2016年08月

2016年08月07日

一昨年去年に続き、今年も初日に行ってきました、
バード&スモールアニマルフェア
いや、鳥トモさんの多くは2日目に行くと知ってましたが、
2日目はどうしても別件があり、
原点に戻り(?)、単身乗り込む。

R0025285-1

ですが、今回ばかりは辛口レポです。
・会場が、周りに食事処皆無の僻地だったから
・マメグッズがほぼなかったから
というのも大きいと思いますが、それだけかしら?

R0025335-1

会場は、去年までのさいたま新都心から、
流通センター(平和島)になりました。
都内なのに、所要時間も交通費も高くなった。
ぼったくりモノレール沿線ですから。

R0025339-1

まず、去年と全く同じ過ち(開催2日前までしか
前売料金じゃないことに、前日気づく)を犯す。
当日券は、チラシを持っていくと割引になるんですが、
WEBチラシのスマホ画面でも大丈夫でしたよ。
当日券売り場も、屋外ではなく並んでも暑くないけど、
やはり事前に入手しておいたほうがスムース。

R0025329-1

9:40に並び始めたんですが、すでに50番目くらい。
会場は、10分フライングで9:50に開けてくれました。
が、「倍になった」と噂の会場、ちっとも広くないんです。
よく見れば、品評会のケージ間の通路がムダに広い。
物販ブースは相変わらず狭く、1列にしか入れず、
順番待ち。
品評会なんて(それがメインなのか知らないけど)
人はガラガラなんだから、そんなに場所いらないじゃん。

R0025295

Lisa は真っ先にセミナー会場に急ぎましたが、
Lisaより前の50人の大半が、あるコーナーに並んでいた。
それは、シマエナガのがまぐち。
以前もどこかの鳥イベントで、
あっと言う間に売切れたと聞いたけれど、どれどれ。
R0025293-1
だけど、白文鳥が¥4,000で、シマエナガ¥3,500ですって。
ええー!
確かに可愛いけど、ええー!

R0025291
「てのりちゅっちゅ」勢揃いを見る(ただしディスプレイのみ)

あーまたダラダラ長文になりそうなので、箇条書きで。

良かったところ
・駅から1分
・チラシをプリントアウトしなくてもよかったこと
・10分早めに開場したこと
・去年同様、廃番品処分セールに滑り込めたこと
・ついに、HOEI21手のり(小型のケージ)に使える、
 外付けバードバスにめぐり合えたこと
 #後述します
・黒瀬ペットフードさんの赤い袋が可愛い。

R0025294

ダメなところ
・マメグッズがほぼなかった。以下いずれもブルーのみ
 「おつかインコ」トート
 羊毛フェルト作家ぴよぴよガオーさんのみかんネット
 「イロトリドリ」の缶バッジ
・ぼったくりモノレール沿線なこと
・人の疎密に合っていない空間配分
・安くない入場料かかってるんだから、
 物販は市価より安いのが普通では?
 むしろ高く売っているものが目に付いた。
 HOEI21手のり(ケージ)が¥5,900
 (定価がそうだとしても、市価¥4,000くらいよ?)
 我が家近所で¥1,600のモップスリッパが¥1,728など
 (↑後者撤回します。単に消費税表記の問題ですね)
・ある講師が、
 マイクの持ち方が悪く、ボソボソ聞こえない上、
 フィンチとインコの足の違いもわかっていない。
 ご丁寧に「インコも同じです。指3本を前、
 1本を後ろにして○○します」なんて言われて、
 聞く気しますか?
 司会者がフォローもしない。
・とにかく食事処がない!
 もともと過疎地帯な上、数少ない店も土日は軒並み休業。
 調べていった店は、「移転」と「土日休」だった。
 分煙の、小さなタリーズがあるだけ。禁煙席は当然満席。
 その隣のローソンは、イートインコーナーではなく、
 席のないカウンターだけで、飲は可だが食は不可だそう。
 会場内は、6人がけ×12卓のみ
 メニューは、焼きそば、カレーライス、ワッフル、
 おにぎりセット、サンドイッチ。
 このイベントは、昼はまたがずさっさと帰れということ?
・セミナー受講と飲食コーナー利用以外は座る場所がない。
 多くの人が、立ちっぱなし歩きっぱなしよ。
・「オウム・パロットの楽しいおしゃべり自慢」のセミナー
 #後述します。

R0025318-1
ローソンのカウンターで立ち食いしたウチカフェフラッペ
(これはドリンク扱いなのでOK)と、
その後ようやくタリーズに席が取れて、
パンケーキメープルチョコバナナ。

前述1
HOEI21手のり(我が家使用の小さめのケージ)には、
今まで、適合の外付けバードバスがありませんでした。
どうも見たことないバードバスがあるなあと思い、
始めは計らせてもらったのですが、
ダメモトで(図々しい)、
HOEIのブース(¥5,900のが展示してある)まで
借りられないかとお願いしたら、まさかのOK。
ありがとうコバヤシさん(←メーカー名)
そう、あの昔ながらの小鳥用品「コバヤシ」で
シンデレラの靴を見つけることができたのでした。
しかも安いです。600円。
画像は見本のイエローだけど、
ちょうどこのたびクリア色が登場したそうで、
クリアを2つGET。
R0025328

前述2
前のセミナーはガラガラだったのに、
「オウム・パロットの楽しいおしゃべり自慢」は満席。
けど時間になっても始まらないと思ったら、
出る予定の人が一組(飼い主&鳥)来ないのだそう。
結局来ずに、遅れて始まって、
出るのは一組のみ。
って、えっ? もともと二組しかいなかったの?
残ったペア(飼い主&鳥)は、おしゃべりではなく、
移動したり回ったりの芸。
しかも鳥ちゃんの調子がイマイチで、10分近く待った末、
途切れ途切れで、予定の芸の半分しかこなせなかった
(これは仕方ない。鳥にはよくあること)。
結果的に、「楽しいおしゃべり自慢」なんて、
ウソの看板になってしまった。
これを目当てに入場券買った人もいるのでは?
来なかった人がおしゃべり芸だったかどうかも不明。
「出ると言っておいて来ない」参加者も無責任とはいえ、
去年も思ったけど企画自体が、当日参加に頼りすぎじゃ?
なんであらかじめ二組くらい仕込んでおかないんだろう。
商業イベントなんだからそこでケチっちゃいかんでしょ。
それに、仮にも飛ぶ鳥を参加させるなら、
天井が開いているのはダメでしょう。
この外側には猛禽(フクロウ類)や犬もいるというのに。
R0025327-1

戦利品。左後ろの赤いのが黒瀬ペットフードの袋。
R0025347

マメはこの2つのみ。
R0025350
ペンダントは1点しかなかったし、
バッジのほうは商品ではなくおまけです。

乳酸菌入りフードのセット(¥500~550)を買うと、
缶バッジが選べるの。
マメはこの他に、
ブルーマメのニギコロ姿(おちり見せ)がありました。R0025351-2
+左の黄色いのは、そのお店の試供品。
下は、イシバシやイースターで、
買わなくてももらえた試供品。

鳥柄グッズ。
プレゼント用だけど、写真のため開けさせてもらいました。R0025358
そしたら、開けて命拾い。
なんと、片方には値札がついていたの!
プレゼント用よ? ひどいよー

R0025359
廃番品セール。Lisa で最後でした。
ギリギリ間に合ったのは良かったけど、
なんで13時半まで気づかなかったんだろう。
みかんやリンゴやイチゴ、ほしかったな。
R0025312

最後、「かじりま専科」が3つ500円だったので、
つい買ってしまった。おまけも付けてくれた。
R0025357

途中、マメカテのしましまさん探しの旅に出たりもしたけど、
しましまさんに会うことはできませんでした。( ´△`)
ブルーマメとサザナミの缶バッジ付けてた他人に、
「しましまさんではないですよね?」と
話しかけてしまった。(笑)

帰宅後、怖がりのポワが、珍しくすぐ使いました!
R0025344-1
水浴びしたかったのねー。
これで、夏の暑さ対策も安心。良かった。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(10:00)

2016年08月05日

去年のBird Grooming セミナー
(まだ記事にしていませんが)で、
バードライフラインセットというのをもらったのですが、
これはその後Bird Storyさんで商品化されています。
R0025262
良心的な172円! バラ売りもあります。

その中で、単品だと64円のBLLステッカーが、
この記事のお話。

先日まめるさん宅にお邪魔した時、
ドアチャイムのところにちゃんと貼ってありました。
まめるさんには、いちまるさんがプレゼントしたんだっけ。
S__4145485_20160804まめる-1
(画像協力:まめるさん

それを見て、いちまるさんも決意。
ステッカーをマグネット式にしようと思いついた。
1567_20160730いちまる
(画像協力:いちまるさん)

いちまるさんはリアルタイムで、
製作過程を実況してくれたのですが(LINEで)、
その時我が家はこんな撮影をしていましたよ。
R0025150
「すもももももも……」 「ももマメマメって10回言って」

まあ偶然。
実は Lisa も、そのために、
水道工事広告のマグネットをトリ置いてあったの。
正確にいえば、BLLステッカーより前、
ジョークグッズ(?)の「鳥」予防接種証
マグネットにしようと思ってたんだけどね。
R0025261

それから4日後、
重い腰を上げ、作ってみましたよ。

必要なもの:
Bird Life Lineステッカー
・どこの家にも月に一度は入ってくる(?)
   水道修理屋さんのマグネット広告
・スチール製の玄関ドア

(1)マグネット広告をドアに貼ってみる。
大きさ以外に、厚さ、貼りつき力を試します。
選べるほどあるなら、選びましょう。
もしかして、
スチールに見えたけどマグネットが付かない!
なんてドアもあるかもしれません。
その場合は諦めてシールとして利用しましょう。

で、いずれシール剥がし剤を使う時には、
換気に注意して、鳥は遠ざけておきましょう。
(防水スプレーで死亡事故例あり。注意)

うちでは、先の写真の左半分が優れていました。
松村邦弘のはどちらも厚みがしっかりしていて、
こんなものでも性能が違うんだなあと思った。
左上の小さいのは、大きさが足りませんでした。

(2)広告面を剥がす
これについては、アドバイスがあります。
(プライバシーに関わるところは伏せた)
20160805-122938-1
いや、Lisa はたぶん
聞かなくても剥がしてたと思う(ほんとか?・笑)。
そうじゃない人は、いちまるさんを拝みましょう。

きれいにぺランとは取れないので、
あらかた剥がしたら水につけ、
紙の部分をこすり落とします。
そして、乾かしておきます。

(3)乾いてから、ステッカーを貼る
R0025265

カットする手間を1辺分惜しんでこう貼ったのですが、
失敗でした。裏から見ると、かすかにはみ出しています。
R0025266
途中で気づいたけどもうやり直せなかった。 (^^;)
素直に真ん中に貼って、4辺カットしたほうが、
きれいにできることでしょう。

(4)余った部分のマグネットをカットして出来上がり。

こうなりました!
R0025284
我が家は、迷子対策にはいい内廊下なので、
ただでさえ地味なドアがさらに地味な写り……

いちまるさんはこうです。
1570_20160730いちまる-1
(画像協力:いちまるさん)

まあ、いい色のドア♪
マグネットの利点を生かして、
貼る場所を変えるのも自由自在です。
1768_20160803いちまる
(画像協力:いちまるさん)

ただ、実際これを見た人がどうするかというと、
合鍵持ってる人でもなければ何もできないのよね。
その他、「トリあえず窓を開けて逃がした」ってことにも
なりかねないよね。

でもたとえば、
飼い主(飼い主一家)が家から救急車で運ばれた後に、
居合わせた人が、鳥の存在に気づいてくれるような
役には立つと思うんですよね。

それはともかく……
いざという時がいつ来るかはわからないけど、
特に、日中留守になる家や、
長めに留守番させる時は特に、

・玄関からわかりやすいところにケージを置く
・小さめのキャリーバッグをケージのそばに置く
 (大きかったら他人は持って逃げてくれない)
・いつも部屋を片付けておく
・普段から近所や大家さんとの関係を良くしておく

などの心がけは必要ですね。

あと個人的には、
いざという時連れて逃げられる数しか飼わない、
と決めています。
(個人的には、ですよ。
 そうじゃない人を否定するつもりはありません)

8/6(土)7(日)のバード&スモールアニマルフェアで、
BirdStoryさんが、BLLセットを販売しているといいな。
Lisa は8/6(土)に行きます。
プチポワ画像トートを下げていきますので、
どなたか会ったらよろしくお願いしますね。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(16:00)