2013年02月

2013年02月28日

昨日の日記、ブログ村の過去記事一覧で、
「関連キーワード 写真 清純派 タイ」ってなってて、
タイ??と思ったけど、「ヘンタイのタイ」かあ。
すごい拾いかただわ。

さて、生後5ヵ月になった女の子マメルは、
年末くらいからダラダラ続いたヒナ換羽もどうやら終わり、
これからは、「早寝遅置き」するようますます気をつけねば。
(発情抑制です。明るい時間が短いほうがいい。
 理想は、セキセイで昼時間9時間と読みました)
マメルは普段、8時頃起こし、
最近は17時半または(Lisa不在時)日の入りの時間に寝ます。
(突発的に、昼時間たった7時間だった日も!)

が、Lisaが明日から2泊留守にするため、カーテン開けたまま
マメルは寝起きともに太陽に合わせることになります
(留守予告書けるのって過去日記ならでは)。
1週間ほどかけて、起こす時間を6時半まで早めてきました。
本当は、この時期6時くらいから明るいらしいんだけど、
これが精一杯だった。許せマメル。

さて、マメルは無事2泊留守番してくれるのでしょうか。
ペットホテルも調べたけど、万一の感染なども心配だし、
毎回預けなきゃならないと大ごとだから、あえて留守番に。
1泊なら経験ありますが、頑張ってくれるかな。

外気温が2桁、15℃あって、風もなかったので、
久ーしぶりにベランダ遊びできました。

なんでチェーンのカレーの写真撮ったんだっけ?と思ったら、
たしか、通りかかった時「本日まで限定」だったんだ……。
エビカツ(カレーはポーク甘口)。
食べ物の限定品に弱いのです。ココイチの思う壺な Lisa。
DSC05911-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


パネルヒーターはこの留守番のために買いましたよ。
切れてばかりの電球ヒーターには、命を預けられません。

(23:59)

2013年02月27日

小鳥飼いの多くが夢中に違いない、小鳥のオチリ。
なんであんなにモフモフしてるんでしょう!
体中で一番(かな?)柔らかい毛があって、
毛が多すぎて可愛いなんて、小鳥ならでは?

あらかじめお断りします、今日の内容はヘンタイです。
下ネタ満載です。清純派の皆さんは気をつけて。
しかもオチリ写真ありません(過去日記にならある)。
サギみたいだ(インコなのに)。ごめんなさい。

Lisa は気づいてしまったんですよね、
ウンチをした直後1分間くらい、オチリの穴が、穴が、
……ぱくぱくしています!
そうしてだんだん収縮して、元通り穴が閉じる模様。
あら、ウンチするのってそんな大ごとだったんだ。
プリプリプリプリ、30分に1度は落とすというのに。

これを応用すると、
「あれ、いつの間にここにウンチ? 今したの?」って時、
鳥さんをひっくり返してオチリを見るとわかりますよ。
そういえば、とまり木では腰を落として踏んばったり、
平らなところではちょっと後ずさりしたりして、
「今、する」って予兆があるのも笑える。
指にとまっている時も、
握る足に微妙に力が入るので、気づきます。

以前、週末のたびに遊んでいたボタンインコは、
腰を落として踏んばった後、尻尾をくっと上げて、排泄した。
それって、尻尾にウンチがつかないように?
マメルリハは尻尾が短いからそうはしないのかな。
ワンちゃんが足を上げておしっこするのと同じですね。
なんか、みんな工夫してるんだなあ。

あと、上のほうにとまってさえずってる時、
こっそり眺メルとわかる。さえずりに合わせてオチリの穴が
ぎゅぎゅっとしてます。腹筋がここにあるのかしら。

画像は、昨シーズン唯一の積雪の日('12.2/29)、
六義園で、雪の中の水鳥たち。

DSC03513-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


よその小鳥さんのオチリも見たいと思ってしまうから
……やっぱりヘンタイ!?

(23:59)

2013年02月26日

亡くなって何年も経つけど、昔、柴犬♀を飼っていた時
(犬種や性別にもよるかもしれないから一応書いた)、
この犬は、泣いている人がいるとやってきて、
寄り添ってくれる犬でした。
「待て」しかできなくて、お手もできなくて、
よくダメダメのように笑われましたけど、優しい犬でした。
今でも、彼女の誕生日や折にふれ、話題になります
(最近、誕生日でした)。

さて、その点マメルはどうなんでしょ?
大人になった Lisa には、そうそう泣くようなこともなくて、
女優さんじゃあるまいし自在に泣けるわけでもないので、
感動モノの番組を見てた時に、首元に乗せておきました。

今だ!(ポタリ) ←この時点で、意識は感動から逸れてる
「ビクッ!」

マメルは不意に落ちてきた雫に超~~~びっくりして、
それから、ポタポタ落ちるのをひたすら舐めました。

でも、指についた水を舐めるのと大して変わらないような。
または、塩分を取らなきゃという本能みたいなものかしら。
(塩土与えてません。うちの先生は塩土否定派です)

画像は(またストック画像ですが)、
昨シーズンの唯一の積雪、2/29の雪です。
サクランボではなくて、姫リンゴくらいの大きさ。
これ本物? どうなってるんだろ?って、
花屋さんの店頭でしたが、まじまじ眺めたおぼえがあります。

DSC03519-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


我が家の結論:
・マメルは、なぐさめないみたいだ
・でも、小鳥との暮らしが癒やしになるのは間違いない
・感動番組より、今はマメルへの関心が断然上

(23:59)

2013年02月25日

明け方に気温が氷点下になったそうで、
なんと、うちのベランダにつららが!
こんなの初めて見ました。
で、慌ててマメルと記念写真。
マメルが乗っているのは Lisa の手袋です。

DSC05910-1

ということは、うちの給湯器、水漏れしてたんだ。
言われてみれば、最近ベランダが乾かなかったわけだ。

お隣が排水溝を掃除してくれないせいかと思ってた。
濡れ衣すまん。
でもさ、お隣はベランダにダンボール敷き詰めてるの。
空のペットボトルもなぜかベランダにポイポイ。
臭いとかはないけど、それで洗濯の排水してるから、
洗剤が濃縮されてダンボールに残るよねえ?
……知~らないっと。
(あ、なんか悪口みたいになっちゃいましたが、
 今は誰が住んでるのか全く知らない。
 前に住んでた人は几帳面そうなオジサンだった)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


写真撮った時はすでに7℃くらいあったようです。
でもマメル、縮こまっていました
(本来、寒いと鳥さんは膨らむ)。

(12:00)

2013年02月24日

ああー長かった、ホントに長かった。
この時期、別件で忙しくしていて、
気づけば、全然写真を撮っていなかったようなのです。

久しぶりに、ストック画像でなくこの日の写真です。
いつものように浅型バード容器におやつ、
昨夜買ったもう1つに今日からはお水を少し入れて、
おやつ場キャリーにセットしてありました。

ん?

DSC05907-1

あんまりびっくりして、ピントがどこに合っているのやら。
マメル生後5ヵ月、人生(鳥生)初の水浴びです。
いや、いやいやいや、考えてみたら最近、
バナナ型水入れの小さな飲み口(1×3センチくらい)で、
羽を膨らませて興奮してることがあったっけ。
あれ水浴びだったのね。
浴びたかったんだマメル? この寒いのに?
(この時間の外気温5.5℃)

DSC05909-1

よそのブログを見る限り、マメルリハさんって、
「どこ浴びたの?」ってくらい濡れないみたいよ?
なんてワイルドなんでしょう。
女の子なのに。

そんな豪快に濡れられるような容器じゃないんです。
ふわもこ日記」さんのミドリちゃんも同じことしたそうで、
この器とマメルリハの大きさ比がわかりやすい記事でした
(リンク許可いただきました)。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


おやつ場キャリーの中で浴びたので、
部屋が濡れずにすみました。テクニシャン・マメル。

(02:00)

2013年02月23日

Lisa を追ってキッチンにやってくるマメル。
たまに、Lisa が隣室に戻る時に追ってこないと、
水を張ってなくて熱いものもない限りは、
まいっか、とほっておくことがあります
(本当は、目を離してはいけないことになっています)。

慌てて戻ってくることが多いけど、
なかなか来ないと、やっぱり様子を見に行きます。
狭いキッチンでマメルの定位置は3ヵ所ほどあるのだけど、
そこにいない時は、大変、見つかりません!

小さいせいなのはもちろん、黄緑という色のせいもあるのか、
ウチがごちゃごちゃしているせいなのか(大いにある)、
とにかく、究極の保護色みたいです。
ヤツもヤツで、そんな時は呼んでも返事をしません。
マメル、かくれんぼを極メル。

幸い、下のほうにいることはないので、
それでも踏んだら大変だからすり足で歩きますけど、
ほどなく、見つかります。すぐ近くで、普通に表面にいます。

さて、午前中ネイルだったのでランチを食べて帰りました。
マメルは留守番です。
冬のお料理「カスレ」が目当てだったのだけど、
よく見たら平日限定って書いてあった(この日は土曜)。
残念。違うコースにしました。

■ レストラン ラ・リオン

外観: 映り込まずに撮れましたが見にくいですね。
DSC05902-1

前菜: サーモンのマリネ(たぶん)
DSC05903-1

スープ: 天カブ?茸?のポタージュ、カプチーノ仕立て
DSC05904-1

主菜: 鱈?のムニエル? アメリケーヌソースかな?
DSC05905-1

デセール: イチゴのアイスクリームとメレンゲ
DSC05906-1

パンとコーヒーはトリ忘れたかしら?
ここのは、バター代わりにオリーブオイルが出ます。

夜、ドキペで浅型バード食器を1つ買い足し、
パネルヒーターも買いました。
これの後、さらに2/3と2/16にも30w電球が切れ
(2/16のは検品済みのはずの交換品がですよ!)、
電球ヒーターはもう全く信用できません。ひどすぎ。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


画像の残っていない期間がようやく終わりました。
明日こそマメル画像が登場します。

(23:59)

2013年02月22日

この日初めて加えた野菜、スイスチャード
そんな野菜あったのか。茎が赤や黄色で良いいろドリになる。

あっ、今日は2/22=ニャンニャンニャンで猫の日ですね。
猫も大好きです。一度くらい飼ってみたかったな。

さて、最近のマメルは室内日光浴ですが、
ベランダ遊びや室内日光浴の時、おやつ場にしているのが、
ドーム型のキャリーです。
おやつは殻付き餌なので、殻飛び散り軽減と、
マメルの防寒にも役立っていると思います。
(でもマメルはさっさと食べ終えて屋根に乗るのが好き

で、屋根に乗るリンク先画像でわかるように、このキャリー、
扉が、一部の電子レンジみたいにというか(一般向き説明)、
「手乗り」型ケージみたいにというか(鳥飼いさん向き説明)
下にチョウツガイがあって上から90度開くタイプです
(扉が台になり、鳥にとってベランダや玄関ポーチを兼用)。

マメルがキャリーに入る時、扉の根元を踏んでしまったり、
連子(つれこじゃなくレンジ。英語はラティスでいいらしい)
に足がかかったりすると、
扉を自分で閉めてしまう→閉じ込められてしまうんですね。

ベランダでは特に、閉じ込められての熱中症を心配して、
目を離さず、温度計を入れたりしていましたが、
閉じ込められても体当たりして開けられるように、
いつの間にかマメルはなっていました。
どうやっていつ、学習したんだろう。
こういう成長って、本当に感動します。

画像は1年前、昨日載せた美術館のすぐ近くで見つけた、
絵馬屋さん?
谷中らしいといえば谷中らしいけど、絵馬屋さんは珍しいな。

ここにも「絵馬屋」としか書いてない。(お散歩サイトです)

DSC03471-1

「絵馬」っていうけど、「絵鳥」があってもいいじゃない?


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


この近所には昔ながらの飴細工屋さんもあって、
鳥を作ってるのをテレビで見たことあります。行きたい!
飴細工「吉原」 千駄木 12-19時 月火定休

(23:59)

2013年02月21日

この日初めて加えた野菜、ゴーヤ。

これ久々に書きました。
ゴーヤ食べるのは季節的にもっと先になると思ったら、
見切りで出ていたので。
見切り品にマメル未食の野菜があると、買ってしまいます。
Lisa 用にどう料理できるかなんてことは後先考えず……。
で、勢い、Lisa も生で食べることが多くなっていますが、
カリウムが摂れるからけっこういいのかも。

で、今回「いさメルたしなメル」ですが、構成間違えたなあ。
褒メル」より先にこっちを書けば良かった。
昨日もう書いちゃったもんね、
「ウケたと勘違いさせちゃうから、怒鳴れません」って。

けど、悪いことは悪いとわからせなければなりません。
ポンと下ろして、決して目を合わせず、
乗ってきても乗ってきても即座に下ろす「無視」もあるけど、
マメルは場を読みすぎるのか、 Lisa 同様マイペースなのか、
一人遊びを始めてしまうので、あんまり効果がない。

特に教えたいのは「噛んじゃダメ」ってことなんですよね。
くちばし上1/3が鼻でおちょぼ口のセキセイちゃんと違って、
大口のマメルリハは破壊力あります。
ただし「こらしメル」「とっちメル」なんていうのは論外で。

それでやってるのが、どこかで見た方法。
マメルリハのサイトかブログだったと思うんですが、
うろ覚えで、その後いくら検索してもみつかりません。

くちばしを押さえて数分間じーっと目でダメよと訴える、
(その後、いい子だねーとナデナデ)←これはしてません

って感じのだったんですが、どなたかお心当たりないですか?
効果は出てるのかどうか、うちでは微妙ですが、
そんな感じで、いさメルことにしています。

画像は、一年前の雨の土曜日、谷中の小さな美術館で。
あまり梅にピント合ってませんが、雨粒をトリたかったんです。

■ 寺町美術館

DSC03465-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


その時(1年前ね)、フレンチも食べました。
早く暖かくなって、マメルも一緒にお散歩できるといいな。

(23:59)

2013年02月20日

けっこう単純な「メル」がまだ残っていました!

褒メルことはとっても大事だと思います。
鳥さんは叱ることができません。いや、できなくはないけど、
怒鳴ったりすると「ウケた!」と勘違いしちゃうんですって。
悪いことしたら、怒鳴るより「無視する」のが効果的だとか。

なので、メリハリをつけるためにも、褒メルことは大切。
良いことをしたり嫌なこと(翼の点検とか)に耐えたりしたら
「大げさに」褒メルのがポイントです。
いいね、えらいね、かわいいね!!
やった、すごいね、カッコイイ!!
褒められていることはわかるようで、
マメルもまんざらでもない顔をしています。これホント。
そして、言葉もだけど、人も鳥もやっぱり「ご褒美」が好き♪

マメルのご褒美は「粟玉1粒」にしていまして、
剥き餌なので殻がほとんど落ちなくて、室内でも手軽です。
シード(殻付きが良いとされる)主食の鳥さんだと、
剥き餌なんて嬉しくないかもしれないけど、
マメルは普段がペレットなので、粟玉は喜んで食べます。
あ、ただ、わざわざ買う人は粟玉より「剥き粟」がいいかも。
粟玉というのは、剥き粟に卵成分をまぶしたもので、
栄養はあるけど、卵成分がカビやすいんだそう。
ヒナ時の挿餌の粟玉が残ってもったいないので
今は粟玉を与えてますが、うちも次は剥き粟にするつもり。

粟粒(粟玉or剥き粟)は、ピルケースに入れて、
始めピルケースごと差し出していましたが、
ちゃっかり2粒も3粒も食べようとし始めたので、
今は指でつまんで1粒を与えています。
たとえば朝、
カゴから出る時、「握手とハンタイ」をしたら褒めて1粒、
体重計前に移動する Lisa を追ってきたら褒めて1粒、
体重計に自分で乗ったら、褒めて1粒、
戻る Lisa を追ってきたら褒めて1粒、
……水族館のアシカショー方式です。

この日 Lisa は保険の手続きに行き、
そういえば1月末までに申し込まなきゃならなかった、
婦人科検診を忘れてたことに気づいて愕然。
12月に胃がん検診して安心しちゃってたわ。ガーン。
帰りに、久々に思い出した有名店の餃子を購入。

■ 東亭
イートインがランチのみに変わってしまっていた。
夜の営業は17~19時だけで、しかも持ち帰りのみ。

DSC_0003 (2)-1

検診忘れたヤケ食いというか、
でも保険手続きに行ったことにはご褒美というか……。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


ネギ類が入ってるし味も付いているので、
マメルにはあげられません。こっそり食べましたよ。

(23:59)

2013年02月19日

冬になってからマメルん家にかぶせている、
保温用ビニールカバーですが、
夜間はさらにその上からおやすみ布をかけています。
けどそれは失敗だったかもしれない。
ビニールカバーの下にかけるべきだったかもしれない。

というのも、
マメルが寝床にしている左奥上のとまり木のちょうど側面に、
大穴が開いているのを発見したからです。
マメルめ~、かじりやがったな!
かじるのは楽しいかもしれないけど、
穴が開いたら自分が寒くなるだけなのに……おバカな子。

そこで、よく商品パッケージに使われているような、
下敷きよりはずっと薄いプラ板を適度な大きさにして、
その穴開き部分のケージのアミにジグザグ通しておいた。
しばし良かったけど、これもマメルが齧りたがる素材なので、
齧ってボロボロ→トリ替える→齧ってボロボロ→トリ替える、
のイタチごっこ。

もうー、君が寒くないようにやってるのに。気づけよー。

画像は2012年1月、有楽町駅前のイベントスペースに
秋田のかまくらが来ていたもの。
DSC03114


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


かまくら作ったことないけど、踏みしメル感じなのかな?

(23:59)

2013年02月18日

昨日、10芸中9つめに書いた人差し指行ったり来たりは、
芸というか遊びというか微妙ですが、
遊びかたにもいろいろあります。

■ ペットボトルキャップと輪っか、まき散らし
うちでの初日からペットボトルの輪っかで遊んでいたように、
くちばしで持ち上げるのにちょうどいい重さらしい。
ペットボトルキャップと輪っかを5つずつくらい、
ロックグラスみたいな背の低いグラスに入れておくと、
グラスのふちにとまって、全部ポンポン投げて遊びます。
どうせなら逆に、外にあるのを入れて集メルのもすれば、
バスケみたいで、または片付け上手みたいでいいのにね。
残念ながら散らかすほうOnlyです。

■ 噛んで遊ぶ
お気に入りは、商品タグの紐?(樹脂製)や、
商品パッケージの薄手プラスチックです。
あと、ビーズのアクセサリーも狙われます。要注意。

■ すだれクライミング

■ すだれブランコ
すだれの下の桟にぶら下がったまま、
強風時にすだれが大きくはためくダイナミックブランコ。
はためいた時に頭や背中を打つんじゃないかとハラハラ。

■ ひも登り

■ ぶら下がり系
たとえば、タオルかけから下がっていき、
端っこまで下がると、ぶら下がったり、背中を反らしたり、
時には片足でぶらさがったりしています。
ぶら下がり系は、ケージの中でもどこででもします。
着ている上着やスカートの裾では、やメルようにさせたい。
危ないから~。

■ ノートPCのケーブル綱渡り
Lisa がひざの上でPC使っていると、
ケーブルを渡ったりぶら下がったりしています。

■ ノートPCのキーボード内、マウスボール代わりのボタン
(指先でカーソル動かすための)のゴムカバーを外す瞬間芸。
これはイタズラかも。怒られるとわかっててやってます。
外すばっかりで、はメルことはないからなあ……。

■ 頭にとまる
飼い主より目線が高くなるのはあまりよくないらしいので、
すぐ下ろしますが、とまりやすくて好きみたい。
特に、髪をしばっていると、
「髪の毛の中に、いいとまり木みっけ」って感じで乗ります。

■ Lisa の後追い
気持ちは嬉しいけど、まるでストーカー。 (^^;)

■ メガネのふちに乗る
金属フレームなので、まあ黙認。

■ で、まぶたをついばむ
やめてー(痛)。
でも鳥さんにしてみたら、カキカキのお返しに、
毛づくろいをしてくれているつもりなんだそう。
うーむ、それ聞いちゃうと怒れない……。

画像は、2011年12月撮影。
確かサザンカじゃなくツバキだったと思う
(山茶花は花びらが散る。椿は花ごと落ちる)。
DSC02975-9


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


「遊び」の種類はこれからも増えていくといいな。
人間の子どもみたいに、成長につれて変わるのかな。

(23:59)

2013年02月17日

マメルの芸について。
何度か書きましたがバラバラにだったので、
ここらで一度まとメルとしましょう。

■ ステップアップ
胸の前に出された指に乗ること。手乗り鳥の基本。
Lisa と向かい合わせの時は
顔に近づきたいがため調子よくどんどん登りますが、
マメルの背後に Lisa がいるポジションの時は
わりとすぐ飽きてしまいます。

■ ラッコ
いわゆる「ニギコロ」。
手の上で仰向けでじっとするのがニギコロだとしたら、
テーブルの上などでするのは「コロ」?(笑)
それもバッチリです。
毎日ブログのラストにある応援ボタンの画像がそうですね。
(ケージの上でできるようになったのはもっと後のことです)
下地が安定しないなど気に入らない時は、
翼を敷いているに等しいその状態から飛んでしまいます。
翼の筋力さすが。

■ ピョン
足を揃えて飛び移ること、またはその連続技。
鳥さんの脚力に感心させられる。
マメルはなぜか、ステップアップより「ピョン」のほうが続く。
楽しいのかしら。疲れそうなのにね。

■ くぐる
髪ゴムの輪っかをくぐること。といっても、
髪ゴムの輪っかが通過するのに合わせてまたぐこと、
ぐらいかな。

■ お手玉
ラッコ(=ニギコロ)の状態でポンポン弾まされること。
まあ、高くても5cmくらいですが、
人間側は間違ってもキャッチし損ねて落としてはなりません。

■ コウモリ
尾羽を持たれてぶら下げられじっとしていること。
暴れる場合は、最悪尾羽抜けちゃいますからご注意を。

■ 「握手」と「ハンタイ」
いわゆる「お手」と「お代わり」。
「握手」で乗せる足は左右どちらのこともありますが、
いずれも「ハンタイ」はちゃんと逆の足を乗せます。

■ 呼ぶと来る、手を伸ばすと来る
教えたわけではないけど、冬になってから気づきました。
窓辺に吊るしたキャリーでマメルがオヤツ中に、
ホントはいけないんだけど Lisa がウトウトしてしまい、
夢うつつの中で手を伸ばしたら飛び乗ってきて嬉しかった。
おおー偉いねー♪と褒メル→目が覚メルことになりました。

■ 人差し指行ったり来たり
これはマメル自身が編み出したので、芸ではないかも。
Lisa の左右の人差し指を「ピョン」で往復するもの。
親指と人差し指のL字形を親指で左右つける 凵 形だと、
ちょうどいいみたい。  (こんな漢字あるのね↑)
飛び移ると180°くるっと向きを変えて、また元の手へ。
これを延々と繰り返すのです。
しかしだんだん興奮してくるので注意が必要
(詳しくはリンク先に)。

■ 手のひら行ったり来たり
これ初めて書きます。上記の進化版で、
Lisa の伸ばした両手を、飛んで往復するというもの。
Lisa が粟玉を1粒つまんでいるので、探るとご褒美が。
時々マメルも手を抜くのか、
肘ぐらいに飛び移り、歩いて手のひらまで行ったりも。

けっこうあるのね。以上、ぴったり10芸でした。

さて、ハートの消印の件で目白の切手博物館に行った時、
1階にあった「サボテン相談室&サボテンカフェ」の看板。
右上に鳥さんがいます。
DSC03324-9

今気づいた。手紙じゃなくて、切手をくわえてるんです。
かなり粗くなっちゃうけど拡大してみましょう。
さすが、切手博物館のテナント。特注かしら。
DSC03324-8


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


思わぬところで鳥モチーフを見つけると
にんまりしてしまいます。

(23:59)

2013年02月16日

マメルは普段 Lisa の部屋とベランダにしかいないのですが、
Lisa を追って、平気でキッチンへもやってきます。
知らない部屋には行かないという他マメさんの話も聞くので、
物怖じしないタイプかもしれません。
部屋からキッチンへは、幅40cm長さ1.5mの変に狭い廊下で、
フライトは難しいはずなのに、
パタパタパタパタ懸命に追いかけてきます。
途中、棚で一休みしていることもあります。

火やお湯を使う時は、マメルを出したまま置き去りにはせず、
ケージに入れてから Lisa だけキッチンへ行きますが、
ちょっとお水を注ぎに行ったり、野菜をトリに行ったり、
そういう時は比較的自由にさせています
(目を離さないのが原則ですのであくまで自己責任で)。
マメルがあまり飛ばないので、
追わせて運動させようという目論見もちょっとあります。
(ペレットを食べながらたびたび水を飲むけど、同じ理由で
 ペレット入れと水入れもわざと離して置いています)

ただ、以前も書きましたがトイレだけは入室禁止
マメルが流れていっちゃう怖い妄想が浮かびますし、
留守の時に万一脱走して万一トイレが開いていて、
万一隙間から中に入って溺れたりしたら……。
なので、トイレのドアの前で、マメルは止メル。
すぐ前のカーテンレールにとメル、で、待たせる。
ドアを細く開けているので、隙間から見つメル1人と1羽。

画像は去年の1月、「ふるさと祭り東京」で。
ステージエリアは、入場料とは別に座席料金がかかります。
物販飲食エリアも、入場料のモトが取れるほど楽しむ前に、
人混みに疲れてしまったり、お腹のキャパを超えたりで、
普通に物産館や都道府県アンテナショップ回ったほうが
いいなあと思った次第。
ご当地丼選手権も、食べる場所は遠いから立ち食いになるし。
DSC03131-9


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


「全国ご当地モノ」自体は大好きです。
フジテレビのイベントなのに、出店テナントのうたい文句が、
「(日テレ)秘密のケンミンSHOWで大人気」って、笑えた。

(23:59)

2013年02月15日

マメルが出たがってずっと見つメルと昨日書きましたが、
実際、マメルは Lisa が知るどの鳥よりも出たがります。

今まで知る他の鳥は皆、同様に放鳥が好きであっても、
そして、すぐまた出たがるのだとしても、
ケージに戻そうと近づけると、いわゆる“空気を読”んで
ぴょん、と入ったものでした。

マメルは違います。マメルは帰宅を全力で拒みます(笑)。
マメルをケージに入れるには、すかさず扉を閉めること、
かつ、出てこようとするマメルを扉で挟んでしまわないように
細心の注意が必要です。「押し込メル」ような作業。

かわいそうだから、お腹がすいて自分で戻りたくなるまで
放っておこうと考えたこともありました。
でも、それやってマメルが帰ったのはいつだと思います?
7時間後です。(^^;)
その間、Lisa も「寝ず食わず」で付き合いましたよ
(放鳥中に Lisa がウトウトしたりするとマメルが危険)。
こんなんじゃ放し飼い同然なので、この案は断念。

ちなみに、カゴの扉は、跳ね橋のようなというか、
中世のお城で「堀を跨ぐ橋」を兼ねた門扉のようなというか、
ああいう「上から90°倒して開く」大扉(開くとバルコニー状)。
出る時は、マメルは待ちきれず、
その扉が10°開いた時点ですでにスチャッと飛び移り、
10°から90°へ足場が傾く中、
回り舞台から登場するヒロインのように颯爽と現れます。
(言葉にすると冗長ですが、伝わります?)


さて、西武線の車両間のガラス扉には卵模様があります。
DSC02560-c

で、この模様、たまーに隠れキャラ? ヒヨコがいるんです。
DSC02560-1
(2011年11月撮影)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


見つけるとニヤッとしてしまいます。
西武線に乗られる際はご覧あれ。



(23:59)

2013年02月14日

前にもちょっと書きましたが、マメルは本当によく見つメル。

まず、ケージ前面アミに張り付き(多くは逆立ち)ガン見での
出せ出せプレッシャー。
マメルの舞った羽を拾おうとしてうっかりケージ右側に
手を出そうものなら大騒ぎです。
そこに、「これから出すよ」の合図のホイッスルがあるから。
「違う違う、これは違うの」と言い訳しないといけません。

奥のとまり木(マメルの寝床&リラックス場所)で
熱心に羽づくろい中だと思っても、ヤツは絶対見ています。
どんなにこっそり、たとえばお手洗いに行こうとしても、
ちょっと腰を浮かした途端、ズザザザザー!!
走りこんできて前面アミにスライディングするのです。
いや、実際は滑るのではなく飛ぶのですが、
スタタ(助走)、スチャッ(前面アミに飛び移る)!
その速さといったら、世界記録級です。
これも、「違うの違うの。まだ放鳥時間じゃないでしょ?」と
言い含めないとなりません。

ああ、愛(要求?)が重い。 (^^;)
重い女を彼女に持つとこんな感じでしょうか。

愛といえば今日はバレンタイン。
去年、期間限定のハート消印を目当てに目白まで出かけました
(残念ながら今年はやっていないみたい)。
途中、あと1駅のところで人身事故で電車が止まってしまい、
閉館時間が迫る中タクシーで駆けつけたので高くつきました。

偶然ですが、切手も鳥づくし(ですよね? スノーレッツって)。
DSC03322-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


その場でスタンプ式の消印を打ってくれるので、
預かられる前に一瞬借りて写真トリました。
毎年あったサービスらしいのに、なんでなくなったんだろ。

(23:59)

2013年02月13日

あたためるといっても卵ではありません。
マメル自身のこと。
マメルん家(ケージ)にはヒーターを付けていますが、
手乗りだから乗る、Lisa の手が冷たいのです。

そもそも鳥は体温が高く、43℃あると言われます。
Lisa は平熱が高いほうで37℃近くありますが、
冷え性ではないのに(むしろ暑がり)、手足が冷たい。

そこで、朝のニギニギごっこの時や、
毎日の点検(触診)の時などは、まず手を温メル。
マメルのヒーターや、時には白熱灯スタンドで、
電球を触らんばかりに手で包み、熱を移します。
飴細工職人ばりの気づかいでしょう。

常夏の国シンガポール、川沿いのパブで鳩@2010年7月
羽を膨らませての保温は必要なく、さすがしゅっと細い。
DSC00885-1
愛想はないな。プイッと行っちゃいました。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


この頃別件で忙しく、いよいよ写真がないのです。
ついにライブラリ画像(過去のストック)に手を出しましたよ。

(23:59)

2013年02月12日

昨日書いた、グレープフルーツ皮ちぎり
その翌日またまた同じことを……。
味わってはいないようだけど、
味しめちゃったのねえ。

今度は現行犯を押さえました!
いやはや、昨日も書いたけど、
ほとんど同じ大きさに刻んでいくんです。
これはなかなかの技術かもしれない。←飼い主の欲目
(マメル興奮しすぎで写真がブレブレ)
DSC05901-1

緻密に刻メル男、マメル。
あっ違った、
マメルは女の子でーす。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


食べ物と認識してないな。きっと、おもちゃだと思ってるな。

(23:59)

2013年02月11日

3日前、
昨日書いたひも登りから1時間後くらいのこと。
なんだか柑橘系の匂いがするなあと思ったら、
Lisa の食べ終わったルビーグレープフルーツの皮を、
せっせと噛みちぎっていたマメル。
(またこのパターン

い、いつの間に。
こういうのはさっさと片付けなきゃいけないのね。(^^;)

でもマメルは楽しそうだし、
さわやかな香りは漂っているし、
皮もきちんと洗っていたし、だから良いことにしましょう。

意外と緻密な仕事ぶりで、大きさが揃ってる。
DSC05900-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


ちぎるのが目的で、口には入っていない気が。
明日は、別の日の現行犯をアップします。

(23:59)

2013年02月10日

2日前のこと。
お昼過ぎまで太陽が出ず、
その後は晴れ間もあったものの前日より5℃も低かったので、
ベランダ遊びはナシ。部屋の中での日光浴になりました。

カーテンレールからキャリーを吊っています。
うちは下半分が曇りガラスなので、マメルが外を見られるよう、
真ん中よりギリギリ上に吊ります。すると、
座っている Lisa よりマメルの目線が高くなってしまって、
それは良くないという説も聞くけど、
ケージでずっとそうってわけじゃなくて短い間だけだから、
まあお目こぼしいただければ……。

そもそも、マメルのケージ前でゴロ寝する時だって、
目線逆転しちゃってるしね。

で、マメルはおやつを食べ終わると出てきます。
ベランダでの時もそうなんですが、
キャリーの中より上に乗っているのが好きみたい。
あと、キャリーの扉兼用のバルコニーにたたずんだり、
ドーム型の外周を器用に伝ったことも。

この日は、キャリーの上に乗った後、
キャリーを吊っている紐を登り始メル。おおっ、これ初めて。
そしてこちらも、てっぺんまで登りつメル。
「てっぺん」がマメルのマイブームかもしれません。

DSC05899-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


逆立ちしてる時に反りがちなのは、
体は平気でも、頭はやはり正位置でいたいってことなのかな。

(23:59)

2013年02月09日

昨日一昨日(の画像)、というわけで、
マメル、ベランダネットを登りつメル。
一瞬ひるんだように見えたけど、
そのあと当然のように降り始メル。

そりゃあね、鳥ですから高所恐怖症とは無縁でしょうけど、
垂直面を、頭を下にして降りるというのはなかなかツワモノ。
すだれの時もそうでしたが、今回はさらに50cm高い場所だし。

鳥さんって、裏表方向の逆さまには弱くて、
ひっくり返して仰向けにされると基本的には嫌がるから、
「ラッコポーズ(いわゆるニギコロ)」が芸になるわけです。
でも上下方向の逆さまには強いのかな?

DSC05896-1

足、足、口の3点で、危なげなく降りてきます。
平地を歩いている時は「つんのメル」こともあるのに。

考えてみたら、鳥さんって後ろ歩きしません。
ウンチをする時、1、2歩後ずさりして踏んばるのは別として。
飛び立つのも絶対前にしか行かないから、
いかにも飛びたそうなそぶりの時や追い詰メル時は、
斜め上前方から手を近づけると、簡単に掴メル!


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


天井まで行ったのは始めて見ました。
日に日に新しい姿を見せてくれて、嬉しい限り。

(23:59)