備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2015年03月18日


2015年3月16日に埼玉県草加で保護された緑マメちゃんは、
同年2月18日の三重県伊勢での迷子らしいと確認され、
マメちゃんは伊勢に帰りました。
いきさつを更新しましたので、よかったらご覧ください。
連れに来た飼い主さんも、どう見てもその子なのに
あまりの距離に「???」だったようです。

草加で保護された時、その子は、
お庭の金魚池の岩にとまって、金魚を見ていたそうです。
「これって食べてもいいのかなー」と思っていたんじゃ?
と保護主さん。

なんと!
(肉食も辞さずなのに遠慮の見える想像に笑っちゃった)
ネコにとってはまさに「カモ葱」な状態で、
よくぞ無事で済んだものです……。

それを聞いたら、偶然ですが昨日の記事のプチは
全然違う意味を持ってしまいます。
もしかしてプチも、生きるために何でも漁ったのかなあ。
水鳥じゃないから魚は食べないでしょなんて言われて、
ひかりごけ事件」的なショックで、遠い目になってしまった?

虚実混同でいわゆる“痛い人”になりますが、
どんな心の傷を負っているかもわからない子に、
不用意な言葉を発してはいけないなあと思いました。

昨日(2014年)の2羽。
ボールを落としてしまって、ペットボトルのフタで遊んでます。
    「とられた!」    「イタダキ!」
RIMG4186-1
ポワはこうやってボトルキャップをくわえたまま、
走りながらガーッと押し滑らせて、何度か遊んでました。
掃除機か雑巾がけみたい。 (^^;)

「また新しい風切羽」のほうも伸びてきました。
RIMG4187-1

今日の2羽。
「帰れる子は超幸運な一握りだからね」「うん、気をつける」
RIMG4189

「にぃにこそ気をつけてよね」 「うん、隣へは行かない」
RIMG4190
頼みますよプチ。Lisa も気をつけるけどさ。 (^^;)

雨なので、ベランダ遊びはナシです。
プチは、最後のクリップ羽(羽切りした羽)が抜けました。
全部なくなるまで9ヵ月かかりました。

「鳥好きお兄さんの作る一合メシ中華」で、この日は夕食。
日替わりは、豚と青梗菜と玉子の炒め。
「平日ランチ」以外は消費税が付くけど値段は変わらず¥550
RIMG4191


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ラッコの写真、2羽ともちょっとニキビ面
(羽毛の芽のツノツノが生えてきている)ですね。


(10:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いちまる   2015年03月19日 11:23
伊勢のマメ女子大冒険は驚きですね!
良い方(草加)に保護されて良かった。

私の友達は痩せこけたビーグル犬を保護して
飼い主がみつからず飼っていますが、保護した後の
夏は蝉を食べようとしていた様です。
散歩でもコンビニには必ず寄ろうとするみたい。
迷子中に蝉を食べてたことあるし、コンビニでも
餌をもらってたんじゃないかな、って。
震災後の年の瀬だったし(友達は茨城在住)
もしかすると避難犬だったのかもしれませんね。
あら、犬の話になっちゃったっ!

プイちゃんもどこかで逞しく保護されてるかも。
しかし伊勢から草加って何キロくらいあるのかな。
私の大好きな野鳥キクイタダキは日本最小で
わずか10㎝、3グラムですが下北半島を渡るそうですし。
鳥には素晴らしい能力が備わってるんですね。

めでたし、めでたし。

あ、チカもペットボトルのキャップには大興奮します。
怒ってるのかもしれないけど、、、。
2. Posted by まめる5    2015年03月19日 18:34
Lisaさんこんにちわ

気になって見てみたら、なんと三重県!!?
本当に過酷な旅だったでしょうね〜。。。
それとも、電車とかに乗っちゃって運ばれちゃったのか。。。?
自力だとすると本当にすごい生命力。
きっと飼い主さんが大事に大事に育ててとっても丈夫な子だったのかな。
我が家のまめちゃんも、なにがあっても頑張れる強くて丈夫な子にしないとですね。
プチちゃんももしかしたら遥か遠方からLisaさんの元へやってきたのかしらね。。。。
3. Posted by しもべ(・e・)   2015年03月20日 14:03
無事に飼い主さんとご対面できて何よりです!

距離については飛んで移動したと考えると???ですが、例えば一度保護された時に電車で移動していて、保護中に飛んで行ってしまった場合は、ありえなくも無いかな?と思います。
4. Posted by Lisa   2015年03月20日 23:01
いちまるさん、こんにちは♪
わたしが知る限り一番遠い保護例です。
伊勢から草加の距離は、伊勢湾を迂回したと考えると、
500km弱のようです。(車のルートで検索)

セミですか。
ワンちゃんにとってセミなんて、
食べるとこほとんどないでしょうに。 (ノ_;)
コンビニも忘れないのね。きっと懸命に生き抜いたんだ……。
胸がぎゅっとします。

キクイタダキ、渡るのは、半島? 海峡?
体重3グラムですか!!!

そう、怒ってるのか、うんと喜んでるのかわかりませんよね(笑)
知りたいなあ。
5. Posted by Lisa5    2015年03月20日 23:06
まめるさん、こんにちは♪
そう、三重県なんです。
何かに乗って運ばれたのでないと、1ヵ月でその距離は、
さすがに難しいのでは?と思うわたし。

とっても丈夫だったのかもしれないけど、かなり痩せちゃっていて、
保護直後の写真も膨羽でまんまるだったので、
本当にギリギリのところで保護されたのでは?と思います。

そう、おっしゃる通り、これまでは除外していた関西以西の地域も、
プチがいた可能性はゼロじゃないんだ、と目からウロコです。
6. Posted by Lisa   2015年03月20日 23:09
しもべさん、こんにちは♪
そうですねえ、いろんな可能性があるんですね。
誰か、「途中を知ってる人」がツイートでもしてくれればいいのにな。

緑の女の子は特に、野鳥っぽく見えちゃって、
やけに人懐こい鳥だな(と思ってしばらく遊ぶ)、
→あ、行っちゃった、自然に帰ったのね、
って深く考えない人もいるかもしれないですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...