備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2018年12月29日


昨日の記事の続きです。

プチ→コザクラ(シーグリーン)の追っかけは続く。
この顔見て(≧▽≦)
       ↓
RIMG9473-7
(コザノーマルは、TSUBASA出身のごんちゃん♀)

ついに2ショットになれたと思ったら……
RIMG9476-7

    「じー。わきわきっ」←嬉しい仕草
RIMG9477

プチ、カメラ目線。「帰らないってば」&羽づくろい。
RIMG9482-9
シーグリーンちゃんも羽づくろい。カメラは前に回ってみた。

一方、ポワはといえば、
プチで手一杯な Lisa を察し(?)、ずーっと手元にいる。

ポワをいろんな鳥さんに近づけようとするLisa。
RIMG9483-1
オカメインコ(シナモンパール?)さん。

プチ。このハンモックは手の届く高さまで垂れているし、
前回は飛び降りてきてくれたチャンスポイントなのに。
RIMG9488

やっぱりシーグリーンの元へ。
というか、この時初めてプチがクネクネ
(=吐き戻しをあげようとする。ヒナ給餌または求愛行動)
し、えっ、プチこの子が好きなんだ!と気づいたってわけ。
プチがずーっとこの色を追ってたというのは、
撮影画像を見て、後からわかったのです(^^)
               「好き」
RIMG9489
プチにしてみたら、ずーっと見極めてたんですね!

前室(って言わないか。バードランの手前の小部屋)に
ヒト用のケーキが用意される。
会費¥500なのにケーキって、神ですか(◎_◎)
RIMG9487-9

ポワをしまって、プチは諦め(上方に放置したままですが、
バードランにはTSUBASAのスタッフさんもいます)
ささっと小部屋に出て Lisa 早食い。
DSC_9435_original

急いでバードランに戻り、再びポワを出す。

ポワ、プチを連れてきてよー。
RIMG9493-9
     「むり」

帰りの送迎車が、15時半と16時45分で、
プチが戻らないので、
この時点で、15時半は諦めなきゃならなくなりました。
予想もしなかったわ。
プチが、こんなにポワをほったらかしにするとは。
初めての発見。

枝にポワ
 のの字順にセキセイ オカメ2 キバタン ズグロオトメ ポワ
RIMG9497-9
ポワとノーマルオカメ♂とズグロオトメとモモイロ

ポワと、遠くのシーグリーンに見とれるプチ
RIMG9500-9
プチ戻って来ーい~

ポワがくるくる回ってオヤツを稼ぎ始めても『知らんぷち』
(画像クリックすると動画に飛びます)
RIMG9499-9

ポワが回ったハシゴに、シーグリーンが来ればプチも来る。
RIMG9501
このハシゴまで降りてきたところで、
いい加減お腹もすいていたプチは、
大好物のオーツ麦を見せたらトリに来て、
一度食い逃げした挙句に、最後は「むんず」で戻された。
以後のプチ写真はありません。(^^;)
2時間半もの逃避行でした。嗚呼。

ポワとオカメシナモンパール? お子さんの手でショータイム
RIMG9508-9
セキセイずとポワ    ポワとキバタンさん

ポワとオカメノーマル♀とオカメノーマル♂とモモイロ
 「いちばんまるいわね」
RIMG9518-9
        「おちり見ちゃダメ」
ポワもハンモックに乗せてみました。
(2羽とも上に行ってしまったら目も当てられないので、
 プチが上にいる間は上げられなかった)

車で来ている方も帰り始めてだんだん鳥さんが減り、
シーグリーンの飼い主さんがわかりました!
よかった、相手がどこの誰か、プチのために特定できる。
が、
シーグリーン コロちゃん♂(お父さん)
シーグリーン ヒナちゃん♂(息子)
よく3羽一緒にいた黄色い子が♀でお母さん
と判明!
なんなのプチ? シーグリーン2羽とも男の子だよ!?
キバタンだかモモイロだか大型の飼い主さん(若い女性)に
「BL!(ボーイズラブ)」と笑われていたよ(^^;)

今さらですがポスターの前で。
プチも一緒にトリたかったよ。
RIMG9519
          「ポーズ★」

あー、いろんなプチポワが見られて楽しかった♪

   ◇     ◇     ◇

公式カメラに写っていた、我が家のキャリー。
タネ明かししてなかったかも。
2羽用に仕切ったキャリーのプチ側(奥)は、
上に乗った誰かの足を噛まないように、
園芸用の『鉢底ネット』というもので天井に網をつけてます。
DSC_9580_original
ハートフルキャリーは、かなり外れにくくできているけど、
さらにこれだけ補強をしています。
飛び出してるのは、繰り返し使える結束バンド。
扉部分には、ナスカン代わりに最小のカードリング。
底は二重(割れて飛び出す確率が低くなる)。
ゴムベルトは百均の品。専用品よりこんな利点があります。
●ゴムがじかに見えるので劣化がわかる
●汚れが目立たないので洗わない→劣化を遅らせられる
●劣化したら惜しげなく買い替えて捨てられる
●幅広平ゴムなので、ゴロゴロせず底が安定して置ける
●引っ掛け部分が少ないもの(プラケなど)にも巻ける
●巻いた時面積が大きく表面もザラザラめなのでズレにくい
●蛇腹の薄手布より幅広平ゴムは、鳥が噛みたくなりにくい
可愛さより安全!でうちは何年もこれを使っています。
(何度も買い替えた)
ちなみに、2本セット。写真は2本連結した長さです。

RIMG9520
バッグは、綿入り、簡易防水のをオーダーしました。
キャリー用バッグを専門に作っている作家さんです。
外を歩く距離にもよるけれど、
うちは、上部にブランケットを置くだけで、
特に熱源は入れなくても、内部24℃を保てていました。
(カイロなど入れると、逆に熱くなりすぎてしまう)
バッグ内は暗くなるので、LEDライトを入れています。
IN-OUTの最低最高記録温度計も、何年も使っていて、
千円ほどの廉価に機能てんこもりのせいか長持ちはせず、
これは3代目かな。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


■■インスタ&Twitterやってます■■

Instagram/ (芸動画が主)

 (迷子保護がらみが主)



(17:00)

この記事へのコメント

1. Posted by ちゅび   2018年12月29日 23:39
鳥さんがたくさん集まると人と一緒で色々な鳥模様が発生するんですな!(笑)
プチくん、愛に生きる男なんだ〜でもBLw
うちのまあたんもべることの方が発情してたな(^o^;)

500円の会費で、この内容とは神過ぎる!
2. Posted by Lisa   2018年12月30日 11:06
>>1 ちゅびさん
最寄駅まで送迎車付です。
(鳥だけに)噛みすぎいや神すぎでしょ(≧▽≦)
ノーマルコザ♀のごんちゃんも、飼い主さんのSNSに、
せっかく寄って来てくれた♂(シーグリーン)にはつれなくて、
白い女の子や黄色い子(シーグリーン一家のお母さん)に発情してたってw
まあたんべるたん(^^)相性ってあるんですね。
でも豆柴こむぎちゃんちみたいに、6羽目論見どおりのペアになってる例もある(多少の浮気アリ)。謎だ。
そんな鳥模様を垣間見られるバードラン、楽しかったです(^^)
もふ会では、「群れ」ってほど数がいなかったものね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...