備えも事後も、迷子の捜しかた(クリックで記事に飛べます)
写真ポスターチラシネット掲示板Twitter拡声器躾&同居鳥


2013年9月14日、東京豊島区から迷子にしてしまいました
マメルリハインコ、メス(2012年9月生まれ)、名前はプイ
黄緑ほぼ無地、赤目、尻尾が短く3頭身、メガバクの病歴あり。
よく慣れていますが、室内とネット張りのベランダ行き来していたため、
保護宅でも窓から出てしまいやすいかもしれません!!


見かけた、保護した、どんな情報でもお願いします。(コメントかこちらで)
めったにいない色ですから、この色の迷子はほぼ彼女だと思います。
今彼女が幸せなら必ずしも帰さなくても、とも思いますがせめて本人確認しないと、
お譲りを認める権限もなければ、捜索をやめるわけにもいきません。
万一もう生きていないなら、羽1枚、写真1枚でも残っているとありがたいです。

大事な家族です。彼女の最大寿命、2032年まで捜し続けてしまいそうです。

2012年11月16日


朝の体重28g

注文していた、ヒーター用電球(20w→30wに強化)と
サーモスタットが到着。
これで、設定温度以上になると自動的にヒーターが消え、
設定温度以下になると、再度ヒーターがつくようになりました。
温度上がりすぎを気にせずオヤスミ布をかけられる。

さて、昨日の健康診断の話の続きです。

鳥の病院は室温が鳥に優しい32℃もあって、
暑がりの Lisa はキャミソール姿になってもモーローとしました。
終日あの中で働くなんて、先生すごい。

そのう(胸元にある胃みたいな器官)検査と糞検査をし、
メガバク(AGY症)が見つかってしまいました。
これは、セキセイはもれなく、というほど一般的だそうですが、
マメルリハで出たのはちょっとショック。
2週間、投薬することになりました。

昨日リンクした、人さまのブログにもありますが、
1時間半も丁寧に指導してもらったことは主に4つ。

(1) 野菜
アボカド、トマトの青いところ、ニンニク、ニラ、ナス、葱類、
茸類、アク抜きが要るもの、粘るもの(窒息事故あり)、
薬効の強いハーブ、以上が厳禁。
芋と豆は生だと中毒起こすものがあるので火を通す。
アボカド以外の果物は、果肉ならたいてい大丈夫。
果物の種・葉・茎・樹皮などには毒のあるものが多い。
果物の皮とヘタはトリ除く(農薬が落ちないから)。
種はトリ除いたほうが無難(中毒物質があることが多い)
OKなものを、10種以上を刻んで混ぜる「動物園方式」で。
進化過程、原産国で本来食べていないものにはリスクがあり、
リスク分散のために「種類を多く、量を少なく」が鉄則。
冷凍野菜を使ってもいい。
※ウチの鳥は○○は食べないから、などと言い訳して
これを守れない飼い主さんが多い。
混ぜれば付着も見込めるので、一部食べていなくてもいい。
※飼い主が教えなければ食べ物とわからない。
始めの1年が勝負。季節ごとに旬のものを与えて慣らすこと。

(ちょーっぴりしか食べないのに10種そろえるとは!
 これはなかなか大変ですが、さっそくこの日……)
DSC05445-1
難なく食べています。

(2)哺乳類とは違うことの認識――おもちゃとテントは撤去
繁殖は別として、ムダな発情は命取りになるから、
おもちゃは、発情してしまった時に環境を変えるために使う。
普段から慣れてしまっていたら、発情時に打つ手が減る。
テントは鳥類の性質に反している。
小鳥は見通しのいい、いつでも逃げられる場所を好むもの。
鳥は哺乳類とは違う。
抱っこしてよしよしよし、なんていうのは、哺乳類の可愛がりかた。

(マメルリハは遊び好きなのに?と思ったけど仕方ない。
 バードテントも可愛いから残念、でも納得したので外すことに)

(3)信頼関係の構築――カゴから出す時にサインを
きちんと合図を決め約束を守る(サイン→必ず出られる)ことで、
我慢して待てる鳥になる。
無駄な「出せ出せ」がなくなり聞きわけがよくなるそう。
サインは、間違って出てしまわないよう2種以上組み合わせが◎
「放鳥前にサイン」を家族じゅうで徹底すること。
うっかりサインを出してしまった時も、必ず放鳥してあげること。

(うちでは、「ホイッスル&両手をぐるぐる回す」にしました。
 ♪いーとー巻き巻き いーとー巻き巻き の回しかたです)

追記:
この件で2羽飼いの飼い主さんが書かれた記事をご紹介。
リンク許可いただきましたが、参考程度にしてほしいとのこと
(その鳥と飼い主にされた指導で、同じとは限らないから)。


(4)ベタベタ触ること
毎日、体の点検を兼ねて体中触ることで、人の手に慣れる。

(目→逆の目→頭から見て目が飛び出していないかどうか→
 そのう→胸骨の出方で肥痩を→翼広げて→逆の翼広げて→
 排泄腔腫れていないか、をそれぞれチェックします)

ほか、もちろんいろんな質問にも答えてくださいました。

実はこの時もまだ正式に名付けられていなくて、
診察名は、先日の女子会で提案してもらった「ずんだ」でした。
ずんだ餅の「ずんだ(=枝豆製の餡)」の色にちなんだものなので、
共通語の「トンボ」='|'= みたいな平板アクセントのつもりでしたが、
先生は「パンダちゃん」式の頭高で「ずんだちゃん」と呼ばれました。
それで、「あ、通じないんだ」と思っちゃったんですよねえ。

Lisa の中では、この姿を見て「ずんだ」といえば、
誰もがクスッと思ってくれるようなイメージでいたので。

まあ、ずんだちゃんもありふれていなくていい名前だけど、
ちょっと男の子っぽい気もするしね(それは「マメル」もか)。
そんなこんなで、まだ名前は決まっていません(笑)

この日(健診の翌日)の話に戻って、
お散歩に行く時、近所のお蕎麦屋に日テレのカメラが来てた。
「おはよん」だって。放送日は未定とか。
画像には移ってないけど、美男美女のリポーターさんもちゃんといた。

そば打ちの様子。
DSC05446

ブツ撮りと思われる。
DSC05448

11月23日にオンエアされたようです)


お読みいただきありがとうございます。
よろしければ以下画像をクリックしてくださると、励みになります。

にほんブログ村


野菜をそろえるの、大変だけど頑張ろう!
メガバク治療も頑張ろう!

(23:59)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...