2013年01月

2013年01月31日

暮れにマスターした「すだれクライミング」
今日もベランダでやっていましたので、
お見せしましょう。

DSC05861-1

DSC05862-1

DSC05863-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


Lisa が登れないから降りてきてくれているような気が
しないでもない……。

(23:59)

2013年01月30日

朝は起きてニギニギとそのまま Lisa の手の上で羽づくろい。
マメルん家はベッドサイドにあるため、
この時 Lisa はまだまどろんでいるのですが、
20分ほどしてマメルが餌場に移動する気配を見せたら、
二度寝タイムはおしまい。マメルの体重測定です。

もう投薬していないので、
必ずしも食べ始める前に一緒に起きなくてもいいのだけど、
なんとなくそういうタイミングが習慣に。

うちのキッチンスケールはキッチンでなく部屋の入り口にあり、
それがマメルの体重計になっています。
Lisa だけそこにいくと、マメルが追って飛んできて、
棚の扉(マメルの足場用に半開けにしている)にとまります。
で、そこから指に乗せ、体重計に下ろしていましたが、
いつしかマメルが自分で体重計に飛び移るようになりました!

特に教えてないのに……。
そういう時は、大げさに褒めて、ご褒美(粟玉1粒)プレゼント。

デジタルなので、ONにして「0000」表示になるまで間があり、
それを待たずにマメルが乗ってしまうこともあるのは、ご愛嬌。

DSC05471-1
(ほとんど同じですがこれこれとは別の写真です)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


鳥さんってホント、よく見てる。で、察知してる。
こんな小さな頭なのに、すごいなあ。

(23:59)

2013年01月29日

53日間で5球(約5,000円分)切れた保温電球の件で、
メーカーが送ってくれた交換品
が今日届きました。
自分で買ったのは計7球で、今7球目をまだ使用中ですが、
8球入っていました。
これで、本来の寿命通りに使えるならいいのですが……。

切れた電球は着払いで送ることになりました。
どの電球がいつからいつまで使えたか、ちゃんと貼ってあるので、
きちんと不具合が解明されればいいなあ。

とにかくこのペットヒーターはほぼ独占市場というか、
2社くらいしか選択肢がないので、
犬猫用と違って大きな市場ではないのでしょうが、
頑張ってほしい。
マメルも気に入ってはいるのです。いつも離れないから。

メモ:
11/16 30w電球(1)、通販A店から到着。使用開始
12/8  30w電球(1)たま切れ。20w電球を仮使用
12/9  鳥専門ペットショップ某で、30w電球は廃番との情報
12/10 通販B店では無事買えた。6個購入((2)-(7))
12/12 B店から到着 30w電球(2)不良品 30w電球(3)使用開始
12/20 30w電球(3)たま切れ。30w(4)使用開始
12/24 30w電球(4)たま切れ。30w電球(5)使用開始
12/30 30w電球(5)使用に耐えぬ微弱化。30w電球(6)使用開始
1/12 30w電球(6)たま切れ。30w球(7)使用開始
1/16 メーカーに質問
1/18 メーカーから回答&代替品送付の打診
1/25 希望する旨お返事
1/28 送付連絡
1/29 メーカーから8球到着

DSC05250-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


ボツ写真 Lisa イクルという名のやらせ写真(笑)。
本当は、我が家ではじめての昼間10/26に、
もう伸びなんてできるのねえっていう瞬間だったはず。

(23:59)

2013年01月28日

雪の日景色編)、トリ囲マメルモデル話のラストです。

「わらぼっち」ってご存じですか?
Lisa はこの日、カメラマンさんのお一人に伺って
初めて知りました。
こもがけや雪囲いの足元にある、藁で編んだ飾りだそう。
そんなものがあったと聞いて、もう一回りして探しました。

あったあった! お花のわらぼっち。
DSC05825

松の根元にあるのは、福寿草をかたどったものだそう。
わらぼっちの大きさがわかるように撮れませんでしたが、
この写真全体が見下ろしなくらいですから、小さいのです。
DSC05829-1

こんなところにも飾りをつけちゃうあたりが、
繊細な和の心ですねえ。

DSC05826-1

うん、鳥の形のわらぼっちあったら見たい見たい!
マメルの後ろの赤い実の枝は千両か万両。
Lisa にはわかりませんでしたが、
百両、十両、一両というのも並んでいたようです。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


見過ごしてしまっていたものに気付けて嬉しい♪

(23:59)

2013年01月27日

マメルの鳴き声は、いくつか聞き分けられます。

■ 呼び鳴き
ピイッ! ピイッ! ピイッ!
けっこううるさくて、初期の頃は困っていました。
いつの間にか、最近はそれほどでもないかも。
あ、ただ、Lisa が帰宅した時の歓迎の声?
(もしかしたら「早く来い!」という文句かも)もこれです。

■ 好きなゴハンの時、嬉しい時
ピピッ・ピョーイ↑  (ここまでがワンセット)
具体的には、ベランダおやつのシードの時、
こう言いながら食べています。
「美味しい! 美味しい!」って感じなのでしょうか。

■ まどろむ時、ゴキゲンでくつろいでいる時
(小声で)ピチクチピチクチ、キョロロロ
文字にできるほど聞き取れないのですが、
機嫌のいい鼻歌のように思えます。

■ 甘える時、ニギニギしてほしい時?
グー、グー
朝のニギニギ時など手の平に乗っている時に、
くちばしを擦り付けながらこう鳴くのをそう解釈しました。
これでニギニギされるという連動は理解しているはずなので
今ではきっと本当にニギニギの催促だと思います。

■ 痛い時、拒否の時
(弱)ピキッ! (強)ピギャーッ!!
筆毛をほぐすタイミングが早すぎた時など。ごめん。

■ 興奮している時
プギーッ、プギーッ
子豚さんのような鳴き声です。
そういえばこの件はまだ書いていませんでした。
後日解説します。(後記: しました

■ ワクワクしている時
グヮッ、グヮッ(と言うたび翼を一瞬上げて脇を開ける動作)
ケージから出られて、これからベランダおやつ、
とわかっている時などにしています。最近気づきました。

■ 寝言
(小さく)ギュルルル
捕食される立場の小鳥さんは本来、無音無気配で寝るので、
これは Lisa のせいです。
静かすぎて心配で、布をめくるのは思いとどまるものの、
オヤスミ布のマジックテープを少しだけペリッとすると、
ギュルルルと返事してくれるのです。
生きてた、とホッとします。


以上、ほぼ出現頻度順かな(最期のは Lisa 次第)。
ネットの書き込みなどでは、わりと個人差(個鳥差)も
あるようなのですが、マメルはこんな感じ。

DSC05810-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


うちだけかな? よそのマメルリハさんもそうかな?

(23:59)

2013年01月26日

前々からなんとなく感じつつ、
はじめてのコーン」の記事を書いて思いが深まりましたが、
鳥さんが食べる時の擬態語って難しい。

実際、食べる様子を見ていると、
くちばしの動きがものすごく速くて細かいのです。
文字にすると、「チミチミチミチミチミチミチミチミ」かな。
でもそれじゃ全然美味しそうに読めないもん。

ちなみに、1秒間に4チミです。16ビートを上回る32ビート?
楽譜に書く「♪=100」みたいな表記なら「チミ=240」!
実際にスーパースローで解析したわけじゃなく体感ですが、
1分間に240回の咀嚼って、人間では考えられないでしょ。

で、そのせいか、はたまた歯やほっぺがないせいか、
「ぱくぱく、むしゃむしゃ、もぐもぐ」など、
普通に使われる「食べる表現」がしっくりこないんですよね。

ただ、「ガツガツ」に関しては、
腹ペコで痩せちゃってる迷子の鳥を保護した場合なんかは
使えるかもしてませんが、
マメルがそこまでガツガツ食べることはないからなあ。

そんなことを考えていたら、
がつがつ、ぱくぱく、もぐもぐ、もりもり、の違いを
解説した記事を見つけたので、どうぞ。
「むしゃむしゃ」が意外です。
http://portal.nifty.com/special05/12/26/2.htm

DSC05247-1

これまた、あまりにも懐かしのボツ写真リサイクル。
うちに来て初めての昼間、10/26の写真です。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


「食べる擬態語」の模索は続く。

(23:59)

2013年01月25日

雪の日景色編)にトリ囲マメル話のさらに続き。

カメラマンさんが撮ってくださった写真です。
いっぱい Lisa が写りこんですみません。
でもさすがプロ、ピントは全てマメルに合っています。
モザイクなし版を見て思うこと、
こんなことならちゃんとお化粧していればよかった。

ITO_6857-1
マメル「カミカミカミカミ」

マメルだけ拡大してみるとこんな様子。
(こんなに トリ ミングしてもまだ普段のサイズだもんね)
ITO_6857-2
マメル「フライトスーツうざい」

Lisa 「いい子だから体そのままそのまま」
ITO_6883-1
マメル「Lisa がオヤツ入りケースを手に持ってるよ。やたっ!!」

マメルだけ拡大すると……。
ITO_6883-2

最後のはもう完全に、
フライトスーツを脱ぐことしか眼中にない顔。
(これはまずマメル拡大から)
ITO_6886-2
マメル「カミカミカミカミカミカミカミカミカミカミカミ」

苦笑いの Lisa(モザイクちょい細かくしました)。
ITO_6886-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


六義園の雪とマメルの写真、後日もう少しだけ続きます。

(23:59)

2013年01月24日

雪の日の話に戻ります。(景色編

雪景色を見せようと、そして写真を撮ろうと
六義園に連れていったマメルは、予期せぬモテモテでした。
なんと、こーんなにカメラマンに囲まれてしまったのです!

(肖像権がありますので画像加工しました)
DSC05800-2

写真いただけませんかとお1人にアドレスをお伝えすると、
その日のうちに送ってくださいました。
マメルー、どうしようこんなステキな写真!
(もったいないので今日は画像内セリフなしです
 また、手を加える失礼を冒して人物部分は加工しました)

上の写真の逆サイド版。
ITO_6873-1
マメル「え、モテてるって何?」

もうちょっとマメルにズームすると……
(地面が湾曲しているから特殊なレンズでしょうか)
ITO_6850-1
部分アップ
ITO_6850-3
マメル「空~と雪との間には~今日も可愛い鳥がいる~♪」
その歌、2度目だねマメル。

もともとアップの別の写真
ITO_6854-1
マメル「うふ☆」
※ マメルはリードをつけています。
   慣れた鳥さんでも外に出す時は絶対気をつけて!
   実際、普段飛ばないマメルも、この日1度飛びました。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


カ、カメラマンが良すぎて……
こんなふうに撮ってもらえるとはなんて幸せなんでしょう!

(23:59)

2013年01月23日

マメルは満4ヵ月になりました。

40日間で4球(約4,000円分)切れた保温電球はその後、
12/30の次は1/12に切れました。
53日間で5球……あら、平均寿命わずかに伸びたけど。

それで、ついに重い腰を上げてメーカーにメール。
2日後に回答が来ました。要約します。

(1) この寿命は仕様なのかどうか
 当該ヒヨコ球30wは定格寿命2,000時間であり、
 現状の最短4~最長22日で寿命というのは不具合

(2) ヒーター側が不良かどうかの確認法
 なるべく低ワット60wくらいまでの一般的な白熱球をつけ、
 正常に点灯するか様子を見ることで通電状況がわかる。
 その際本体カバーは装着できないので置き場所に注意。
 すぐ切れてしまう場合は何らかの不具合が疑われる。

(3) B店で電球を交換してもらうと、費用負担はメーカー?B店?
 最終的にはメーカーへ返品されてくる

(4) 30w電球は廃番という話を聞きましたが本当か。
 ヒヨコ球30ワットの生産完了予定は現在のところなし

そして(点かなくなった後の状態として書いたのですが)、
“電熱線が伸びたり緩んだりしている”
“付け根の金具が外れている”などが見てわかる場合、
商品の運送途中またはその他の状況で衝撃が加わった事で
外れてしまった可能性があること、
メーカーで点灯検査したランプを送ってくれること、
も書かれていました。

(2)のテストは40w白熱電球で少しやってみたのですが、
なんせヒーターとして使用中なのでマメルん家
(カバーなしなので念のためケージ外側)に付けるしかなく、
マメルがまぶしそうなので短時間しかできませんでした。

まあ、廃番ではないことと、本来2,000時間(83日余)もつ
はずのものとわかったことは収穫かな。
電球も送ってくれるなら、“トリあえず”いいか。

DSC05232-1

メモ:
11/16 30w電球(1)、通販A店から到着。使用開始
12/8  30w電球(1)たま切れ。20w電球を仮使用
12/9  鳥専門ペットショップ某で、30w電球は廃番との情報
12/10 通販B店では無事買えた。6個購入((2)-(7))
12/12 B店から到着 30w電球(2)不良品 30w電球(3)使用開始
12/20 30w電球(3)たま切れ。30w(4)使用開始
12/24 30w電球(4)たま切れ。30w電球(5)使用開始
12/30 30w電球(5)使用に耐えぬ微弱化。30w電球(6)使用開始
1/12 30w電球(6)たま切れ。30w球(7)使用開始
1/16 メーカーに質問
1/18 メーカーから回答


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


出かけがちな人だったら気が気じゃないと思う。
1台買い足し2台体制だとサーモ入切めまぐるしいだろうな。

(23:59)

2013年01月22日

昨日の日記が「はじめてのローン」に見えちゃって、
自分で書いておきながら「えええっ!?」と思った Lisa です。
はじめてのローンは……まだ経験なかったと思う。

マメルが Lisa の背中にふわっととまるのが好き。
気づかず背もたれに寄りかかっちゃったりしたら危ないので、
気をつけなきゃいけないけど、
そのかすかな気配と軽さを楽しむ。

かがむ動作なんてそんなにしないのに、
足元の何かを取る時やベランダ掃き掃除の時、
すかさずとまられてる気がする。
待ち構えてるのか?

そうきっとこんな感じで。
DSC05802-1

マメルの呪い怖いわ。 (^^;)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


まあ、背中が上向いてる時は、
体のどこより高いのが背中だからってわけかもしれません。

(23:55)

2013年01月21日

「10種以上野菜を揃えるために、冷凍食品を使ってもいい」
と先生に言われてはいるけど、
なかなか冷凍や缶詰など加工品は使えませんでした。

ちょーっとずつしか食べないので、
野菜が長持ちしてしまうせいもあるかな。
今、野菜はマメルのために買っているようなもので、
マメルが新鮮な部分をちょーっとずつ食べて、
傷みかけたら、Lisa が食べきってしまいます。
(先に人間用を取ってしまうと、
 小さくなった野菜は乾きやすく傷みが早いので)

が、この日……。
あとはマメルの1人語り(1羽語り)でお楽しみください。
あ、この時 カパカパ(ゆらゆら?)していたダイニングは
改良しました。

DSC05850-1

DSC05851-1

DSC05852-1

DSC05853-1

DSC05855-1

DSC05856-1

DSC05857-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


コーンは刻めないから、ごちゃ混ぜになってないですね。
次からは、コーンは埋めてみよう。

(23:59)

2013年01月20日

マメルのキャリーにつけている温度計は、
固定する方法が、ピンチ式ではなく、
マグネットは付いているけど弱くて使い物にならず、
可動式のコの字型の部品がついています。
引っ掛けても使えるようにということなのだろうけど、
キャリーはドーム型なので、内側に引っ掛けられません。

で、キャリー中ほどの通風孔からこのコの字部分を出して、
コの穴に今まではペンをブッ差すことで、
温度計を固定していました。
健康診断の時の画像だとよくわかります。
酉の市のも、まあわかるかな。
ペンだと上にだいぶ飛び出すので、
マメルの視界を遮るのと落ちやすいのが難。

ここに、曲がるコードを導入しました
(キャンドゥ 商品名:Free Wave Cord)。
コードといってもぐにゃぐにゃではなく、硬さでいうと
樹脂コーティングした太い針金といったところでしょうか。
「エラストマー樹脂」とありますが、
ラミネートチューブの表面みたいなものでカバーされてるわけ。

これをΩ型に曲げて逆さにして使ったら、
コンパクトで抜けない、色もマメル緑でかわいらしい、と
とても具合がよく、先月から愛用していたのですが、
今日、ついにヤツが気づいてしまいました……。

DSC05847-1

ほんっとに破壊大魔王だな。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


寒いので、室内日光浴でした。
フックのついたリボンをカーテンレールから下げて、
キャリーを吊っています。



(23:59)

2013年01月19日

朝の体重30g

体重メモがこの日までしか残っていないので、
毎朝計ってはいますが、以後体重記録はなくなります。
(今この日記を書いているのは2013年12月です)
でもずっと29~30gで変動ナシ。すばらしい。

冬らしく、アップルパイ気分だったので、
別々のお店で1つずつ買ってきました。
「食べ比べ」というほどちゃんと比べられなかったのですが、
左のアルプスのが¥419、
右のさおとめのは記録ありませんが確か少しお安くて、
満足度も値段通りだった気が。
コージーコーナーのは、上にパイがないのよね。

■ アルプス                ■ さおとめ
DSC05846-1

リンゴにもバターやお砂糖が染み込んでいるでしょうから、
マメルにはあげられません。ごめんね。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


というわけで、買った時はマメルお留守番、
食べたのも、マメルオヤスミ後でした。
この写真の時は、見てたかもしれません!

(23:59)

2013年01月18日

朝の体重30g

「出ていいよ(扉開けるよ)」の合図(ここの(3))を
決めているんだけど、
Lisa がちょっとでもホイッスル側に手を伸ばすだけで、
スタッと扉そばの止まり木に飛んできてスタンバイするマメル。
よく見ているなあ。

PCの手を止める→ホイッスルを取る→合図→出られる!
の流れをしっかり覚えていて、
「合図→出られる」だけじゃなく、その前段階まで逆算して、
「出られる手順」をわかっているんですね。

と、そこまではすでに知ってたけど、
最近はスタンバイ時に止まり木の上でソワソワ、
右回り・左回りを繰り返してることを発見!
教えてないのに(笑)。

どうやって覚えたの?
DSC05805-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


空気を読んでいるな、賢いなって思います。

(23:59)

2013年01月17日

朝の体重29g

雪の六義園(りくぎえん)、マメルが写った以外もステキです。
ディズニーランドと違い、
少しは外のビルも見えてしまいますが、
まあ、山手線内ですし。
DSC05817

雪吊り。池にも写っています。
DSC05818

雪吊りと石灯籠。
DSC05819-1

水鳥、こちらに6羽。
DSC05822

こちらに9羽(池の中含む)。
DSC05824

DSC05807-1
※ リードをつけています。鳥さんを外に出す時は気をつけて

水鳥も、鳥なので体温は高いと思うのですが、
過酷な環境でその体温維持はすごい。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


やはり寒いので、マメルは実際には
ほとんどネックウォーマーの中にいました!

(23:59)

2013年01月16日

朝の体重29g

雪の六義園の話は、後日ちょこちょこ続きますが、
まずはこの日の話を。
翌々日になっても、公園や道端は雪でいっぱい。
DSC05833-1

雪だるまを昨夜いくつか見たので、今日撮ってきました。

これだけ、もう溶けていて撮り直しできなかった。
NEC_6543-1

自転車屋さんの雪だるま。標識を抱きこんでいます。
DSC05834-1

個人宅のガレージで。子分を従えたパイレーツ?
DSC05842-1

DSC05820-1
だね。ガレージもないもんねうちは。

ハトが観賞する(?)、ハトサイズの雪だるまもありました。
ちょっとわかりにくいですが、赤い線のところです。
DSC05845-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


雪国を知らないのん気な感想ですが、
ちょっと街が浮かれている感じが好きです。

(23:59)

2013年01月15日

朝の体重29g

昨日の雪は夜まで降り続き、今日は一転して快晴。
これを待ってました!
雪が積もったら、都立庭園・六義園に行くことにしています。
平日朝イチなら、人もまばらでサイコー!
9時~5時勤務じゃないことをありがたく思う瞬間。

マメルにフライトスーツを着せてリードをつけ、
Lisa の首元(ネックウォーマー)に入れて出かけました。

このあたりでは数年に1回レベルの積もりかたです。
駅前も交通整理。
DSC05786-1

和菓子屋さん「こうさぎ」、きれいに雪かきしてありますが、
店頭に何かあるのは……?
DSC05789-1
                    後光が差してる。

雪だるまならぬ雪ウサギでした。
DSC05792-1
マメルはフライトスーツとリードをつけています。
※ 慣れた鳥さんでも、外に出す時は絶対に気をつけて。

もともと美しい庭園なのですが、雪の日は格別です。
しかも、まだ誰も踏んでない雪。
DSC05796-1

雪のレフ効果すごい。
マメルの赤目もハッキリ写ります。

DSC05804-1

雪の日本庭園を、マメルに見せられて嬉しいよ。

DSC05811-1
こういう、木がフレーム状になった構図は好きです。
今思うと、池の真ん中辺りは凍ってる!?

入り口にはまだ門松がありました。
DSC05831-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


マメルと景色の両方にはピントを合わせられないので、
六義園の写真は4枚とも同ポジ(ション)の切り貼り
……ってお気づきでした?

2014年2月9日にも、雪の六義園でインコ写真をトリました。
ブログがリアル日時に追いついていませんが、
検索してくださる人がいるかもしれないので一応追記。

(23:59)

2013年01月14日

朝の体重29g

成人の日。
天気予報で聞いてはいたけど、ホントに降りました。
雪の成人式は、15年前と同じ。

1日降り続き、ずっと室内だったマメルには、
生まれて初めての雪。
16時過ぎ、ベランダからの眺めです。
DSC05781-1

16時半頃。
※ 鳥を外に出す時はリードを付けるなど絶対に気をつけて!
DSC05783-1

顔見たら、こんなだった。
DSC05784-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


うわー、明日にはどれほど積もることでしょう。

(23:59)

2013年01月13日

朝の体重29g
あら、久しぶりに30切っちゃった。

さて、マメルに買うまでカイロを買ったことがないほど
暑がりで平熱も高い Lisa です。
12月に入っても角氷をかじっていたくらい。
でも今日からついにホットドリンク期間になりました。

もらい物の「キンモクセイ烏龍茶」。
左手前は、そのお茶専用という、ワサビの効いた茸スナック。
ポットにお湯を詰め、ダブルステンレスマグでぬくぬくです。
DSC_0001 (2)

キンモクセイ烏龍茶と、それ専用の茸スナックはこれ。
DSC05061

ただ、ホットドリンクとなると、マメルには危ないわけで。
もちろん放鳥時は熱いのは注がないようにしますが、
飲み残し用に、マグカップカバーが要りますね。
しかし、よくあるシリコン製の蓋はダメなのです。
ちょうど、マメルの噛み心をくすぐってしまう形状のようで、
ひたすらマグカップ周りにいついてしまって、かえって危険。

で、いいものを買いましたよ。だいぶ捜したのです。
もとは、個人経営の100円ショップで見つけて、
「次に来た時買おう」と思っていたら、閉店してしまった。
これまた非チェーンの西池袋の100円ショップで発見。
RIMG1914

ビスケット型が甘党心を鷲掴みの上、
開けたら笑顔というのもめっちゃツボ。

RIMG1921

ビスケットのほかにワッフル形のもあって可愛いかったし、
それぞれチョコレート色のもあったんですが、
やはり鳥と暮らしているのでいろいろ汚れを考えると、
溝が少なくホコリが目立たない、このタイプになりました。

RIMG1915-1

関係ないけどお菓子ついでに。
昨日、チケット取ってくれた人にお礼のお菓子を買って行き、
コンサート終わりで Lisa だけ飲みに行かず先に帰ったら、
渡し忘れて持ち帰ってきてしまいました。大失敗。

お菓子を買ったお店で、自分用にケーキも買っていました。
バナナタルト、アルハンブラー、アップルパイ
DSC05780-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


結局どれもこれも Lisa のおやつに……。(^^;)

(23:59)

2013年01月12日

朝の体重30g

午前中に Lisa がネイルへ、
夕方からオーケストラのコンサートへ行ったので、
マメルとは4時間くらいしかいられなかった日でした。

和船その続きまた続きまだ続きとさらに新年用ロケ
 同じ日の画像これで最後です。ついに年をまたいじゃった)
※ 鳥を外に出す時は、リードを付けるなど絶対気をつけて
DSC05680-1
ごめんね。でも、お昼過ぎは帰って、
お天気良かったから日なたぼっこできたよね。
DSC05679-1

ちなみに、赤い実が愛らしい南天は、
見かけによらずインコに毒ですので、気をつけてくださいね。

手前の赤い葉っぱのほうは何なんだろ?


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


本当は晴れた日の午後はマメルのため極力家にいたくて、
元からインドア派ですがさらに出不精になっています。



(23:59)