備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2016年03月20日


昨日のは、ホント、続ける話でもなかったし、
クイズでもなかったんですが、
そういうわけにはいかなかったか。 (^^;)

画像探すだけで何時間もかかった……。
「誰だっていうのよ~!」
R0022157-2
               「……。」

実は、この写真を撮る前にひとモメありました。
放鳥時はまず、Lisa が先に出て呼び込む→
指に飛んでくる→ご褒美→芸→おやつという流れで、
勝手に出てしまった時はやり直しします。
プチにてこずることは多いのですが、
今日は珍しくポワが言うことを聞かず、
ポワにつられるプチも当然言うことを聞かず、
やり直しが延々続いたんです。

勝手に出てしまうくせに、戻して呼んだ時は
ちーっとも出てこない。
片方ずつおトリにすると来たけれど、
また戻して一緒に来させるのは全然ダメ。
おやつ袋をガサガサしても、こういう時は効かない。
そのうち、おちょくるように飛び回り、
片方ずつの回収もできなくなってきて、
季節はずれに暑いし、彼らのせいで Lisa も空腹だし、
イライラしてきた。

文章上のキャラクターはともかく、リアルLisaというのは、
気も長いし、そんな、急に怒るような人間じゃないのだ
(というか、たいてい、怒りは後になって気づくタイプ)。
けど、すり抜ける彼らにいい加減ムッとして、
最後の減速ナシにポワを頭上からつかんだ。
もちろん、強くは握らないですよ。
「出られない程度にふわっと握る」の加減は
マメ飼いなら誰でも心得てますよね。

ふわっと握ったまま歩き出した時、足元がふらついて、
ポワをふわっと握った手をついてしまった!
といっても、意識しているから手の甲で支えただけで、
「ふわっ」が「ギュッ」になったりはしていないけど、
たとえば子供だったら、手の中の小鳥を潰してしまっても
おかしくない、と思ってゾッとした。
イラッとしたまま、そんな事故があったら、
どんなに後悔しただろう。

暑いので、おやつ場はちょっと日陰に設置してます。
やっぱり観覧車(=大物シード)狙いのプチ。
「あらよっと」
R0022163
                    「もぐもぐもぐ」
プチがポワの観覧車を狙っているように見えますが、
そもそもポワがプチのおやつ(白いカプセル)場に
入り込んでいます。

「げっと♪」
R0022164
また取られたよ~ポワ。知らぬが仏(笑) 「カツカツカツ」
ポワはいつも先にカプセルに挑み、プチは観覧車を狙います。
プチ、まっすぐだ(笑)

さんざん憎たらしい後に、めっちゃ愛嬌を振りまくポワ。
      「やだあ、Lisa こわーいかおしてるぅ。うふ」
R0022165
この上目遣いがまたブリッコだ。 (^^;)
けど惜しい! ツクツクがある。

Lisa の手が届かないような高さのあるところで、
放鳥してるのもあなたたちのためなのに、
それをいいことに、おちょくるように逃げ回るのって
どうなのよ?
「えっ、あれゲームじゃなかったの?」「うんどうになった」
R0022166-1

「おいで」が聞けないことにはナーバスになってしまいます。
いざという時に、これが一番、運命を分けると思うから。
おやつ袋ガサガサなんて、ちょっと離れてたら聞こえないし。
「でもこないだぼく帰ってきたし」 「そうよねえ」
R0022167
(背景がボケてステキに撮れた)

人間の子だったら、言うことを聞かない時
駄々をこねて叫び続けたり、憎まれ口を叩いたり、
嫌がらせをしてきたり、きっともっとずっと大変なのだ。
親の「イラッ」も比べ物にならないに違いない。

「ぼくたち声も静かだし」 「ケージにもどされておしまい」
R0022168

ずっと楽な、小鳥なのに、
ダメだとわからせるために、目を見て大声で叱ったり、
ケージにわざと乱暴に、投げるように入れることもあるのだ。
ニュースで見る、子供を叩いたりリードでつないだり、
ウサギのケージに閉じ込めたりする親と、
大差ないのではないか?
言うことをきかない以上に、自分が怒ったことに落ち込む。

「安心してください!根に持ちません」 「首チョンパッ」*
R0022169
*(言葉はひらめいたけど、語源は知りませんでしたよ)

そう、マメルリハって、すぐ忘れてくれる性格みたいです。

鳥飼いの皆さん、イラッとしないのかなあ。

イライラもクヨクヨも、暑さのせいだよね~。異常でしょ。
監視員業務は3時間半。
R0022170

甘いもので機嫌直し……と思ったら、
期間限定のキャラノワールはほろ苦かった。 (^^;)
R0022171

■ コメダ珈琲


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


(18:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...