備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2015年01月24日


今日のラッコ。
ポワは「勝手に解除」1秒前。
ポワのラッコは、背中が弧になっているのです。
そのうち、横からトリましょう。

 「ポワちゃんの姿勢だと転がっちゃうんだよね」 「もうイヤ」
RIMG3816

今日もボタンインコっぽい。
やはり、逆光にヒントが?
  「見返り美鳥よ」   「別に、いつものぼくだけど?」
RIMG3817

ベランダ遊びの2ショットをトリ逃す。
いわゆる“空気読まない”プチがフレームアウトしたせい。
「おなかがあったかいわ~」
RIMG3818
                    「活動的なぼく」

その後くっついて丸まって、
この角度で見るとほんと豆だね。
「世界最大ドッグショーの優勝犬が誘拐されたって」「は?」
RIMG3819
                  斜め顔     横顔

「チワワだって。一族5匹がさらわれた」 「わなわな……」
RIMG3820
                   横顔    正面顔

「ワンちゃん心配」 「窃盗じゃなく未成年者略取にしろ!」
RIMG3821
               逆の横顔   また同じ横顔
顔のバリエーションはポワのほうが多いみたい。

チワワの誘拐はイギリスでの実話です。
過去にオーストラリアで身代金2,500万円要求もあったそう。
というか、身代金目的ならまだ、返される見込みもあるけど、
今回のはそうじゃない気がする……。

「これだけペットが家族になって誘拐もありうるから……」
       「うんうん、いやがらせにも効果的だもんね」
RIMG3824

「……ペットが刑法上モノ扱いって、時代に合わないと思う」
                「モノって……しょぼん」
RIMG3825


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


最後の2枚は、撮った時は、
「どっちか必ずブレます」という写真だったんですけどね。
(^^;)


(23:00)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...