備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2014年10月13日


これまで、小さいほうのカゴ(お下がりのもらいもの)は
Tシャツをカバー代わり(笑)にしていましたが、
市販の一番大きなおやすみカバーを買い、
一昨日からカゴ2つまたがるようにかけることにしました。
これにより夜間もヒーター空間が共有できるようになり、
活発なポワは夜間も大きいカゴに住むことに。

生後4ヶ月だからもう遅いかなあと思いつつ、
ポワに「握手」(いわゆるお手)トレーニングを毎日して
半月ほどかな(忘れたけど、長くても1ヵ月)
どうやらできるようになったみたいですよ。
「ハンタイ」(いわゆるお代わり)を覚えたら
動画トリ魔性(わざと誤変換)。

昨日の朝。ポワだけ体重計に置きざりにすると、
Lisa とプチを追いかけて、ポワはちゃんと飛び戻ってきます。
そして手の上(毛玉だらけの手袋ですが)で戯れる2羽を
見ているのが至福。ポワは今朝もかいてもらっていました。

RIMG2396-9

RIMG2395-9

RIMG2392-9

RIMG2389-9

カキカキしてもらって脂粉まみれのポワは、プチを気まぐれに
ちょっとだけかいてあげました。そして肩透かしされるプチ。
RIMG2400-9

RIMG2401-9

RIMG2402-9

RIMG2403-9

RIMG2404-9

RIMG2406-9

今朝、ポワ♀の「クネクネ」を初確認。
ヒナに吐き戻し餌を与える以外では、♂なら発情行動だけど、
迷子中のプイ♀は遊びが興にいって興奮した時にしてた。
今朝のポワは、いつも置き去りにされる体重計
(プチだけ手乗り移動)から飛び戻ってきて、
プチと同じ指(わたしの)にとまった時に起こりました。

その「クネクネ」、プチは餌箱の上でだけたまにします。
ポワがヒナだった時ねだっても、吐き戻しできなかったので、
子育てもつがいになったこともないのかと思ってた
(♂は♀に吐き戻しをあげる)。
けどこののっそり具合からすると、老鳥という可能性も。
9月の診断では「1歳以上10歳未満」とのこと。

一昨日は曇天と寒さで、昨日は外出で、3日ぶりのベランダ。
「年寄り扱いしないでほしいな。外でもへっちゃらさ」
RIMG2510

プチは、珍しくオヤツ場キャリーでくつろいでいました。
目を細めています。
「やっぱり温室入っとこう。昨日のお船は寒かった」
RIMG2511

ポワは、中腰(?)のこの姿勢のままなぜか10分くらい
固まっていました。手前の黒い鳥フックの真似をした?
「遊べども温まらざる我が体 ぢっと日を浴びる……」RIMG2529
文学少女ですか?(笑)

恵比寿バードクリニックは10-13、17-20時が診療で、
間の時間は予約電話も控えたほうがいいみたい。
健診お願いしようとしたら「この時間は手術の時間ですので
17時以降におかけ直しを」と言われた。
急患かと思って出てくれたかと思うと、申し訳ない。
他の鳥飼いさんと情報共有のためご報告。

ただ、相変わらず3週間先まで予約がいっぱいだし、
「初診は1家族1羽まで」という規則も初耳
(しかも、今の時点で別々に2羽予約することもできず、
1羽受診の時にようやくもう1羽の予約ができるそう)だし、
行きやすい鳥病院では決してないと思う。

さて、和船の最寄り駅東陽町に、上手なお店があったので、
前回も季節物の練りきりを買いました。
今日もこんな写真をトリましたが、それはまた節分の時に。
「さ、終わり終わり」 「もうモデル飽きた~」RIMG2523
(完全にNGテイクです・笑)


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


夕方、news every.の木原実気象予報士が「土曜は予報ほど
気温が上がらずにご迷惑おかけしました」と言ってくれ、
「ですよねー!」と思ってやっとスッキリ。
スーパーニュースWEEKENDだったかNキャスだったかでは
暖かかった暖かかったと言ってたので、
自分がおかしいのかと謎だった。

江東区の和船、今日「有吉ゼミ」に出ててびっくり。
今週末は混むかもね。

(11:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ママさん   2014年10月13日 13:28
こんにちは〜(^○^)

ポワちゃんも吐き戻ししたんですね〜(*_*)
♀もやっぱりするんだ〜。
うちも 朝一番に私の手に乗った時 嬉しくてと、お野菜もらってて嬉しくて興奮した時とかに お野菜に吐き戻ししたりしてるので プイちゃんとおんなじだぁ〜。

昨日のお舟に乗ってる時の写真もだけど 2人がLisaさんの手に ちょこんと乗ってる姿が 小さくて 2人寄り添ってて
なんとも たまりません(≧∇≦)

プチ君のボーボーお羽、 やっぱり寒いから それに順応して 生えてきたのでは?(笑)と 思ったけど 今年はどうなのかまた見せてくださいね(≧∇≦)

2. Posted by いちまる   2014年10月13日 15:31
こんにちは。
小鳥の病院についても鳥飼さんには永遠の課題ですよね。
葛藤、というかジレンマというか、、、。

ウチのチカはあず小鳥の診療所(さいたま市)にと鳥獣ペットクリニック(練馬区)に行っています。
私にとっては一長一短かな。
もしLisaさんの許容範囲ならあずさんお勧めします。
呆気にとられてるチカをムンズとこねくり回して
色々アドバイスくださります。

しかしプチ君の推定1才から10才って(笑)
赤ちゃんから小学4年生??
皆さんのブログ拝見してると本当に『個性』ってあるんだな、と思うので判りませんね。
でも迷子になってから1年未満でLisaファミリーになったってことは、、2才から10才だ。
前にもコメしましたが綺麗にクリップされてたし、
キチンと躾けられたのでしょうね、良家のお坊ちゃんだったりー?

チカのクネクネは粟穂を頬張りすぎてサザエさんになったときかな、のどの通りを良くしてる感じ。
いやはや、食いしん坊は困ったものです。
3. Posted by Lisa   2014年10月13日 16:18
ママさん、こんにちは♪
紛らわしくてごめんなさい、クネクネはするんですが、
少なくとも見える範囲では、吐き戻しはないみたいなんです。
横にゆらゆらするだけで、再飲み込みするような動作はナシ。
……近いうち動画載せますね。

「お野菜もらって嬉しくて」ってわかります!
うち、ケージ内に野菜やペレットを入れる時、
小窓からではなく出入り口から入れるんですが、
ポワは必ず、出迎えてくれます(笑)
で、いくら手乗りケージで扉が大きいといっても、
わたしの手との隙間を出たり入ったりして浮かれまくるので、
たまに容器とケージ網に挟まってピキー!(怒)とかやってます。

うちは、ポワが手に乗ってる時だけプチもやってくるので、
手の上はゼロか2羽かなんですよ(笑)
2羽乗っても60gぽっちで疲れないのが、マメの利点ですね。

はい、今年も厳冬期に腹毛レポします!
おじいちゃんになって耳毛が伸びてきた、みたいなのじゃないならいいけど。
どうしよう、うちマメルリハの長毛種を作ってしまったかも!? (^^;)
4. Posted by まいたん   2014年10月13日 17:07
Lisaさんこんにちは!
病院の事を書かれていたので私見ですが参考までに。。
恵比寿はインコ飼い始めた三年前に通っていましたが、金属中毒のコを三週間先まで予約がいっぱいですと断られました。 リトルバードは安くて技術も高く素晴らしい病院だと思います。
急患も必ず入れてくれます。
ただ、小嶋先生とコミュニケーションが私が取りにくくセカンドオピニオンにしています。(人によるので合う人は合うと思います) うちの六羽は横浜小鳥の病院の海老沢先生に看てもらっています。

つづく
5. Posted by まいたん   2014年10月13日 17:15
続きます。

ここは恵比寿に急患を断られ、リトルバードも休みで仕方なく行ったのですが(他より遠いので)近年の鳥病院の祖だけあって、設備、治験、技術、対応が素晴らしいと思いました。
何より院長の海老沢先生の鳥にかける愛情と飼い主とのコミュニケーションに、やっと良い病院に出会えたと思えたほどです。 受け付けの方の対応も素晴らしく入院中のコの様子を一日二回電話しても(先生が許可してくれました)いつでも優しい対応をしてくれました。 ここは、経過の電話にも必ず担当医が出てくれて、出られない場合は後からかけてくれます!

続く
6. Posted by まいたん   2014年10月13日 17:22
長々すみません(-。-;

六月に原因不明の呼吸疾患で入院して一時は死にかけたコザクラが今は退院してだいぶ元気になるまで回復しました。 (先生の治験が幅広く、かつ、飼い主を決して不安にさせない対応が素晴らしかったです) Lisaさんが都内のようなので、品川からだと京急の快速と普通を使えば案外30分かからないくらいです。

もし、まだセカンドオピニオンを探されているようならおすすめの病院です。

海老沢先生が毎日書かれているブログが参考になります。

(Lisa 編集: ブログURLを、投稿者名からのリンクに移しました)

長々すみませんでしたm(_ _)m
7. Posted by Lisa   2014年10月13日 17:49
いちまるさん、こんにちは♪
あず小鳥の診療所さんですか。
ブログ村の誰かが行ってらして、うちもですっていちまるさん書かれました?
その時知りました。
南浦和ですか、ほんとだ、行けるわー。ありがとうございます。

結局、豪徳寺の病院は、ポワのお迎え検診→メガバク消えたところ、
までで足が遠のいています。(プチはかかりませんでした)
「色変わりは弱いんだよねえ」連発(URL入れました)だけじゃなく、
別の先生も、ちょっとなんだかかみ合わない感じがひっかかったので。

プチは、そうですね今(2014年10月)だと2歳から11歳の間、です。
プチ深窓のお坊ちゃまだったのかなあ。
思いっきり庶民の家で町娘と一緒に育てられてるわ。
ロザリー……。(←ごめんなさい個人的ブームのベルばらネタ)

サザエさん、ふふふ。 ←笑いごとではない
ペレットはそんな気もしますが、粟穂も詰まるのですねー。
ポワは、この後徐々にわかっていくんですが、
嬉しい時にクネクネするみたいです。
8. Posted by いちまる、再び   2014年10月13日 18:16
またまたお邪魔しまーす。
そうです、そうです、色変わりのチカを‘綺麗だねー’て開口一番に言って下だったのはあずさんの先生なんです(*^o^*)
ワタシってばブログ村のコメント荒らしみたい(笑)

まだ二度しか行ってませんが土日しか私は行けませんが予約もスムーズでしたよ。
ただし、近くにLisaさん好みのケーキ屋さんがあるかは不明です(^_^;)
9. Posted by Lisa   2014年10月13日 18:41
まいたんさん、こんにちは♪
教えてくださってありがとうございます。そういうのって、
信頼できる人のクチコミしかないですから……。

恵比寿の病院そうなんですか!
実はちょっと不安はよぎったんですよね。
でも昼間に手術時間を取ってるくらいだし急患ならなんとか、と期待しました。
金属中毒をすぐ見てもらえないとしたら、それはあてにできません。
かかりつけを複数持つのって、急患対策ですし。
その時の金属中毒はまいたんさんちの鳥ちゃんだったんですか?
良くなったのでしょうか。 (>_<)

同じです! 豪徳寺はコミュニケーション的に「?」なことが
別の先生でもあって、うちはもう行ってないんです。
今は、中野バードクリニック(3羽とも受診)、
みわエキゾチック(近所で無休なので急患や入院時対策。ポワのみ既受診)、
そして恵比寿(プチのみ既受診)、と思ってましたが、
うーん、新たに開拓を考えます。

現段階でうちは追っかけブログ(過去分を書いている)なので、
このあと恵比寿での健診の話が出てきます。
まあ、その時はいい先生でしたし、特に疑問もなかったのですが、
いろんな面からの情報があったほうがいいと思います。
その記事に、このコメント欄をリンクさせていただいてもいいですか?

うち都内北部なので、調べてみたら片道1時間、うーん、
でも横浜小鳥の病院、行ってみたくなりました。
万一わたしに何かあったら、神奈川の身内に預けることになると思うので、
いっちょ平常時に頑張って行っとくか。
先生がブログを毎日更新ですか! それは読まなくちゃ。
ありがとうございます。

コザクラちゃん、良くなってよかったですねえ。
原因不明の呼吸器疾患だなんて、さぞ心配されたことでしょう。
治験ということは、まいたんさんも迷ったり悩んだりされたことでしょう。
鳥が不調だと、飼い主は本当に鬱々としますもんね。
心からお任せできる先生を探したいものです。
10. Posted by Lisa   2014年10月13日 18:49
再びいちまるさん♪
やっぱり。 (^^)
発言者までは忘れてましたが、そのやりとり覚えていました。
「きれいな色」って話もその先生なんですね。

コメント荒らしなんて全然!
いちまるさんはブログ村の功労者だとみんな思ってると思います。
しかもわたしの寄り道のことまで覚えてくださってるとは。 (^^;)

恵比寿はケーキでもフレンチでも、明らかに寄り道にうってつけでした(笑)
いやいや、でも Lisa は健診時じゃなくたってどこでだって食べられますし、
いざという時、鳥の命を救ってくれるってことには変えられませんからー。
11. Posted by まいたん   2014年10月13日 19:07
Lisaさん、お返事ありがとうございます。
金属中毒の子はうちのコザクラでした。
お迎えした時から恵比寿に通っていたので三週間先と
言われた時はショックでした。 うちで産まれたヒナが食滞を
起こした時も断られました。T_T
その話を横浜でしたら先生は絶句していました。
「信じられない…」と呟いていました。
海老沢先生はTUBASAなどでも講演をされて皆涙してしまう
ぐらい優しく情熱を持った先生です。 Lisaさんのように鳥さんのお世話を素晴らしくされている方とは合うんではないかと思います。
私の家からドアtoドアで一時間15分です。
お時間ある時に一度バードドッグを受けるのも良いかもしれません。
ブログLINKありがとうございます!
先生のブログにもバードドッグについて書いてあります^_^

※リトルバードのもう一人の先生は私はもっと合わなかったです(笑)
12. Posted by Lisa   2014年10月14日 12:48
まいたんさん、さらにありがとうございます。
赤ちゃんの時から見てもらってるのに、命の危機の時後回しなんて、
それでは主治医にはできませんね。
いくら予約が入っていたって、
どこの飼い主さんも急患なら待つと思うのですよ。
あんまり人気の病院も考え物だなあ。
というか、急患対応がそれなら、なんで人気があるんだろう。

恵比寿の先生は横浜から独立したんではなかったんでしたっけ?
もしそうなら、恩師の横浜の先生も一言意見してほしい。

わ、まいたんさんも遠い中通われたんでしたか。
リトルバードの先生(何人いるかは知りませんでした)、
そうでしたか!(笑)
わたし、だーいぶ気を遣って書いたんです。
だって人気の病院だし、わたしだけ相性悪いのかなあって。
安心しました(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...