備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2014年09月30日


(緊急特番のテイで)
この時間は予定を変更して、
昨日の健康診断で教わったことをお伝えします。

「常識のウソ」のようなことを明快かつ理路整然と
丁寧に解説してくれる先生です。
ですからいつも驚きがあります。
Lisa はけっこう守っているほうだと思っていたのに、
1年ぶりに行ったら、今回もいろいろショックが。
(うちはかかりつけが3軒あり、
 1軒当たり健診が年1回になってます)

まずはプチの発情問題。(唐突ですがお許しを)
これ、ポワに多少くねくね吐き戻しするくらいで、
物にスリスリや、吐き戻しの撒き散らしや、攻撃までは
なかったので、全然おおごとと思ってなかったのですが、
認識が甘かったようです。
プチはムチムチしているとのこと。でも30gですよ?
去年来た時は28.4g、これ以上太らないように、だそう。
太るのも発情の兆候で、吐き戻しのため多く食べるからとか。
ただ、逆に吐き戻しすぎて痩せる子もいるらしい。

新しいプリントをもらいました。
__________
「発情に気づくためのチェック項目」
・執着心のある物(お気に入りの物、いつも行く場所)
・便が水っぽくなって、ためフン傾向、大きな便
・恥骨が開いている
・指でケージをコンコンすると寄って来て、嘴でコンコンやり返してきて、同時に後頭部の羽を逆立てる、瞳孔が小さくなる、という行動
・朝一の体重が急速に増えて来る
・いつもより攻撃的になる
・特定の人や物に対しては異常にベタベタで、他のものには攻撃的になる
・食べる物の傾向が変わる(ボレー粉を多食するなど)
・特定の場所や物に吐き戻す
・ケージの床に降りている
・放鳥時にやたらと暗い場所、狭い場所等に頭を突っ込んで探索する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これらがないかどうか、1つでもあれば発情が疑われるそう。
プチは最初が少々と最後が当てはまります
(「インコ王国を探してる」と笑ってたのに)。
ポワは、キャリーに入ってきた先生の手に威嚇したそうで、
これも「縄張りを主張」という、発情の典型的行動だとか。
ええっ、ポワなんて全然そんなそぶりもないのに。 (T-T)
(ポワも29gでムチムチ肥満注意ですって)

以下、とても全ては書けませんが先生の言葉。

襲われる心配も食べ物の心配も寒さもないこの人たちは、
発情しっぱなしになってしまう。
繁殖させないなら、発情を抑えないと絶対にダメ
(Lisa注: 生殖器系の病気になるから、だと思います)。
もしいずれヒナを取るのだとしても、
いざその時までは発情させてはダメ。
肥大したままの精巣では体温で精子は死んでしまうし、
不要な時にポコポコ産んでたらカスカスの卵になってしまう、
そんなでいざヒナが生まれても、小さかったり虚弱だったり
足が開いていたり、……生まれてくるヒナがかわいそう。

発情を抑えるためには、とにかく環境を変え、
いつも緊張感の中におくこと。
自分のテリトリーに見慣れないものがあると、
この人たちは怖がって近づかない。それが緊張感。
これはいじめではなく、鳥本来の環境に近づける愛情。
「発情しっぱなし」も「毛引き」も、鳥本来の緊張感がないせい。
初めは怖かったものも、次第に「なんでもない」とわかり、
そばに寄れるようになる。そうしたら次の物に変えること。
慣れて「安心していられる」空間などダメ。
「お気に入りの物・場所」などあるのは不自然な姿。

野生下で鳥は餌を求めて移動し、
同じところには決してとどまらないのが本来の姿。
少しでもそれに近づけてやること。
野生下では「発情しっぱなし」も「毛引き」もないのだから。
(先生の話ここまで)

お気に入りの物を作るのがいけないなんて……。
あの場所も、あの場所も、あのボールも、
気に入ってるのを微笑ましく思ってたのに。
発情や毛引きに悩む飼い主さんたちに、
トリ急ぎお知らせしなくてはと思い、書きました。
ちゃんと伝えられているかどうか心配。
できたら、「中野バードクリニック」行ってみてほしいです。
うちは3軒行っているくらいですから、
1人の先生だけを盲信するわけではありませんが、
考えかたのひとつとして、ぜひお知らせしたいと思う。

先生からは、入れるおもちゃをどんどん変えること、と
散歩に連れ回すこと、と言われたのだけど、
そんなにおもちゃも持っていないので、トリあえず今日、
スパイスラックにあった乾燥パセリのボトル(?)を、
プチのケージに入れてみました。
入れた瞬間に「びくっ!」としてくれました。
これが緊張感か。

慣れてしまったら、未使用の洗い物ブラシ、
コンタクトのケース、計量スプーンなど、
かじってもかまわない物を片っぱしから、
毎日入れていこうと思います。
そうそう、この時のために撤去したブランコやテントも、
ローテーションに加わってもらおう。
(テントは、入って使うためではなく刺激の1つとして)

今日の2羽。
リアルタイムで載せるの初めてだな。

大好評連日開催だった「もろこしまつり」。
「まつりも終盤だね」 「もう次のもろこしはしないらしい」
RIMG5061
ごめんね。みじん切りメリメロを別に食べていても、
同じ野菜を何十口も食べちゃうのはダメっぽい。

「まあ、とうもろこしの季節も終わりだしね」
RIMG5062
「名残惜しいね。でも梨まつりはささやかに開くらしい」
うん、果物は比較的リスクが少ないんだって。
(飛び散らしたカケラもちゃんと食べるポワ)

おやつ前恒例のデュエットラッコ@デッキチェアの肘掛け
RIMG5063
「ポワちゃんで見えないー」 「今日は頭が下がっちゃった」


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
(ブログ村会員さんじゃなくても有効なんだそうです!)
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


あと、ヒナ時のメガバクは程度により自然治癒説とか、
毎年陰性だったのに7歳で初めてメガバク出た子とか、
今回も目からウロコの話いっぱいでした。

「お気に入り撤廃、緊張感投入」以外にも、
野菜の与えかたの見直し、体重の見直し、で指導が入り、
いろいろ改善しなきゃならない我が家です。 (^^;)

(21:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しもべ(・e・)   2014年09月30日 22:24
こんばんは、しもべです。
中野の先生に罹った事がないのですが、知人のセキセイ飼いさんが通っておりまして、その知人を通じてプリントのコピーを戴きました。
プリントから察するに、微に入り細に渡る熱心な先生であるとしもべは認識しております。

どのお医者さんでもそうですが、「この場合は野生の状況を踏まえて○○して下さい」「この場合はケージ環境での飼育である事を踏まえて△△して下さい」と、野生と人口物の間を行ったり来たりするので、不器用なしもべはちょっと頭がグラグラしてしまいます。

今ぴーたん様のケージもオモチャは撤去し、辛うじて紙ヒモのみ残しています。
後は野菜をケージの隙間にスコスコ差して緊張感を与えています。食べない野菜でも、それだけで威圧感を感じて発情防止になるそうです。
2. Posted by ママさん   2014年09月30日 23:52
こんばんは〜(^○^)

うわぁ、かなり 中野の先生はズバズバですね^^;
が、、、私がかかった先生も似たような事をおっしゃる先生でした。
とにかく 手乗りインコにした時点で 発情の原因を作っている…
要するに寿命を縮める原因だということ。

鳥本来の姿を考えてこそ 寿命を全うさせてやることが出来る、との事でした。

なので自然界に無い食べ物を与えるのは反対。
季節によって寝る時間、食べ物を採取出来る時間も違うわけで 一年中同じご飯を与えるのも禁止、いつも食べ物がある、という状況もまったくストレスが無いわけで 良くない、、、
などなど
飼い主にとっては 耳の痛い話も多々ありましたが^^;

私も 納得出来る部分はそうして、難しいと思う所は 自分なりに 少しでも近づけるようしています。

だけど プチ君も ポワちゃんも
体重 重いと思わないけど 確かに 雨の日も嵐の日もご飯があるわけですもんね^^;

それにしても トウモロコシ ずいぶんと綺麗に食べましたねぇ(≧∇≦)

そこまで食べてくれれば 来年も貰えるね(*^◯^*)

3. Posted by いろは5    2014年10月01日 00:53
こんばんは。
うちの子らも健康診断に行ったばかりで、その時は2羽ともメガバクはなかったのですが、ずっと病気にかからなかったインコさんも突然発症するのですね…。ずっと大丈夫、なんてことはないと言うことなんですね。

やはり鳥専門の先生は色々アドバイスをしてくれて良いですね〜。
わたしが行った病院は鳥専門ではなくて、簡単なやりとりしかなかったので…少し遠くても鳥専門の病院に健康診断へ行くべきかな…と、すごく思いました。
4. Posted by いっと5    2014年10月01日 19:16
とても考えさせられる内容でした。
詳しい記述をありがとうございます。

プチくんで肥満注意でしたら、こまなんてレッドカードじゃないかしら(時々33g)。
もっとこま飛ばししなきゃなあ。
回るのはお手の物なのですけどね、こまだけに(;´v`)

近頃は、おもちゃローテーションもサボり気味だったので、反省です。
やはり、日々何かしらの刺激が必要ですよね。
こまも、最近なつきにベタベタで要注意かも。
できるところからやっていきます!
5. Posted by Lisa   2014年10月01日 23:53
しもべさん、こんばんは。
プリントご覧になってたのですね。
食べ物のこと、育てかたのこと、肉付きのこと、
今回は発情のこと、と、
こんなにプリントをくれる先生も他にいないし、
行くたびそれらが改訂版になっています。
わたしも、野菜は他に何と何と何と何を食べさせたか、
前回は申告して協力しました。

そうですね、どうしても、
飼っている時点で明らかに野生ではないのだから、
「せめて少しでも近づける」どまりになって揺れるんでしょうね。
子供の頃、「あなたはまだ小さいから……」と
「もう大きいんだから……」と不可解に使い分けられ、
不満だったことを思い出しました(笑)

「緊張感」に野菜を使うのいいですね!
うちが禁じられている「何口も食べる」にならないように、
ケージの外側に、見慣れない野菜を置いてみようかな。

名前出していいかしら、がぶさんの所でのコメント拝見して、
ぴーたん様の毛引きおさまったようで、良かったー。
ご自宅外の滞在と、絶叫大型インコさんが、
いい刺激になったんだと、わたしも思います。
6. Posted by Lisa   2014年10月02日 00:12
ママさん、こんばんは。
ママさんのところでのコメントやりトリで、
あら、空くんの先生もちょっと似てるかも!?と思ったら、
やはりそうでしたか。
自然界にない食べ物反対ということは、
その先生はペレットはダメかしら。

いつも食べ物があるのも良くないんですね。
プチに野菜をしつける時、実は主食を隠したりしまして、
こんなのダメなんだろうなと思ってたんですが、
じゃあやりかたによってはあながちダメでもないのかも。

そう、中野(←地名でもあり苗字でもある)の先生ズバズバです。
にこりともせず目を合わせず淡々と言われるので、
穏やかだけど叱られた気分……そう「耳痛い」感じです。

とうもろこし、うちは2羽のせいもあるかもですが、
粒の頭は2日でほぼなくなります。 (^^;)
下側は残るかと思ったけど、「丸太乗り」で転がっちゃうし、
くちばしを突っ込んで360度中300度ぐらい食べつくすので、
ニンゲンが食べるのはあきらめました……。
で、ラップせず冷蔵庫に入れ、むしろセミドライにしていく道を選んだら、
最後まで生のまま1週間くらい楽しめました。
ポワなんか軸(持ち手のとこ)までむしっちゃうんですよー。
7. Posted by Lisa5    2014年10月02日 01:33
いろはさん、こんばんは。
読みました! 同じ日に健康診断行ったみたいです。 (^^)
ガイさんもソーさんも問題なくてよかった。

わたしがさらりとしか触れられなかったところに、
目を留めてくださってありがとうございます。
プイとポワはメガバク治療し、「完治とは思わないでくださいね。
潜んでいて、体力が弱った時には出たりしますから、
一生つきあっていく覚悟で」と言われました。
だから「ずっと大丈夫なんてことはない」とわかってはいたのですが、
初めから7歳までずっと潜みっぱなしの(検査に現れない)メガバクとは、
さすがにびっくりしました。
その子は1羽飼いだそうで、うつされたものではないとか。
さらに調べるとその子は胃がんになっていて、
やはり、免疫が落ちたところに、メガバクがのさばってきたようなんです。

そうですね、鳥専門でももっとあっさりな先生もいますが、
この先生は本当にいろいろ、こちらが聞く前から説明してくれます。
今回も1時間以上……。(^^;)
こちらも、聞く集中力がギリギリな感じで、内容のショッキングさもあって、
グッタリしてしまいます(笑)
できれば、普段の健康診断は鳥専門医で知識を得たほうがいいように思います。
ただ、遠いのだとすると、急患の時は悩みますね。
8. Posted by Lisa5    2014年10月02日 02:00
いっとさん、こんばんは。
いえ、わたしにまとめ力がないために、長々読ませてしまってすみません。

胸筋がせり出しているような気がする、と薄々気づいてはいたのですが、
まさかね、だって30gだし竜骨だって触れるし、と思ってしまったんです。
体格にもよりますから、数字で見ちゃダメなんですね。
そうそう、この子(プチ)あまり飛んでないはずよ、とも言われました。
最近、ベランダまで出す際も「指タクシー」でした。
プチは呼んでも来ませんが、ポワを引き離すと必死でついてくるので、
昨日からは、ポワだけ指タクシーにしています。
プチは「ひいきだ」と思ってるかもしれないけど、
まずはプチだけでも飛ばさなきゃという親心。

そう、「どうしてもだんだん手抜きになっちゃいがちなのよ」と
先生も言っていました。
でもこまちゃんは、おもちゃいろいろもらっていると思うなあ。
飼い主さんが二人だから、変化もつくでしょうしね。 (^^)
シンクに近い人のほうへ飛ぶというのも、お二人ならでは。

今日はベランダでも、なるべく追い立てたり、
とまっているネットをゆすったりして、2羽が飛ぶように仕向けました。
9. Posted by ママさん   2014年10月02日 15:09
こんにちは〜(^○^)

そうです、あそこの先生は ペレット反対でした。
酸化するし 自然界にない物を 獣医と手を組んで商売にしようと作り出された物だと…

塩土も 今のは固められてて 良くない、とか エッグフードも 自然界に無いからダメと言われました^^;
あ、あと 煮干しも…
牡蠣殻をあげなさい、と。

なかなか ブログには書きづらくて 書いてませんでしたが つい いろんな物を食べさせたい、とか 思うことや

楽しいだろうから オモチャを与える事も
鳥が毎日同じご飯で飽きるだとか、ヒマだ、退屈だ〜なんて思うわけない、

鳥だって事を分かってない!と怒られました^^;

確かに〜(笑)
10. Posted by ジーズ☆   2014年10月02日 20:59
はじめまして
発情毛引きといういうのがあるんですね
うちの緑マメのかぶも最近毛引きをはじめて悩んでいます
色々な原因があるようで難しいですね
発情っぽい感じはないようですが
参考にさせていただきます
11. Posted by Lisa   2014年10月03日 15:18
ママさん、こんにちは。
言われてみれば、ペレットの酸化は確かに。
殻剥きシード以上に空気に触れますもんね。

塩土はうちの先生も反対で、待合室に貼ってあります。
塩土を食べている野生の鳥は、あくまで解毒のためにであって、
それも、雨季だか乾季だか、いつもの解毒方法ができない時期に限る、
という論文か何かでした。(2年前にインプットしたきりなのでうろ覚え)

そう、やっている人もいたりするし、ブログには書きにくいこともありますよね。
実は、ママさんに一応お知らせしなきゃと思いつつ、
ママさんのコメント欄の冒頭にはちょっと……とタイミングをみていたことが、
煮干しの件でした。渡りに船とばかり、こちらで書きますね。
煮干、鰹節、干し海老、ひじき、「ダーメーでーす」と強めに言われました。
(乾物なので毒性の凝縮ということを疑い、先生に確認してからと思ったのです)
もう次の患者さんが待っていたのであまり詳しく聞けませんでしたが、
たんぱく質は植物性で取るほうが理に適っているとのこと。だからヨーグルトもNGとか。
“この人たち”(鳥さんのことです)の野生の食生活を考えて、と言われたので、
虫を食べたりはしないんでしたっけ、と食い下がってみたところ、
繁殖期には食べるかもしれないけど、
発情を止めなきゃならないのに繁殖期の栄養を与えるなんておかしいでしょ、と。
(エッグフードは、これは繁殖期の栄養では?と自分なりに思い与えていませんでした)
といっても、受け売りのこんな中途半端な説明しかわたしはできませんし、
ママさんの先生がOKなら、「わたしが伝えたのに無視された!」とか思いませんから、
情報の1つ、という程度に受け流してくださいね。

ヒマだ、退屈だって、思わないのかー。
そりゃまた、常識とされている一般論に踊らされていたかも。

「鳥だってことをわかってない!」は、うちの先生も言いそうです。 (^^;)

12. Posted by Lisa   2014年10月03日 16:02
ジーズさん、コメントありがとうございます!
ごめんなさい、「発情毛引き」ではなくて、「発情や毛引き」の間違いです。
タイトルで文字数を節約したがゆえに、すみません。

がぶちゃんのこと、拝見していました。
しもべさんへのお返事で、勝手にお名前出してごめんなさい。
ある日突然、原因もわからず……ですから、
決してひとごとではなく、
うちもそうなったらどうしていいかわからないと思います。

うちの子たちは毛引きはまだですが、
うちで鳥を迎える前に、よく遊んだり預かったりしたボタンインコくんが
毛引きでした。エリザベスカラーをしていました。
でも、カラーを外したほんのちょっとした隙にも、
「ピッ!(痛っ!)」とか言いながら抜いてしまっていて、
飼い主ともども悩みました。そういう意味では経験者です。

マメカテでも毛引きや発情の話を目にするので、
何かちょっとでも手がかりになれば、と思って書きました。
よかったら、試してみてくださいね。

うちは、起きてる間は「初めてのもの」を日替わりでケージに入れることにしました。
今日は木工用ボンドが入っています(齧らないよう監視はします)。
入れる時、また「ビクッ」としたので、緊張感にはなっていると思います。
13. Posted by ママさん   2014年10月03日 20:19
Lisaさん こんばんは〜(^○^)

そう、煮干の件ですが すでに 先生には
そういうのも良くないね、自然に食べれる物を与えなさい、と言われてました^^;

まぁ たま〜になら良いかと 聞いてからもあげたりしてましたけど
最近は食べる物より 違う物(小松菜の茎ちゃんとか)興味がいってたので(ーー;) 全然あげてません。

やっぱり 中野の先生もNGだったんですね^^;

エッグフードも 人工的に作られた物だからダメという考えのようでしたが
確かに繁殖期に必要な栄養なんですものねぇ(*_*)

身体にいいと思ってしてることが逆効果だったりするんですねぇ。。。(T_T)

こうやって情報を シェアしていただいて とてもためになります、ありがとうございます☆


ところで 今日のランチ、熊さん料理なんて Lisaさんすごいチャレンジャー〜(*_*)

ジビエなんて聞くと ムリムリ〜って思っちゃう〜^^;

それから 真冬なのに ベランダ遊びして 2人はすごいわぁ。

うち こないだ少しお腹壊したっぽいから 気温差 気を付けてるんですけど
かえって ポワちゃんや プチ君みたいに 寒くても出たりしてたほうが 強くなるのかなぁ。
14. Posted by Lisa   2014年10月04日 13:36
ママさん、こんにちは♪
小松菜の茎ちゃん……、こじれていたんだとは!(笑)
ヨリを戻しても儚い恋だし。 (^^;)

わたし、サプリとか抽出したものには人間でも過剰では?と感じるので、
鳥にもビタミンの類を与えてなかったんです
(不調の時に処方されるものは別として)。
そのことについて先生に確認したこと、そういえばなかったなあ。
逆に、野菜と違って「与えなさい」とも言われなかったので。
これも人工だよなあ。次回は聞いてみることにします。

こちらこそ、シェアしていただいてとても勉強になります。
補強材料として、安心にもなりますし、
どこそこにそういう先生がいるんだなあと思えるのも
ありがたいです。

熊料理、ふふふ、虫とか辛い方向以外なら、
食べ物に関しては冒険家かも。
でも母は対照的で、鴨やレバーすら抵抗あるみたい。

気温、そうまさにそれも書き落としてました。今回、
「この人たちは、順応はするけれど、
 本来20℃を下回ることはない環境なので、20℃切らないように」
「放鳥もですか!? ええー!」
というやりトリがあって、冬場のベランダはトリやめかもしれません。
てか、うち室内でもケージ外は20℃切るんですけど……。
どうしましょ。 (^^;)

あとね、ウォーターボトルもなんです。
「この人たちは、順応するから飲めるようにはなるけど、
 本来、たまっている水を飲む構造なのだから、誤嚥の恐れが……」
通院や散歩くらいなら、3時間かかるとしても水は要らないそうですが
(群れが水場に着くまで個人の渇きはどうしようもない習性だからとか)、
もしプラケース療養の場合は今後どうしよう
(バナナ水入れでも、床が濡れてしまいます)。

15. Posted by ママさん   2014年10月04日 17:28
こんばんは〜(^○^)

うわぁ、ウォーターボトル、確かに上から飲むので 誤嚥の可能性もありますね(*_*)

移動時は 葉物野菜でも入れて我慢してもらうにしても プラケース療養の時には 困りますね(・・;)

ビタミンの類は 実は私自身も工場で作られた栄養素は身体に悪そうで 飲まない派なので 空くんにもなるべくはあげたくなくて、、、Lisaさんもそうなんですね〜。
私も今度 先生に聞いてみます。

それから 温度管理のこと、20度切らないように、と言われたんですね(*_*)

それって 真冬はかなり暖房しないとダメですよね〜。
うちは ブンブン飛んでもらうために 常に部屋をいつも 開けっ放しにしてるので 冬は温度管理大変だわぁ。。。

Lisaさんの所も 真冬のベランダ遊びは NGになってしまいますよね?(・_・;
16. Posted by Lisa   2014年10月05日 17:41
ママさん、こんにちは♪

そうなんです。プイは使えなかったバネ式ウォーターボトル、
ポワ(後にプチも)は使えるようになってめでたしめでたし、
と思ったら……。 (;_;)
2ボール式の一般的なの(←漏れやすい)と比べたら、
硬い分ちょっとしか出ないから大丈夫では?とも思うけど、
誤嚥と言われたら、諦めの方向かなあ。
空くんの硬い野菜の件もありましたし、怖いです。

プラケース療養の、それも同室在宅時に限っての使用なら、
確率的には危険はほとんどなくなるかなあ。
でも、いざその時には、彼ら的に使えなくなってるかも。
空くんは、お散歩時もみじん切り野菜が入ってましたね。

それより何より20℃とは!
ケージ内は30℃までできることを去年確認済みですが、
うちからベランダを取ったら何が残るんだろう……。 (^^;)
室内20℃すら、うんと改革しないとムリです。
ストーブを買って、部屋をカーテンで仕切って、
放鳥前に急いで暖めるとか……。
それとも、ベランダをビニールハウスにする?
噛むだろうしなあ。うーむ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...