備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2013年03月24日


一昨日買った爪切りで、またマメルの爪を切りました。
ハサミ形で、どのくらい挟んだか良く見えるので、
もしかしたら多少欲張ってしまったのかもしれません。
1本、ちょっと出血させてしまいました。
「クイックストップ」という止血剤(粉)は持っていません。
使わないかもしれないものに3千円は高いなあ、と。

でもこの時は、2・3度拭ったら止血するまでもなく
血は止まりました。その後見ていても出血はナシ。

で、2時間ほど後、オヤスミ布の隙間からマメルの、
いつも通りのオヤスミのコウモリ歩きを見ていると、
天井のビニールカバーに血がついてるではないですか!!
慌てて布をめくると、ビニカバー天井部にも、
天井や側面のアミにも、寝床とまり木にも血の跡が!

もう、Lisa 半泣き。
マメルの血液量は、体重の1/10として3cc、
命にかかわると言われる1/10失血は、0.3cc、
ほんのちょっとでも、鳥さんには大ごとです。
お線香ならあったので、ちょちょっと焼いて止めました
(出血も焼くのも、鳥さんは痛くないそう)。

さっきまでは間違いなく血は出てなかった。
ということは、コウモリ歩きで体重がかかって、
傷が開いてしまったの?
でも、せめて今見つけてよかった。
気づかず寝せてたら、……考えるのも怖い。

病院行かなきゃ、と時間外だったのでまず電話すると、
留守電入れてから30分ほどでかけてきてくださり、
・大出血ではありませんね?
・今もう止まっていて元気なら、急いで来院しなくて大丈夫
・クイックストップを買いましょう
とのことでした。先生ありがとう、良かった。

#以下血液の画像ですので苦手なかたはお控えを。















DSC06057-1

DSC06062-1

DSC06061-1


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


こんな、日が暮れてからの写真は初めてだったんじゃ?
時間が経ってから出血することもあると、勉強になりました。
マメルがケロッとしてるのが救いです。

(23:59)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...