備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2014年10月23日


この日はこんなツイートで始まりました。
__________
ポワ急変。ものすごく膨らんでて体重24(昨日27一昨日28)。
ペレット変えてから下痢気味。今朝~日中の様子が不明。
今、黒い糞。未訪だけど一番近い小動物病院(みわ先生)予約。
とにかく暖めてる。シード与えたら食べてる。
フォーミュラも与えるべき? まだ膨らんでる。
あとできることは?
16:42:58
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

でも「急変」じゃなかったのかも。
3日前の夜にペレット変えて、プチと違いポワは食べてたけど
ゆるいウンチが多めだった。
お水飲み過ぎちゃったかくらいに思ってた。
雪の日に「寒いせいか目をつぶっちゃう」とか、
「寒い日のラッコはもふもふ」とか、すでに具合悪かった?

朝体重を量らないことなんてまずないのに今日は午後だった。
この日の仕事が超遅出で、
昨日一報のサムラゴーチのせいで夜更かしして寝坊したのと、
それでお昼バタバタしてたのと、寒かったせいもあります。
日も差さない今日は、どうせベランダ遊びもナシだし、
部屋が暖まらないうちに出すのはかわいそうかも、と。
本当なら6時間早く気づけたはずなのに。
「見てこれ、ヘンじゃね?」 「もっふりもふもふ」
RIMG2757

ポワはいつも通り活発に動き、よく食べ、
カゴから出る時の「握手」と「ハンタイ」をいつも以上に
上手にやってのけてた。ただあまりにホワホワもふもふで、
見た目がむしろ可愛すぎました。

体重を量って背筋が凍った。昨日より3g減、この3日で5g減。
24gになってしまった。ショップから迎えた日でも26gだった。
(ブログ村のお店の子たちは、販売時みんな30gを越えてる)
「たぶん、もともと少し小さめなんだとは思う」
RIMG2758
この写真が半目なのはたまたまで(トリ直ししてる余裕ナシ)、
元気さも表情もいつも通り、に見えました。
でも目が全開じゃないと後に先生談。アバラ(竜骨)が出て、
お腹の羽毛をかき分けると肌が赤黒みがかって、
昨日までと違いウンチが黒かった(ラップに包んで持参)。

普段はオヤツにちょっぴりしか与えないシードを、
病院に行くまでとにかく食べさせまくったので、
診察の時は昨日より1.4g減止まりの25.6g。
それでもウチに来た生後2週の体重です。
女医さんが「ごめんねー」と言いながら触ってくれる。
「キュー」とイヤイヤするポワ。抵抗する元気もある。
(“にぃに”は留守番なので助けに来ません)

黒フンは体内(出口から遠め)の出血のせいだそうでした。
排泄口に近い出血だとフンは赤くなるとか。
10~11月に治したメガバクは疑われるもシロ。
下痢で腸壁が荒れたのだろうとのこと。
(1)投薬(2)注射と投薬(3)2~3日入院の選択肢が提示され、
(2)+明日の外来をお願いする。注射は止血と感染予防。

ペレットは以前のに戻したほうが?→◎
変化の適応が間に合わなくて下痢したかもしれないので。
プチと同カゴにしたほうが暖かいのでは?→否。
弱っていていじめられるといけないので。
(プチはいじめないと思うけど、まあ一般論でしょう)

豪徳寺と同様、注射の時はケースごと預かられる方式。
戻ってくると、ここに注射しましたという肩の真ん中は
消毒で少し湿ってた(豪徳寺は聞いても教えてくれず)。
注射後のポワは、手を入れるとベッタリ甘えモードで、
普段拒否ることも多いカキカキに目を細めて首を回した。
「かいて~」
RIMG2763

ベッタリベタベタ。膨羽は治まっています。
「あんよが冷たいって先生に言われたの……」
RIMG2761
ごめんねえ、移動の保温が不十分だったかも。

会計に呼ばれたのになかなか下りてくれない。
「いやっ、下りないもん~」
RIMG2759

続報ツイートはこう。
__________
今検査中。シード食べまくるしキャリーから出ようとするしで
案外元気…に見えたけど先生やはりプロ。
痩せてアバラが出ちゃって肌も赤黒く、脱水や出血の恐れ。
書いてる間に結果出た。そのう◎メガバク◎、
下痢で腸壁が弱って出血の模様。
注射と薬処方で今日は連れ帰り、明日再診に。
17:54:32
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

フォロワーさんからも評判よく、存在は確認していながら
受診は初めての病院でしたがとても良かった。10分で行ける。
やはり急患は近いのが安心かも。、
「鳥と小動物の病院」ですが、担当は鳥専門の先生でした。
ちょっと鳥っぽいお名前(?)の女医先生です。 (^^)
RIMG2764

今日の件で身にしみたのは、
病院を調べておくこと(定休日の代案含む)(これはできてた)、
毎日体重を量ること(できてた)、
開院時間内に一度は鳥を点検すること(たいていできてた)、
小鳥飼いたる者いかなる時も3時間程度を捻出できる余裕を
持っておくこと(これは今後の課題)。

帰宅後、3日ごとの記録なのでささっとトリましたが、
やっぱり表情が普通じゃない。
「されるがまま……どうでもいいや今日は」
RIMG2767-1

プチ、1枚目でポワをあっためてくれてありがとうね。
留守番してくれてありがとうね。
「そんなの当たり前だし」
RIMG2768-1
(端から2枚目になった風切羽はさらに伸びました)

30℃保つため、ポワはプラケースに引越し。
電球ヒーター外掛け&パネルヒーター、オヤスミ布二枚がけ+
ビニカバー、+サーモ。暑くないか時々のぞいてしまう。


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


プイ(マメル)のポスター、3ヵ月と言われてたのに、
まだ貼ってくれていた。
他の迷子さんのポスターもあった。
RIMG2765-1

オカメインコ(ルチノー) 1歳
体重: 90グラム
名前: ルナ
特徴: 頭に冠、色は白(少し黄色)、ほっぺにオレンジの丸、
     手乗り(肩に乗るのが好き)

(Lisa 判断で連絡先を伏せました。情報をお持ちのかたには
 お知らせします。または、おトリつぎします


2013/12/15に荒川区で迷子になったというこの子だと思います。
「獣医師広報版」での迷子記事
「いんこだより」さんでの迷子記事

……とここまで書いて、3/4に帰れていたことを知りました。
良かった。でも、獣医師広報版の記事って消せないのかな。


(15:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちゅび   2014年10月23日 22:57
Lisaさん、こんばんは。
ポワちゃん、見るからに元気なさそうで…Lisaさんも驚かれたことと思います。大変でしたね。

でも鳥は病気を隠すと言いますし、実際遊んだり餌を食べているようだったら見逃してしまうかもしれませんね。やはり体重を毎日計るのは大事ですね!
まあたんは体重測定OKでも、べるたんは逃げ回るのでこれからちゃんと毎日計れるようにしなくては。。。
2. Posted by Lisa   2014年10月24日 14:16
ちゅびさん、こんにちは。
ありがとうございます。
その場では元気に見えた……と思っていたのですが、
写真で切り取られたものを見ると、違いますね。

体重は、動かぬ証拠を突きつけられた!という感じでした。
体重計壊れてると思いたかったけど、
プチはいつも通りの体重で……。

べるくん意外、体重計いやなんですね。
乗ったらご褒美(体重に響かない粟1粒とか)あげるようにして、
朝お腹が空いているようなサイクルに、徐々にしていくと、
自分から乗るようになるかもしれません。
または、どうしてもなら、プラケースにおやつを入れ、
毎日おやつごと量る式にしてしまうとか。
あと、べるくんならではで、
先にまあたんを乗せておいた状態で表示をゼロにすると、
まあたんに釣られて乗っちゃうかも?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...