北海道からの方が地震で来られなくなったりしつつも、
受講者170人だったそう。
東京農業大学の大講義室がいっぱいになって、壮観でした。
鳥は他の愛玩動物と大きく違うし、
病院も専門医でないとあてにならないことが多いようだし、
いろいろまだ解明されていないからこそ、
飼い主が知識をつけたいもの。それができる時代です。
無知の後悔はトリ返しつかないですし。
IMG_4467

今回はこんなテーマ。
『鳥の老いの見つけ方と、老いていく鳥へのケアについて』細川博昭さん
『素晴らしき鳥の癒しの力~バードセラピー~』永井亜季さん
『オカメインコ学』小嶋篤史先生(豪徳寺、リトルバード)

いずれも、思わずうなってしまうような聞き応えと情報量で、
とても全部を記すことはできませんが、
特に印象的だったものだけでも。

寿命を左右する、コントロールできる要素とできない要素。
できるのは、食事、ストレス、連続発情の防止、
愛されている確信(重要)。

「安心」が老化を遅らせ、「ストレス」「不安」が早めて、
「嬉しい」が免疫力を高める。

メンタルケアの重要性(ポイントは、心を支えてあげること)
「愛されている」「大事にされている」と鳥が感じること。
老いとともに急になつき始める鳥もいる。
(その中には打算や妥協の鳥もいるかもしれないが、
 いいじゃないか。「幸せな誤解」に害はない)

メンタルケアで有効なのは、
対話、体温、羽毛刺激(なでる・ほぐす等)

(リハビリに関しては、7/7のセミナーと重なる部分もあり、
 そちらでまとめたいので、ここでの記録は省きます)


セラピーバード、オオバタンのミルクちゃん♀
IMG_4469

バードセラピーの有効性と可能性。
まだ確立・周知されていないので試行錯誤であること。
鳥ならではの利点、鳥ならではの気を遣う点など。
認知症のお相手もいる中での、配慮や方便も。


健康で長生きさせるため
・その鳥種の生理・解剖・行動・生態を知り、
適切な生活を送らせる。
・どのような疾患が多いか知り、上手に避ける。
すばやく見つける。

オカメとセキセイは分類学上犬と猫くらい離れている。

オカメは、群れでありながら一定間隔で止まる、
パーソナルスペースを大事にする鳥。
野生では、木のうろの巣に、バックで入る。
(尾羽が引っかかって、中で方向転換できないため)

胆のうがある子とない子がいる。
ヨウム・ボウシインコ なし
オオバタン・キバタン あり
オカメインコ5羽あり、1羽なし

ノーマルオスは性成熟で顔が黄色くなり、
風切羽&尾羽の縞が消える。
白い種もよく見ると模様でわかる場合も。
高価なパール種幼鳥、オスで性成熟で模様消える場合も。

赤目系(ルチノーやアルビノ)は遺伝的に弱いので、
なるべく買わないで。
(勉強会ではいいけど、診察では言わないでほしい by Lisa

金属を齧りやすいので、ステンレスやアルミケージを。

エスケープ好発種。ケージ扉はギロチン式で。

とまり木 プラ△(爪が削れない)
コンクリ△(岩にはとまらない種)
やすり付き×(足裏皮膚が削れるだけ)
木◎だが、
自然木でないほうがいい。当たる箇所に刺激→バンブルフット

床材 誤食好発種なので、何も入れないか、底網のみで
(ぬいぐるみ綿やバードテント素材が詰まって来院の子も)

水入れ、餌入れ 緑膿菌繁殖防止で、都度必ず乾燥させる
肥満好発種、口内炎好発種なので、
底が浅く、消毒可能な耐熱・耐消毒水容器を

放鳥 健康増進のためしたほうがいいが、
事故多発、重金属中毒多発であり、
「ながら放鳥」するくらいなら出さないほうがマシ

日光浴 熱中症もあり、目を離さないこと

水浴び 砂漠種なので水なしでも羽を整えられる
野生下で雨季に発情→飼育下でも水が発情スイッチの恐れ

日々、体重・体型・腹部触診・食餌量チェック
発情時はさらに重要。

くちばし切り 咬耗種(マメもそうか否か聞きたかった)
疼痛・感染を招きかねないので切らない
過長する場合のみ切る

爪切り 本来不要。鼻掃除ができなくなる
(オカメインコって、鼻ほじほじするのか! by Lisa)

1歳未満の死亡率が圧倒的に高い。
特に挿し餌。あわ玉では特に難しい。
親鳥からの給餌が望ましい。
挿し餌なしには人に慣れないなんて、迷信
現在、挿し餌ヒナの販売は業界も自粛傾向

挿し餌 パウダーフードをギリギリ食べられる硬めに溶く。
固まってしまったら水分増やしふやかす。
週齢とともにだんだん水分少なく。
時間や回数は決めない。状態を見て。
挿し餌を終了しない。いずれ必ず自然に一人餌になる。

ヒマワリ・アサノミ・サフラワー・ナッツなど油種子非推奨
燕麦やソバノミはおやつ程度に
アブラナ科の野菜は与えない流れ(ヨウ素摂取で防げるが
甲状腺異常の恐れ)
新種の種子は避けたほうが吉(人ほど種類を必要としない)

疾病はダントツで1歳未満が多い。
寿命1オス2.8歳 メス6.6歳 産科疾患が多いため?
死因の上位疾患 呼吸器、肝不全、腎不全、上部食道
幼鳥の死因は成長不良症候群 生まれつき?末っ子とか?
→徹底して環境や栄養を整える

カンジダ症
トリコモナス症
水中毒
ホームシック(ショップが恋しい例も!)
消化不良症候群
上気道感染症
下眼瞼下垂
オカメインコの開口不全症候群
下気道感染症(いわゆるゲチョゲチョ)
卵塞
排泄孔卵管脱
卵管蓄材症
卵墜性腹膜炎
鉛・亜鉛中毒(市販餌に混入を疑うケースも)
吸入中毒
パニック・暴発行動
骨折
自咬
体表腫瘤
他飲他尿
再入院症候群
腎不全
肝不全
イエローフェザー症
綿毛症
糖尿病
肥満とバンブルフット
高脂血症と動脈硬化

それぞれの疾患について、解説があったんですよー。
どれだけ有意義なセミナーだったか!!!

と同時に、感謝でいっぱいになりました。
今健康でいてくれる幸運に……(TーT)

(レジュメ資料なし、撮影禁止の中で、
 速記なみにメモしました。
 間違ってたらごめんなさい。責任は持てません)

他のかたの記事:


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(13:00)

2018年09月02日

好きなおちりアンケートを3日間やってましたw
・モフちり
・モフ+穴わか
・モフ+穴ひら
・モフ+穴ぱく

集計が出ました。

届いた梨も、せっかくなので全部おちり(ヘタの反対側)
にしてみましたw
RIMG0291-8
  「おちりはロマンだね」   「うーん、まあそうかも」

立ち上がらなくなっていたPCは、
1週間寝かせたらなぜか直ったのですが、
今度はスマホを修理に出さなければならなくなって……

絶賛バックアップ中なので、簡単更新です。
でも写真はいっぱい撮って、めっちゃ厳選しましたよ。
2羽いて、2羽ともブレないのって、
コンデジではそこからして奇跡ですから~(^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(22:00)

2018年08月16日

ポワは8月の2週目くらいからタメフンがなくなったので、
発情期は終わったと思われます。
プチの発情抑制のため、プチポワケージ間を目隠ししたら、
出たさのあまりか、
放鳥前ゲーム(ケージ内のおもちゃ片付け)が上達したプチ。
早々にクリアして、ポワより先に出られるようになった。

すると、ゲームをクリアしてもポワが出てこなくなりました。
(ごほうびをもらうためにだけクリアしている様子)。

 「知らんぷり」 「ポワちゃん出ないの?」
R3266746-1
(プチの足場は、洗濯ばさみ代わりにしたスマホスタンド)

だってねえ、くっついてるのは放鳥時の半分くらいで、
後はひたすら、逃げるポワ、追いつくプチ、で、
狭い部屋を行ったり来たり行ったり来たり、飛び通し。
見るからにあれはウザイわ。(^^;)

まとわりつくプチと、たまりかねて野菜室を出るポワ。
(表情が見えるよう明るさ上げたので画像が白っぽいです)
R3266749-1
    「ポワちゃーん♪♪」 「うざっ」

R3266750-1
         「やっといなくなったわ」
(ケージ上部に見えるのはバナナ型餌入れで、鳥ではない)

     「ばあっ」   「げっ!」
R3266751-1

 「ポーワちゅわーん♪」 「しつこいってばっ!」
R3266752-1

  「うんざり……」 「ぴとっ♪」
R3266753-1
(いわゆる)「空気読め」、プチ(^^;)

これしか楽しみがない状態にはしたくないので、
プチにも遊びを教えたいのだけど、
放鳥中ずっとこんななので、
ケージ内でできる遊びを教えるしかないのです。

そのくせ、
ポワと Lisa が遊ぶ(ポワにとってはごほうび荒稼ぎ)と、
邪魔ばっかしてくるからなあ。

なお、「邪魔」とは決して言わないように、
「危ないよプチ」と言い換えるようにしています。(^^;)
気ぃつかうわ。一応ね。

Lisa は味噌タンメンを食べに行きました。
毎月16日は、¥800→¥600になるらしい。
その上、次回トッピング無料券(翌月末まで有効)もくれた。

どーん!
R3266755

ライスも付くよ。
海苔の背景として役立ってもらいました(笑)
(むこうにあるので小さく見えるけど、普通サイズの山盛り)
R3266754


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2017年06月13日

同居させるとDVになるので、2羽は別居させ、
繁殖はとうに諦めたけど、
発情する様子のないポワの家には巣箱を入れて、
プチがたまに通い婚しておりました。
巣箱に関心あるのはプチだけだったのに……

11:07 奇跡が起きました。ポワが入っとる!
R0011662
   「ばあっ」     「入ってみた」
(入り口は2つ、左と正面にあります)

入っとる!
R0011663
「ね?なかなかいいでしょう」 「まあまあね」

11:54 左側面のプチ側から見てみた。
R0011664
「こうやってゴハン届けるからさ」

R0011665
「もうちょっと中も見てみる」

11:55 2羽で入っちゃった(◎_◎)
R0011666
   「案内するよ~」

12:20 出された(笑)
R0011667
「ひとりでみるからっ!」 「失礼しました」

焦ってカメラも斜めになる。
R0011668
「こないでよねっ」 「えーっと、ひとりじめ?」
ちなみに、右はポワが齧るの阻止用目玉クリップです。

13:18 「ニヤリ、ぼくも入れてもらったよ」
R0011669
(左側面のこの入り口は Lisa がキリとやすりで開けた)

こここれはもしかしてもしかしちゃうんちゃう?

なのに、
なのになのに。
その夜の放鳥時。

事件から30分後の現場。
R0011670

R0011671

止血を終えたポワ。
R0011672
 「痛かった」

R0011673
(おちりの羽にも血が付いちゃってます)

R0011674
「なんなのよいきなりかむなんて」

R0011675
せんしゅうかまれたばっかなのに」

謝りなさい!!
R0011676-1
            「ごめんなさい」

自分が何したかよく見なさい!!
R0011677-1
            「……」

噛むのには絶対に理由があるんです。
だから、「対ヒト」なら、
いつ噛んだか、どうして噛んだか、だんだんわかるし、
ヒトが努力することで、噛まなくできるんです。

でも、「対トリ」だと、
何が原因だったのか、
Lisa はポワ本人じゃないから見逃しちゃうんです。
(↑この時点ではまだ知らなかったんだった。翌月習う)

こんな流血するのは月1回以下だし。
だけど今回は、先週の今週。
「発情だから(仕方ない)」なんて言えない。

からといって、プチポワを部屋とキッチンに分けて離すと、
呼び鳴きハンパない!
プチが呼ぶのはわかるけど、
こんなんされたポワも呼ぶんですよ。ダメな女。

子孫を残すことより、ポワが指を失わないことが大切だから、
もう、繁殖させるつもりもないのに。
浮かれちゃいけなかったな。
悩みます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年06月06日

(2017年6月のことです)

この朝も、ちょっとトホホ顔風のポワ。
R0011530-1

体重計の上でダブルラッコ(ニギコロ)
R0011531

トホホ顔の予感が当たったのか、
プチに噛まれて負傷するポワ。
R0011532
指を噛まれて、止血の後です。

FullSizeRender


プチは、Lisa のことはなんにも噛まなくなったのに、
なぜ大好きなポワを、たまに噛むのでしょう。
Lisa がポワを呼ぶ時に焼きもちを妬くのかと思って、
2羽でいる時、必ずプチから先に連れて来るようにしてるのに。
R0011533
発情とか、鳥同士の事情も絡み合って、
人を噛まなくするよりずっと難しいです。しょぼん。

1年以上前からの、おみくじインコへの野望に近づいた!
やっと、グッズを手に入れました。
R0011536

鳥の目線だと、こう。
R0011537

初めて見せた時のポワ。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)
IMG_4687

初めて見せた時のプチポワ。
(画像をクリックすると、動画に飛びます)
IMG_4688
なんと、プチのほうがやる気あるかもしれない!(◎_◎)

さて、過去ブログを書いていると、
「どうしてこれ撮ったんだっけ?」と思うような画像多数。

R0011538
これはたぶん、
「~にわたって○○渡す」という語感が不細工ってことだな。
@とくダネ

R0011539
これは、クイズの答えが「シュレッダー」だったけど、
鰹節削り器もアリじゃん!って思ったんじゃないかな。

R0011540
今見ると、「は」がたくさんあるからシュレッダーで良し。
@潜在能力テスト


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年04月03日

朝のポワ。おおあくび。
(この当時、通い婚も視野に、巣箱を入れてました)
R0010220-1
       「ふあー」

同じ頃のプチ。
5日前にポワを噛んだので、ケージ置き場からして別です。
R0010221
        「しょぼん」

Lisa は有楽町に出かけて、
先週買いそびれた、限定品のメイプルクロッカンを買い、
R0010232-1
(1台買いだけど包装前に全部カットしてもらった)

この日が最終日の、リカちゃん展@日本橋へ。
(昨日知った)
R0010222
4代目までの歴代リカちゃん(衣装違いで大量!)や、
大半のコーナーは撮影不可でしたが、
以下は、撮影可能だったもの。

スワロフスキーコラボのリカちゃん。
R0010223

今どきの、色違いアイドルグループ風。
R0010224

マリーアントワネット風のロココ調。
R0010225

メガネが珍しい感じ & モコモコマント
R0010226
昔うちにあった子たちはマイナーキャラばかりで、
それらがどんな関係性だったのか、やっとわかりました。
ということは、王道をいかない(変わり者?)精神は、
実は母譲りだったのかもしれぬ。

それから、桜テラス(Lisa命名)の居酒屋ランチへ。
始めは、珍しく室内席しか空いてなかったんですが、
R0010228

10分もかからずテラス席が空く。
R0010229

豆柴こむぎちゃんとニアミス。タッチの差で会えなかった。
(リンクの記事は別の日ですが)

       「あ、おかえりー」
R0010230-1
狭いね、ポワ(^^;)

帰宅直前、知り合いのマメさんが元気ない、
と連絡を受ける。
好きなおやつをあげてみて、と言ったら、
それも食べないそう。
しかも、行きつけの病院が月曜休診。

うちがかかっている3院の中で、
その飼い主さんから一番近い病院に、
代理で電話すると、
なんとその病院も月曜午後のみ休診!
(診察券には無休と書いてあるけど、変わった?)
でも、急患の場合の携帯電話を教えてもらえた。
見てもらえる場合は30分以内に折り返しがくるらしい。
(30分経っても連絡こなかったら、診られないということ)

以下時系列。

14:34 A病院の急患用番号に電話
14:45 対応不可な場合を想定しB病院の留守電にも

B病院……1人体制なので、完全留守電対応。
30~1時間くらいで折り返しがくるはず。
(経験あるし、うちが受診中に留守電聞くの見てる)
月曜は開院日。火曜と水曜が休診。

15:04 A病院連絡来ない。対応不能ってことね。
A病院に詳しい人いわく、
「入院設備もあり急患受け入れるという割には
 折り返し来ないんだよね……」

15:45 番号間違えて入れたかと思い再度B病院に留守電
   「待つ分にはかまいませんので、
    ひとまず連れて行っていいですか?」

それでも連絡来ない。臨時休診調べても6月のだけ。
Lisa 気が気じゃなく何も手につかない。
(その間もマメさんは、背眠、食欲不振、嘔吐など)

15:53 飼い主さんが、近所の別の病院と連絡つく。
16:30までに診察終わる。大きな問題はなかったそう。
(以降、投薬、保温など)
     :
     :
     :
     :
20:00 B病院から電話。先生ではなく「受付の者です」。
(時系列ここまで)


飼い主さん自身が手配した別の病院で見てもらえてからも、
一体B病院はどう収める気なんだろう?と思って、
Lisa はB病院への依頼をトリ消さなかった。
飼い主さんの名前は伝えていないし、
他で受診できたし、迷惑はかからないだろうと判断。
(結果的に、この「実験」は大いに意味があった)
ようやく電話が来たのは、初めの電話から5時間15分後!
「急患で見てほしい」と連絡しているのに、ですよ?

「今日はこんな時間ですので診られないのですが……」
と「受付の人」が言うので、
もう呆れて(誰のせいで「こんな時間」になったと?)、
途中で留守電を聞いてくださらなかったんでしょうか、
というと、
「はい、1人で診ているので」って。

(言い返さなかったけど)そんなはずないでしょ。
いつもうちが診察中でも留守電確認してるし、
うちが電話した側でも、1時間以内に電話くれてるじゃん。
だいぶ不信感。

えっと、そういえば Lisa にも落ち度がある。
留守電の時点で、「うちの子ではないのですが」と、
言わずもがなのことを言ってしまった。
それで、いつもはその病院にかかっていない子だと
思ったんだろうか(確かにその通りではある)。
病院の事情を知らないとでも思ったのだろうか。

往診してくれる先生を紹介できますというので、
それは聞いておいた。
テレビで見た、犬猫全部兼の先生では?と思ったので、
鳥の先生ですか?とわざわざ聞いて、そうだと言われたのに、
後で調べたら、やっぱり、全動物の、夜間往診専門の先生
自分が見られないなら、昼間のうちに、
「対応できないので別の鳥病院へ」でよかったんじゃ?

百歩譲って、健常時に一度も診ていない患者を、
急患で突然対応するのは難しいというか、
たとえどんな名医であっても限界があるだろうというのは、
理解できます。
だからといって、(もし理由がそれなら)
もう少しマシな対応があるじゃない?
わざわざ、どこの病院も終わっている時間になってから、
言い替えれば、他の選択肢がない時間になってから、
鳥専門でもない先生(夜間往診なので割高)を教えるなんて。

不信点は大きく3つ。

・急患の電話の返信が5時間15分後。しかも代理の人から。
・留守電聞いていないはずない。特別の事情なら説明すべき。
・紹介された先生は鳥専門ではない。尋ねたのに嘘つかれた。

この先生のことをわたしは信頼していた。
他では聞いたことのないいろいろなことを教わった。
今思えば、行動学にも精通されていたのではと思う。
たとえば、呼び鳴きをしない方法(ここの(3))などは、
うちではもちろん、
それを真似てくれた別の家でも、効果抜群(と聞いてる)。
先生は診察が丁寧だし(愛想はないけど)、
「鳥 愛」に溢れている、と思っていた。
だからこそ、がっかり。

うちが病院に求めるものは、
(ある程度の「腕」は前提にした上で)急患対応。
信頼第一だ。
特に、嘘は許しがたい。

はからずも、「実験」することになってしまった。
皆が皆、不信感から、
平常時にこんな「実験」をせねばならなくなったら、
それこそてんてこ舞いで立ち行かなくなるでしょうに。

   ◇   ◇   ◇

ペレットの話も、病院の話も、
叩きたいわけではなく、情報のひとつです。
ブログで紹介(褒めニュアンス)した以上、
これらの情報も書く必要があると思いました。

以上は、Lisa の主観交じりの文章で、
相手方(先生)の事情は確認していません。
ですが、数値(主に時刻)やセリフなど、
当時リアルタイムで書き残した「事実」であり、
あえて事実と示すために、事細かに書きました。
この事実に基づいた主観ですから、読む方にも、
共有(反論含む)していただけるのではと思います。
「事実を示さず(または誤認し)主観だけの批判」や、
「それを鵜呑みにする人」(どちらも女性に多い)は、
個人的に、こりごりなので……。

   ◇   ◇   ◇

この日、プチポワの放鳥は、夜になってしまいました。
明るさ補正しすぎて、絵みたいになってるけど、
以下、「かいてあげてもかいてもらえないプチ」5コマです。
R0010233-1

R0010234-1

R0010235-1

R0010236-1

R0010237-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年03月30日

昨夜放鳥中にポワの足を噛んで大量出血させたので、
ひトリで目覚めるプチ。
R0010157
     「しょぼん」

当たり前です。
結果的に、彼は11晩に渡り一人寝することになりました。

朝が来るのが待ち遠しかった。
正直、もうわりと慣れっこになってしまっていたし、
6日前に、検査で別の病院に行ったばかりだったけど、
出血がとても多かったので、早々に病院へ。
化膿や感染症防止の抗生物質注射と、
目薬タイプの飲み薬が出る。
特に貧血症状はないそうで、一安心。

帰りに、桜テラス(Lisa命名)でランチ。
ここの桜はまだまだでしたが、塩麹鳥のあんかけ定食。
R0010158

ポワは意外と元気なので、
放置していたフライングタイガーのミニカーに、
備長炭を付けたおもちゃを作って、遊んでみました。

R0010160
       「うふ、のるのかんたん」

強力両面テープで付けただけです。
握力もちゃんとあるね。
R0010161
       「うん、ちょこん」

出来心で重ねてみた。このアクロバットは無理だなw
R0010163

ポワ、野菜を食べる元気もあります。
R0010164
        「おやさいおいちー」

野菜室で野菜を食べるポワと、水を飲むプチ(手前)
R0010166
プチポワの間を、
黒い樹脂製シート(百均のまな板シート)で目隠ししてみた。
わかりますか?

3日前の様子。この時は素通しでお互いのケージが見えます。
R0010124
発情おさまれとは言わないけど、
乱暴なのだけでも、なんとか静まってくれるといいね。

夜、気づいたら、古い本屋さんが閉店してた。
R0010167-1
ま、ずいぶん前から、
ほとんど品揃えのない感じの書店ではあった。

R0010168
跡は、何になるのかな。

帰宅し、プチにも何か、発情の代替行動を、と、やってみた。
あ、奥は鏡なので、倍ごちゃごちゃして見えます(^^;)
R0010169-1
        「にせオープンカーだね」
案外簡単に乗れた。さすがとまり木タイプ。

スケボーも意外と乗れたプチ。
R0010171-1
       「ぼくだってできるよ」

へえー、乗れるじゃん。
R0010172-1
       「なめてもらっちゃ困るな」
ていうかそっちこそ、噛んでもらうほうが困るんだけど!
むしろ、なめてくれ~。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2017年03月29日

(流血画像の前に予告します、苦手な方ご注意)

起きぬけのプチポワ。定位置。
夜間は同じケージで寝かせています。
R0010138
仲良しに見えるけどねー。
昼間は同居させられない事情がある。

Lisa は鳥トモさんと、高層階(?)ランチへ。
R0010144-9
チキンのフリカッセ+ケーキ盛り合わせ
コーヒー付いたと思うけどトリ忘れた。

これが学食なんてー!(◎_◎)

帰り道。このちょんちょんしてるのは、セキレイでしたっけ?
R0010145

R0010146

R0010147

プチポワは、ケージ上(暖突とビニカバーの上)で水浴び。

プチの水浴びは、風切羽がすっかり生え揃った今も、
うちに来たばかりの羽切の頃と同じにずんぐりしている。
R0010148-1
 「ずんぐり」

ポワの水浴びは、鳥らしく勢いがあってカッコイイ。
(プチのケージ上だけど、ポワです)
R0010149-1
   「ばさー」

R0010151-1
   「ざぶー」

ま、プチはプチで、マニアックな愛嬌もあるのですけど(笑)
R0010152-1
  「浴びたよ? 前髪がイワトビになってるでしょ?」

夜、寝かせる間際、姿見にとまるポワを見て青ざめた。
(この後、血の画像が出ますので、ご注意ください)








        3
        ↓








        2
        ↓








        1
        ↓









この上にとまってた。
映り込みがあるので二重に見えるけど、
20cmくらい?血が流れていました。
(布は単に写り込みで、血が垂れたのは鏡だけ)
R0010155
画像は、ポワを止血して、
プチだけ寝かせて(写りこんでいるのはおやすみ布)、
ポワのフォローをしてプラケに寝かせた後なので、
30分くらいは経ってたと思います。

その直前、「ピピピピピ!」ともつれあっての小競り合いに
気づいたけど、血は出なかった、と安心してた。
その後、ダーッと出たのでしょう。
目を離したのは、せいぜい1分。

そう、プチは、こう見えてDVなのです。
うちに来たばかりの頃、たびたび Lisa のことを、
とんでもなく痛く噛んでたのは、半年足らずで直ったのに。

数か月に一度、プチがポワの足を噛む。
だけど今回は、この8日前にも流血させてる(T_T)

ポワを連れて行こうとすると噛みがちなのはわかったので、
2羽でいる時、プチを避けてからポワを乗せるようにした。
それ以外は、2羽で突然始まることもあるので、
どんな時スイッチが入るのかわからなくて……。
「発情の一環では?」という人もいるけど、
発情のたびにメスを傷つけられるんじゃたまらない。
子孫を残すことより、ポワがケガなく暮らせるほうが大切。
それで、我が家はケージ同居はあきらめることにしました。

今夜は寝るのも別々。
(ポワは Lisa の枕元で様子を見ます)
プチは一人で寝て、反省しなさい。

プチ、くちばしも(上下)切ってるんですけどね(T_T)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)

(23:00)

2017年03月27日

『鳥トレへの道』シリーズです。
昨日の記事は、なぜその教室が良かったかについて、
加筆しましたので、よければまた見てくださいね。

クラス初参加の翌日、起きぬけのプチポワ。
あら、位置が左右入れ替わっています。
R0010118

日中のケージに移し、
Lisa が朝一の術後健診(3か月ごと)から帰ってくると……

(ビニールカバーごしですので見難くてすみません)
いつも通りにも見えるけど、プチ(左のケージ)が、
R0010120
(この時、別居ですがポワ側に巣箱を入れていました)
(ビニカバーが光っているあたりにポワの尻尾が見える)

時々背眠していました。
R0010121

え、寒いの?(この日も冷たい雨)
具合でも悪いの?

とまり木を上にずらして暖突に近づけたり、
高カロリーのヒマタネ与えたり、
大好物のおやつ『かじりま専科』をトリつけたり。

気になりつつも、Lisaは、予定の外出へ。
(短時間なので)

のはずが、ちょっとした番狂わせで、
ひとりランチになったので、
この日のラッキーフードだったエビチリを探す。

結果、ちとマニアックな中華屋さん初訪(^^;)
R0010122

狙い通りエビチリ。
R0010123

中森明菜『十戒』広東語版…張学友「局外人」
(↑ぐぐった)が流れていた。なぜか男性ボーカル。
(日本でいうところの徳永なんじゃ?と、
 Line相手の推測^^)

この時は知らなかったけど、
これってジャッキー・チェンなんですって!

帰宅すると、少し活性化していたプチ。 (^m^)
R0010124
『かじりま専科』に夢中だけど、また背眠。

15時半頃、背眠改め、じっと前向き、になる。

ベリーも食べた。
R0010125
うん、大丈夫そうです。
昨日のクラスで、意外と気を張っていたのかな?

昨日の今日ですから、その気になって、
暮れに買ってほぼ放置だった、ミニスケートボードで、
ポワにトレーニングしてみました。
R0010126
   「ちゃんとのれたよ」

ちなみに、後ろに見えるのは、当時のおもちゃほぼ全部です。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年03月24日

プチポワ、バードテントで、
この日は互い違いに寝たみたい。
R0010018-1
      「おはよー」 「もう朝かー」

明後日初めて参加するトレーニンクラス。
必要な診断書の期限が4/7で切れる
(1年以内の診断書提示が求められる)ので、
プチポワは健康診断に行きました。

その前にまず、ランチ。
プチポワはバッグの中。お店の人に許可をトリ、
回転一番乗りの予約で、鳴くなどしたらすぐテラス席へ、
という手はず。一番テラス寄りの席にしてもらいました。
R0010019-1

グリーンスムージーのランチ。
選べるメインはグラタンに。
R0010023-1

R0010024-1

そこから病院まで、30分歩きました。
(歩いても電車でも30分かかる)

前回の健診は1年弱前です(記事はこれこれ

着いたよー。
R0010025

一通り終わってホッとしているプチポワ。
今回も、血液検査アリです(PBFDとクラミジア)。
R0010026

今回、「ペレットは各社混ぜてはいけない」と初めて聞いた。
え?
ええっ?
「外国製が多く入荷が不安定なので、いろいろ慣らす」
のが定説よね?
Lisa はいろいろトリ揃えて、どれが好きかな?と
ペレットバイキングまでしましたよ。

「混ぜちゃだめって言いましたよね。みんな忘れるのよ」。
いや、この場では言わなかったけど、
絶対それは聞いてません。初耳です。

成分が各社違うので、いろいろ混ぜると、
ある成分が過剰になったり、逆に足りなかったりになる、
という説明だったのだけど、
うーん、聞いてる時から「???」だったし、
立て板に水でしゃべる先生なので、
あとで確認しようと、トリあえず続きを聞いていたら、
次の患者さんが来てしまい、聞けずじまいだった。
いつもより短い診察でした(でも1時間弱)。
今思い返しても、疑問だなあ。

各社配合が違うからこそ、
一社だけだとむしろ偏ってしまうんでは?
うーん。
ひとまず、「同時に2種類以上与えないほうがいい」
という意味かなと解釈することにしました。
一袋食べきったら、他社製品……これならどう?
次回、確認してみます。(1年後かもですが)

鳥病院のインテリアは可愛いね。
R0010028

参考まで、我が家でこれまでに食べたペレット。
・ズプリーム
・ラウディブッシュ
・トータリーオーガニクス(食べたが体調不良に)
・えとぴりか
・ハリソン
・イースター
・黒瀬ペットフード
・ラフィーバ
(その後、2018年8月までに、
 ・シッタカス
 ・ケイティ)

よそで、食べないので諦めたというのを
引き取ったこともあるほど、なんでもいけます。(^^)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)


(23:00)

2017年01月01日

そもそもリアルタイム記事がろくに書けていないのに、
振り返るも何も、初めて書く話になっちゃうわけですが、
他の皆さんを見習って、
無理やり「振り返る」形式にしてみる。

1月
Lisaの母を「餌くれる人」認定したポワ、
母の指で勝手に回る。
R0020511
「このヒト、きのうおやつくれた♪ ちょろいちょろい」

2月
プチがベランダから消え、外で1時間後に戻る
本当にごめん。
R0021520
    「にぃに……涙」 「ぼくもわけわからん」

3月
うさ耳撮影。舶来フォージング器に慣れる。
恒例の、花見通いが始まる。
R0021640-4
    「ラブリー甘党男子♪」   「うさぎは赤目よね」

4月
健康診断やマメ連れもふ会に行く。
もふ会後に妊活同居スタート。
           「おやつみっけ!」
20160423_52
「こまめたんのでちゅ」 「せんぱいをうやまうものよ」

5月
折り畳みキャリー(ナイロン製)導入。
プチが意外と絶倫で夜の相性イマイチの疑惑。
R0023712-1
 「衝撃吸収力が増したらしい」 「まどがあみあみ」

6月
別居後にポワがケージ内の何かにより負傷、
左第四肢の爪からけっこうな出血。
R0024420
 「にぃには、かんでないのに」

7月
誕生祝にお邪魔したのにこまめちゃんにいばる。
こまめパパさんの腕の上でアダルト!?
17こまめちゃん誕生日会_170101_0059
 「あがが、やきがしだって」 「届く~?」

8月
「輪投げ」と「星集め」芸ができるようになる。
  「ぼくはくわえて遊ぶほうが好き。縦にね。アガガ」
R0026493
R0027459
 「でもあつめるとごほうびだよ」 「仕方ないなあ」

9月
鳥雑誌の取材来訪、心臓に毛が生えていた。
妊活同居再開。7歳&3歳になる。
R0026129
「取材時の写真ないんだって」「Lisaがトリわすれた」

10月
掲載誌発売。
プチX線写真をトリ、精巣腫瘍はないとわかる。 
R0026621
 「あ~れ~~~~~~~~~

11月
ポワ6月負傷の爪を完全に失うも、紅葉を見る。
七五三や酉の市に行く。
R0026896-3
「晴れ女って言ってたよね?」 「めっちゃあめやん」

12月
見慣れぬ真っ赤が怖くて、クリスマス写真にてこずる。
R0028168-1
「こんな色で床コロ無理!」「ニギコロがせいいっぱい」

さあ続いて新年の記事は、
……書けるでしょうか(笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(13:00)

2016年04月13日

久々に開き画像を撮ってみました。
ちょっと気になることがあり……
詳細は後ほど。


R0022914


R0022917


R0022918


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(18:00)

2016年04月08日

昨日よりさらに寒いくらいで、
なかなか桜のテラスに2羽を連れて行けません。

今日も、Lisa だけでランチ。桜テラス5日目。
月をまたいだため、日替わりが組み替えられて、
木曜に食べたのと同じになってしまったので、
レギュラーメニューの中から、
さわらの燻製西京焼き定食。
R0022638
あっ、レギュラーメニューだと小鉢が付いている?
というか、野菜系別盛りというほうが当たってるか。

定食越しの桜。
R0022640
さわら燻製西京焼き、美味しかった。
燻製料理って、そんな特別好きってわけでもないんですが、
これは、燻製料理の真髄発揮という感じでした。

R0022644
気温低いせいで、鳥は来られない代わり、今日もまだ満開。

R0022641
先日も書いたけど、横断歩道から5m以内は駐停車禁止
(これ書くに当たって、ちゃんと道路交通法を調べた)。
だからこのテラス範囲が車でふさがれることはないはずなのに
いつもこうなるのよね。
Lisa がいかつい外見か武道の達人だったら、指摘するのに。

(続きます)

今日も留守番だった2羽。
R0022645

血液検査後の爪は、かなり痛々しい。
R0022646


先日購入の、コンビネーションフィーダーを試しています。
R0022654


(続きます)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(18:00)

2016年04月07日

(「自転車操業」という言葉がちらっと浮かぶけど、
 詳細はのちほど~)

で、昨日の健康診断の件です。
聞こうとしたこと。
(1)プチの食欲不振?
(2)繁殖のこと
(3)繁殖期以外の産卵について
●火事や水害の避難時に果実酒用4L広口瓶を使えるか
(●は、なんと聞き忘れました)

派生して聞けたこと。
(4)PBFD検査陰性は絶対ではない

プチ変顔。
R0022598
「ぼくの悪口言ったでしょー」 「だってにぃにおもいもんね」

プチは32gでしたが竜骨周りがムチムチ。
「ムチムチ」とカルテに書かれました。 (^^;)
これはもうずうっと、30gだった時もそうだったんですが、
ママりんさんが可哀想がるほど食事制限してるつもりでも増。
本気でダイエットしなきゃダメかも。

R0022599
「こ、このへんがムチムチ?」 「わたしのは巨乳だけどね」

(1)プチの食欲不振?へのシードの工夫
おやつ時プチは、観覧車のオーツ麦は食べるけど、
フォージングの小シードには関心が薄い。
オーツ麦と小シードは日を分けるべきか?
ペレットにさえ、関心が薄いこともある。
……との問いには、
おやつは必ず与えなきゃならないものでもないし、
ムチムチなので、与えなくていいんじゃ?とのこと。

R0022600
「えー!かわいそうでは?」 「わたしのもどうなるの?」
そう、かわいそうだし、同時放鳥に難ができるので、
量だけ減らしてみようかな。

(2)繁殖のこと
同居開始で2羽同時に発情させることが大切。
そのためには、普段は発情抑制すること、
同居させたら、入り口以外の三面は布で覆ってしまって、
極力外部の刺激を遮断し、放鳥もやめるほうがいいそう。

R0022601
「ラブラブしんこんせいかつってわけね」「放鳥なしとは!」

で、同居ケージは必ず、どちらの家でもないものを。
「相手が侵入してきた」じゃなく、
2羽とも「ここはどこ?」となるのがいいそう。
すると2羽で初めは探検して、
その共同作業と、放鳥もなくて他にすることがないため
仲が深まるらしい。
それでも、
手乗りの子ならそれで飼い主から離れてしまうことはなく、
卵を産んだら、いくつ産んだ?とかのぞいても大丈夫、
むしろ見せてくれるでしょう、とのこと。

R0022602
「うーん、それはどうかな」「そんな先のことはわからない」

片方が発情していなかったり、
「侵入者」扱いになってしまったりすると、
ひどいと殺してしまうって。

あるセキセイで繁殖が終わり別ケージにしていたものを、
ケージを減らそうと、「君たちは前につがったでしょ」と
メスのケージにオスを入れた飼い主さんがいて、
メスだけが発情し、しかもメスのテリトリーだったから、
翌朝オスは噛み殺されていたんですって。

R0022603
「こわっ!」 「あのおちょぼ口のセキセイが?」
だから、ラブバードやマメルリハはなおさらだって。

自分が発情して、相手がその気がないと……、
正確には、同じ巣に入った(飼育下では、鳥の意志でなく
飼い主の思惑なのだけど)くせに交尾に応じないと、
殺しちゃうってこと!
鳥のDV恐ろしい~!!

R0022604
「よくわかんない」 「そんなの本能なら責任ないし」
ここまで、昨日の夕方の放鳥画像でした。
健診の話は後半へ続きます。

今日もお昼は燻製居酒屋でお花見ランチ
、に続き4日目)。
ちょっとひんやりなので、Lisa のみです。
目の前の桜は、東京平均よりは遅咲きだったので、
まだまだ満開。

R0022610-1

日替わりランチは、和風おろしハンバーグ定食。
R0022606

なんと、苺のムースケーキをいただいてしまった!
R0022616-1
えー!そんなメニューないのにどうしてどうして??
(前夜に誕生パーティーの席があり、
 用意を頼まれていたのの余りだったそう。 ^^)
ラッキー♪ おこぼれありがとうございました。

ただいまー。
R0022626
「おかえり」 「ケーキのにおいがする」
(ウソです。鳥は鼻は良くないのでは?といわれています)

閑話休題。
(3)繁殖期以外の産卵について
人間でいう生理みたいなもの、という意見を聞いたのだけど、
自然下で、相手もいないのに無精卵なんて産むかしら?と
どうしても釈然としなかったので、聞いてみました。
よその鳥先生がそう言ったらしい、というと先生は、
たぶん、先生が間違ったわけじゃなく、
受けトリかたが食い違ってしまったのではないか、
無精卵を産んでいいという先生はいないと思う、とのこと。
卵を産むということは、そのたび、
「最大の細胞」である黄身を作り、殻を作るということ。
生理というより、
毎回胎盤ごと出してしまうくらいの体の負担、だそうでした。

R0022627
「ということは、違う意見だと?」 「どうなのー?」
うーん、向こうの先生のは又聞きだしわからないのよね。
Lisaもここで、正しく伝えられているかどうかわからないし。

なんか、いろいろ解説してくれる病院ほど、
飼い主一人で健診行くのもったいないような気がしてきた。
ここの先生は、初めだけ特別なのかと思ったら、
毎回、1時間の講義を聞いたような気分になるもん。
で、「知らなかった! 目からウロコ!」と思うんだけど、
どのくらい正確にブログに書けているかはわからない。
異議を唱えてくれる人でもいない限り、
Lisa が伝え違ったり先生が間違ってたりしてもわからない。
それは他の病院と他の飼い主さんでも同じことで、
いざ意見が違ってみないと、お互い気づけないってことだ。

次回は「親戚」として鳥トモさんに立ち会ってもらおうかな。
で、他のとこへも付き添いで行ってみたい。

R0022628
「いざという時預け預かる仲だしね」 「しんせきふえるー」

ちなみに、オスの場合も、
今まではなかった、臓器の資料画像があって、
通常時のものと、発情中のもの。
(類似画像をネットで探したけど、ないみたい)
普段は米粒くらいの精巣と、
尿管と見分けが付かないくらい、埋もれている精管が、
発情中は大きなボールと蛇腹ホースぐらいになっていて、
常時発情していたら、小鳥の体温にさらされて、
精子がみんな劣化してしまう、というのも、
視覚的に実感できました。

R0022629
「ひゃー、そんな丸秘画像を見られたか」 「すごいー」

(4)PBFD検査陰性は絶対ではない
大雑把にいうと、オウム目の鳥のエイズみたいなもの
空気感染します。2016年現在、治療法はナシ。
去年横浜の病院で検査した時、
他の鳥と接触しない限りはもう受けなくていいと言われた。
けど、信頼する子ばかりだけど他の鳥さんと接したし、
今度もそういう場があるので「念のため」のつもりだった。
けどこちらの先生は、
ウイルスが必ず採取できるとは限らないので、
陰性でも安心とはいえないとのこと。
特に、ウイルスが血液中に存在する段階を過ぎて、
臓器や組織に潜んでしまった場合、発見は困難
(なのに、発症力、感染力ともにある状態)。
つまり、検査は受け続ける必要がある。

R0022632
「ええー!」 「ショックだー」

今回、爪を深爪気味に1本切って、
ほっそーい、針も通らないような短いストローを押し当て、
その中に1cmくらい?血を採ってた。
PBFD検査は外注だから、その機関のキットなのかな。
その時の画像が、昨日の「タオル巻き状態」でした。

2羽とも、左の前肢の長いほう(第3肢?)だったのだけど、
ポワは2月3月、プチは3月、爪切りしてないにも関わらず、
どの爪も短くて困ったな、という感じだったらしい。
備長炭効果!

R0022631
「寝るとまり木を備長炭にしたら伸びなくなった」「いいね」

実は今回、初めプチのプラケに大きなフンが二つあり、
これ各3回分のフンよ、なんでタメフンなの?と言われ、
初めてタメフンに気づきました。
ケージをねぐらじゃなく巣と思ってるんじゃ?
巣を汚したくない気持ちの表れじゃ?
とも言われたけど、普段はケージで小さいフンだし……。
「すき間覗いてることもあるし、発情かもしれません」
と言ったら、ちゃんと見ておくように、
どこにどういうフンをいつするのか、
毎日同じ時間に掃除をすることで観察しなさい、
とのことでした。

R0022633
「そんなのジロジロ見られるのかー」 「ぷらいばしー……」

それと、別病院での12月の健診で、
なにやらちょっと言われたことを、
全然深刻そうではなかったので忘れてしまい、
「消化がちょっと……悪かったんだったかなあ……」
くらいにしか言えなかったら、
たいしたことないかどうかなんてわからないし、
ちゃんと覚えておくべきで、観察するべきだと、
ダメ出しがありました。
確かにそうです。 (^^;)

#後日、前回の病院に問い合わせたら、
フンの中に脂肪滴が、基準値以上にあったそう。
脂肪が消化されきってないわけだけど、
換羽時なんかにわりとあることらしい。
かといって、痩せてくわけでもなかったし、
たぶん今回は出なかったのだと思います。

昨日の検診の話はこれで全部です。
はー、やっと書けた。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

2016年04月06日

すみません、またまた、追いついていなくてまずは予告です。
(4/1分の記事まではアップしました)

ママりんさんにいただいた、キクスイさんのオーツ麦が
やたら巨大なんだけど、どういうことかしら(笑)
左上のこれが、普段与えているもの
      ↓
R0022617
どーん!
立派すぎる。

たとえは悪いけど、中国産野菜のようなデカさ(笑)

どうも、食べているところを見るとこれまた大きな殻が
ごろりと落ちるので、殻付きオーツ麦なのかな。
オーツ麦は皮が薄いと思っていたけど、
あれは剥いた状態で、中身の薄皮だったのかな。

- - - - - - -

さてさて、今日はまた、燻製居酒屋の桜テラスでランチ。
普段は土日はランチ営業なしなんですが、
目の前の公園でイベントがある時だけ臨時営業です。
臨時営業は、1年中で、この時期に2回あるだけかな?

R0022562
   「こんにちは。あら今日は Lisa さんだけ?」
近所のこのかわい子ちゃんも一緒ですが、
近所の妹弟分は、長いお見合い中のためお留守番、
うちのブリッコとオッサンも、気温が低いため留守番です。

目の前は桜まつりですが、屋台越しにステージがあるため、
出し物は音だけ聞こえてくる感じ。
ちなみに、この桜まつりがこんな満開ドンピシャになるのは、
ちょっと記憶にないくらい珍しいと思います。
毎年たいてい、とっくに葉桜になった頃に開催しています。
R0022559-1
おまけに、ほとんど毎年雨に降られていたはず。
運営側にとんでもない雨男でもいるんでしょうか。

なお、このテラスには雨女と晴れ女がいます。
たいてい晴れが勝つのですが、今日はどんより。

日替わりランチは燻製カレー。
R0022558
量が違う?と思ったかた、お目が高い。
わたくし大盛りですの(笑)

和太鼓に怯えて、珍しく抱っこのこむぎちゃん。
R0022565-1
  「重低音キライ」

R0022567
オプションで100円のコーヒーを飲む頃、
こむぎちゃんも落ち着きをトリ戻す。
R0022566
  「お琴はいいけど太鼓はヤな感じ」

お店を出て、ステージ側もちょっと見る。
R0022569-1
よさこいの団体。

R0022623-1
可愛いペンギンの組み木は¥200
(上のをばらしたのが下の状態です)

R0022587
猪苗代観光協会の桜餅と桜大福は各¥100? 失念。

ここできよさんたちとバイバイして、
今度はプチポワを連れ、我が家は健康診断へ。

R0022573
「都立家政」駅のキャラクター、かせいチャン。
(「都立家政」学校は今は改名しているそう)

毎年9月に来る病院だったのですが、
なぜか8月からずっと休診だったのです。
毎週のようにチェックして3/31から再開と知り、早々に予約。
ああ久しぶりー。
R0022574
     ↑
この中にプチポワ

バッグの口の巾着カバー(ピンクのところ)の中に、
フリースのブランケットで包んで、
ゴムバンドで開かないようにしたプラケ2つ。
R0022575
温度計も付けてますが常時20度以上あったので、
ブランケットだけで、カイロなどの熱源は入れてません。

診察に怯える(?)2羽のむこうに、白衣の先生。
R0022576
「いやな予感がするよ」 「にぃにちょっとオモイもんね」

フンの検査、そのうの検査とともに、
今回はPBFDの血液検査もしてもらいます。
採血用に、タオル巻きにされるポワ。
R0022577
「あれっ? これっておっトリチカちゃんっぽくない?」
チカちゃんといえば、こんな巨乳美女だって。すごいねー!

長くなるので、健診の詳細は明日の記事に書きますね。

最寄り駅に帰ってきたら、もう屋台は撤収してました。
R0022580
これはプイの桜
手の届く下のほうにも花があるので、
近々プチポワをトリに来ましょう。
鳥居の桜は、下枝を切られてしまって去年からダメなんだ。

リセットしてなかったので、ここ3日間の最高最低気温。
R0022571-1
今日の気温は、22℃よりは低く9℃よりは高いということね。

健診に行っている間の最高気温は次の通り。
左が室温(=バッグ外)、右がバッグ内。
R0022586-1
やっぱ病院内は30℃なのね。
先生すごい。Lisa は30℃の中では働けません。 (^^;)
けど、9月末だと例年「あづ~~~」って感じなのが、
今回はキャミ姿になることもなく比較的楽でした。

今までは、1月、5月、9月で、
1月は(移動中の保温が心配で)近所の病院にしていたけど、
ちょっと、ローテーション順を変えてみようかな。

R0022593-1
帰宅後放鳥できました。
写真枠が尽きたので、続きは明日~。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


今日のニュースより。
4/2は国際ピローファイトデーといって、
年に一度、思う存分枕叩きを楽しめる日だそう。
ドイツやアメリカや香港で、大勢の人がストレス発散し、
「広場には、たくさんの白い羽毛が舞い散りました」
だそうな。

ちょっと、ねえ。 ( ._ .)
その破れた枕のために、またどれだけの羽毛が採取されるの?
そのイベント、せめて羽毛製品禁止にしない?
舞い散るのが楽しいなら、シャボン玉でもすればいいじゃん。


(16:00)

2016年03月11日

朝の最低気温が12.5℃。うそー!
ほんの10日前、0度とか1度とかだったのに。
この時期とは思えない、生ぬるい空気。
R0022008

「かふんしょうのみなさまにおみまいもうしあげます」
R0022010-1
「ポワちゃん、カートに気づいてないね、ぷぷぷ」

「Lisa が監視員タイムの活用をたくらんでるね」
「めをはなさないでできることをしようとしてる」
R0022013
じゃないと続かないもんね、2時間も3時間もさ。

「ベランダで昼ごはんを食べるようになったじゃん?」
「わたしたちのおやつといっしょにね」
R0022014
「お味噌汁にはフタを」、「ドリンクは小さなぐい飲みで」、
などいくつかルールもあります。

「さっき、ご飯の中に異物混入してたらしいよ、ぷぷぷ」
「いぶつこんにゅう?」
R0022015

そう、Lisa の主食・寝かせ玄米(酵素玄米)の中に、
あずきそっくりの、あずき色のファスナーが。 (^^;)
R0022012
ただし、明らかに我が家で混入しました。
この間取れてしまったファスナーなので。
口の中でガリッてなった時はびっくりしたよー。
歯じゃなくて良かった。

プチ出てきた。
「歯なんてなくても平気だよ?」
R0022017
平気じゃないよー、ヒトは筋胃はないんだからね。

狙ってこない鳥たちなのをいいことに、
チョコもちょこっと食べる Lisa。
昨日またアウトレットで買ったのだけど、
ドーム型のチョコの中に3つだけ、
ミッキーマウス型のが入ってた(笑)
R0022007-1
ちなみに、400g入ってて700円です。

そうだポワ、脇の下の写真載せる約束があったのよ。
ちょっと見せて。
「いいよ~、パッカーン」
R0022018
ポワの左脇。ハゲてます。

「カメラへたなんじゃないのお?」
R0022019
右脇。左手でシャッター押すの難しいのよ。

「みせるのはいいんだけどさー、みださないでよね」
R0022020
きれいに直しといてね。

「わわっ、チョコのにおいついたんじゃね?」
R0022021
つけてないよ~。ポワって嗅覚あんまり鋭くないじゃん。

「いんや、ミッキーマウスのストロベリーチョコのにおいよ」
R0022022
ストロベリーはともかく、ミッキーは匂わないよ。 (^^;)

「どしたー?」 「あっ、にぃに」
R0022023
気になって寄ってきたプチ。

「ちょっと Lisa にからんでた」 「かまってチャンだなあ」
R0022024

最高気温33℃でした。暑いってばー。
R0022025
不調だった腰が良くなって、夕方のヨガも久々に行ったら、
自転車ですでに、汗だく。 (^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(18:00)

2016年03月10日

昨夜からずっと雨。
朝の最低気温が12.6℃!
しかも最低気温が午前9時直前って……。
R0022002

青森で買った「せんべい汁」のせんべいを
お味噌汁に入れて消費してたら、
スープもセットになってたことに途中で気づく。
せんべい少なめになってしまった。
R0021998

■ 巣鴨ときわ食堂

R0021999
遅い午後、この日の開運メニューのカツ丼を食べて、
玉子はもう少しとろりのほうがいいなあなんて思ってた時、
その知らせは届いた。

空くんのママさんのブログの検索ワードに、
「マメルリハ リサ 発情」というのがあったと。
20160307_1457-1

は?
わたしの知る限り、リサちゃんというマメルリハは、
空くんの去年亡くなったおばあちゃんだけなんだけど、
これは飼い主の Lisa のことなんでしょうか。
Lisa は発情してないぞー! (^^;)

「ぼくたちのことなんじゃ?」
     「わたしがたまごうんだことないから?」
R0022000
ならせめて、「発情抑制」にしてほしかった。 (^^;)

「たしかに、ぼくも『ダンス』しないし」 (♂の発情行動)
   「わたしもヒコーキポーズもないの」 (♀の 〃 )
R0022001
そうなのよね。
でもさ、Lisa の知名度なんて、
プチポワのさらに20分の1以下だと思うんだけど、
なんで「リサ」?(笑)
#2羽がバーベキュー網に転がっている理由はコメント欄参照

じゃあ、そのどなたかのご期待に沿えるかわからないけど、
うちの対策を書いておきますね。

3つある主治医のうちのひとつが、
去年8月からなぜか休院中(事情不明。心配しています)の
中野バードクリニックなんですが、
そこの先生に言われたのは、
・起きている時間が長くならないようにする
鳥本来の「緊張感」を与える(詳しくはリンク先の記事へ)

おもちゃは、発情対策の奥の手としてとってあったのですが、
ムダ発情で困ったことが実際ないこともあり、
現在はケージ内おもちゃを解禁しています。
それと、冬でしたからキャリー散歩はしていません。

その他、太らないように体重管理はしています。
2羽とも、30~32g。
主食はペレットで、痩せない程度の量を測って与えます。

「まず、うちは2羽別居だもんね」
   「うん、となりどうしだから見えるけど、べつべつ」
R0022004

「起きてる時間、うちは8~10時間」
   「あさなかなかあけてくれないよねえ」
R0022005
冬はたやすいのですが、日の長い夏季は大変です。
夏場に1日中出かける日は、暑さ対策も兼ねて、
窓から光が差さない北側のキッチンに置き、
タイマー付き照明で、起こして寝かせます。

「あとポワちゃん怖がりだから緊張感はあるよね。ふあーあ」
  「そうなの、じどうてきにきんちょうかんよ」
R0022006
外が青く見えるけど、夕方です。
室内が電球色のLEDなのでカメラの色調整をしまして、
そのため外光部分は青みがかってしまいます。

よく言われる、「メスの背中を触らない」などは、
うちはあんまり気にしていなかったなあ。
関係ないけど、ポワのニギコロのお腹(おちり?)は
毎日のようにくんくん嗅いでます(笑)
皆さんのお宅では、どんな発情対策されていますか?

最高気温は最低気温のわずか2℃違い。
あ、これはベランダの話で、
今日は室内放鳥でしたが、室内温度は不明です。
R0022003


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(17:00)

2016年03月07日

Lisaは、7カ月も熱望の末、某音楽系グループに入りまして、
この日が初の練習日。
「会員」じゃ軽いと思って、
「部員になったの~」と人に話してたら、確認メールの文面、
「隊員の皆様へ」。
「隊」だったのか! (^^;)

自己紹介や、ひとふし披露(?)したりすることもなく、
淡々と終わり駅に向かい、あら解散なのかな?と思ったら、
「ランチに行きますよ」、と。ああ良かった。 (^^)
R0020877

■ 月むら

R0020875
天丼定食。同じものを頼んだもう一人は食べきれず、
他の人はもっと軽いセットを頼んでいた。
完食したことにより Lisa は小食でないことがバレる。

まさに今日結果が来た先週の血液検査で、
もう貧血ではないんだけど、
習慣で、セットのドリンクはオレンジジュースに。
(食事前後30分のコーヒーや紅茶が、
 含まれるタンニンが、鉄分吸収を阻む)
R0020876

でも急いで帰ってきたよ~
「おかえり。れんしゅうのせいかはあった?」
「あさが来た、とか、徹子の部屋、とかやらないでしょ」
R0020878-1
うん、家での自主練は脱線ばっかだったけど、
ちゃんと楽譜もらえたから、今日からはバッチリよ。

ところで、『ほくのたこやき』のうりちゃんは小足で、
りゅうくんは大足(かつウンコマン)
なんだって。
プチも大足っぽいらしい。でもポワはいつもグーだから……

……見せなされ。
「え?」     「な、なに?」
R0020879-1

プチちょっとさ、足が見えるようにして同じ距離で並んで?
「えっと……おたおたおた」  「??」
R0020880

同じくらいの距離で、ってば。 (^^;)
「えっ、ぼくがまだ近い?」 「にぃにもっとこっちこっち」
R0020882-1

足を横からトリたいからさ、カメラ回り込めないのよ。
「えーと、バックって言われましても……」 「にぃに~」
R0020883

「こうか!……え?」 「もう、じゃあわたしがまえにでるわ」
R0020884

「みてくれこのあし、みてくれこのあし」 ←伝説の競馬実況
R0020886
で、でかっ!
いやいやいや、比較対象が必要なのよポワ。 (^^;)

「ふん、おなじきょりってむずかしいわよ」 「でしょ?」
R0020887-1
というわけで、最後まで比較できないままでしたが、
どうでしょう?
ポワはもしかしてプチ以上に大足なのでは?


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)