備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年03月25日


昨日流血したマメルでしたが、一晩様子を見て、
今日は傷も塞がり、体重、元気、食欲とも異常なし。
先生のお電話通り、
このまま病院に行かなくても大丈夫そうです。

いやしかし、
爪の切りかたは飼育書にならって、
「血管はここまで」というのを見極メルのはもちろん、
確実にその手前までで止めたはずなんだけどなあ
(マメルは爪先までピンクなので見やすい)。

透かして血管のわかるところより、
実際にはもう少し先まで、細い(でも血は出る程度の)
血管が来ているのかもしれません。

爪を伸ばしっぱなしにしていると、血管も伸びてしまい、
出血覚悟(安売りではない)で短くしなきゃならなくなる、
とも読んだけど、
マメルはちゃんと切っていたからそれにも当たらないし。

画像は「桜に目を細メル」のボツ写真。
実際には9割方の時間をこうやってスーツカジカジしてます。
が、写真では1枚で済みました。

DSC06052-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


爪切り、侮りがたし。
やはり「こマメにちょっとずつ」が肝心でしょうか。

(23:59)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...