2016年01月

2016年01月31日

前回のつづき。

ランチから会場に戻り、作り始めたのが14:30。
大失敗! カメラにSDカードが入ってなかった。
今日撮ってる写真は本体に記録されてるけど、
撮影済みの大量の画像がないわけで、見本がない。
このブログを「背眠」で検索し、昔の画像を出す。
プチの背眠、アップ済は1枚しかなかった。羽切りだった頃。

15:22 なんとか書けた下絵。色も決める。
R0021006

使うのはこれら。白いのは透明白下地です。
(結果的にシルバーピンクは使わず。黒と不透明白を追加)
R0021007
前回と違って、ペーストでなく粒子の状態。
土台も、下地を塗って焼く前の、
凸面にはなってるけど銅板の状態。

コロちゃんが好きそうなすり鉢でゴリゴリします。
すれたら水を入れて混ぜ、上澄みの水は捨てます。
R0021008
粒子を細かくするためと、あと、
どうしても入っている、ゴミや埃をトリ除くためだそう。
細かいゴミや埃が入っていると、
焦げて黒い点になってしまうとか。

今回は粒子の段階から扱うので、
手などについて違う色の部分に混入しないように気を使う。
焼くと点々になり、目立ってしまうとのこと。

画像上部にあるのが色見本。
それぞれの色の、
左半分は白下地の上に塗ったもの、
右半分は、透明下地の上に塗ったもの。
色の出方が微妙に違います。
R0021009
15:57 透明白下地、不透明白下地、
深緑、うぐいす、紺青
一回目の焼きに使うのは、この5色。

……と違った、
風切羽の先端の色として、「薄青竹」も必要でした。
16:40 計6色が乗ったところ。
(ペンギンさんは別の人のです。すごく上手)
雨覆羽には不透明白下地、くちばしには透明白下地。
R0021010
簡単に見えるかもしれませんが、
銅板はこのペーストを、初め弾くんです。
白以外のところは下地はなくじか塗りですが、
白下地も、色のペーストも、少量だといずれも弾かれる。
ある程度量を乗せないと定着してくれないけど、
厚くなりすぎても失敗の元。
今回の方式は、銅線で区切らないので色が混ざらないように。
細い線や小さい面はものすごく大変。フチのきわも大変。
水っぽいと、銅板に弾かれたり色が混ざったりしてしまい、
水少ないと、置き直しは何度もできる代わりデコボコになる。
表面をなだらかにしないと、
表面張力で谷は深く、山は高くなり、分かれてしまうそう。
どんどん乾いてきてしまうので、
目薬状に1滴単位で水を足しながら修正していきます。
今回の先生のほうが、デコボコに厳しい。

10分ほど乾かして、その間に炉を800℃に熱して、
いざ、焼きへ!
(この作業は先生がします)
R0021011
前面のグレーの扉の真ん中にあるのが、のぞき窓。

2分ほどで一度開け、「一瞬撮っていいですよ」と。
焦ってうまく撮れなかった(笑)
R0021012-1
再び閉めて、さらに一分ほどでもうおしまい。

やはり初めは地味な、ブラウン&グレー系の色でした。
これは、もうだいぶ色が戻ってきたところ。
R0021013

17:04 冷めて、持てるようになったところ。
R0021014
濃い色が白を負かすかと思ったら、
むしろ不透明白が周りに侵食してる感じ。
一方、くちばしは透明白下地だけでうまくピンクになり、
もうそこは重ねないことにする。

17:21 二度目の焼き直前。
雨覆羽に色を乗せ、侵食されてしまった青も再度乗せ、
目とアイシャドウは重ね塗り。
R0021015

17:27 二度目の焼き上がり。
(下のは、先生のだったかな?)
R0021016

色数が多かった(トータル7色)のと、二度焼きで、
3時間もかかりました。
この講座、時間制でないのが申し訳ないくらい、居座ってる。

でも Lisa は、この型でもう1パターン浮かんでたんです。
次の機会にぜひ作りたいと思って、
いつ開催しますか、この土台予約できますかと聞いたら、
開催は未定、土台はいつ廃番になってもおかしくないそう。

それは、困る。 (^^;)
イベントは翌日もあるけど、予定があって来られないし。

閉場まで残り1時間半、なんとかなるかも?と、
急遽もう1つ作ることに。(もちろん2つ分払いますよ)

18:15 乗せ終わり。ニギコロポワ。
こちらは下地もいらず、一度焼きで済むデザインですが、
これでも5色使ってます。
新しく出したのは3色で、ゴリゴリは先生がしてくれました。
目はこの状態では白いけど、
金属成分が入っていて、焼くと赤になるそう。
R0021017

18:26 焼き上がり
前回みたいに、目がビーズや丸枠じゃないから、
ちょっとにじんじゃったな。
R0021018

18:44 冷めたのでグループショット。
先々週のプイと、既製品の指輪は、参考に持って来ました。
先に作ったほうの黒の目もちょっとにじんじゃってます。
仕方ないね。
プチの雨覆と、風切羽の先(尾羽の上の▼のところ)は、
下地があるなしの違いだけで、同じ色なんですよ。
R0021021
ポワのアイシャドウは、もう一段薄い色が良かったか。
でもピンクは、透明下地だけで絶妙に出せたなあ。

もう全体に先々週のより難しいやりかたでした。
銅板じか塗りなのと、ペーストの濃度調節が大変。
はー、頑張った。
合わせて3羽になったけど、終わりって感じがしない。
また作りたい(笑)

今回の先生は、本業はガラス作家の人なので、
金具や接着剤の用意がなく、ブローチにはなってません。
次回イベント時に付けてもらえることになりました。

開場から閉場まで居てしまい、
精根尽き果ててモーローと隣駅中野まで歩く。

ここまで来たらはずせない、8段ソフトクリーム☆
ちょ、曲がってるやないの~! 不安定~!!
R0021023
しかし、寒いせいか、溶けてくることなく、
周りをこそげずに上から食べ進められました。
おおー。

二つ目の七宝を作ることにした時点で、
「日暮れとともにオヤスミね」と念じていたのに、
20時過ぎ帰宅すると、部屋の電気つけっぱなしでした。
(=鳥眠れない)

ごめんー!!
R0021025
「まあいいけどね、チンゲンサイざんまいしたから……」

ポワは特にネタ的な要素はなく、写真もなし。
2羽とも体重はかって、さっさと寝せました。

お土産(イチゴ)あるからねー (^^;)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)

2016年01月30日

先日七宝焼を一緒に作ったいちまるさんが、
『どうぶつつながり』でまた違う先生の七宝焼あるよ、
と教えてくれました。
あらまあ、まめるさんがアップした予定表
あったイベントだ。

このところ毎日用事で出歩いていたのですが、
ちょうどハザマの日、
そしてお天気も悪い(=放鳥できない)とあって、
行ってみることにしました。

「行ってらっしゃい」
R0021024
たのむね~

開場12時の10分前に着いて、2番乗り。
まだ品出しをしていて、間に合うのかな?と思っていると、
時間通りに開きました。
去年の『鳥の会』と同じ会場だけど、
出展はずいぶん小じんまりで、客足もぱらぱらです。

ぐるり見渡しても、こんな感じ。(写真は許可をトリました)
画像クリックすると大きいサイズで見られます。
特に断りのないものは鳥グッズです。

ポスター           シール、プラ板、ストラップ
R0020996-1
ストラップと書籍       動物モチーフの羊毛フェルト

Tシャツや帆布バッグ  クリアファイル、手ぬぐい、シール
R0020983-1
編みぐるみや羊毛のストラップやイヤフォンジャックカバー

ガラスのアクセサリー、便箋  ビーズストラップ、缶バッジ
R0020988-1
がま口、ステッカー、缶バッジ  アクセ、バッグ、Tシャツ

ミラー、バッジ、文具  ヘアアクセ、ペン、栞、ストラップ
R0020993-2
バッグ、タオル  ガチャガチャとクレーンゲームとその中身

この後、「だが屋」さん(名古屋かな?の作家さん)の
出展品が宅配で届いていて、それは撮れてないけど、
これで全部です。

……お気づきでしょうか。

なんと、Noマメ!

上の、赤丸のところにワンオブゼムとして居るだけなのです。

確かに比較的マイナーではあるけれど、
最近はどんどん浸透してきた感のあるマメルリハ。
ゼロっていうのはショックだなあ……。

気を取り直し、
スマホの中の画像をモデルに、描いてもらいました。
ささっと5分くらいでできちゃいます。
R0020997-1
プチポワダブルラッコです。    (右下はアヒルすくい)

七宝焼の先生に挨拶をし、
きっと Lisa は時間がかかるだろうから、
先にお昼を食べてくることに。

去年も来た、『小鳥』を意味する名前のビストロです。

■ ル・プチワゾー

R0020998

表に出ていた、ランチメニュー
R0020999

実際には、ハムの前菜はなくて、
パテドカンパーニュ(田舎風お肉のパテ)でした。
前菜3種、メイン3種からそれぞれ1つ選びます。

主菜についている緑の野菜、
特徴的な味で、覚えがあるようなないような……
聞いたら、「ミブナ(壬生菜)」とのことでした。
あら、じゃあどっちみちわからなかったわ。

パテドカンパーニュ   (パン)   鶏もも肉のポワレ
R0021004-1
イチゴとカスタードのクレープ        カフェ

デセールのイチゴは、
うちの(冒頭写真の)甘党男子のお土産に。

天井から下がるモビールの鳥さんを撮らせてもらった。
かなりのズームなので、ピントはお許しを。
R0021005

ランチしながら下絵を考えようと思ったのに、
ひとつも書けてない!
DSC_0217

次の記事へ続きます。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)

2016年01月28日

この日は、午前中にヨガ(乳がんサバイバークラス)へ。
もう1人の生徒さんはデートに行き、先生とサシでランチ。

昨日に続き絶好のお天気だったため、午後早く帰宅。

お待たせ~
 「ぽかぽか~」 「点目日和……」
R0020893-1
この配置、小道具が増えてどんどんごちゃごちゃになってきた。

あら、ポワったら昨日のおやつ、
ガラス器の中だけ食べて、カプセルの中残ってる。
R0020890
ぶん投げて(穴から出して)食べつくす根性なかったの?

ちょっとイジワルして(←Sの会)、
上のカプセルを落とす、脇のスペースをなくしてみたら、
なんとプチは、下のココットを引き出して食べました。
本当に、タンスの引き出しか何かのように。
R0020894
 「紳士と、ぼく一部で先日言われましたから……」

カプセルの下に体をねじ込んで、チカラわざのポワ。
R0020895
 「慣れたモノに対しては、女は勢いよっ、フンガ」

この勢いで、カプセルの中はまた忘れるんでしょうか。
ちなみに、下のココットにはアマランサスが入ってます。
極小粒で殻付きなので、ベランダ限定おやつです。
(食べた後羽ばたかれたら、室内だと大惨事だから)

16時すぎ、ベランダの日向は20℃もあります。
R0020896
「うとうと」 「ハマの空くんがおたんじょうびですって?」
(ハマの空くんとの合宿はこちら)(マメ合コンはこちら

「カノジョできたかしらねえ。……シャイだからまあむりか」
R0020897
「ポワちゃんにお餅を食べられすぎて凹んでるんじゃ……」
  (お餅の話こちら) ←また描いてくださいました♪

さて、そんなわけで、お近づきになったここっとさんは、
かつてフランス在住で、今は日本でマメ飼いで、
フランスのある女性ショコラティエの
エージェント(兼通訳)をされています。
「アリーヌ・ジェアン」という……
何度聞いても「セリーヌ・ディオン」とだぶってしまう……

それが、昨日から1/31まで開催の、あのショコラの祭典
「サロンドゥショコラ」に初出展するんだそうです。
ここっとさんも、アリーヌさんと一緒に初日2日は来場。
そりゃ、行くしかないでしょ。
Lisa は2003年に行ったのが初めてで、
しばらくは毎年行ってたけど、10年ぶり。
昔は「サロンドショコラ」と言ったのよね。
会場も、新宿伊勢丹ではなくNSビルに変わっていました。

昨日の初日が、最大で入場4時間待ちと聞いて、うげー。

トラブルがあり、出かけるのが遅くなったので、
ビルに着いたのは、19:10。

入場待ちの列。
R0020901
どっひゃー。
聞いたら、40~50分待ちだという。
20時閉場なのに、どうするの? (^^;)
まあトリあえず並ぶ。本を読みながら進む。
Lisa の後ろにも、列はどんどんできる。

なんとか入れ、ブースは入り口近かったのですぐ見つかる。
ここっとさんと連絡先交換した時、本名が入っててよかった。
でも下の名前だけだったので
(よくよく見れば苗字も入っていたと後で気づいた)、
Lisa 「○○子(仮名)さんいらっしゃいますか?」
店 「○○田(仮名)ですか?」
Lisa 「えー……と…… (^^;)」
というちぐはぐなやりトリがあったとはいえ、
会えた!
R0020902-5
(文字入れ前に、エージェント検閲済・笑)
この色は強くて、Lisa 本体は負けちゃうのだけど、
何年かぶりで引っ張り出して着て行った。
理由はこちら

プロバンスのショコラティエと聞いていたアリーヌさんは、
若くてスタイルが良い。ショコラティエなのに何でスリム!?
「アビニョン」のお店らしい。
   ♪アビニョンの橋で~
橋の上で踊る街よね?

ちっちゃい箱は売り切れてる。
大きい箱は、両方は決心が要る。
両方入った詰め合わせは……もっと高価。

あきらめたほう。 (T□T)
R0020903
バラとスミレのお花の砂糖漬けがついていて、
とても写真栄えする。箱もテーマカラー(笑)だし。
ロゼシャンパンに合うそう。(Lisa は再発予防で禁酒)

買ったほう。
サインも入れてもらった!
自分チョコですから、開けました(後日)
R0021245
2種類あって、
ラベンダーと、タイムの風味のショコラです。
赤ワインに合う、と聞いたような。

ここっとさんに伺うと、
最後の入場者(20時までに並んだ人?)が満足に回れるまで、
閉場しないのだという。
なら安心して、会場を見て回る。
でもとにかく人・人・人で、ショーケースが見えない。
入場してからも、ブースによっては長蛇の列があり、
「最後尾」のプラカードのところでさらに並ぶ。
テレビやなんかでトリ上げられたお店は、激戦になるそう。

この時一番長かったのは、「ヨシノリ・アサミ」でした。
でもこのお店は、10月に巣鴨にできたのよ、フッフッフ。
つまり Lisa はいつでも買えるので、余裕でスルー。

チョコのたこ焼きなんてありました。
R0020904

いや、でも、ブースが多すぎて、しかも見えなくて、
どう回っていいかわからない。
日本のお店や、常設店舗のある海外ブランドは、
このイベントじゃなくても買えるわけだけど、
じゃあ今回限りの来日ショコラティエを中心に、と思うと、
当たり前だけど飛行機に乗ってきたショコラは
びっくりするほどのお値段。
4粒で七千円台というのまでありました。
買えない……。 (^^;)
というか、もし欲しいの買ってたらあっという間に数万。
恐るべし、ショコラ道。

鳥カテ的には、こんなの見つけちゃいましたよ。
R0020905
「2羽でひとつにも見える、幸せを呼ぶ鳥」ですって。
日本のお店ですから、お財布に安心。 (^^)

やっぱり、どこのお店も力を入れてるなあと思ったのは、
辻口シェフや鎧塚シェフなど有名パティシエも、
本人が店頭に立って、販売やサインをしていたこと。
鎧塚さんなんて、先月には
川島なお美の追悼特番に出ていたのだから、
心中いかばかりかと思うけれど、
プロですから、にこやかに接客をしていました。
買わなかったので、写真は遠慮する。

20時半頃には、もう、新たに入場する人はいなくて、
帰っていく一方ですから、
ようやくどこも商品が見えるようになって来ました。

ただ、Lisa はショコラ以上にケーキが好きなのだけど、
こういうのは軒並みもう売り切れ。
R0020906
売り切れを諦められるなら、
今回のように、閉場時間近くに来るのも、
混雑を避ける手かも。
いや、Lisa はたまたま遅くなっただけで、
狙ったわけじゃなかったですが。

ショコラじゃないけど、
「アイスクリームモンスター」というブース。
なぜもっと可愛いキャラクターにしない? (^^;)
                         ↓
R0020907
こちらはもう終了していました。

結局、閉場は21時。
R0020908

入場前には鑑賞する余裕のなかった、工芸菓子の展示。
R0020909-1
大きさわかりにくいけど、台の上だけで高さ50cmくらい?

会期終わったら、どうするんでしょうね?
R0020910-1
気になる~

戦利品。
アリーヌさんと、
鳥の(プレゼント用なので中身は撮れず)と、
R0021085
右のは、デンマーク語で蝶々という意味だという、
SummerBird のチョコレートケーキ。
甘酸っぱい、フルーツのクリームが詰まっていて、
美味しかった。
あら、日本にお店あるのね。
でもサイトにこのケーキは載ってない。
イベント限定かな?(だといいな)

はー、大変だけど、幸せな空間でした。
ただ Lisa はこの日、ここっとさんに言えないことがあった。
……その話はまた後日。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(23:00)

2016年01月18日

昨日の記事は一昨日のトリトブ部屋になってしまったけど、
ホントの昨日(1/17)は、鳥飼いさんの合同新年会でした。

「合同」というのは、
ブログ村マメカテの、ママさんまめるさんきよさん
ブログはないけどマメカテの名コメンターいちまるさん。
アメブロの鳥飼いさんつながり(たぶん)で、
ママさん(兼ねてる)、じゅじゅさん(オカメインコ飼い)、
ここっとさん(マメルリハ飼い・最近マメカテにも進出)、
びーちゃんさん(モモイロインコ&フクロウ飼い)
(きよさんも、ワンちゃんが主だったけどアメブロ)。

出かける前に、前日のこれをベランダで撮ってて
(細かすぎて違いはきっと伝わらない別カット)……R0020760

その様子を、暖かい室内から見ている2羽。
   「何あの相撲トリみたいな黄色いの」 ←バリィさん?
R0020762
 「わたしたちのベランダから、わたしたちをしめだした!」

うちはクラシカルなこの網入りガラスなんですが、
思わぬメリットは、彼らがぶつからないことです。
ちゃんとガラスの存在がわかっていて、
窓の一方を開けると、この位置から「Jターン」みたいな
軌道で飛んできます。
実家では、プチが透明ガラスにぶつかってしまいました。
あ、プチはそもそも保護された時も、
ガラスにぶつかって落ちてきたそう。 (^^;)

そして、一瞬呼んでこう撮った。
R0020764-1
      「モモイロさんはインコケーキに採用されたね」
      「マメルリハケーキもつくってぇ」

話は戻って……
まめるさんやいちまるさんはお顔が広いので、
アメブロのかたがたとも余裕でブログ上の交流がある。
じゅじゅさんは、去年のスモールアニマルフェア
ちらっと Lisa もお会いしているし、
ここっとさんは、たびたび空くんのイラストを書かれて、
その画風は Lisa でもすぐ頭に浮かぶほどだし、
でも、お会いするのは初めて。

毎回惜しくも都合の合わなかったきよさん、
「蜃気楼のようだ」とまめるさんの名言が出たほど(笑)
そのきよさんが皆さんに、幻でなくなるのも嬉しい。

鳥飼いの皆様の会なのだからと、
ありったけのマメルリハグッズを付けて行きました。
バッグの持ち手の間にあるのはアクセサリーです。
R0021264
こーんな人の気持ちがちょっとわかった(笑)

お店は代々木のイタリアン。
落合シェフのラ・ベットラにいた人が独立したのだそう。
プリフィクス(選択式)のランチコースで、
人数が多いので先に知らせておくことになり、
ママりんさん、お世話になりました。

■ ラ ブォナ ヴィータ

R0020767

なななんと、こちらもイラスト上手なじゅじゅさんが、
8人全員分の、計12羽と1匹(と1人)を、
名札にしてくれていた!!!
R0020771
なんてステキなのー!
才能と労力を、こうやって人のために使えるなんて、
うらやましいやら、そのお気遣いに頭が下がるやら……
この制作秘話についてはこちら

(じゅじゅさんとここっとさんは、この日の集まりも
 絵にしてくださっているので、冒頭のリンク記事を見てね)

プイまで~!
嬉しすぎる!
R0020768

あっという間にうちとけて、
ブログ話トリ話の中で、Lisaがいただいたのはこちら。

前菜: 北海道真鱈の白子フリット
R0020772

パン
R0020773

パスタ: 北海道根室直送うにのスパゲッティ
R0020774

主菜: 群馬県 優味豚のグリル
R0020775

コーヒー
R0020778

ドルチェを別注文できなかったくらい、
ボリューム満点でお腹いっぱい。

写真おデブに見えるから~なんて話をちらっと聞いたけど、
スリムな人しかいなかったわよ。ね?
R0020780-3
(ひょんなことから後日こんな知恵をつけてしまった・笑)

そのまま、全員で二次会へ。
さっむーい日なのに、いや、寒いからこそ?
ドトールもサイゼリアも満席で、4軒ほどふられ続けた後、
穴場のカフェを発見。
R0020777-1

■ パティスリー&ベーカリー食人(しょくにん)

ケーキも食べた。レアチーズケーキだっけ?
R0020781
ちょうど隠れちゃってるけど、ブルーベリーを1粒、
プチポワに持ち帰りました。
苺とフランボワーズは、だいぶお砂糖かかってるので諦めた。

暗くなるまでおしゃべりして(メイちゃんごめん)、
帰りはサザンテラスの夜景がきれいでした。
R0020783

また集まりましょう、だって。わーい。
皆様、お世話になりました。
今頃の記事アップですみません。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


でも、Mの会と!?
Mじゃないわよ~噛ませないし。
調教するくらいだから、こう見えてきっとSよ~(笑)
(名前はL)

(23:00)

2016年01月17日

2カ月前には渋谷トリトブ部屋まで足を伸ばしておきながら、
より近い池袋で今年も(去年去年2)やってたの、
一週間も気づきませんでした。
悔しい~

昨日の続きです。
で、もう9日目、二度目の週末になる昨日が初訪問。
(会期中に記事アップできなくてごめんなさい!)
R0020749

七宝焼体験してる間にもう17時だったので、
売り切れてるだろうけどまずは、とケーキを見る。
なんと、けっこう残ってた。
売り切れは、新製品のうちシロフクロウだけ。
R0020740-1
これら新製品の中から、断腸の思いで1つあきらめ、
3種を購入。
みんな540円なんだけど、バリィさん(左下)だけ、
ライセンス料込なのか、756円もする。
そしてこの時、衝撃的事実が発覚。
会計後の商品預かりを、しなくなったんですって!
混雑するイベント会場よ? 1時間くらいは回るでしょ?
そんなんじゃケーキ無事に持ち帰れない。
それじゃ売れないでしょ。(だから残ってたのか)

バリィさん載ってなかったけど、ケーキの解説。
うーん、シロフクロウも見たかったな。(ヘドウィグ!)
R0020753
あ、去年あったセキセイ&オカメはもちろんあります。
コザクラは消えていた。
前回からのハシビロコウはあった。さすが赤丸上昇中。

改めて、会場へ。
(ケーキのコーナーは、入り口外にあります)
R0020741
後でガントモさんに聞いたところによると、
この翌日(1/17)は、こんな瞬間はない大混雑だったそう。

さあ、毎度のことながら、マメルリハンティング。
初めて見たカード。
マメよねえ? アイシャドウ書きたい。
R0020742

これも初めて見た気が。ペンダント。
青マメしかいないの~ (T-T)
R0020743

6色展開のエコバッグ。これはオレンジ。右下がマメルリハ。
R0020744

mametosoraさんの新作カード。
うわ~、ピントがひどかった。すみません。
R0020745
色変わりマメルリハマグもまたさんざん悩んだ。

ピアス!
迷ったんだけど、顔がかわいくないので購入せず。
ミミズクみたいで、ハニワみたいで、ちょっとねえ(笑)
ブサカワ? キモカワ?
アイシャドウが垂れ目になってるのは違うと思う。
R0020746

毛糸のブローチ。可愛い~
右は色変わりのコザクラインコさんかな?
R0020747

これは毎回悩む。美しいよねえ。
ティーバッグを置くような大きさで、¥2,400+税
その値段だったら、いっそもう少し出してオーダーしてでも
もっとアイシャドウがほしいんだな。
マメは、女の子だとしても多少はアイシャドウあるもん。
(特にうちのプイ&ポワはだいぶある)
R0020748
どれも一点もので、
この2枚を、隠すように下に戻したら、
いちまるさんに笑われた。
だって、Lisa も考え中だったし、自分でなくても、
わざわざ探すくらいの人に買われてほしいからさー。

商品台のテーブルクロス代わりに、おちりシリーズ!
R0020750

R0020751
これ撮る時だけ、人が途切れるのを待ちましたが、
基本的に昨日この時間はそんなに混んでませんでした。
ラッキー♪

戦利品。
ステッカーとカード。
R0020759

モモイロインコ、桜文鳥、バリィさん(今治のゆるキャラ)
R0020761

翌日(つまりこの日)撮った写真。
今の時点では間をすっとばしているので、唐突ですが、
昨夏~この頃までに、ポワってかなりの
「物ビビリ」なことがわかりました。
実はケーキのこともちょっと怖がっています。
なので、ラッコじゃないと集合写真が撮れないのです。
(ラッコには「待て」の効果が少しある。完全ではないけど)
R0020763
「ポワちゃんは派手なピンクって苦手かも」
「……。(隙あらば逃げる体勢・険しい顔)」

……と昨日のことばかり書いたところで、
また長くなりました。
ホントのこの日のことは、翌日の記事に。
素敵な日だったんです!
(でもちょっと、都合により先に別の記事を3つ書きます)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)

2016年01月16日

この日開催の七宝焼体験講座?を昨日たまたま見つけ、
まだ空いていたのでエンとりーしました。
13時からのが1人、15時からのが2人空いていて、
放鳥タイムを考え、15時からのを予約。
急遽だったのに、マメ飼い仲間のいちまるさんも
ご一緒できることになりました。(@病み上がり)

「しっぽうやきってナニ?」
「もしかしたら、~焼が付くのは美味しいヤツかも」
R0020722
「そっか! じゃコンジョウ焼ってごっつおいしそうよね?」

あー……
そうそう、このがまぐちは、Pet博 in 横浜で買ったのですが、
ちょっとその記事は後に回します。
(もはやうちのブログに時系列は求められてないはず)
アイシャドウは書き加えました(笑)

これ!
定員6人だったところ、ドタキャンが2人いたそうで、
ふたを開けてみたら、飛び入り参加も可能でした。
でも飛び入りはいなくて、4人で習うことに。
うち3人は、経験者ですって。
えー! ずぶのシロートは Lisa だけです。
R0020734
(場所は東急ハンズでした)
やはり、2大スターのセキセイとオカメさんなのね。
問い合わせたところ、多少アレンジできるそうだったので、
マメっぽくもできないかなー。

そしたら、土台ができていて、
その中は自由に作れるというものでした。
左は見本、右が土台です。
R0020724
土台は他に、正面向きのと、
ポスターにもあったオカメさんの型があります。
Lisaはこの横タイプで、後姿の見返り美人風にすることに。
だって、うちの女の子(色種はファロー)って、
背中を見せないと特徴が出ないでしょ?

頭の中で、まずデザインを考える……

こんなふうにしてみました。
白いところには決して触らないように、
ワイヤーを切って曲げ、乗せて水で仮止め。
わかりにくいけれど土台はふくらんでいるので、
カーブに合わせるのが難しいけどそこがコツらしい。
R0020725
下のほうに、短いワイヤーが落ちていますが、
見本のように、足や羽一枚一枚をつけようとすると、
短く切る→鋭角に曲げる→同じサイズでいくつも作る、のが
とても大変なようです。
そうとは知らず、結果的に Lisa は楽をしてしまいました!

これは先生の手。
水で溶いた、色つきのガラスの粒子を乗せていきます。
R0020726

最後にビーズの目を乗せて、できた!
R0020727
と思ったら、くちばしがまだでした。

くちばしにもラブリーピンクを乗せます。
R0020728
4色使いですね。
このくらいボコボコしてても、焼いたら大丈夫でした。
要領の悪い Lisa は90分で終わるか心配だったけど、
ここまで45分でできて、1番乗りでした。

800度の炉で10分焼きます。
この作業は先生がします。
R0020729

焼き上がりはなぜかブラウン系とグレーに。
ものすごく熱いので、カメラは気をつけてと言われました。
R0020730
おっかなびっくり、ズームで撮っています。

冷めたら元の色になりました。
バリ(端っこのチクチクしたところ)を削りトリ、
金具を選んで先生につけてもらいます。
ブローチ金具にしました。(あと、ピンタイプもある)
R0020731

いちまるさんともうひとかたもできたので、次に焼く。
右が、いちまるさんのチカちゃんです。
左のセキセイさんは、極小の鼻の穴までちゃんとあるの。
R0020732
ちなみに、赤い目はビーズでいいけど、
黒い目はビーズだと存在感が出すぎるので、
銅線のリング(パーツがある)を乗せて中を黒で埋めるほうが
いいとの説明がありました。
お二人ともそうしています。わかるかな。

焼き上がりはやはり地味な色に……
R0020733

なぜか出来上がりをトリ忘れました!
バカバカ~!!

あっ、でもこれがあった♪
撮ってもらいました。 (C)いちまるさん
1452928857218
ただでさえ少ないマメルリハグッズ、
まして色変わりの子は、既製品にはまずないので、
オリジナルばんざい。
(チカちゃんはパステルブルーです)

プイですよ? (^皿^)
R0020756

大きさは、
Pet博で買った小さい缶バッジと比べるとこんな感じ。
(だからその記事を早く書けって?)
R0020757
右の缶バッジは目を赤くして前傾にして、ポワっぽく。

売り場をぶらぶら見ながら降りていく時に見つけたもの。
R0020735
緑だったらよかったのに!
だって、ねえ、豆なんだから緑のほうが多いでしょ。

身近に、あげられそうな子はいないなあ。残念。
R0020736

このあと、1階で開催中のグッズ鳥イベント
「トリトブ部屋」ももちろん見てきました。
長くなったので、それは明日の記事に……。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

(23:00)

2016年01月10日

横浜で3日間行われているペット博に行ってきました。
前売り券を前日に買おうとしたら、思わぬ落とし穴!
3日間の中日に行くことにしていたので、
「前日」といっても会期は始まっていて、
「前売り券」は買えなかったのでした。当日券しか。

朝から出かけたので、これは2日前の画像。
R0020626
  「とうじつけんかかくだったなんて、まぬけ~」
  「ぼくたちは留守番だって」

それでも、当日の券売所は混雑するだろうから、
チケットは先に入手しておいたほうがいいですもんね。
このイベントは初めて行ったのですが、
ペット(圧倒的にワンちゃん)同伴可なせいか、
人より犬のほうがもしかしたら多いほどで、
開場時刻前に到着したまめるさんは、
入場まで15分くらいかかったようでした。
入場待ちのワンちゃんが列でおしっこしちゃったり!

とはいえ、80キロ級の大型ワンコが、
カートに乗ったよそのチワワをふんふん嗅いで
両者平然としていたり、こういうとこに来るようなコは、
社交的で穏やかなコばかりですね。
Lisa も入れるまで10分近くかかり、
まめるさんと合流して、まずはインコサーカスを見る。

来られなかった人の分まで使命があったので、
怒涛の動画10連発行きます。

ターンとハーイ/シロハラインコ

プチポワもできるよ (^^)

オハヨーを喋る/ゆきちゃん(?)何インコだっけ?

最後には名前も言えました。(まめるさんの動画でどうぞ)

出番待ちの子たちがリズムを取ってゆらゆら(笑)


バスケットボール/ムックちゃん♀オオハナインコ


輪投げ/ガチャピンくん♂オオハナインコ(長い。1′21″)

さぼりすぎ(笑) でもラストのは逆に神技!

輪投げの教えかた/ガチャピンくん♂オオハナインコ

プチポワだと一瞬で落としちゃうから受けにいけないの

色を見分ける/ももちゃん@モモイロインコ


おみくじを運ぶ/(何インコだっけ?)


カード当て手品/るりちゃん@ルリコンゴウインコ


カード当て手品二度目、完全版(長いです。1′34″)


頭脳系はマメにはできないかもしれませんが、
前半のターンや輪投げは、
大きい種類のインコたちだからかのっそりしてて、
ちょこちょこしたマメのほうが面白いよね、
と意見が一致しました。 (^^;)

でも、大スタジアムのコンサートみたいに、
アップで映像を写す巨大ディスプレーが必要ね。

そうこうするうち、ママさんといちまるさんも合流。
ステージを離れ、展示や物販をぶらぶら見て回りました。

飼い主さん2人、ミニチュアダックス8匹、全員スカジャン
R0020664-1
ヨダレカケズグロオトメインコ 虫を食べてるみたいな、舌!

旬の「ゲスの極み乙女」にも負けない名前のインパクト。
ハラグロじゃなくてまだよかった。
蜜を舐め取る舌って、こんな毛虫みたいなのねー

巣鴨のフクロウカフェが出展していて驚く。
巣鴨にそんなのできたのかー!
(別にお年寄りを意識したお店ではないそうです)
R0020662-1
左上の子は、どう画像補正しても目がわからないので、
目の位置の白マルは Lisa が書き入れました(笑)
名前なんだっけ。忘れちゃった。
(ママさんの記事でカンニングしようと思ったのに……)
左下のタイハクオウムさんは、
筆毛がマメの足以上に太くて、ほぐし甲斐があったー。

珍しいグレー系のマメルリハペア。
二人二脚ですな。
前傾の左のコも、もたれて片足立ちの右のコも、
どちらもポワっぽい。
R0020651
会場は9割がたワンちゃん関係&大混雑でしたが、
堪能しました。

外へ出たら、横浜市の消防出初め式をやってた!
R0020666-1

ハシゴに乗って、「ヨッ!」「ハッ!」とかいうんじゃなくて、
ヘリのデモンストレーションなのね?
R0020671-1
右下は、スズメすずなりの木。

ママさん御用達のお店で、遅い午後のランチ。
■ スカンディヤ
ターキー胸肉ロースト クリームソース マッシュポテト添え
R0020676-1
まめるさんの「コンビネーションミート」
写真栄えするので撮らせてもらいました。 (^^)

戦利品と、お土産にいただいたもの♪
R0020681
がま口(アイシャドウ書き足した)と缶バッジを会場で購入。
いちまるさんにいただいた、緑の鳥のくつべらは、
ちゃんとおちりがあるの。見えるように置きました。必見!


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ワンちゃん系が主流でしたがイベントも楽しかったし、
街が素敵で、王道デートコースみたいだった♪

(23:00)