備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年11月30日


3週間前にこのブログを(去年の10月分から)始め、
1日2記事ずつ更新して、この店の訪問まで書いたところ、
矢も盾もたまらず、珍しく「予約」をしてしまいました。

このお店、8席のみとキャパ小さいわお料理評判いいわで、
特にランチは予約必須。
(去年12月非クリスマス期月曜に、満席で入れませんでした)

■ モンプチコションローズ

外観
RIMG1670

パン: 自家製パンとお肉のパテ
RIMG1671

アミューズ: 卵の中の蟹ムース キャビア乗せトリュフの香り
RIMG1672
¥2,800のランチでこんな手の込んだアミューズ(突き出し)
が出ることがミラクル

前菜: (2種からの選択で)鴨とフォアグラのテリーヌ
(もう1種は、白身魚のカルパッチョでした)
RIMG1673

肉料理: (2種からの選択で)子羊のロースト
(もう1種は、千葉産いも豚ロースの厚切りローストでした)
RIMG1675
大きさが伝わらないかもしれませんが、
「え!? 2人分では?」と思うような塊で焼いてます。

デセール: (2種からの選択で)りんご飴
(もう1種は名物の、球体のブリュレ)
RIMG1676
中はリンゴのムースです。
地面に落ちたリンゴ。土を模したチョコレートの遊び心。

お茶: ハーブティー
RIMG1678
この価格帯で、しかもカウンターフレンチで、
フレッシュハーブティーを選べるところはなかなかない。

お茶菓子: 柿と、店名にちなんだピンクの豚チョコレート
RIMG1679
レビューを見ると、この豚さんの表情はいろいろあるらしい。
お料理の苺とフランボワーズとこの柿は、こっそりお土産に。

どうでもいいんだけど、隣のカップルの女性のほうが、
いちいちオーバーで気に障った。
カルパッチョにはカラスミ粉がかかっていたのだけど、
「カラスミ? 美味し~い! これ大好き!!」とまで言うなら、
あんなにどっさりお皿に残したままにはしないでしょう。
口ばっかりだなってことがもう1つ何かあったけど、忘れた。
カウンターで並びなので、顔は見てませんが。

シェフはこの日もさすがのホスピタリティで、
1年前に訪れた時の話をしたら、Lisa の職業を、
当たらずといえども遠からずな感じで覚えていた
(そういえば聞かれたような気がする)。
覚えられていることを必ずしも良しとしない Lisa だけど
(常連ヅラしたいわけじゃないし一見さんのほうが気楽)、
すごいなと思ってしまいました。

帰り道。この花は何だろう。実は食べられるのかしら。
RIMG1680

帰宅後放鳥。
プチ、今日も水滴を飛ばし頭裂けながら水浴び。
RIMG1682-1

羽の広げ度、水滴の舞い散り度ともにベストショットかも。
RIMG1683-1

RIMG1684-1

昨日(「ポワにポワ毛」)の続きみたいになりました。
「プチにもポワ毛」。
RIMG1685-1

2羽シンクロ羽づくろい。
RIMG1686-1

RIMG1687-1

移動して、と……
RIMG1688-1

大ゲンカ!! というかポワが何かやらかして、
教育的指導を受けたんだと思います。
こんーな翼広げてハッキリ写ってるの初めて撮れた。
上が切れちゃってるのが残念。
RIMG1689-1

気をトリ直して、
柿を刻んでいるそばから、大きいほうにかぶりつくポワ。
やっぱ、大きいほうが気分ハイになるっぽい。
RIMG1690-1

テレビの上にとまるポワ。
狭い部屋とはいえズームで撮ったので、何枚もブレました。
RIMG1691-2

ポワのほうが宵っ張り? プチは寝ている時間です。
RIMG1692-1


迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


これ書きながら、また食べに行きたくなるというスパイラル。
……昼間が涼しくなるまで、少し待とうっと。


(23:59)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いっと5    2014年08月17日 15:45
お花はフクシアですよー。
花鳥園がたくさん品種改良しています。
実は食べられるそうですが、「まあ、食べようと思えば食べられるよ?」という程度のようです。

プチくん、しっかりポワちゃんのおにいさんしてますね。
頼られる(もたれられる?)だけではなくて、叱ったりもするなんて、確かにお兄さんというよりお父さんみたい。
大抵の鳥さんは、巣立ったら親子→他人の関係になりますが、
プチくんポワちゃんの関係は、人間の家族の関係のようで興味深いです。

Lisaさんも書いていらっしゃいましたが、
マメルリハでここまで仲良くできるのは、プチくんが優しいからですよね。
2. Posted by ちゅび   2014年08月17日 17:20
お店、素敵ですね~☆*。
ワタシも都内の美味しいオサレなお店、探索するの好きなので行ってみたいなあと思いました。
常連さんみたいになると、ちょっと気が重いなあ~とワタシも思ってしまうので週末のモーニングは店をちょこちょこ変えてます。(でもサブウェイで好みを覚えられちゃいましたが、、、)
いつも仲良しで微笑ましいお二方ですね(^^)前の記事になりますがうちのベル♂もまめ♀には優しくて、飼い主にはきびしいです~(涙)
3. Posted by Lisa5    2014年08月18日 15:47
いっとさん♪
早々にありがとうございました。
わたしの中でも「(野)鳥といえばいっとさん」なのですが、
花もお詳しいとは……。
フクシアって色の名前は花が由来だったんですね!
確かにフクシアピンクだわ。

鳥さんは、巣立ったら親子→他人の関係になるんですか
(バンバンババンバン)。
親鳥はせつないなあ。でも偉いなあ。
挿し餌したわたしにずっとなついてくれるのは、
飼い鳥ならではの素晴らしい幸運なんだと思いました。
もちろん、こまちゃんのように、
挿し餌が終わってから家族になったおうちもです。

そうですね、わたしはプチポワの例しか知りませんが、
「あれ? 聞いてたのと違うなあ」と。
だからわたしの想像の中では、プチのおかげってことになってます。
4. Posted by Lisa   2014年08月18日 16:06
ちゅびさん♪
あはは、ベルくんのストーカー的画像も笑えましたよね。
彼女?ができると「鳥が変わったように」乱暴になる男の子
どうも多いみたいですよ。セキセイさんもそうなのか。

お店を点々としたり、「好みを覚えられちゃいました」って
わかるわかる!
芸能人でも犯罪者でもないのに、
「あちゃー、顔バレしてるわ」って思います。 (^^;)

このお店、規模でも立地でも、知る人ぞ知る……のつもりでわたしはいたのに、
グルメブロガーさんやレビュアーさんなど、遠くからも訪れるみたいです。
有名になっちゃって、晴れがましいような、残念なような……。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...