備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年10月11日


プチと捜し主さんとの面会の結果、
その家の迷子ちゃんではないっぽいそう。
でも、プチったら喋ろうとしたんですって。びっくり!
「うちでも(その言葉)やってみます!」と
つい興奮して言っちゃったんだけど、
すぐ思い直して、あとでお詫びのメールをした。

「やっぱり、何か言葉を誘導したり教えたりは
 しないでおこうと思います」と。

在宅時はほんの10°くらい?(4cmくらい)開けていますが、
引きこもりのプチ、気分がノルと?たまにここにたたずむ。
RIMG0102-1

それは、プチが持ってるかもしれない手がかりを、
上書きしてしまうことになりかねないから。
捜し主さんも、賛成してくれました。

RIMG0104-1

捜し主同士、心が通じる気がする。
違う子を引き取ったら、
(捜すのをやめてしまうから)本当の子にはもう会えないし、
プチが本当のお家に帰れることは、
わたしたちの希望にもなるものね。

RIMG0107-1

ちなみに、捜し主さんは諸事情で、
暮らしてみて見極めるということはできない状況でした。
でも、他に飼い主さんが現れない限り、
いつでも、何度でも、よければ確認してくださいね、
といって別れました。

RIMG0109-1

そんなわけで、プチはまだ我が家にいることになりました。

離れる寂しさで、出征兵の母みたいなんて言っちゃったけど、
全然違うのは、元のお家が見つかったらプチは、
今度こそ本当に長旅が終わって幸せだということです。
たぶん違うということになって、まだいられて嬉しい反面、
お受験に落ちた子を見るような思いでしたよ。

RIMG0110-1

プチ、どこの子だとしても、以前は何か喋ってたのかしら。
鳥語(?)だってあまり喋らないくらいなのに。
どこからいつ出てきたんだろう。
本当の名前は何?
プチの頭の中を覗きたいよ。

RIMG0112-1

ところで、今日は約1世紀ぶりに、
真夏日最遅記録を更新したんだそうです。
10月ですよ? 暑いのいいかげんにしてほしいわー。

RIMG0113-1

プチん家の奥壁にパネルヒーターついている季節なのに
(画像1枚目参照)、扇風機も最登板。
プチも扇風機の上が好きです。「小鳥あるある」なのか?
あおりで撮ったら、ブサイクなおまんじゅうみたい。
RIMG0115-1

いただきもの。
RIMG0116


プイのことも、あきらめません、へこたれません。
どうか応援クリックお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


♪君は、だぁれ?
♪それはひみつ・ひみつ・ひみつ・ひみつのプッチちゃん
――そう言わずにさあ。教えてよ。 (^^;)


(23:59)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by インコの心   2014年06月13日 14:44
昨日はありがとうございました。

過去に戻って書いている経緯は、なんとなくわかっています。
私がお伺いしたいのは「なぜ、迷子にした当日書かなかったのですか?」ということなんです。
説明によると、12年10月ブログを始めた日は、もう迷子になっていたんですよね。
なぜ、見失った日に、すぐ投稿しなかったのですか?

本当にごめんなさい。
一生懸命探されていることも、可愛がっていたこともわかります。
でもね、なんだか引っかかるんです。

私も2羽のインコを飼っていますし、友人が迷子にしたこともあります。
でも、その友人は、夕方迷子にして、翌朝、日の出から探して、1kmほと離れた街灯で、インコを見つけることができたのです。
時間勝負に勝ったのではないでしょうか。

少しでも多くの方が、また迷子ちゃんと再会できることを祈っていますし、少しでも的確な方法で探せたらと思っています。

毎日、応援にきますね。
1日も早くプイちゃんに再会できますように。
2. Posted by Lisa   2014年06月14日 22:24
インコの心さん
意味をトリ違えてすみません。
「12年10月ブログを始めた日は」だと誤解の恐れがあるかも。
厳密には「'12年10月分の記事を書いた'13年11月は」です。

「なぜ、見失った日に、すぐ投稿しなかった」が、
ネット全般へのことなら、
いえいえ、迷子当日と翌日の記事の通り、
Twitterでの拡散、迷子掲示板20ヵ所ほど、地域BBSに投稿しています。

このブログのみのことなら、
答えは「かかる時間の割に効果が見込めないから」です。
まだ1記事も書いていないブログに、読者はゼロ、
検索に引っかかるかどうかもわかりません。
初期設定をして、記事登録の仕方を読んで、
文章はコピペだったとしても、平気で1~2時間かかります。
それを偶然見つけて読んでくれる人、
さらに、じゃあ気をつけておこうと記憶にとどめてくれる人なんて、
……良くて数人だったと思います。

見る人が多く、検索も一括のTwitterや、
関連性の高い人しか見ない迷子掲示板のほうが、
ずっと効率が良かったと、今でも思っています。
(でも、すでにブログを始めていた状態なら、当然すぐ書いたと思います)

おっしゃるように、初動はとても重要です。
もちろんわたしも、昼過ぎに迷子にして日暮れまで呼び回り、
徹夜で上記+ポスター作成をし、翌朝も暴風雨の中夜明けから捜しました。
ただ、体験記を読んだり、直接やりとりしたりした「迷子が戻った飼い主さん」で、
時間勝負にしろ、粘り勝ちにしろ、「勝った」と思ってそうな人はいなくて、
皆さん異口同音に「自分は運が良かっただけ」とおっしゃいました。
(この部分、抗議の意図はないです。言葉がきつく感じられたらごめんなさい)

応援ありがとうございます。
うちの迷子を捜すとともに、
あってはならないけどこれから迷子を捜す人の参考、
迷子の予防、警鐘、それでも万一の場合の備え、にお役に立てればと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...