2014年09月

2014年09月30日

(緊急特番のテイで)
この時間は予定を変更して、
昨日の健康診断で教わったことをお伝えします。

「常識のウソ」のようなことを明快かつ理路整然と
丁寧に解説してくれる先生です。
ですからいつも驚きがあります。
Lisa はけっこう守っているほうだと思っていたのに、
1年ぶりに行ったら、今回もいろいろショックが。
(うちはかかりつけが3軒あり、
 1軒当たり健診が年1回になってます)

まずはプチの発情問題。(唐突ですがお許しを)
これ、ポワに多少くねくね吐き戻しするくらいで、
物にスリスリや、吐き戻しの撒き散らしや、攻撃までは
なかったので、全然おおごとと思ってなかったのですが、
認識が甘かったようです。
プチはムチムチしているとのこと。でも30gですよ?
去年来た時は28.4g、これ以上太らないように、だそう。
太るのも発情の兆候で、吐き戻しのため多く食べるからとか。
ただ、逆に吐き戻しすぎて痩せる子もいるらしい。

新しいプリントをもらいました。
__________
「発情に気づくためのチェック項目」
・執着心のある物(お気に入りの物、いつも行く場所)
・便が水っぽくなって、ためフン傾向、大きな便
・恥骨が開いている
・指でケージをコンコンすると寄って来て、嘴でコンコンやり返してきて、同時に後頭部の羽を逆立てる、瞳孔が小さくなる、という行動
・朝一の体重が急速に増えて来る
・いつもより攻撃的になる
・特定の人や物に対しては異常にベタベタで、他のものには攻撃的になる
・食べる物の傾向が変わる(ボレー粉を多食するなど)
・特定の場所や物に吐き戻す
・ケージの床に降りている
・放鳥時にやたらと暗い場所、狭い場所等に頭を突っ込んで探索する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これらがないかどうか、1つでもあれば発情が疑われるそう。
プチは最初が少々と最後が当てはまります
(「インコ王国を探してる」と笑ってたのに)。
ポワは、キャリーに入ってきた先生の手に威嚇したそうで、
これも「縄張りを主張」という、発情の典型的行動だとか。
ええっ、ポワなんて全然そんなそぶりもないのに。 (T-T)
(ポワも29gでムチムチ肥満注意ですって)

以下、とても全ては書けませんが先生の言葉。

襲われる心配も食べ物の心配も寒さもないこの人たちは、
発情しっぱなしになってしまう。
繁殖させないなら、発情を抑えないと絶対にダメ
(Lisa注: 生殖器系の病気になるから、だと思います)。
もしいずれヒナを取るのだとしても、
いざその時までは発情させてはダメ。
肥大したままの精巣では体温で精子は死んでしまうし、
不要な時にポコポコ産んでたらカスカスの卵になってしまう、
そんなでいざヒナが生まれても、小さかったり虚弱だったり
足が開いていたり、……生まれてくるヒナがかわいそう。

発情を抑えるためには、とにかく環境を変え、
いつも緊張感の中におくこと。
自分のテリトリーに見慣れないものがあると、
この人たちは怖がって近づかない。それが緊張感。
これはいじめではなく、鳥本来の環境に近づける愛情。
「発情しっぱなし」も「毛引き」も、鳥本来の緊張感がないせい。
初めは怖かったものも、次第に「なんでもない」とわかり、
そばに寄れるようになる。そうしたら次の物に変えること。
慣れて「安心していられる」空間などダメ。
「お気に入りの物・場所」などあるのは不自然な姿。

野生下で鳥は餌を求めて移動し、
同じところには決してとどまらないのが本来の姿。
少しでもそれに近づけてやること。
野生下では「発情しっぱなし」も「毛引き」もないのだから。
(先生の話ここまで)

お気に入りの物を作るのがいけないなんて……。
あの場所も、あの場所も、あのボールも、
気に入ってるのを微笑ましく思ってたのに。
発情や毛引きに悩む飼い主さんたちに、
トリ急ぎお知らせしなくてはと思い、書きました。
ちゃんと伝えられているかどうか心配。
できたら、「中野バードクリニック」行ってみてほしいです。
うちは3軒行っているくらいですから、
1人の先生だけを盲信するわけではありませんが、
考えかたのひとつとして、ぜひお知らせしたいと思う。

先生からは、入れるおもちゃをどんどん変えること、と
散歩に連れ回すこと、と言われたのだけど、
そんなにおもちゃも持っていないので、トリあえず今日、
スパイスラックにあった乾燥パセリのボトル(?)を、
プチのケージに入れてみました。
入れた瞬間に「びくっ!」としてくれました。
これが緊張感か。

慣れてしまったら、未使用の洗い物ブラシ、
コンタクトのケース、計量スプーンなど、
かじってもかまわない物を片っぱしから、
毎日入れていこうと思います。
そうそう、この時のために撤去したブランコやテントも、
ローテーションに加わってもらおう。
(テントは、入って使うためではなく刺激の1つとして)

今日の2羽。
リアルタイムで載せるの初めてだな。

大好評連日開催だった「もろこしまつり」。
「まつりも終盤だね」 「もう次のもろこしはしないらしい」
RIMG5061
ごめんね。みじん切りメリメロを別に食べていても、
同じ野菜を何十口も食べちゃうのはダメっぽい。

「まあ、とうもろこしの季節も終わりだしね」
RIMG5062
「名残惜しいね。でも梨まつりはささやかに開くらしい」
うん、果物は比較的リスクが少ないんだって。
(飛び散らしたカケラもちゃんと食べるポワ)

おやつ前恒例のデュエットラッコ@デッキチェアの肘掛け
RIMG5063
「ポワちゃんで見えないー」 「今日は頭が下がっちゃった」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


あと、ヒナ時のメガバクは程度により自然治癒説とか、
毎年陰性だったのに7歳で初めてメガバク出た子とか、
今回も目からウロコの話いっぱいでした。

「お気に入り撤廃、緊張感投入」以外にも、
野菜の与えかたの見直し、体重の見直し、で指導が入り、
いろいろ改善しなきゃならない我が家です。 (^^;)

(21:00)
プチ、室内日光浴時窓辺にキャリーを吊っている紐にとまる。
掃き出し窓のほぼ上端なので、Lisaはベッドに乗って撮影。
左翼(写真上側)の長い風切羽がクリッピング(羽切り)から
生え変わり、後ろ姿が変わってきました。
「伸びかけだから左右アンバランスなんだけどね」
RIMG2222

今日はちょっとだけベランダ遊びできました。
室内日光浴してたら午後遅くなって風がやみ、
暖かい瞬間があったので、ほんの15分ほどだけベランダに。
プチの風切羽(=翼の羽)成長記。
RIMG2223-8
「今日のぼく、背中からぽわ毛が1つ抜ける瞬間」

プチったら、15分のベランダ滞在ですかさず水浴び。
さすがに速攻すぎてトリ逃しましたが、前髪がこのトーリ。
「しかも前髪だけ日光浴で目はまぶしくないという高等テク」
RIMG2224

ポワ「ちょっと!なんで今日わたしの写真がないのよ!」
ごめんポワ。たまたまそんな日もあるのよ。 (^^;)

さて、「迷子に備えて」シリーズ、
昨日の記事の続きです。

(3) 小チラシや名刺を作っておく
「ポスター→呼びまわり時に胸と背中に貼る」と同じく、
呼び回りに関係することなので、先に書きます。
(迷子後の実際の行動としては初日から、
 夜間はネット関係で動くのが効率的だと思いますが、
 そのことは次回書きます)

小チラシや名刺があれば、
まずは呼び回り時に声をかけてくれた人に渡せます。
その後小チラシはポスティング(近隣の郵便受けに配る)に、
名刺は、たとえば飲食店のお手洗いなどに
置いてもらえるかもしれません。
ポスターがNGでも、そういう方法もあります。

どちらか1つで、両方の用途を兼ねるのは困難です。
小チラシは、お手洗いに置いてもらうには場所を取るし、
名刺をポスティングしても目立ちません。

小チラシは、情報を多めに盛り込めますが、
すぐくしゃくしゃっとなってしまいますから、
ほぼその場限りで、保存はしてもらえないでしょう。
名刺は、ほとんど書くスペースはありませんが、
もしかしたらしばらく持っていてもらえるかも。

Lisaが名刺を作ったのは実はかなり後のことでしたが、
名刺もラミネートパウチして作りました。
「パウチした状態で名刺サイズ」ですから、
原稿自体はさらに一回り小さいサイズです。
#ただ、飲食店のお手洗いに置かせてもらうなら、
 重ねた時つるつるで収まりが悪いため、パウチなしがいい。

ポスターは「通りすがりに一目でわかる」ことが必要ですが、
小チラシや名刺はもう少し読んでもらえると思いますから、
Twitterのアカウントや、ブログのURLを入れるのもいいかと。
ただ、ネット環境のない人もいますし、
電話番号を入れるのが一番間違いないと思います。
そこで電話番号を出し惜しみ(?)する人に、
手間と時間をかけて知らせてあげようと思うかどうか。
やはり、受ける印象が違うと思います。
#ブログでは、すみません伏せました。

小チラシ。B4で4枚分です。
RIMG5059-1

名刺。表と裏。
RIMG5060-1
Lisa は迷子当初はブログがありませんでしたし、
名刺を作った時はすでにこのブログ名に変更済みでしたが、
いざ迷子になった時、ブログ名を変える可能性があるなら
(検索HITには効果的だと思います)、
ブログ名は入れないほうがいいでしょう。

ありがたいことに、
ポスターにしてもポスティングチラシにしても、
いたずら電話、苦情の電話は一切ありませんでした。
(何度折り返しても留守電で、連絡とれずじまいの人はいた)
むしろ、励ましだけの電話もあったくらいです。

迷子サイト経由で迷惑メールがどっちゃり届いたこととは
比べものになりません。感謝の気持ちでいっぱいです。

(4)に続きます


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


松戸署1/10保護の「インコ黄緑」を問い合わせ。
赤目ではない、くちばしピンクではない、羽に模様ありだそう。
現在署にいる。 顔や頭も緑っぽい感触(明言なし)だったので
しつこく聞いてしまいました。
こうして問い合わせるたび、聞かれるまま答えていたら、
いつの間にかLisa、千葉では届けを3度出した形らしい。
(〃_〃)

(11:00)

2014年09月29日

いつもいつもプイ捜索のRTをしてくれるHさん、
プチとポワの様子を楽しく見てくれているそう。
プイが仲間入りしたらもっと楽しくなりそうと言ってくれた。
#迷子になって初めてプイ(マメル)ツイートを始めたので、
 以前のプイの日常のことはTwitterでは書けていません。

プイは1羽飼いで初マメルリハだったから、
「他のマメと比べてどうなのか」が見られる日が待ち遠しい。
集団内で気が強いのか内弁慶か、面倒見いいのか甘えるのか、
ちょっと、幼稚園に入れるみたいなドキドキ気分だわ。

今日は驚くほど寒かったのでベランダ遊びナシです
(最高気温8.3℃。昨日は9.5℃)。
プチは半目。ポワは餌入れに上がる瞬間。
「今日唯一のショットなのになんで半目なのぼく?」
「なんで大股開きなのわたし?」
RIMG2219
プチ、マが悪いからです(笑)
ポワ、食いしんぼだからです。

菜の花をまずは形のまま(=刻まずに)2羽に与えると
(ただしこれ、みじん切り方式の意味を理解していないと
 後に叱られました。詳しくは今日の文末に)、
ポワはガツガツ。プチはそれを見てかろうじて口をつける程度。
ポワは自分のをむしりつくしてプチのにまで手を出します。
プチは取られるがままで意に介さず。
「なのはな……春の先ドリなんだって♪」
RIMG2220

おべんとまみれ(笑)
「“鼻に菜の花”、ハイ早口で10回繰り返して!」
RIMG2221
Lisa はカツゼツは合格でも息が苦しかった。 (^^;)

さて、「突然の迷子に備えて」連載(?)第2回です。
前回はこちら

(2) ポスターを作っておくこと
そこまで必要?と思いますか?
あったほうがいいと思います。
この作業も思いのほか時間がかかりますから。
作っておく、または、できる人に作ってもらっておくのです。
以前、目立つデザインについては書きました
改良版のほうには、日付も場所も書いてありません。
迷子から日が経っていたため、移動能力を考えたら、
もはや場所はそれほど関係ないですし
(そもそも明らかに関係ない地域にはポスター貼らない)、
似た迷子が、困るほどいるわけでもなかったので
(ただし鳥種や色による)、日付も二の次でした。
ポスターの三大要素は、「タイトル」「写真」「連絡先」!
つまり、いざという時のために、もう作っておけるのです。

「縁起でもない」?
いえいえ、人間のガン保険だって、「終活」だって、
安心のためにするものですよね。

まだ写真を差し替える必要がある場合(ヒナなど)なら、
あと印刷するだけのところまででも作りましょう。

「目立つように」「見やすく」「きれいに」です。
想像ですが、きれいでないと、貼ってもらえない確率も、
さっさと剥がされる確率も上がると思います。
実際、お願いした際に、
「まあこれなら、うちの店のイメージも傷つかないね」と
言われてOKをもらえたケースもありました
(食品関係でした)。

迷子の際に時間を取られることは主に3つ
A: 呼び回って捜すこと
B: ポスターを作ること
C: ポスターを貼らせてもらうこと
当たり前ですが、AとCは前もってすることはできません
(イメトレや目星をつけておくのは、ぜひしましょう)。
でも、Bはやっておけるのです。これはチャンスです。
ポスターさえあって、トリあえず胸と背中につければ、
Aを効果的に行える最短手段にもなります。
(ゼッケンまで作っておけばさらに◎ →参考
呼び回りの時、周りの人は「ペットが迷子?」と察しても、
なかなか、「犬?猫? どういう特徴?」とか
聞いたりはしにくいものでしょうから。

作りかたについて、もう少し具体的に書きます。
タイトルが「迷子」だと、
いなくなったのか保護中なのかわかりにくい、
と思いました。
Lisa は「探し中」と書きました。
元家族を捜している意味にも取れなくはないですが、
「探し中」vs「預かり中」ならまあだいたいわかるのでは?

インクジェットプリンターで印刷したものは、
雨であっという間ににじみ、読めなくなります。
Lisa はラミネートパウチ機(ラミネーター)を買いました。
(近郊のかたなら、あらかじめ作る際お貸ししてもいいです。
 迷子になった時とっさには予定が合わないかもしれません)
B5で100枚作りました。

パウチしたものでも、原稿上に画鋲を刺されてしまったら、
すぐににじみました。
地域の掲示板がこれに当たります。
「自分で貼って」と言われた地域でも、
自分が貼る時はもちろん縁だけに画鋲を刺しましたが、
他の掲示物との兼ね合いでどうしても場所移動される際、
そこまで気を使ってはもらえません。
お世話になっておいて言いにくいですが、ぶっ刺されました。

パウチに画鋲穴でインクがデロデロになったポスター。
「探し中」がすっかり消えています。
RIMG5055-1

そこで、屋外に画鋲で貼るものに関しては、
「図書館の本をカバーするフィルム」で表裏を挟むのが
いいと思いました。
表だけでも防水にはなりそう。ただ裏が変色したりはします。
ニチバン「カバーフィルム」というのを今は常備しています。
ただしこの作業はコツが要り、時間もそれなりに必要。
迷子にしてから何十枚も作れる代物ではありません。

前回のコメント欄に、
「コンビニのカラーコピー、レーザープリンター、
 印刷所への発注」という名案をいただきました。
その通りだと思います。
コンビニのカラーコピー+ラミネートパウチならさらに◎。
画鋲の場合でもいけるかもしれません
(試してないので断言できませんが)。

コンビニのカラーコピーがB5/A4/B4は1枚50円。
あらかじめ作っておくなら、
B4に2枚分刷って半分に切る手間もかけられるから25円。
つまり100枚で2500円。
インクジェットプリンターだって、
バカにならないほどじゃんじゃんインクを食いましたから
(迷子当時の領収書をなくしてしまい比較できませんが)、
さしてコンビニが割高ってわけでもないと思います。

ちなみに、「連絡先」部分は、
パウチした本体とは別に印刷し、
梱包用の透明な幅広テープを上だけはみ出させてカバーし、
それをパウチに貼り、浮いてる下半分にハサミを入れました。
……言葉だけではわかりにくいな。

頑張って光らせるように撮りましたが、わかりますか?
RIMG5057-1
電話番号を隠したグレーの線は全部同じ色なんですが、
目の錯覚の教材みたいになってしまった。 (^^;)

それを、こう。(モザイクすみません)
パウチの上から貼ってるのわかりますか?
RIMG5058-1
前述「デロデロポスター」でもここはにじんでなかったから、
粘着カバーなら、表だけ貼っても防水になるとわかります。

だいぶ、押し付けがましい口調になってしまいました。
推敲の時間がないので、ひとまずこのまま投稿します。

(3)に続きます


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


野菜を刻まずに与えて、後(2014年9月)に叱られた件。
“みじん切り先生”(中野バードクリニック)によれば、
「1日4種類ずつ、全く重ならずに1週間」=28種類/週
「毎日28種類を1口ずつ、1週間」=28種類/週
とすると、同じ量を取るために、単純計算でも
前者は1種類あたり1度に7口食べてしまうことになり、
これは、リスク分散の意味がわかっていない!とのこと。
同じ理由で、好きなものを多めに入れるのもダメ。
(ただし旬の果物などを人が食べる時に与えるくらいはOK、
 野菜は果物よりリスクが大きいので良くないとのこと。
 果物は、種を運んでもらうため果肉は甘くし毒はないが、
 野菜は虫に食べられないためシュウ酸やアクなどを持つ。
 多くの本が◎野菜×果物、など、逆のことを書いてるそう)

忙しいとか面倒だといって、つい前者型の手抜きになりがち。
意味をわかった上での手抜きならしてもいい。
たとえば、休日に1週間分刻んで、1日分ずつ製氷皿で冷凍。
→毎日キューブ1個をポンと入れて自然解凍するだけ、など。

この日も、みじん切り10種はみじん切り10種で与えてますが、
「多種与えればいい」じゃないのね。
「1種あたりがごく少量であること」が重要なのね。

(19:00)