備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2016年10月07日


バード&スモールアニマルフェア」の続きです。

まずは、前回の記事に追記があります。
(本当は前回の記事に付けたいのだけど、事情でできず)

・食事処は隣のビルの2階にあったそう。
 (ただ、Lisaはガードマンさんから休みと聞いた)
・オウム・パロットの芸の参加者は事前募集だったらしい。
 で、エントリーした飼い主さんは入場無料だったよう。
 なのにドタキャンってひどいんじゃ?と思うけど、
 やっぱあの、空いてる天井が悪いんだと思うよ Lisa は。
 あんなの見たら、「こんなの聞いてない!」ってなって、
 万一にも愛鳥が飛んでいってしまうよりは、
 自分は悪者になってもドタキャンのほうがずっとマシ、って
 思うでしょ誰でも。

以上、編集できるようになったら前の記事の文末に
移しちゃいますね。

さて、Lisa がイベント参加することの、
一番の目的はセミナーです。
鳥グッズは二の次。
なので、たいてい朝イチから受講しています。

今回も、ネットで調べていったのだけど……
20160806

行ったらちょっとだけ変更になってました。

R0025292-1


セキセイインコの色変わり、種類、育て方慣らし方
このイベントで毎年のようにセミナーをされる目良敦先生。

・ヒナや手乗り鳥を迎えるのは、
 ゴールデンウィークが良い。よりどりみどり。
 夏も良い。保温が要らないので。
 冬に迎えると、保温により過保護になることも。

・しゃべるインコは、高い音、高い声が好き。
 メスもしゃべるが少ない。

・セキセイインコの黒模様はメラニン色素。
 ない子はルチノー。目が赤い。

・最低でも8時間は寝かせるべし。

ペット用品取扱検定試験について

急遽入っていたプログラムだったため、
気づかず買い物に行っていて、聞けませんでした。
最後だけちょっと見たけど、ほんの数人しかいなかった。

バードリングの価値と挿入方法

ことばコジュート的には、
バードリングは「挿入」じゃなく「装着」だと思う
(挿入するのはむしろ脚)。
バードリングの販売と登録サービスを開始したそうだけど、
これで迷子を見つけるなんて、ファンタジーだと思った。
保護したら警察に届ける義務だって知らない人がいるのに、
バードリングの協会の存在を調べて届け出る人なんて、
特に小型インコの場合、どのくらいいるんだろうか。

カイ君とふれあい記念写真

カイ君って誰?(笑)
毎回、この時間はランチに行ってしまいます。
だって、ウチがインコカフェ状態なのに、
知らない子と写真撮るのに¥1,000かかるなんて。 (^^;)

オウム・パロットの楽しいおしゃべり自慢

動画あるんですが、ちょっと不調で……
今夜にでも再度アップ試みます。

オウム・パロットのエクササイズと、一緒の生活
こんぱまる 星野太昭先生

餌の中から好きなシードをご褒美に使い、
・ターン
・Yes-No 首を縦に振る、横に振る
・バンザイ 脇の下を少し触ることから始める
・ハーイ StepUpの応用で指を下目に出す
・タッチ 棒の先に丸いものを付け、口の近くに出す
・運ぶ 触ったら褒める→くわえて落としたら褒める→
  手の上か容器に入れた時だけ褒める

性格のキツイ子でも、芸を教えると穏やかになることも。
鳥は知能が高いので、そのごくごく一部を使って、
芸などできる。年を重ねてからのほうが覚えやすい。

水浴び:
冬は、×寒いから不要 ◎乾燥しているので必要
×自分でやらないから要らないんじゃ?
自分で十分やっているわけではない。
していない時は霧吹きしてやろう。

冬の餌は多めに。「体重の10%」では少ない。

・肥満でフォアグラ状態で長く生きている鳥はいない
  →短命で終わっているのだろう
・長生きさせたければ適性体重に
・全ての鳥が限界寿命まで生きるわけではない
 (50年生きるというヨウム)有名なアレックス君でも14~15年
・点滴し治療法を探している間3日も4日も生きることはできない
  →亡くなった時がその子の寿命
  と考えること。そのほうがその子も幸せ。
・こんぱまるは飼えなくなった鳥を引き取っている
 (高額系は他店の鳥でも)。
 何週間かあればオーナー変えはできる。
 「飼い主が死ぬ時に処分」「処分が飼い主の責任」など
 考えないで!
・羽クリップ かわいそうならしない。飼い主が決めればいい。
 (星野氏はどちらかというと推奨っぽく見えた)
 切っても切らなくても、万が一にも逃がさないこと。
・爪がものすごく長く伸びるということはない。
 チクチクする程度。伸びて当たり前ではない。
 伸びすぎる場合はとまり木が合っていない。
 星野氏おすすめは、円周の半分をつかめる感じ。

・昔、散歩中に秋田犬に殺されてしまったボウシインコ
 →訴訟しようとしたが、インコにリードが付いていなかったため、
   罪に問えなかった。
 →以来、リード・ハーネスを付ける鳥増加

ニギコロ:
サザナミインコは適している。
セキセイ、モモイロ、クサインコ、
オーストラリアンパラキートはストレス
教え方:
・手に包んで胸に止まらせ、そのままヒトの上体を倒す
・鳥の足をヒトの指にかけたままひっくり返す
・まずは優しく ・布に包んだりも有効

#我が家の教え方とはずいぶん違うなあ

藁で作る最上の丸巣の作り方と実演指導

マメルリハは丸巣は使わないけど、
応用して産座が作れないかなあと思った。
けど、朝から留守番の2羽がさすがに気になり、受講せず。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(15:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...