備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年10月15日


胃(鳥用語では“そのう”といいます)をパンパンにした姿が
何かに似てる……と思っていたのですが、わかりました。
「巨乳ちゃん」です。それも、叶姉妹クラスの。 (^^;)

でもなかなか巨乳っぽい写真が撮れません。

まずは今日のプチ。
RIMG0304-1
「ふくらインコ」は秋の季語? 冬は外自体に出ないから。

ポワはプラケースから脱走をはかりました。
慌ててトリましたのでナメクジみたいに写っちゃいましたが。
RIMG0307-1
プイもうちに来た翌日に脱走しましたが、生後4週半の時。
ポワは3週そこそこですし、プラケースも2cm高いのに、
……恐ろしい子。もう、フタが欠かせないね。

さて、今日はポワ健康診断。
挿し餌中のヒナでも健診はできるけど、
胃パンパンだと、移動で喉に詰まったりする危険があるそう。
「お腹すいちゃうから」の親心がアダになるってことね。
聞いといてよかった。出かける3時間前に挿し餌しました。
(つまり、健診の時は“巨乳”状態ではなかったんでした。
 誇大タイトルすみません。もちろん、鳥に乳はありません)
RIMG0313-1

お腹が見えるよう、足を放させた写真が多いですが、
やはり、つかまっているほうが本当は好きです。
RIMG0315-1

巨乳写真チャレンジ。
叶美香さんですか?(妹だから)
RIMG0316-1
といっても、プイはうちに来た時すでに巨乳ではなかったな。

親のお腹の下や、きょうだいでダンゴになった記憶の新しい、
まだ幼いヒナというのは、もぐりたがります。
RIMG0324-1

そして、今日もいつの間にかポワのところにいるプチ。
開けっぱでも出てこないプチだったのに、
今や、スキさえあれば抜け出しています。
必ずポワの周りにいるから、迷子にはならないけどさ。
RIMG0328-1

RIMG0332-1

RIMG0334-1

RIMG0335-1

RIMG0336-1

RIMG0337-1
なんとこの赤ちゃんは!
一瞬で我が家の緊張状態(?)を嗅ぎトリ、
うまく立ち回るではありませんか。(または天然の八方美人)
……恐ろしい子。

プチはトレーニング。
RIMG0339-1

RIMG0340-1

なじみの鳥病院3つほしいから恵比寿も行きたかったけど、
早くても2週先になるそうで断念。
中野は先日プチで行ったばかりなので、2度目の豪徳寺へ。
プチは、ひトリで留守番です。

すると、メガバク発覚。
えー、あの店で迎えたマメの罹患率100%(2/2)ですよ
セキセイ(メガバク多いらしい)ならともかく、まったくもう。
投薬のほか、注射にも通うことになる。
迷子中のプイの時とは違って、水に溶くタイプのお薬。
挿し餌もそのお水で作るんだそう。
プチとは隔離強化ですね。

あと、“水中毒”気味と言われました。
ショップで挿し餌は「フォーミュラと粟玉半々を
コーンスープ状にお湯で溶く」と言われたけど、
  • 飲み込めるギリギリまで水分少なめがいい
  • どろどろではなくボテボテに
  • 粟玉だと栄養が足りないのでフォーミュラ only
が先生の指導でした。
えー、今までダメダメだったじゃん。 (;_;)

前回とは違う先生だったけど、
「小さいねえ」「ファロー(≒赤目)は弱いんだよねえ」
を連発されて、ちょっと凹む。
被害妄想かもしれないけど、
「買う人がいるから、こういうキワモノ(ファロー)を
 作っちゃうんだよね」って言われてるように感じた。
評判いい病院ですけどね、うーん。
ちなみに、ポワは迎えた日は26g、この日は27gはありました。

病院に行く前に最寄のお菓子屋さんでケーキを買い、
帰りまで預かってもらっていました。鳥病院は暑いからね。
RIMG0341

果物トッピングの物を中心に。
ショートケーキ、ブルーベリーのレアチーズケーキ、
イチジクのババロア、モンブラン
RIMG0343

夜、台風の雨で、ベランダに雨やドリのお客さんが。
フラッシュたいたら驚かせちゃうと思って、
10枚もボツ写真ができたくらい悪戦苦闘したのに、
最後に1枚フラッシュで撮ったら、へっちゃらのようでした。
RIMG0351

RIMG0352

長くなりますしこの日のことでもないのですが、
このあと動画ラッシュなので、短い動画を2つ。

ポワ、ヒナ鳴きです。


プチと掛け合い。Lisa にはわからない会話。
高い「ピッ」がプチ、「ピョヨヨヨ」がポワの声です。



迷子のプイのこと、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


ポワが来てから、
ついつい日記が長くなりすぎです。 (^^;)

(23:59)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by いちまる   2014年06月16日 19:54
こんばんは。
Lisaさんが新たなマメルリライフを再開されたこと、
たいへん嬉しく思います。

ポアちゃんの健診での先生の言葉、私も覚えがあります。
うちの子はブルーパステルでいわゆる色変わりです。
健診の時に嘴がすこし2枚爪のようになっていたので
相談したら『色変りは基本体が弱い』的なことを言われて
私もLisaさんの感じた被害妄想的なダメージを受けて
凹みました。
その後別の病院に行った時は開口一番先生に
『綺麗な色だねー』と言われてテンション上りました(笑)

ポアちゃん、プイ姉ちゃんを超えるオテンバさんになってるかな??
2. Posted by Lisa   2014年06月17日 17:28
いちまるさん
「マメルリライフ」っていいな! ありがとうございます。

「色変わりあるある」でしたか……。
飼おうかどうか迷ってる時ならともかく、
すでにこの子は色変わりとして生まれていて、
すでにうちはこの子を迎えている現状で、
ノーマルのよその子と比べて弱いとか言われても、
悲しいばかりで意味はないなあと思いました。
たとえばですけど国際結婚して、子供を連れてった時、
「ハーフの子は弱いんだよね」とか言われるような感じ。
その別の病院の先生ステキです!

はい、ポワはプイと違って2羽飼いですし、
プイを捜す毎日だから、プイの時ほどは時間をかけてあげられていないのに、
すくすく、まっすぐ育ってくれています。 (^^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...