備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年02月17日

マメルの芸について。
何度か書きましたがバラバラにだったので、
ここらで一度まとメルとしましょう。

■ ステップアップ
胸の前に出された指に乗ること。手乗り鳥の基本。
Lisa と向かい合わせの時は
顔に近づきたいがため調子よくどんどん登りますが、
マメルの背後に Lisa がいるポジションの時は
わりとすぐ飽きてしまいます。

■ ラッコ
いわゆる「ニギコロ」。
手の上で仰向けでじっとするのがニギコロだとしたら、
テーブルの上などでするのは「コロ」?(笑)
それもバッチリです。
毎日ブログのラストにある応援ボタンの画像がそうですね。
(ケージの上でできるようになったのはもっと後のことです)
下地が安定しないなど気に入らない時は、
翼を敷いているに等しいその状態から飛んでしまいます。
翼の筋力さすが。

■ ピョン
足を揃えて飛び移ること、またはその連続技。
鳥さんの脚力に感心させられる。
マメルはなぜか、ステップアップより「ピョン」のほうが続く。
楽しいのかしら。疲れそうなのにね。

■ くぐる
髪ゴムの輪っかをくぐること。といっても、
髪ゴムの輪っかが通過するのに合わせてまたぐこと、
ぐらいかな。

■ お手玉
ラッコ(=ニギコロ)の状態でポンポン弾まされること。
まあ、高くても5cmくらいですが、
人間側は間違ってもキャッチし損ねて落としてはなりません。

■ コウモリ
尾羽を持たれてぶら下げられじっとしていること。
暴れる場合は、最悪尾羽抜けちゃいますからご注意を。

■ 「握手」と「ハンタイ」
いわゆる「お手」と「お代わり」。
「握手」で乗せる足は左右どちらのこともありますが、
いずれも「ハンタイ」はちゃんと逆の足を乗せます。

■ 呼ぶと来る、手を伸ばすと来る
教えたわけではないけど、冬になってから気づきました。
窓辺に吊るしたキャリーでマメルがオヤツ中に、
ホントはいけないんだけど Lisa がウトウトしてしまい、
夢うつつの中で手を伸ばしたら飛び乗ってきて嬉しかった。
おおー偉いねー♪と褒メル→目が覚メルことになりました。

■ 人差し指行ったり来たり
これはマメル自身が編み出したので、芸ではないかも。
Lisa の左右の人差し指を「ピョン」で往復するもの。
親指と人差し指のL字形を親指で左右つける 凵 形だと、
ちょうどいいみたい。  (こんな漢字あるのね↑)
飛び移ると180°くるっと向きを変えて、また元の手へ。
これを延々と繰り返すのです。
しかしだんだん興奮してくるので注意が必要
(詳しくはリンク先に)。

■ 手のひら行ったり来たり
これ初めて書きます。上記の進化版で、
Lisa の伸ばした両手を、飛んで往復するというもの。
Lisa が粟玉を1粒つまんでいるので、探るとご褒美が。
時々マメルも手を抜くのか、
肘ぐらいに飛び移り、歩いて手のひらまで行ったりも。

けっこうあるのね。以上、ぴったり10芸でした。

さて、ハートの消印の件で目白の切手博物館に行った時、
1階にあった「サボテン相談室&サボテンカフェ」の看板。
右上に鳥さんがいます。
DSC03324-9

今気づいた。手紙じゃなくて、切手をくわえてるんです。
かなり粗くなっちゃうけど拡大してみましょう。
さすが、切手博物館のテナント。特注かしら。
DSC03324-8


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


思わぬところで鳥モチーフを見つけると
にんまりしてしまいます。

(23:59)

2013年02月16日

マメルは普段 Lisa の部屋とベランダにしかいないのですが、
Lisa を追って、平気でキッチンへもやってきます。
知らない部屋には行かないという他マメさんの話も聞くので、
物怖じしないタイプかもしれません。
部屋からキッチンへは、幅40cm長さ1.5mの変に狭い廊下で、
フライトは難しいはずなのに、
パタパタパタパタ懸命に追いかけてきます。
途中、棚で一休みしていることもあります。

火やお湯を使う時は、マメルを出したまま置き去りにはせず、
ケージに入れてから Lisa だけキッチンへ行きますが、
ちょっとお水を注ぎに行ったり、野菜をトリに行ったり、
そういう時は比較的自由にさせています
(目を離さないのが原則ですのであくまで自己責任で)。
マメルがあまり飛ばないので、
追わせて運動させようという目論見もちょっとあります。
(ペレットを食べながらたびたび水を飲むけど、同じ理由で
 ペレット入れと水入れもわざと離して置いています)

ただ、以前も書きましたがトイレだけは入室禁止
マメルが流れていっちゃう怖い妄想が浮かびますし、
留守の時に万一脱走して万一トイレが開いていて、
万一隙間から中に入って溺れたりしたら……。
なので、トイレのドアの前で、マメルは止メル。
すぐ前のカーテンレールにとメル、で、待たせる。
ドアを細く開けているので、隙間から見つメル1人と1羽。

画像は去年の1月、「ふるさと祭り東京」で。
ステージエリアは、入場料とは別に座席料金がかかります。
物販飲食エリアも、入場料のモトが取れるほど楽しむ前に、
人混みに疲れてしまったり、お腹のキャパを超えたりで、
普通に物産館や都道府県アンテナショップ回ったほうが
いいなあと思った次第。
ご当地丼選手権も、食べる場所は遠いから立ち食いになるし。
DSC03131-9


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


「全国ご当地モノ」自体は大好きです。
フジテレビのイベントなのに、出店テナントのうたい文句が、
「(日テレ)秘密のケンミンSHOWで大人気」って、笑えた。

(23:59)

2013年02月15日

マメルが出たがってずっと見つメルと昨日書きましたが、
実際、マメルは Lisa が知るどの鳥よりも出たがります。

今まで知る他の鳥は皆、同様に放鳥が好きであっても、
そして、すぐまた出たがるのだとしても、
ケージに戻そうと近づけると、いわゆる“空気を読”んで
ぴょん、と入ったものでした。

マメルは違います。マメルは帰宅を全力で拒みます(笑)。
マメルをケージに入れるには、すかさず扉を閉めること、
かつ、出てこようとするマメルを扉で挟んでしまわないように
細心の注意が必要です。「押し込メル」ような作業。

かわいそうだから、お腹がすいて自分で戻りたくなるまで
放っておこうと考えたこともありました。
でも、それやってマメルが帰ったのはいつだと思います?
7時間後です。(^^;)
その間、Lisa も「寝ず食わず」で付き合いましたよ
(放鳥中に Lisa がウトウトしたりするとマメルが危険)。
こんなんじゃ放し飼い同然なので、この案は断念。

ちなみに、カゴの扉は、跳ね橋のようなというか、
中世のお城で「堀を跨ぐ橋」を兼ねた門扉のようなというか、
ああいう「上から90°倒して開く」大扉(開くとバルコニー状)。
出る時は、マメルは待ちきれず、
その扉が10°開いた時点ですでにスチャッと飛び移り、
10°から90°へ足場が傾く中、
回り舞台から登場するヒロインのように颯爽と現れます。
(言葉にすると冗長ですが、伝わります?)


さて、西武線の車両間のガラス扉には卵模様があります。
DSC02560-c

で、この模様、たまーに隠れキャラ? ヒヨコがいるんです。
DSC02560-1
(2011年11月撮影)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


見つけるとニヤッとしてしまいます。
西武線に乗られる際はご覧あれ。



(23:59)

2013年02月14日

前にもちょっと書きましたが、マメルは本当によく見つメル。

まず、ケージ前面アミに張り付き(多くは逆立ち)ガン見での
出せ出せプレッシャー。
マメルの舞った羽を拾おうとしてうっかりケージ右側に
手を出そうものなら大騒ぎです。
そこに、「これから出すよ」の合図のホイッスルがあるから。
「違う違う、これは違うの」と言い訳しないといけません。

奥のとまり木(マメルの寝床&リラックス場所)で
熱心に羽づくろい中だと思っても、ヤツは絶対見ています。
どんなにこっそり、たとえばお手洗いに行こうとしても、
ちょっと腰を浮かした途端、ズザザザザー!!
走りこんできて前面アミにスライディングするのです。
いや、実際は滑るのではなく飛ぶのですが、
スタタ(助走)、スチャッ(前面アミに飛び移る)!
その速さといったら、世界記録級です。
これも、「違うの違うの。まだ放鳥時間じゃないでしょ?」と
言い含めないとなりません。

ああ、愛(要求?)が重い。 (^^;)
重い女を彼女に持つとこんな感じでしょうか。

愛といえば今日はバレンタイン。
去年、期間限定のハート消印を目当てに目白まで出かけました
(残念ながら今年はやっていないみたい)。
途中、あと1駅のところで人身事故で電車が止まってしまい、
閉館時間が迫る中タクシーで駆けつけたので高くつきました。

偶然ですが、切手も鳥づくし(ですよね? スノーレッツって)。
DSC03322-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


その場でスタンプ式の消印を打ってくれるので、
預かられる前に一瞬借りて写真トリました。
毎年あったサービスらしいのに、なんでなくなったんだろ。

(23:59)

2013年02月13日

あたためるといっても卵ではありません。
マメル自身のこと。
マメルん家(ケージ)にはヒーターを付けていますが、
手乗りだから乗る、Lisa の手が冷たいのです。

そもそも鳥は体温が高く、43℃あると言われます。
Lisa は平熱が高いほうで37℃近くありますが、
冷え性ではないのに(むしろ暑がり)、手足が冷たい。

そこで、朝のニギニギごっこの時や、
毎日の点検(触診)の時などは、まず手を温メル。
マメルのヒーターや、時には白熱灯スタンドで、
電球を触らんばかりに手で包み、熱を移します。
飴細工職人ばりの気づかいでしょう。

常夏の国シンガポール、川沿いのパブで鳩@2010年7月
羽を膨らませての保温は必要なく、さすがしゅっと細い。
DSC00885-1
愛想はないな。プイッと行っちゃいました。


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


この頃別件で忙しく、いよいよ写真がないのです。
ついにライブラリ画像(過去のストック)に手を出しましたよ。

(23:59)